DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング ・ 未分類

ファクタリングを即日で利用したい!審査なしでもファクタリングできる?

ファクタリングは、資金調達スピードに優れています。
最短即日で資金調達できることも多く、緊急の資金需要にもおすすめです。
中には、確実に即日で資金調達するために、審査なしで利用できるファクタリング会社を探す人もいます。
しかし実際には、ファクタリングには審査がつきものです。
むしろ、審査なしで利用できる業者には色々な危険があります。
この記事では、

  • 即日ファクタリングと審査の関係
  • 審査なしではファクタリングできない理由
  • 審査なしの業者の危険性
  • 審査ありでも即日でファクタリングするコツ

などを詳しく解説します。

ファクタリングとは?

会社が資金を調達する方法は複数あり、伝統的な方法もあれば、時代の発展とともに新たに普及した資金調達方法もあります。
近年、急速に普及しているのはファクタリングです。
会社が所有している売掛金を売却することで、最短即日で資金調達できることから、多種多様な資金需要をカバーできる方法として注目を集めています。
ファクタリング市場は拡大を続け、ファクタリング会社の数も増加の一途をたどっています。
また、政府がファクタリングを推奨していることも、ファクタリングが普及している一因です。

ファクタリングは債権譲渡取引

現在、ファクタリングに明確な定義はないものの、一般的には「売掛金の売却による資金調達」とされています。
金融庁の定義は以下の通りです。

一般に「ファクタリング」とは、事業者が保有している売掛債権等を期日前に一定の手数料を徴収して買い取るサービス(事業者の資金調達の一手段)であり、法的には債権の売買(債権譲渡)契約です。

出典:出典:金融庁「ファクタリングに関する注意喚起」
ここにある通り、ファクタリングは債権譲渡取引に含まれます。
そもそも売掛金は、企業間の信用取引によって発生する売掛債権であり、「支払期日に代金を受け取る権利」にほかなりません。
この権利(売掛金)を、ファクタリング会社に譲渡(売却)することで資金を調達するのがファクタリングです。

悪質業者に要注意

債権譲渡取引は民法(第466条)に明記されている通り、完全に合法的な取引ですから、ファクタリングも完全に合法です。
しかし、ファクタリング自体が合法でも、ファクタリングを提供する業者が全て合法というわけではありません。
ファクタリングの普及は始まったばかりですから、法整備が不十分な状況です。
ファクタリング業を開業するにあたって、免許や登録も要りません。
このため、ヤミ金などの違法業者がファクタリングを隠れ蓑にするケースが増えています。
詳しくは後述しますが、「即日」「審査なし」といったことを過度に期待すると、悪質業者に遭遇するリスクが高まります。
ファクタリングを利用する際には、悪質業者を避けることが大前提です。

審査なしではファクタリングできない理由

資金調達を急いでいる場合、できるだけスピーディに、可能ならば即日でファクタリングしたいと考えます。
資金調達の際に時間がかかるのは「審査」です。
「申し込み→審査→契約→入金」という流れのうち、審査は特に時間がかかります。
申し込み手続きは簡単にでき、契約も審査に通っているため速やかに手続きできます。
契約を結べば、入金もすぐに行われるのが普通です。
このように、手続きにかかる時間のうち、審査が大部分を占めています。
ファクタリングも例外ではありません。
そこで、即日で資金調達するために、審査なしで利用できるファクタリング会社を探す人もいます。
結論から言うと、ファクタリングは審査なしでは利用できません。
No.1をはじめ、即日対応のファクタリング会社もありますが、そのようなファクタリング会社でも必ず審査を実施しています。
審査なしではファクタリングできない理由は、以下の通りです。

