カテゴリー: ファクタリング

急な資金使途に対応できる!?週末、土日にファクタリングすることは可能か解説します!

ファクタリングは売掛債権を買い取ってもらい、現金化する手法で、審査の手間がかからなく、迅速に入金してもらえるのが大きなメリットです。

融資と異なり、お金を貸すわけではなく、今そこにある債権を買い取るので、時間をかけた審査は不要です。

週末、土日にかけて現金が必要になった場合、ファクタリングによって現金化することは可能なのでしょうか?迅速な現金化が売りのファクタリングならば、金融機関が休みの週末にも売掛金の現金化ができるのでしょうか?

今回は週末のファクタリングについて考えます。

週末に対応できるファクタリング会社はあり、しかし入金ができない

「即日対応」を謳っている消費者金融があるのと同じように、ファクタリング会社の中にも即日対応が可能なところが何社かあります。

ファクタリングは銀行や消費者金融など「融資」を担当する業種とは異なり、債権の「買取」を行うので各種法令による規制が緩く、迅速に対応できます。

週末、土日に対応することで、休日にも売掛債権を現金化できそうなイメージですが、実際はどうなのでしょうか?

週末、土日対応のファクタリング会社はあり!しかし週末土日に入金は難しい

結論を言うと、週末、土日に営業していて、ファクタリング契約を結べる会社はあります。中古ゲームショップも週末、土日営業している(むしろそれがメイン)のと同じで、債権を買い取るだけならば休日でも問題ありません。

しかし、現金化して入金を週末、土日に行うのは難しく、実際に自分の口座に振り込まれるのは週明けになります。

当然、週末土日にお金を引き出せる金融機関はありますが、入金業務を行い、実際に口座に着金までできるのはとても限られた金融機関の一定条件のみ(優良顧客へのサービスなど)です。

ファクタリング会社があらゆる金融機関のそうした週末、土日祝日入金に対応することはできないため、週末、土日祝日に現金化まで行えないのが現状です。

ただし、業務自体を週末、土日祝日に行っているところは何社かあります。

  • 週末、土日祝日窓口対応(担当者出張対応含む)
  • 週末、土日祝日電話対応
  • オンライン365日24時間対応

これらのファクタリング会社ならば、週末、土日祝日にファクタリング契約を交わすことが可能です。

手続きをして週明けすぐの入金を待つのが基本的な姿勢

現状、週末、土日祝日に営業しているファクタリング会社はありますが、その日に現金化するのは銀行への振り込みの関係で難しいという事実があります。

ファクタリング会社はたくさんあるので、ひょっとすると、土日に「現金とっぱらい」、札束で売掛債権を買い取ってくれるところがあるかもしれませんが、そうした会社は振り込みの跡が残らない営業をしているわけで、リスキー、ブラックな会社の可能性が高くなります。

何が何でも、どれだけ手数料を取られても一定の現金が必要で、それがないと事業が終わってしまう、レベルの緊急性であれば止めませんが、ファクタリングには各種法規制が緩いという現状も鑑みると、著しく不当な契約になる可能性があり、まったくおすすめできません。

あとはご自身の判断ですが、悪徳業者、闇金融などの「カモ」、ブラックリストに載ってしまう可能性も考慮してください。

週末までにファクタリングで資金調達することは可能かも?

土日祝日に入金を期待するのは大変だということはご理解いただけたはずです。しかし、現金が必要なことに気付いたのが金曜日ならば、金曜日中の入金が可能で、週末までに資金調達できる可能性があります、

即日対応が可能なファクタリングの強みであり、緊急の資金調達が可能なように、日頃からある程度の書類等の準備をしておきましょう。

週末までの現金化を可能にする準備

即日現金化が可能なファクタリングは、売掛先の了解を取らなくてもできる「2社間ファクタリング」となります。2社間ファクタリングは手数料が高いのですが、緊急の資金調達手段として有効です。

それでも金曜日に資金調達の必要性に気付き、即日現金化のためのファクタリングを行うためにはかなりの条件を満たす必要があります。

週末までの限られた時間の中で、現金化するには以下のポイントに注意しましょう。

週末までにファクタリングで資金調達するためには、以下の6つの点に気をつけましょう。

  1. 申し込みリミットは金曜日の午前中
  2. 必要書類をあらかじめ準備しておく
  3. 必要書類が少ないファクタリングを選ぶ
  4. 審査が早く迅速に入金できるファクタリング会社を選ぶ
  5. 債権譲渡登記の留保が可能な会社を選ぶ
  6. 誠意を込める、急いでいる旨をしっかり伝える

それぞれについて、解説します。

申し込みリミットは金曜日の午前中

申し込みリミットは金曜日の午前中です。週末までに現金化するためにはこれがリミットになります。

即日入金に対応しているファクタリング会社でもこれが限界です。金曜日の午後では、銀行口座への入金が間に合いません。すべての書類が整って、しかも瑕疵がない場合の限界が「金曜日の午前」になります。

