カテゴリー: 未分類

売掛金の活用で経営改善を!ファクタリングの仕組みやメリット・デメリット、活用のコツを徹底解説

ファクタリングは、売掛金を売却する資金調達方法です。
新たな資金調達方法として普及しつつありますが、ファクタリングは経営改善の特効薬にもなります。
せっかくファクタリングを利用するならば、その場だけの資金調達ではなく、経営改善への活用を考えたいものです。
とはいえ、売掛金の活用がなぜ、あるいはどのように経営改善に役立つのか、分らない方も多いことでしょう。
この記事では、売掛金の活用が経営改善に役立つ理由と、経営改善に役立てるコツをご紹介します。

ファクタリングとは?

近年、急速に普及している資金調達方法にファクタリングがあります。
ファクタリングは、ファクタリング会社に売掛金を売却し、早期資金化するサービスです。
「売掛金の活用による資金調達」とみなされることが多いのですが、ファクタリングは経営改善にも役立ちます
まずは、売掛金の活用が経営改善に役立つ理由を学んでいきましょう。

売掛金とは?

売掛金は、売掛先との信用取引によって発生する売掛債権です。
信用取引は代金先払いの取引であり、売り手企業が請求書を発行することで、後日代金を受け取る権利として売掛金が発生します。
売掛先に商品を販売することで売掛金が発生するのですから、売掛金は基本的に悪いものではありません。
しかし、売掛金の活用をしっかり考えておかなければ、売掛金によって経営が悪化する恐れもあります。
というのも、売掛金は確実に資金繰りの負担になるからです。

売掛金が資金繰りの負担に

売掛金は、支払期日に代金を回収する権利です。
逆に言えば、売掛金が発生することで、支払期日になるまで代金を回収できません
見方によっては、売掛先が支払うべき代金を、一時的に売り手企業が立て替えている状態といえます。
売掛金の額面金額が大きければ、売り手企業が立て替えておく資金も大きくなるため、資金繰りの負担が大きくなり、経営が悪化します。
もちろん、回収サイト(売掛金を回収するまでの期間)が長ければ、代金を立て替えておく期間が長くなりますから、これも資金繰りの大きな負担です。
受取手形は、手形割引や裏書譲渡によって利用でき、売掛金ほど負担になりません。
しかし、売掛金は手形のように使えないため、「売上は発生しているのに資金繰りが苦しい」という状況に陥りやすく、最悪の場合には黒字倒産の危険もあります。

売掛金の活用で問題を解決できる

売掛金の問題に苦しんでいる中小企業は非常に多く、政府も解決を模索してきました。
この問題を解決する特効薬として注目を浴びたのがファクタリングです。
ファクタリングは、会社が所有している売掛金をファクタリング会社に売却します。
手数料がかかりますが、支払期日を待たずに売掛金を現金化できるのです。
支払期日が数週間先、1ヶ月先、あるいは2ヶ月後といった売掛金も、ファクタリングを利用すればすぐに回収できます。
不足資金の調達はもちろん、経営改善資金の調達も可能です。
売掛金の活用を「経営改善の特効薬」と表現する専門家もおり、政府もファクタリングを推奨しています。
その結果、ここ数年でファクタリングの普及率が急速に高まり、今やごく一般的な資金調達方法になりつつあります。

売掛金を早期資金化する2つの方式

ところで、ファクタリングはどのような仕組みによって、売掛金を早期資金化するのでしょうか。
この仕組みは、ファクタリングの方式によって異なります。
ファクタリング方式は、主に以下の2種類に分かれます。

  • 2社間ファクタリング:ファクタリングの利用会社(以下、利用会社)とファクタリング会社の2社間で取引する方式
  • 3社間ファクタリング:利用会社、ファクタリング会社、売掛先の3社間で取引する方式