ファクタリングは「償還請求権なし」

ファクタリングの契約条件は「償還請求権なし(ノンリコース)」が原則となります。
償還請求権は、買い取った売掛金が回収できなくなった場合、ファクタリング会社が利用会社に買い戻しを求める権利のことです。
「償還請求権なし」ということは、買い取った売掛金が回収できなくなったとしても、買い戻しを求めることはできません。
ファクタリング会社は、売掛金を審査することで回収不能リスクを測り、リスクに応じて額面金額よりも割安に買い取ります(リスクが高いと判断すれば買い取りを拒否)。
その後、売掛先の経営悪化や倒産によって回収できなくなれば、ファクタリング会社は買取価格相当の貸倒損失を被ります。
審査なしでファクタリングすれば、売掛先の経営状況を把握できず、回収不能に陥るリスクが高いです。
しばしば回収不能に陥るようでは、ファクタリング事業は成り立たないため、審査なしではファクタリングできません。

ファクタリングは無担保・無保証

また、ファクタリングは無担保・無保証で利用できます。
即日対応だからといって、担保・保証を要求することはできないのです。
そもそもファクタリングは、売掛金の売却であって借入ではなく、返済義務もありません。
返済義務がなければ、返済不能に備えるための担保や保証も不要というわけです。
これも、審査なしではファクタリングできない大きな理由です。
仮に、ファクタリング会社が担保や保証、あるいはそれに類似する保全策を使えるならば、審査なしでもファクタリングできるでしょう。
しかし実際には、そのような保全策はほとんどない状態でファクタリングします。
無担保・無保証で、なおかつ償還請求権もないのですから、回収不能になればファクタリング会社は損失を避けられません。
このように考えても、審査なしでファクタリングを請け負うことはあり得ないのです。

売掛先の支払能力が重要

償還請求権なし、無担保・無保証の条件で、ファクタリングというビジネスが成立するためには、売掛金の回収不能を極力避ける必要があります。
そのためには審査を実施して、売掛先の支払能力を測り、リスクに応じて適切な対応をしなければなりません。
審査なしのファクタリングが、ファクタリング会社にとってどれほど危険か、具体的に考えるとよく分かります。
例えば、100万円の売掛金を10件、手数料率は15%で買い取ったとしましょう。
手数料として15万円を差し引き、利用会社には85万円を支払います。
10件全て回収できた場合、ファクタリング会社の利益は150万円です。
このうち1件が回収不能になれば、買取代金分の85万円が損失となり、全体での収益は50万円に目減りします。
2件が回収不能になれば、2件分の買取代金170万円が損失となり、全体で50万円の赤字となります。
全体のごく一部が回収不能になっただけで、ファクタリング会社の経営が成り立たなくなる恐れがあるのです。
このように考えると、審査なしではファクタリングできない理由がよくわかるでしょう。

詐欺被害防止の観点から

ファクタリング業界には、悪質な業者がいる一方で、悪質な利用者もいます。
悪質な利用者を避けることも、審査なしではファクタリングできない一因です。
悪質な利用者は、ファクタリング会社に対して詐欺行為を働きます。
主な詐欺行為は以下の通りです。

  • 架空債権:実在しない売掛金をファクタリングする(売掛金が実在しないため、ファクタリング会社は支払期日に回収できない)
  • 二重譲渡:あるファクタリング会社に売却した売掛金を、別のファクタリング会社に再度売却する(譲渡を受けたファクタリング会社がそれぞれ債権を主張するため、回収時にトラブルになる)
  • 売掛金の再利用:売掛先が既に支払った売掛金をファクタリングする(例えば、支払期日よりも早く入金された場合、未入金を装って売却を持ち掛ける。売掛金は支払い済みのため、ファクタリング会社は支払期日に回収が困難となる)
  • 計画倒産:利用会社と売掛先が共謀し、売掛金をファクタリングした後に売掛先が計画的に倒産する(ファクタリングは「償還請求権なし」のため、売掛先が倒産した場合の損失はファクタリング会社が全て負担する)

このような詐欺行為に引っかかってしまうと、売掛先から回収することはできず、かといって利用会社から回収することも困難です。
そもそも、利用会社は意図的に詐欺行為をはたらいており、損害賠償に応じる気はさらさらありません。
したがってファクタリング会社は、これらの詐欺行為を審査によって見抜く必要があります。
審査なしでは詐欺師のカモになり、ファクタリング事業が成り立ちません。

