DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

ファクタリングに申し込んでも落ちる理由は何?融資と異なるファクタリングの審査基準

ファクタリングは融資以外の方法で資金調達できることで最近事業者の間で浸透しています。

融資による資金調達のデメリットをファクタリングは持たず、それゆえ融資による資金調達が難しい人でも、ファクタリングによって救われることがあります。また、ファクタリングの即時性やオフバランス化など、資金調達に困っていない事業者でも、上手にファクタリングすることで経営指標を改善でき、大型の融資や補助金受給の際の加点要素にできます。

では、ファクタリングは融資よりも必ず通りやすいかというとそうではなく、落ちることもあります。融資なら通る事業者もファクタリングに落ちることがあります。その場合、落ちる理由は何なのでしょうか?

今回はファクタリングを申請したのに落ちる理由について考えていきます。臨機応変にファクタリングと融資を使い分ける経営手腕が問われます。

ファクタリングが通りやすい理由をまず理解しよう

まず、融資では通らない人が、なぜファクタリングを利用すると通りやすいのか、融資に頼れない人がファクタリングなら頼れるのか、まとめました。これがファクタリングのメリットでもあります。

  • 申請者に信用がなくても売掛先の信用があれば資金が出る
  • 申請者の財務内容や経営状態はあまり問われない
  • 納税していない場合や赤字決算でも審査にはあまり影響しない
  • 信用情報照会がないので「金融ブラック」の人でも資金調達できる
  • 他の金融機関からの借入が多くても影響しない
  • 消費者金融からの借入やカードローンの利用はマイナスにならない
  • 過去の「やらかし」はあまり問われない

融資の場合、その事業者の「今」と「過去」がしっかり審査されます。過去に何かやらかした場合、融資判断は非常に厳しくなります。返済事故、返済遅延など「金融ブラック」の場合、よほどの理由を説明できないと融資は出ません。

赤字経営、借入過多、貸借対照表で負債が多いなど、決算書、確定申告書上から経営状態をじっくり時間かけて審査されます。金利は低いですが、調査される項目が多すぎます。

しかしファクタリングの場合は融資のような審査はありません。売掛先の信用度が最重視され、要は売掛先が回収できる証拠がはっきりしていれば現金化可能です。

もちろん、過去に重大犯罪歴があるなど、申請者の人となりに明らかな問題がある場合は別ですが、そうでなければ、自社よりも売掛先の事情が考慮されるため、ファクタリングは資金調達しやすいのです。

ファクタリングの審査基準をチェック

融資と異なるファクタリングの審査基準についても確認しておきましょう。これらによって審査されるのでファクタリングは融資とは違った資金調達が可能になります。

  • 売掛先の信用力
  • 売掛金の支払日(近いほど審査に有利)
  • 売り上げとファクタリング額のバランス、割合
  • 2社間ファクタリングより3社間ファクタリング
  • 申込人・申請者の信用力

ファクタリングの審査基準の優先順位は「売掛先の事情」>>「申込人、申請者の事情」になります。

とにかく請求書を出している売掛先が期日に確実に入金してくれることが第一で、そのリスクが少なければファクタリングの審査は通ります。

だから、金融ブラックの人や借入過多の人でも、請求書がいわば「担保」となり(売掛金振り込み後そのまま回収する)、資金調達できるのです。

ファクタリングに落ちる理由はこれ! 落ちる理由10選

ファクタリングに落ちる理由は、上のファクタリングの審査基準に外れた場合になります。

具体的に解説していきます。

売掛先の実在が疑わしい

売掛先から回収する売掛金を期待し、ファクタリングは行われます。その売掛先が本当に実在するのか、架空の会社だった場合、貸し倒れ、回収不能になります。

そもそも請求書を偽造したという可能性もあり、有印私文書偽造など刑事罰に問われる可能性もあります。償還請求権がない契約をした場合、売掛先がない、怪しい請求書を出して、詐欺のように買取代金を申請者が得ることになります。

こうした事態を防ぐため、本当に売掛先が存在するのか、ファクタリング会社は通帳の振込先などで確認します。

それがない場合、ファクタリング会社はリスクヘッジできません。申請者が意図的に騙している場合以外にも、本当に怪しい会社と申請者が契約し、請求書を出させている可能性もありあります。

売掛先との取引実績がすくないか初めての取引

売掛先が実在しても、初取引や取引回数が少ない場合、その請求書について買い取るのはファクタリング会社にとってリスクがあります。

少なくとも半年程度取引していて、期日に入金があることを確認できないとファクタリング審査に落ちます。ズボラな売掛先で、請求書の期日よりも半月、1か月遅れるようなところは信用できないからです。