売掛金を早期資金化する仕組みについて、方式別に見ていきましょう。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、利用会社とファクタリング会社だけで売掛金を売買します。
売掛金は債権ですから、その裏には必ず債務者、つまり支払人である売掛先が存在しています。
ファクタリングは、法的には債権譲渡取引の一種ですから、売掛金の早期資金化にも売掛先が関与するのが一般的です。
しかし、2社間ファクタリングはあくまでも2社間取引であり、売掛先は一切関与しません。
売掛金現金化を利用する中小企業のほとんどは、2社間ファクタリングを選びます。
なぜならば、売掛先が関与しないことにより、スピーディに、なおかつ秘密裡に売掛金を現金化できるからです。
2社間ファクタリングは、売掛先が関与しない分だけ手続きの流れが簡単であり、最短即日での資金調達も可能です。
2社間での手続きを全てオンラインで完結する「オンラインファクタリング」の場合、最短数時間で資金調達できるサービスも増えています。
また、どのような資金調達方法にせよ、資金繰り事情は取引先に知られたくないもの。
売掛先によっては、「銀行融資ではなく、あえてファクタリングを利用している。資金繰りが苦しいのだろうか?」といった疑いを抱くことも珍しくありません。
スピーディかつ柔軟に資金調達したい、なおかつ売掛先に知られたくない場合には、2社間ファクタリングを利用します。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、売掛金の債務者である売掛先も含めて取引します。
3社間で取引する以上、売掛先に黙って売掛金を現金化することはできません。
実際、手続きの流れの中で、売掛先に債権譲渡通知(売掛金の譲渡を伝えること)を行い、債権譲渡承諾(売掛金の譲渡を認めてもらうこと)を取り付ける必要があります。
売掛先の協力なしには、売掛金を現金化することも不可能です。
このため、2社間ファクタリングに比べて時間がかかり、信用が悪化するリスクもあります。
3社間ファクタリングの資金調達スピードは、最低でも1週間以上かかると考えてください。
利用会社から売掛先に対する債権譲渡通知書の送付、売掛先からファクタリング会社に対する債権譲渡承諾書の送付は郵送で行うため、どうしても1週間程度を要するのです。
もちろん、売掛先が協力的でなければ、手続きにより多くの時間がかかりますし、最悪の場合には3社間取引が成立せず、売掛金を現金化できないこともあります。
そして、売掛先に知られることによる信用悪化のリスク。
3社間ファクタリングは手数料が安いため、売掛先に理解があれば積極的に活用したいものですが、信用を損なってまで利用すべきではありません。

売掛金現金化のメリット

ファクタリングで売掛金を早期資金化すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。
経営改善に役立つメリットを紹介します。

柔軟に資金調達できる

ファクタリングは、資金調達の柔軟性に優れています。
中小企業の多くは銀行融資への依存度が高く、銀行融資が唯一の資金調達方法という会社も少なくありません。
しかし、残念ながら資金調達は柔軟な資金調達方法とはいえず、業績・財務に問題があれば資金調達そのものが不可能です。
銀行融資への依存度が高い会社ほど、資金繰りが行き詰る可能性が高いのです。
資金ショートに陥れば、借入金の返済や買掛金の決済ができなくなり、信用を大きく損ないます。
大抵の場合、資金ショートの危機に陥った会社は、借入先の銀行にリスケジュールを申し込み、経営再建に取り組みます。
そのような状況になれば、もう経営改善どころではありません
そうならないためにも、銀行融資への依存から抜け出すことを意識し、資金調達方法の多様化に取り組むべきです。
売掛金の早期資金化は、そのために役立ちます。
なにしろ、手元にある売掛金を売却すれば資金調達できるのですから、銀行融資よりもはるかに柔軟です。
短期的な資金不足であれば、売掛金の現金化でも十分にカバーできるでしょう。
スピーディに資金調達できますから、資金ショートの危険が発生した場合にも、売掛金の早期資金化で対応できます。
その結果、銀行や取引先との関係悪化も避けられます。
「資金ショートによって信用を損ない、リスケジュールで立て直しを図る」という後ろ向きの経営改善ではなく、「売掛金の早期資金化によって資金ショートを回避し、柔軟に資金調達しながら経営改善に取り組む」といった前向きの経営改善が可能です。