条件設定が困難

ファクタリング審査は、売掛先の支払能力を測ったり、詐欺を見抜いたり、ファクタリングの可否を判断するために必要です。
また、ファクタリングが可能であればどのような条件でファクタリングするか、つまりファクタリング条件を決めることも、審査の目的となります。
ファクタリング条件の中でも、最も重要なのが手数料です。
手数料は、リスクとリターンのバランスを考慮して決定します。
審査の結果、「買い取りは可能だが、ややリスクが高い」と判断した場合には、手数料を高めに設定することでリスクヘッジを図ります。
逆に、「リスクが低い優良債権だから、積極的に買い取りたい」と判断すれば、手数料は安く設定できるというわけです。
もし、審査なしでファクタリングすれば、売掛金のリスクを測ることもできず、リスクに応じた手数料を設定することもできません。
安く買い取れば損失を被るリスクが高く、かといって高く買い取ればリピーターは獲得できないため、ファクタリング事業が成り立たないのです。

結論:ファクタリング事業は審査なしでは成り立たない

審査なしではファクタリングできない理由を解説しました。
全ての理由に共通するのが、「審査なしではファクタリング事業が成り立たない」ということです。
即日対応を謳っているファクタリング会社も、必ず審査を行います。
即日で資金調達したい場合には、できるだけスピーディに審査してもらうためにも、事前の準備が重要です(詳しくは後述)。

審査なしのファクタリングは危険!

審査なしではファクタリングできないと分かっていても、業者側から「審査なし」「即日対応」などと持ち掛けられると、興味を惹かれるものです。
実際、そのように謳っている業者もあります。
しかし、審査なしの即日ファクタリングは非常に危険です。
なぜならば、審査なしで対応する業者は、ファクタリングを装う違法業者の可能性が高いからです。
具体的には、以下のような危険があります。

「償還請求権あり」の可能性大

審査なしではファクタリングできない大きな理由は、ファクタリングは「償還請求権なし」が原則だからです。
逆に、もし「償還請求権あり」であったとすれば、業者の対応は大きく変わります。
リスクの高い売掛金を審査なし・即日で買い取り、結果的に回収不能になったとしても、利用会社に買い戻しを請求することで、業者側は損失を回避できます。
このため、審査なしでファクタリングする業者は、「償還請求権あり」に設定していることが多いです。
償還請求権ありの条件で売掛金を買い取った場合、ファクタリングではなく実質的に貸金業とみなされます。
これは、金融庁の公式な見解からも、また違法業者の判例をからも明らかです。
貸金業とみなされた場合、貸金業法の順守が求められるわけですが、償還請求権ありでファクタリングしている業者は、ほぼ例外なく貸金業法を守っていません。
実際、貸金業登録を受けていない違法業者がほとんどです。
貸金業登録を受けずに貸金業を営んでいるのですから、これは無登録業者(ヤミ金)にあたります。
「審査なし」で「償還請求権あり」の業者は、たとえ即日対応でも利用してはいけません。

担保・保証を求められる

上記でも述べた通り、ファクタリングは無担保・無保証で利用できます。
逆に、担保・保証を求められる場合には、違法業者の可能性が高いため避けてください。
違法業者は、審査なしで即日対応する代わりに、回収不能リスクに備えて担保・保証を求めることが多いです。
「償還請求権なし」で契約し、回収不能時に買い戻しを請求できなかったとしても、担保・保証があれば業者は損失を回避できます。
どちらかといえば、「償還請求権あり」よりも「担保・保証あり」のほうが好都合です。
「償還請求権あり」の場合、資金不足などを理由に、利用会社が買い戻しに応じられない可能性があります。
しかし「担保・保証あり」ならば、あらかじめ確保していた担保を処分したり、連帯保証人に請求したりすることによって、損失を回避できる可能性が高いです。
違法業者は、以下のような担保・保証を好みます。

  • 担保:売掛金や約束手形、利用会社の発行済み株式などを担保として徴求する
  • 保証:利用会社の代表者や家族に連帯保証人になることを求める
  • その他:売掛先から振込予定の通帳・銀行員・キャッシュカードを預かる(担保・保証ではないものの、類似の機能を持つ保全策)