売掛先の経営状況が悪い、評判がよくない

売掛先に倒産、不渡り、貸し倒れリスクがある場合、期日よりも前に現金化し買い取るのは、ファクタリングにとってリスクがあります。

メディアの報道だけでなく、株価や経済関係の掲示板、SNS、そして業界の噂などで売掛先の評判がよくない場合、期日に回収できない事態に陥ってしまうかもしれません。

そうした売掛先についてネガティブな情報があると、ファクタリングに落ちる理由になります。

売掛先が法人ではなく個人、しかもよくわからない人

売掛先が法人ならば、法人登記簿謄本の閲覧などができ、その会社がどこにあり、だれが代表をしているのか、いつ会社設立しているのかなどがわかります。

しかし、法人ではなく個人事業主の場合、その売掛先がどこの誰だかわかりません。ファクタリング会社の中には売掛先を法人に限定しているところもあります。

個人事業主でもネットですぐ出てくる、HPがあるなどある程度実績が確認できないと、落ちる理由になる可能性があります。

個人事業主即NGというわけではありませんが、ファクタリングの際の減点ポイントになるかもしれません。

売掛金の支払いサイトが長い

売掛金の支払いサイト(売上発生、請求から実際の入金までの期間)が長いと、それだけ回収できないリスクも上がります。

支払いサイトが長い=売掛先の手元に潤沢なキャッシュフローがなく自転車操業している、という解釈もできます。

そういう売掛先への請求書を買い取るのはリスクが高いので、マイナス評価となり、ファクタリングに落ちる理由になります。

売掛金が買取禁止債権に該当する

売掛金、売掛債権ならすべてファクタリングで買い取れるわけではなく、以下の債権については民法上譲渡できません。したがって自動的に買い取り不可で落ちる理由になります。

  • 「下請け代金支払遅延防止法」(下請法)に規定される債権
  • 売掛先への買掛金が売掛金より多いケース(相殺され買掛金の方が多くなり、回収できないので)
  • 個人に対する債権

なお、以前は買い取りできなかった「譲渡特約禁止条項がある債権」も2020年の民法改正で譲渡可能=ファクタリングOKになりました。

個人に対する債権とは「友人Aさんがお金を持っていなかったので1万円立て替えた。後日1万円を返してもらう」みたいな債権です。あくまで仕事上生じた売掛債権が買い取り対象になります。

売掛金が不良債権である疑いが強い

長らく回収できない、当初の期日より経過しているような売掛金は、書類上は資産計上されますが、実際には不良債権化し、負債です。そうした債権を買い取ることはできないので、落ちる理由として妥当なものになります。

売掛債権を二重譲渡している、その疑いがある

「A社に100万円の売掛金があり、サイト60日で回収する」

この売掛債権をファクタリング会社Bだけではなく、Cにも買い取ってもらおうとしている、つまり二重譲渡の可能性がある場合、ファクタリングに落ちる理由になります。

依頼人が不誠実極まりないことだけではなく、実際にA社が支払うお金は100万円だけであり、二重譲渡されている場合、両ファクタリング会社が回収しても買い取り額を満たせず損をするだけです。

債権者(申込人)の故意にせよ過失にせよ、二重譲渡が発覚すれば審査に落ちます。

ファクタリング申込者が怪しい、犯罪歴等

ファクタリングは融資と比べて、申請者側の事情はあまり考慮されないというメリットがありますが、程度があります。

申請者に犯罪歴があり検索すればすぐわかる、あるいは人間的に極めて怪しい場合は、落ちる理由になります。

身分証明書と申込人が異なる場合、そもそも民事契約としてファクタリングが成立しない可能性もあります。

法人ではなく個人事業主がファクタリング申請する

個人事業主のファクタリング申請を受け付けない、申請されても審査に落ちるケースがあります。個人事業主がすべてNGにしているファクタリング会社もあります。

個人よりも法人の方が信用度が高いのは、売掛先と同様です。法人ならば法人登記で確認できますが、個人の場合どこの誰だかわからず、特に2社間ファクタリングの場合、支払日に連絡がつかなくなる可能性もあります。

ただし、個人事業主やフリーランスに特化したファクタリング会社もあり、彼らが見捨てられているわけではありません。

審査に落ちないようみなさんの良いところを評価するNo.1ファクタリング

どんな請求書でも確実に買取します、というファクタリング会社は残念ながら存在しませんし、もしあったとしたら悪徳会社である可能性が高く、むしろファクタリング申請してはいけません。

しかし、落ちる理由を考慮し、加点法によってなるべく、可能な限り(申請額より減額しても)買い取る努力をしてくれるファクタリング会社は優良です。それはしっかり審査する能力があることの裏返しだからです。

完全拒否ではなく、条件交渉で、落ちる理由と通過する条件を総合的に考慮できれば、通るようなアドバイスなどもあり、多少なりとも資金調達できる可能性があります。

ファクタリング会社No.1は、しっかりと審査させていただく中で、落ちる理由についても明確にしております。一方で「これがあれば多少なりとも買い取りできる」というお話もさせていただきます。

ファクタリングは融資のように各種法律でガチガチに規制されていません。ある程度柔軟な対応が可能な余地もありますので、落ちる理由の中で改善できるものがあればぜひ実践してください。

その結果、お互いにwin-winな結果にできれば素晴らしいと思います。ファクタリングに落ちる理由を理解し、改善することは可能です。

ファクタリングに落ちてしまう、融資も難しいという場合、落ちる理由がわかれば改善できるかもしれません。ぜひ一度当社「株式会社No.1」までお問い合わせください。資金調達のお手伝いをさせていただきます。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top