キャッシュフローと資金繰りを改善できる

経営改善にあたり、キャッシュフローと資金繰りの改善は避けて通れません。
そもそも経営改善とは、「会社の存続のために、経営状況の悪化を改善すること」です。
経営が悪化している状況が出発点になるのですから、キャッシュフローや資金繰りに問題を抱えていることが前提となります。
また、経営改善は「会社の存続のために」という明確な目標があります。
会社が存続するためには、なんといっても資金繰りを回し続けることが必要です。
資金繰りが回らなくなれば会社は倒産します。
資金繰りの問題を改善し、資金繰りが回りやすい状況を作っていくことが、経営改善には欠かせません。
ファクタリングで売掛金を早期資金化すれば、お金が入ってくる時期を前倒しできます。
キャッシュフローは、キャッシュインフロー(お金が入ってくる動き)とキャッシュアウトフロー(お金が出ていく動き)によってつくられています。
売掛金を早期資金化し、お金が入ってくる動きを活発化すれば、キャッシュフローを改善できるのです。
キャッシュフローは現実に起こったお金の動きを意味し、資金繰りは今後起こるであろうお金の動きを意味します。
つまり、売掛金の早期資金化によってキャッシュフローを改善すれば、自然と資金繰りも改善するということです。
これによって、経営改善にも大きな効果があります。

売掛金の回収不能リスクを回避できる

売掛金の早期資金化は、売掛金の回収不能リスクを回避することにもつながります。
なぜならば、ファクタリングの契約が原則的に「償還請求権なし(ノンリコース)」だからです。
償還請求権とは、売掛先の経営悪化や倒産によって買い取った売掛金が回収できなくなった場合に、利用会社に売掛金の買い戻しを求める権利のことです。
ファクタリングには償還請求権がありませんから、売掛金が回収不能になったとしても買い戻しを求められることはありません。
もしファクタリングせずに、その売掛金を持っていたらどうなるでしょうか?

  • 回収が遅れて資金繰りが苦しくなる
  • 回収するために色々な法的手段を取る必要がある
  • 全額回収できなくなる

などなど、色々な問題が生じます。
一部しか回収できなかった、あるいは全く回収できなかった場合、取引に費やしたコストによって大きな赤字が発生し、手元資金で補填しなければなりません。
そうなれば資金繰りの悪化、延いては経営悪化は避けられないでしょう。
この売掛金を事前に現金化しておけば、回収不能リスクを全てファクタリング会社に移転できるのですから、回収不能による経営悪化を回避できます。

事業拡大に役立つ

売掛金の早期資金化は、事業拡大局面でも非常に役立ちます。
既存の事業で新規取引先を増やしていく、または新規事業に取り組んでいく際に、問題になるのが与信管理です。
新規取引先は、これまで取引歴がないため、信用力もほとんどわかりません。
信用取引のカギとなる信用力が不明ですから、新規の取引は少額から始め、その後の信用力に応じて取引を拡大していくのがスタンダードです。
このように慎重に取引することで、取引に伴うリスクを軽減できますが、事業拡大のスピードがゆっくりになります。
社会全体の流れが非常にスピーディな現代において、事業拡大に時間をかけすぎるのは問題です。
あまりにも慎重であったために、獲得できたはずのシェアを獲得できず、新規事業展開に失敗するケースも少なくありません。
事業拡大を目指す際には、売掛金現金化を活用しましょう。
上記の通り、ファクタリングは償還請求権なしの取引ですから、売掛金の回収不能リスクを回避できます。
新規取引先と大きな取引をしても、その売掛金を現金化しておけば、与信管理上の問題は発生しません。
特定の取引先に依存している会社や、事業そのものが斜陽産業に属している場合には、ジリ貧に陥って経営が徐々に悪化していくものです。
そうならないためにも、売掛金を現金化しながら事業の拡大・方向転換を図り、経営改善を目指しましょう。

オフバランス化につながる

オフバランス化も経営改善に役立ちます。
オフバランス化とは、バランスシートから資産を減らす(オフ化する)ことです。
資産が減るといえば、悪いイメージを持つかもしれません。
しかし、全ての資産には「保有するリスク」があり、資産を持っていることは必ずしも良いことばかりではありません。
例えば、活用していない資産(遊休資産)を持っている会社は、それが資金繰りの負担になり、経営悪化につながっていることが多いです。
全く活用できていない不動産を持っていると、業績に貢献していないにもかかわらず、固定資産税や都市計画税などが毎年かかります。
先代が購入したゴルフ会員権を未だに所有しており、ただ会費を支払うばかりで何の役にも立っていない…そんな中小企業も多いものです。
売掛金を保有することにも、回収不能リスクが伴います。
遊休資産を売却する、売掛金を早期資金化するなどの取り組みによって、バランスシートから雑多な資産が消えて現金に変わります。
このようなスマートなバランスシートは、金融機関でも良い評価をされることが多いです。
売掛金の早期資金化によってオフバランス化を進め、銀行の評価もアップして融資を受けやすくなる…この流れを作れば、経営改善も容易になります。