このような担保・保証によって保全策を講じるならば、審査なしでも即日対応は簡単です。
しかし、担保・保証を請求する場合も、ファクタリングではなく実質的に貸金業とみなされます。
「即日」「審査なし」「担保・保証つき」の条件は、違法業者の常套手段です。

手数料が高額になるおそれ

「償還請求権なし」「無担保・無保証」の条件であっても、まだまだ安心できません。
というのも、手数料が高額になる可能性が高いからです。
既に解説した通り、審査なしではリスクを測定できず、適切な手数料を設定することができません。
リスクを把握できず、なおかつ「償還請求権なし」「無担保・無保証」となれば、不明なリスクに対処する方法は手数料だけです。
普段から高額な手数料を請求していれば、審査なしで即日ファクタリングに対応し、高頻度で貸し倒れが発生しても、ビジネスを成立させることができます。
少し具体的に考えてみましょう。
100万円の売掛金を10件、手数料率15%で買い取った場合、2件の貸し倒れによって全体の収益が赤字になります(50万円の赤字)。
即日対応のために審査なしで買い取り、10件中5件が貸し倒れになる場合、黒字を維持するためには手数料率をどのように設定すればよいでしょうか?
答えは手数料率50%。
手数料率15%であれば、10件中5件貸し倒れた際の収支は350万円の赤字になりますが、手数料率50%であればプラスマイナスゼロになります。
このように、手数料率を大幅に引き上げることで、審査なしでも即日対応できるというわけです。
しかしながら、50%もの手数料を取られてしまうと、利用会社の資金繰りがほぼ確実に悪化します。
審査なし・即日で資金調達できるメリットよりも、資金繰り悪化のデメリットのほうがはるかに大きいでしょう。

違法な取り立ての危険がある

審査なしのファクタリングには、違法な取り立ての危険もあります。
ここまで挙げた通り、審査なしのファクタリングは償還請求権あり、担保・保証あり、高額の手数料など、様々なデメリットがあります。
特に違法な取り立ての危険が大きいのは、償還請求権あり、または担保・保証付きのファクタリングです。
償還請求権ありの場合、売掛金が回収不能になると利用会社が買い戻しを請求されます。
しかし、調達した資金をすでに使っており、手元に買い戻し資金がないケースも多いです。
すんなりと回収できないと分かれば、業者は違法な取り立てを行います。
これによって業務に支障を来したり、取引先に悪評が広まったり、事業に悪影響を及ぼす可能性が高いです。
また、利用会社の代表者や家族が連帯保証人になっている場合は、保証人になった人が脅迫まがいの取り立てを受けます。
悪質性の高い業者になると、親兄弟・親類の勤務先に取り立てに出向くこともあり、事業と全く無関係の人を精神的に追い詰めることになってしまいます。
このような危険に遭わないためにも、審査なしのファクタリングは避けるべきです。

売掛先からの信用を失うリスク

最後に、売掛先からの信用を失うリスクも知っておくべきでしょう。
審査なしのファクタリングを希望する場合、即日で資金調達したいと考えているのですから、当然ながら2社間ファクタリングを利用します。
2社間ファクタリングならば、利用会社とファクタリング会社の2者間で取引し、売掛先が関与しないため手続きが簡素です。
また、売掛先に資金繰り事情を勘繰られることなく、信用リスクの回避にも役立ちます。
売掛先に知られないために2社間ファクタリングを選ぶ会社も多いのですが、この弱みに付け込んでくるのも違法業者の常套手段です。
例えば、以下のような手口です。

  • 「審査なし」「即日」といった条件で利用者を誘い込む。この条件に魅力を感じる会社は、とにかくスピーディにファクタリングしたいと考えているため、契約内容を詳しく確認せずに契約を結ぶことが多い。
  • 契約は、利用会社に圧倒的に不利な内容になっている。例えば、ちょっとしたことで違約金や損害賠償が発生したり、ファクタリング後に追加費用が発生したりする。
  • 後日、違約金や損害賠償、追加費用などを請求される。利用会社は、ここで初めて違法業者であると気がつく。違法業者の要求に素直に応じることなく、解決策を探ることも多い。
  • 利用会社が支払いを渋ると、違法業者は「売掛先に請求する」と脅しをかける。利用会社は、売掛先の信用悪化を避けるために、違法業者の請求に応じてしまう。