何としても、これまでに申し込みを完了させてください。

必要書類をあらかじめ準備しておく

必要書類をすべて、確実に準備し、瑕疵がないようにします。まったく書類に問題がなくてようやく金曜日の即日現金化が可能になります。書類がすべてそろって、ようやくファクタリング契約に移れます。

必要書類はおおよそ以下になります。

  • 利用者の身分証明書
  • 商業登記簿謄本(法人のみ)
  • 印鑑証明書
  • 決算報告書、確定申告書
  • 売掛先との取引に使用している通帳
  • 売掛先との基本契約書、請求書

商業登記簿謄本は法人のみ必要になります。ただし、直近3カ月以内など条件があるはずです。数年前のものはまず認められないので注意してください。
実際の売掛債権を証明する契約書、請求書以外にも、実際に売上先からの振り込みがわかる通帳や確定申告書も必要になります。

必要書類が少ないファクタリングを選ぶ

ファクタリングの必要書類は、法律で定められているものではないので、極端な話、その人をファクタリング会社が信用するなら、請求書と身分証明書くらいでも契約できます。

もちろん、それではファクタリング会社がリスクヘッジできないので、さまざまな書類を求めるのですが、迅速に現金化したい場合、少しでも必要書類が少ないファクタリング会社を選ぶという選択肢があります。

もちろん、必要書類が少ないということは、無担保無保証人の融資のようなもので、手数料が高くなる可能性があります。迅速性を優先するなら、そこはある意味仕方ないかもしれません。

審査が早く迅速に入金できるファクタリング会社を選ぶ

即日現金化、迅速対応を売りにしているファクタリング会社を選びましょう。ファクタリング会社の中には、審査に数日かけるところもあります。通常ならばそちらの方が安心できますが、事情が事情だけに、素早い入金をアピールしているところを選んでください。

HPや口コミ、SNSなども参考にしてください。

債権譲渡登記の留保が可能な会社を選ぶ

2社間ファクタリングの中には、その回収を確実にするため、売掛債権の債権譲渡登記を求められることがあります。

当然、金曜日に登記しても間に合いませんし、司法書士の方に依頼することになり、時間的ロスが大きく、債権譲渡登記付きの即日現金化は無理です。

したがって、債権譲渡登記の留保可能なファクタリング、あるいは債権譲渡登記不要なファクタリング会社を選んでください。

誠意を込める、急いでいる旨をしっかり伝える

最後は熱意です。ファクタリングは融資と違って、細かい法規制がないため、当人間の合意で何とかなるケースもあります。

本当に現金が必要で、やむを得ない理由があることを担当者に伝えてみましょう。早めに入金してもらえる可能性があります。

可能ならば顔と声が見える対面申し込み(かZOOM等のオンライン面談)を希望しましょう。書類だけアップロードする方式では熱意が伝わらないかもしれません。これはタダで、準備も必要ないので、やってみましょう。ファクタリング会社も心動かされるかもしれません。

週末までにファクタリングで資金調達する際の注意点

金曜日に申し込み即日入金を期待して、実績のない怪しいファクタリング会社に申し込んでしまうと大きなトラブルになります。

ファクタリングは法規制が緩く(いい意味でも悪い意味でも)、慌てて悪徳業者に申し込んでしまうと、法外な手数料等を請求されることになります。

いくら急いでいても

  • 契約内容の厳格なチェック(本当に即日入金されるか)
  • 手数料(30%以上は絶対にやめる)

この2点は必ずチェックをお願いします。法外な手数料を請求されて、即日入金されないという最悪の結果を招かないように、足元をみられないようなファクタリング契約を取り交わしましょう。

契約書については以下の項目があるかどうか確実にチェックをお願いします。

  • ファクタリング契約の種類(即日入金は2社間ファクタリング)
  • 手数料率(30%より多いのはNG)
  • 入金日時(金曜日中、即日か)
  • 債権譲渡登記の有無(「なし」か「留保」推奨)
  • 違約金、賠償金
  • 返還期日(買取料金の支払日)
  • 契約解除条件など

要注意なのは手数料率です。いくら即日入金でも、週末までに間に合うといっても、30%を超える手数料率は明らかに「ぼったくり」で悪徳業者、闇金融の類です。

絶対にファクタリング契約をしないようにお願いします。

週末に資金調達を間に合わせたい場合、金曜日午前中までにファクタリング契約を!

ファクタリング契約自体は、土日祝日など週末でも行っている会社がありますが、実際に入金されるには、遅くても金曜日午前中までの契約手続きが必要です。

今度、土日祝日の振り込みが可能になるかもしれませんが、足元を見て高い手数料率を求めてくるファクタリング会社もあるかもしれず、そうした悪徳業者に騙されないよう慎重な判断をお願いします。

そのためには、あらかじめ急な資金需要、週末に間に合うような書類の準備やファクタリング会社のピックアップをお願いします。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top