売掛金現金化のデメリットと対策

ただし、ファクタリングで売掛金を早期資金化することによって、いくつかのデメリットも生じます。
売掛金を現金化する際には、それによって得られるメリットとデメリットをよく検討し、メリットが大きいと判断した場合に利用すべきです。
ここでは、売掛金現金化のデメリットと、デメリットへの対策をみていきましょう。

手数料がかかる

ファクタリングの大きなデメリットは、手数料がかかることです。
多くのファクタリング会社では「ファクタリング手数料」というものを設定し、売掛金の額面金額から差し引いた金額で買い取ります。
手数料の相場はファクタリング方式によって異なり、目安は以下の通りです。

  • 2社間ファクタリング:額面金額の10~30%
  • 3社間ファクタリング:額面金額の1~10%

2社間ファクタリングの相場からも分かる通り、安ければ10%、高ければ30%と大きな開きがあります。
これは、売掛金の額面金額や支払期日、売掛先の信用力など色々な要素によって変化する部分です。
他の資金調達方法に比べて、決して安い手数料ではありませんから、手数料はシビアに考える必要があります。
実際には、目先の資金繰りを間に合わせるために、「手数料が高くても、とにかく資金を調達できればいい」と考えて利用する人も少なくありません。
売掛金を現金化するにあたり、手数料をあまり考えずに利用していると、資金繰りが悪化する危険があります。
効果的な対策は、手数料の安いファクタリング会社を選ぶことです。
優良ファクタリング会社ならば、相場よりも安い手数料で利用できることが多いです。
中でも、オンラインファクタリングの活用をおすすめします。
オンラインファクタリングは、申し込みから契約まで全てオンラインで完結する方式です。
ファクタリング会社としても、従来より少ない労力でスピーディに手続きできるため、安い手数料でも採算を確保できます。
No.1のオンラインファクタリングサービス「Easy factor」は、額面金額の2~8%で提供しています。

信用が悪化するリスクがある

信用悪化リスクも、ファクタリングのデメリットの一つです。
まず、3社間ファクタリングの利用には注意してください。
手数料を抑えることを重視して3社間ファクタリングを利用した結果、売掛先からの信用を損なうケースが珍しくありません。
その点、2社間ファクタリングを利用すれば、売掛先に知られることなくファクタリングできますから、信用悪化リスクを回避できます。
ただし、2社間ファクタリングを利用した際には、基本的に債権譲渡登記を求められます。
債権譲渡登記とは、売掛金の現金化によって起こる権利の移動(債権者が利用会社からファクタリング会社に変わること)を登記所で公示し、法的に裏付けることです。
債権者が変わったことを公示し、誰でも閲覧できる状態にするのですから、売掛先や関係者が閲覧した場合にはファクタリングの利用を知られます。
実際に知られる可能性は低いですが、対策しておくに越したことはありません。
このデメリットを防ぐには、債権譲渡登記を留保できるファクタリング会社を利用することです。
No.1など、一部のファクタリング会社では債権譲渡登記の留保に対応しています。

ファクタリング会社選びが難しい

最後に、ファクタリング会社選びが難しいことが問題です。
ここ数年で、ファクタリングは急速に普及してきました。
どのようなビジネスでも、市場拡大の過渡期には新規参入業者も増加するものです。
その後、市場が安定期に入って淘汰が進むまでは、多くの業者が乱立する状態が続きます。
現在のファクタリング業界をみても、中小ファクタリング会社の参入が非常に多く、大手グループがファクタリング事業に乗り出すケースも相次いでいます。
このため、いざ売掛金を現金化したいと思っても、どのファクタリング会社を選ぶべきか分からず、困ってしまう人が多いのです。
ファクタリングを効果的に利用するには、売りたい売掛金の性質(売掛先の事業者区分、売掛金の額面金額や回収サイトなど)に適したファクタリング会社を選ぶことが欠かせません。
また、ファクタリング業界の法的整備が不十分な現在、違法業者が紛れ込んでいるのも事実です。
ファクタリング会社選びに失敗すると、ファクタリング条件が悪化するだけではなく、違法業者に騙される危険もあります。
対策としては、違法業者を徹底的に排除し、優良ファクタリング会社に絞り込んだ上で、自社の状況や売掛金の性質に適したファクタリング会社を選ぶことです。
具体的な対策は、以下の記事を参考にしてください。