3の脅しを受けても請求に応じない場合、違法業者は本当に売掛先に取り立てを行う可能性があります。
強硬姿勢を利用会社に示すことで、支払いに応じるように仕向けるのです。
会社経営において、売掛先の信用は非常に重要であり、信用悪化は命取りになります。
審査なしのファクタリングを利用したばかりに、このような被害に遭うケースは少なくありません。

結論:「審査なし」でも対応できるカラクリがある

即日で資金調達できるからといって、審査なしのファクタリングを利用すれば、違法業者の被害に遭うと考えてください。
そもそも、審査なしではまともなファクタリングは成り立たないのです。
逆に言えば、審査なしでファクタリングできる場合、「償還請求権あり」「担保・保証あり」「法外な手数料」「脅迫まがいの取り立て」など、審査なしで対応できるカラクリがあると考えるべきでしょう。

審査ありでも即日でファクタリングするコツ

審査なしではファクタリングを利用できず、危険も多いため避けた方が賢明です。
ならば、即日でファクタリングしたい場合にはどうすればよいのでしょうか?
安心してください。
いくつかのコツを知ることによって、即日でファクタリングできます。

2社間ファクタリングを選ぶ

即日でファクタリングするために、最低限必要な条件は「2社間ファクタリングを利用すること」です。
ファクタリングの方式には、大きく分けて以下の2種類があります。

  • 2社間ファクタリング:利用会社とファクタリング会社の2社間で取引する方式。最短即日で資金調達可能。
  • 3社間ファクタリング:利用会社、ファクタリング会社、売掛先の3社間で取引する方式。最短でも1週間以上かかる。

このように、売掛先が関与するかどうかに大きな違いがあります。
2社間ファクタリングは売掛先が関与しないため、申込時にファクタリング会社に提出する資料も少なく、申込後の手続きも簡素です。
3社間ファクタリングの場合、売掛先とファクタリング会社の間で書類をやり取りすることもあり、手続きに時間がかかります。
即日で資金調達を希望する場合には、必ず2社間ファクタリングを選びましょう。

オンラインファクタリングを選ぶ

近年、ファクタリング業界でも徐々にオンライン化が進んでいます。
オンラインファクタリングは、2社間ファクタリングの手続きを全てオンライン化した仕組みで、さらにスピーディなファクタリングが可能です。
従来の(オフラインの)2社間ファクタリングは、最短でも即日です。
契約時には対面取引を行うのが基本ですから、スケジュールや移動の都合により、即日でファクタリングできないことも珍しくありません。
しかしオンラインファクタリングならば、契約を含む全ての手続きがオンラインで完結します。
したがって、日本全国どこからでも、最短数時間で資金調達できます。
ただし、以下の点には注意が必要です。

  • オンラインファクタリングを導入しているファクタリング会社が少ないこと
  • 即日対応ではないオンラインファクタリングも存在すること

なお、No.1でもオンラインファクタリングを提供しています。
No.1のオンラインファクタリングは、最短60分での振り込み実績が多数ありますので、即日での資金調達をご希望の方は是非ご利用ください。

必要書類が少ないファクタリング会社を選ぶ

即日でファクタリングするためには、スピーディに審査や契約ができるファクタリング会社を選ぶことが重要です。
しかし、審査や契約がいくらスピーディでも、必要書類が複雑であれば申し込み段階で時間がかかり、即日での資金調達が難しくなります。
そこで、必要書類が少ないファクタリング会社を選ぶことも欠かせません。
ポイントは、既に手元にある資料だけで申し込めるかどうかです。
ファクタリング会社の中には、申し込みの際に事業計画書や登記簿謄本などを求めるケースがあります。
事業計画書の作成や登記簿謄本の取得には時間がかかるため、このようなファクタリング会社は即日ファクタリングに向いていません。
No.1では、通帳コピー・決算書・請求書の3点のみでお申し込みいただけます。

