カテゴリー: ファクタリング

債権流動化とは?メリット・デメリット、ファクタリングとの違いも徹底解説!


皆さんは「債権流動化」という言葉をご存じでしょうか?
債権流動化とは、売掛金や手形など売掛債権の流動性を高めることです。
これによって、銀行などに頼ることなく資金を調達でき、資金繰りの改善にもつながります。
債権流動化にはいくつかの種類があり、ファクタリングも債権流動化の一種です。
この記事では、債権流動化の全般的な知識、「ファクタリング」と「ファクタリング以外の債権流動化」の違いや使い分けなどを徹底解説します。

債権流動化とは?

債権流動化とは、債権の流動性を高めることによって、資金調達を円滑化する方法です。
中小企業にとって資金調達の軸は銀行融資です。
銀行融資は、金融機関という外部機関から資金を調達する方法であり、このほかにも外部からの資金調達には社債の発行、株式の発行などがあります。
これらの伝統的な資金調達方法を、金融用語では「エクイティファイナンス」といいます。
これに対し、会社が保有する資産からキャッシュフローを生み出す方法が「アセットファイナンス」です。
会社が売却できる資産は色々ですが、特に債権を売却する方法を「債権流動化」といいます。

債権の流動性って?

債権の一種に「売掛金」があります。
売掛金は、信用取引によって生じるものであり、支払期日に代金を受け取る権利のことです。
会計上の売掛金の動きは、以下のようになります。

  •  
  • 売掛金の発生:売掛先に商品を納入し、請求書を発行する
  • 売掛金の管理:支払期日までの期間中、売掛金を管理しておく
  • 売掛金の消滅:支払期日に代金が支払われることで、売掛金は消滅し、現金に置き換わる

売掛金の流動性とは、この動きを意味します。
回収サイト※が長い場合、売掛金の発生から消滅までに長い時間を要するため、なかなか動きがありません。
この場合、「売掛金の流動性が低い」といえるでしょう。
逆に、回収サイトが短ければ、売掛金が発生してから消滅するまでの期間は短く、1⇒3の流れがスムーズです。
このような状況を、「売掛金の流動性が高い」といいます。

※売掛先への請求が確定してから、代金を回収するまでの期間

「債権を流動化する」とは?

「債権を流動化する」とは、「債権の流動性を高めること」にほかなりません。
売掛金の場合、「売掛金から現金へ(発生から消滅へ)」の流れを促すことで、流動性が高まります。
そのためには、売掛金ならば回収サイトの短縮が必要です。
回収サイトを短縮すれば、従来の支払期日よりも早いタイミングで売掛金が現金に変わります。
手元の売掛金が現金に変わるのですから、資金繰り的には、同額の現金を外部から調達した場合と同じです。
以上が債権流動化の大まかな意味です。
分かりにくい場合には、「債権流動化→売掛債権を利用して資金を調達する方法」といった認識でも問題ありません。

債権流動化は4種類

一口に債権流動化といっても、その種類は様々です。
現在、日本で利用できる債権流動化には以下の4種類があります。

  •  
  • 売掛金の発生:売掛先に商品を納入し、請求書を発行する
  • 売掛金の管理:支払期日までの期間中、売掛金を管理しておく
  • 売掛金の消滅:支払期日に代金が支払われることで、売掛金は消滅し、現金に置き換わる

中には、売掛債権証券化のように利用が現実的ではない方法もありますが、一通り見ていきましょう。

売掛債権担保融資

近年、経済産業省では売掛債権の活用促進に取り組んでいます。
企業金融が銀行融資ありきになっている状況を改善するために、売掛債権をきっかけとした資金調達を目指しているのです。
その目玉のひとつが「売掛債権担保融資」です。
売掛債権担保融資は、売掛債権を担保として銀行から融資を受ける方法であり、銀行融資であることには変わりありません。
しかし、売掛債権担保融資が普及することによって、「銀行融資といえば担保が必要、担保といえば不動産」という状況から、「銀行融資といえば担保が必要、担保は不動産や売掛債権など色々」に変えることができます。
すでに、売掛債権担保融資を取り扱っている金融機関も多く、債権流動化の中でも利用しやすい方法です。

ファクタリング

ファクタリングも、経済産業省が推進する資金調達方法です。
ファクタリングの対象となるのは売掛金であり、これを売却することで資金を調達します。
売掛債権担保融資との大きな違いは、あくまでも「売掛債権(売掛金)の売却」であって、「売掛債権を担保にした融資」ではないことです。
したがって、ファクタリングは銀行だけではなく、専門のファクタリング会社でも利用できます。
現在、ファクタリング会社の数は非常に多く、普及率も順調に高まっています。
売掛債権担保融資よりも身近であり、債権流動化の中ではファクタリングが最も利用しやすい方法です。