安心してファクタリングするためには?会社選びのポイントと活用のコツを徹底解説

経営改善に役立てる6つのポイント

売掛金現金化のメリットとデメリットを踏まえて、ここからは経営改善に役立てるポイントを見ていきましょう。
すぐにでも実践できるポイントは全部で5つ。
5つのポイントで売掛金を効果的に利用し、ゆくゆくは銀行融資との併用を目指します。

売掛金の選び方を工夫する

実践しやすい第一のポイントは、早期資金化する売掛金の選び方を工夫することです。
売掛金の選び方によって、ファクタリングの効果は大きく変わってきます。
なぜならば、ファクタリング会社は売掛金ごとに審査し、手数料などの条件を決めていくからです。
売掛金を選ぶコツは、以下の3つです。

  • 信用力が高い会社の売掛金を選ぶ
  • 売掛金の額面金額はできるだけ大きく
  • 回収サイトの短い売掛金ほど有利

ファクタリングの手数料は、売掛金ごとのリスクとリターンによって決められています。
未回収リスクが低い売掛金ほど、安い手数料でファクタリングできます。
例えば、行政や大企業、あるいは地元で有名な中小企業などの売掛金であれば、支払い不能に陥るリスクも低いため、安い手数料でファクタリングできる可能性が高いです。
その他の売掛金も、売掛先との取引歴が長く、なおかつ支払いが安定している場合には手数料を抑えることができます。
売掛金の額面金額と回収サイトも重要です。
ファクタリング会社の採算を考えると、額面金額が大きい売掛金ほど儲けは大きくなりますから、手数料を抑えても買い取りたいと考えます。
また、回収サイトが短い売掛金であれば、買い取った後にあまり間を置かず回収できます。
ファクタリング会社としても、資金繰りの効率を高めたいと考えるため、安い手数料で買い取ってくれるでしょう。
売掛金選びを工夫して手数料を抑え、資金繰り負担を軽減すれば経営改善がスピードアップします。

ファクタリング会社をひとつに決める

初めてファクタリングする会社は、売掛金を売却するファクタリング会社をひとつに決めましょう。
優良ファクタリング会社では、継続利用の会社を優遇するのが一般的です。
というのも、継続利用の会社はファクタリング会社にとって、採算が高い優良顧客だからです。
何度も利用している会社であれば、その会社の情報もよくわかっているため、利用会社に対して審査する必要がありません。
もちろん、同じ売掛金を繰り返しファクタリングする場合、売掛先の情報もすでに把握しているのですから、審査の負担はさらに軽減されます。
ファクタリングの手数料には、ファクタリング会社の事務コストも含まれています。
このため、手続きの負担が少ないほど手数料も安くできるというわけです。
また、継続利用の会社は優良顧客ですから、ファクタリング会社は他社への乗り換えを恐れます。
これも、継続的に利用するほど優遇されやすい理由のひとつです。

ファクタリング会社の乗り換えも検討する

既にファクタリングの利用経験がある会社でも、ファクタリングの条件に満足できないケースが多いです。
そのような会社は、継続利用できるファクタリング会社を探し、乗り換えを検討するのが良いでしょう。
会社選びでミスマッチを起こさず、売掛金の選び方にも問題がなければ、好条件で利用できるのがファクタリングです。
現在、条件に満足できていないということは、ファクタリング会社選びで失敗している可能性が高いです。
乗り換え先に迷うことも多いでしょうが、条件の悪いファクタリング会社を使い続けていると、経営改善どころか経営が悪化するリスクもあります。
長期的にみれば、積極的に乗り換えを検討すべきでしょう。
また、乗り換えでの利用を優遇するファクタリング会社もあります。
例えばNo.1では、初回利用あるいは乗り換え利用のお客様に対し、「初回買取手数料50%割引」もしくは「他社より高額買取保証」のキャンペーンを実施中です。
また、お客様満足度もほぼ100%を維持しています。
乗り換えを検討中の方は、ぜひNo.1までご相談ください。