同じファクタリング会社を継続利用する

即日ファクタリングに便利なファクタリング会社を見つけたら、そのファクタリング会社を継続利用することも大切です。
新規利用と継続利用では、ファクタリング会社の対応スピードが明らかに異なります。
なぜならば、新規利用の会社は審査に時間がかかるのに対し、継続利用の会社は審査に時間があまりかからないからです。
新規利用の場合、ファクタリング会社は利用会社に対して何ら信用がありません。
ファクタリング会社は、架空債権詐欺などを警戒して、利用会社に対してもある程度厳しく審査します。
これに対し、継続利用ならば既に信頼関係があり、ファクタリング会社は利用会社の情報を把握しています。
このため、利用会社に対する審査が簡単になり、即日でファクタリングしやすくなるのです。
ファクタリング条件に不満があれば、積極的に乗り換えを検討すべきですが、不満がなければできるだけ継続利用したほうが良いでしょう。

ファクタリングしたことがある売掛金を選ぶ

同じファクタリング会社を継続利用することに加えて、同じ売掛金を選ぶこともポイントとなります。
例えば、売掛先Aの売掛金をファクタリングし、翌月再び売掛先Aの売掛金をファクタリングしたとしましょう。
この場合、ファクタリング会社は、先月の利用時に売掛先Aを審査しており、支払能力その他を把握しています。
先月の審査の時点で「回収不能リスクが低い。即日ファクタリング可能」と判断したのですから、今月の審査でも同様の判断をする可能性が高いです。
なおかつ、先月買い取った売掛金がスムーズに回収できたとなれば、ファクタリング会社の安心感は一層高まり、即日ファクタリングしやすくなります。
即日でファクタリングするためには、いかにファクタリング会社に安心感を与えるかを考えましょう。

信用力の高い売掛先を選ぶ

色々ある売掛先の中でも、特に信用力の高い売掛先の売掛金を選ぶことも重要です。
特に、売掛先が自治体や大企業であれば、審査なしのファクタリングと比較しても遜色ないスピードでファクタリングできます。
自治体や大企業の売掛金が回収不能になるリスクはほとんどありません。
したがって、契約書や請求書、入金明細などによって売掛金の存在を証明できれば、即日で買い取ってもらえる場合が多いです。
自治体や大企業と取引がない会社も、できるだけ知名度が高い売掛先の売掛金を選ぶことによって、即日ファクタリングの可能性を高めることができます。

支払期日が近い売掛金を選ぶ

最後に、支払期日ができるだけ近い売掛金を選びましょう。
支払期日が近い売掛金ほど、ファクタリング会社は回収不能リスクが低いと判断します。
同じ売掛金でも、「1週間後に支払予定の売掛金」と「2ヶ月後に支払予定の売掛金」では、回収不能リスクには大きな差が生じます。
ファクタリング会社は、審査を実施し「回収不能リスクが低い」と判断して買い取るわけですが、この判断の時点から支払期日までの間に、想定外のリスクが発生するかもしれません。
支払期日が遠いほど、ファクタリング会社は想定外のリスクに備えるためにも、審査に時間をかける、手数料を高くする、ファクタリングを拒否するといった対応が必要になります。
逆に、支払期日が近い売掛金であれば、スピーディな審査で買い取りやすく、即日対応しやすいというわけです。

まとめ:即日ファクタリングはNo.1におまかせ!

スピーディに資金調達できることは、ファクタリングの大きな魅力のひとつです。
このため、即日ファクタリングを希望する会社が多いのですが、審査なしではファクタリングできません。
審査なしで対応しているならば、悪質業者の可能性が高いため避けるべきです。
しっかりと審査を実施し、なおかつ即日対応できるファクタリング会社もあります。
No.1は、長年にわたってノウハウやデータを蓄積し、スピード対応に磨きをかけてきました。
審査なしではないものの、2社間ファクタリングならば最短即日、オンラインファクタリングならば最短60分での対応実績が豊富です。
資金調達をお急ぎの方は、ぜひNo.1にお任せください。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top