手形割引

手形取引をしている会社は、取引先から約束手形(受取手形)を受け取ります。
手形も売掛債権の一種ですから、債権流動化の対象です。
手形割引は、受取手形を銀行や手形割引業者に売却し、流動化する方法です。
手形割引の歴史は非常に長いため、債権流動化の中でも最も有名な方法といえます。
今でも手形取引をしている会社は、手形割引によって債権流動化するのが最も手軽でしょう。
しかし、政府は手形取引廃止を目指しており、実際に手形交換高は激減しています。
今後もこの流れが続くと考えられるため、手形割引はいずれ利用できなくなる可能性が高いです。
債権流動化の方法の中でも、重要性は低いと考えるべきでしょう。

売掛債権証券化

債権流動化の中でも、最も重要性が低いのが売掛債権証券化です。
売掛債権証券化は、会社が所有している売掛債権を特別目的会社に売却する方法です。
特別目的会社は、買い取った融資審査を証券化し、投資家に売却します。
分かりにくいと感じる場合には、「そういう方法もあるんだ」くらいに考えておけば問題ありません。
というのも、日本においては大企業でさえも売掛債権証券化をほとんど利用しておらず、中小企業の利用はなおさら現実的ではないからです。
(以下の解説でも、売掛債権証券化は除外して考えていきます)

ファクタリングは債権流動化の一種

No.1では、ファクタリングだけではなくコンサルティングも手掛けています。
そのため、経営の全般的なことを含め色々な相談が寄せられますが、たまに以下のようなお問い合わせを受けることがあります。
「売掛金で資金調達したいのですが、債権流動化とファクタリングはどっちがいいですか?」
色々ある資金調達方法の中で、「債権流動化」という方法と、「ファクタリング」という方法があると思っているのです。
しかし上記の通り、ファクタリングは債権流動化の一種であり、そもそもの括りが異なります。
資金調達方法を「料理」という枠組みとすれば、債権流動化は「中華料理」、ファクタリングは「四川料理」といった関係です。
債権流動化とファクタリングの区別で混乱している人は、単純な括りの違いと考えてください。
もっとも、3種の債権流動化(売掛債権担保融資・手形割引・売掛債権流動化のいずれか)とファクタリングを比較するならば、ファクタリングが最も利用しやすく、資金繰りに役立つ方法と言ってよいでしょう(具体的な理由は後述します)。

債権流動化のメリット

債権流動化には、他の資金調達方法では得られないメリットがあります。

銀行融資よりも資金を調達しやすい

まず、何といっても債権流動化は銀行融資に比べて利用のハードルが低く、資金繰りに役立ちます。
多くの会社では、銀行融資を軸に資金を調達しているはずです。
しかし、銀行融資への依存度が高すぎると、資金繰りが不安定になりがちです。
銀行融資に依存するということは、銀行融資以外で資金を調達できないということでもあります。
そして、銀行はいつでも融資してくれる存在ではなく、融資先の返済能力によって対応を変えます。
これまで難なく融資を受けられていたならば、それは「返済能力に問題がなかったから」というだけです。
業績や財務の悪化によって返済能力に問題が生じた場合、銀行は融資してくれません。
その場合、担保・保証を求められる可能性が高いのですが、十分な担保を持っておらず、保証を受けられない会社も多いです。
銀行融資に過度に依存した資金繰りは危険ですから、資金調達を多様化する必要があります。
そのための手段として、債権流動化を取り入れることが役立ちます。

スピーディに資金調達できる

債権流動化は、資金調達スピードにも優れています。
ただし、方法によりけりです。
前述の通り、売掛債権証券化は中小企業に不向きな方法ですから、強いて利用しようと思えば多くの手間がかかるでしょう。
また売掛債権担保融資も、銀行融資の一種であるため審査が厳しく、スピーディに資金調達できるとは限りません。
しかし、手形割引やファクタリングはスピードに優れています。
手形割引を利用すれば数日中に、ファクタリングならば最短数時間~即日での資金調達が可能です。