オンラインファクタリングを活用する

ここまでの解説でもしばしば述べた通り、オンラインファクタリングの活用も効果的な方法です。
オンラインファクタリングは、全ての手続きをオンラインで完結できるため、ファクタリング会社は手続きの負担を大幅に軽減できます。
このため、オンラインファクタリングは通常のファクタリングに比べて、手数料が大幅に安くなるのが普通です。
例えばNo.1のオンラインファクタリングは、売掛金の額面金額に対して2~8%の手数料で買い取っています(通常の2社間ファクタリングは5~15%)。
手数料が安くなるだけではなく、より手軽に、よりスピーディに売掛金を現金化できますから、経営改善に役立つことは間違いありません。
ファクタリングは、緊急時の資金調達だけではなく、いつ利用しても役立つものです。
継続利用できるファクタリング会社を探すうえでは、長期的な利用を見据えて、オンラインファクタリングを提供しているファクタリング会社を選びましょう。

コンサルティングを活用する

ファクタリングの活用には色々なコツがあります。
ファクタリングを利用したからといって、コツを知らなければ経営改善は困難です。
そこで、経営改善にしっかりと役立てるためにも、コンサルティングの利用がおすすめです。
一部のファクタリング会社では、売掛金の買い取りだけではなく、コンサルティングを手掛けています。
利用会社の希望に応じて、ファクタリングする売掛金選びをサポートしたり、長期的な経営改善を見据えたトータルサポートを行っています。
特定のファクタリング会社を継続利用し、なおかつコンサルティングを受けながら利用するならば、経営改善がスピーディになるでしょう。
No.1でも、資金繰り・資金調達専門のコンサルタントが複数在籍しています。
私たちと一緒に、売掛金の活用・経営改善に取り組んでいきましょう。

銀行融資と併用する

以上の5つのポイントは、これからファクタリングを利用する会社がすぐに実践できるものを挙げました。
慣れないうちは難しいかもしれませんが、徐々にファクタリングと銀行融資の併用も考えていきましょう。
売掛金の活用によって、資金調達の多様化につながります。
銀行融資に依存してきた会社が、ファクタリングで売掛金を活用できるようになれば、資金繰りの円滑化に役立ち、経営改善にも効果的というわけです。
あくまでも「銀行融資+ファクタリング」、さらには「銀行融資+ファクタリング+α」を目指していくべきであって、ファクタリングに依存すれば元の木阿弥です。
例えば、

  • 設備投資などの大きな資金調達は、これまで通り銀行の長期借入で調達
  • 運転資金などの比較的小さな資金調達は、銀行の短期借入ではなく売掛金現金化によって調達

といった使い分けにより、資金繰りの柔軟性が大きく高まります。
また、経営が悪化して資金繰りが苦しくなった場合には、銀行にリスケジュールを申し入れ、リスケ中の資金繰りをファクタリングで回していく、といったことも可能です。
もちろん、銀行融資との併用を模索する上でも、コンサルティングが役立ちます。

まとめ:売掛金を活用して経営改善を

この記事では、売掛金の活用が経営改善に役立つ理由を解説しました。
ある程度経営が悪化した会社では、経営改善の突破口がみえず、ジリ貧に陥ることが非常に多いです。
銀行融資の道を断たれて資金繰りが苦しくなり、高金利での借入に頼って自転車操業…
こうなってしまうと、もう経営改善どころではありません。
そのような事態を避けるためにも、すぐにでも売掛金を活用し、資金調達方法を増やすべきです。
経営悪化に苦しんでいる会社でも、売掛金の活用を促進することによって、経営改善の道が見えてきます。
実際に、No.1がコンサルティングしたお客様の中には、経営コンサルタントが見放した会社も少なくありません。
ファクタリングをご利用の際には、ぜひNo.1にご相談ください。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top