資金繰り改善に役立つ

債権流動化を活用することで、資金繰りを改善することもできます。
資金繰り改善と聞くと、非常に困難なイメージを抱く人が多いことでしょう。
また実際に、従来の手法では資金繰り改善に多くの手間がかかりました。
債権流動化が利用できるようになったことで、資金繰り改善のハードルが大幅に下がったといえます。
資金繰り悪化の原因は様々ですが、売掛金の回収に時間がかかる(売掛債権の流動性が低い)場合、資金繰り悪化が深刻です。
逆に言えば、債権流動化によって売掛金の流動性を高めることで、容易に資金繰りを改善できます。

オフバランス化につながる

最近では、債権流動化のオフバランス効果にも注目が集まっています。
オフバランス化とは、自社の貸借対照表に計上される資産を減らすことです。
手っ取り早くオフバランス化するには、手元の資産を売却などによって処分するのがベストです。
過剰在庫や遊休資産、売掛債権などを売却することがオフバランス化につながります。
4種の債権流動化のうち、売掛債権担保融資は売掛債権の売却ではありませんが、その他の方法は全て売掛債権の売却です。
売掛債権という資産を自由自在に減らすことができるため、効率よくオフバランス化できます。

債権流動化のデメリット

ただし、債権流動化にはいくつかデメリットがあります。
メリットとデメリットをよく比較しながら利用することが大切です。

調達コストがかかる

債権流動化のデメリットは、調達コストがかかることです。
もっとも、どのような資金調達方法であっても、基本的に調達コストがかかるため、調達コストを過剰に問題視する必要はありません。
しかしながら、資金繰り改善を見据えながら債権流動化を活用するならば、ある程度はシビアに考えるべきでしょう。
債権流動化の調達コストは以下の通りです。

  • 売掛債権担保融資:年利1~15%(売掛債権の担保価値によって変動)
  • ファクタリング:売掛金額面の1~30%(ファクタリング方式によって変動)
  • 手形割引:手形額面の 3.9~15%(依頼先や支払期日によって変動)

手数料や金利の相場を見てもわかりますが、実際の調達コストはケースバイケースで大きく変動します。
したがって、まずは見積もりを依頼してみて、調達コストが安い場合には利用するなどの工夫が必要です。

方法によっては弁済義務を負う

債権流動化のうち、売掛債権担保融資と手形割引を利用する場合には注意が必要です。
これらの方法で資金調達した場合、弁済義務を負います。
弁済義務とは、担保にした売掛債権や割り引いてもらった手形が回収不能になった際に、自社が弁済する義務です。
売掛債権担保融資では、担保にした売掛債権が回収不能に陥った場合、まず信用保証協会が銀行に対して弁済します。
信用保証協会が弁済を約束するからこそ、銀行は安心して融資できるというわけです。
ただし、信用保証協会が弁済したからといって、それで終わりではありません。
信用保証協会は、弁済した代金の返済を債権者(売掛債権担保融資で資金を調達した自社)に請求します。
信用保証協会の不良債権処理は、民間のサービサーに比べてはるかに厳しく、弁済額の圧縮には応じてくれません。
結局、貸し倒れた売掛債権は自社が全額前菜する必要があります。
また、手形割引も同様です。
売掛先の経営難などによって割り引いた手形が不渡りになれば、その手形を自社が買い戻さなければなりません。

ファクタリングで債権流動化すべき5つの理由

上記のメリットとデメリットを踏まえると、債権流動化の中でも特にファクタリングを活用すべきです。
その理由は5つあります。

1.圧倒的にスピーディ

まず、資金調達スピードに注目です。
現時点において、ファクタリングの資金調達スピードは、あらゆる資金調達方法の中でも最速です。
同じ債権流動化でも、ファクタリング以外はスピードに問題があります。
例えば、政府が推奨している売掛債権担保融資は銀行融資である以上、それなりに時間がかかると考えるべきです。
売掛債権担保融資では売掛債権の担保価値を評価し、掛け目を設定したうえで融資します。
また、信用保証協会から保証を取り付けるために、銀行と信用保証協会の間でやり取りする必要があり、ここでも時間を要します。
手形割引はスピーディな方法として知られますが、手形割引業者に依頼した場合には数日、銀行に依頼した場合にはさらに数日を要するでしょう。
即日で資金調達できるのは、債権流動化の中でもファクタリングだけです。
自社とファクタリング会社の2社間で取引する「2社間ファクタリング」の場合、ほとんどのファクタリング会社が即日資金調達に対応しています。
徐々に普及しつつあるオンラインファクタリング※ならば、最短数時間での資金調達も可能です。
ちなみに、No.1のオンラインファクタリングサービス「Easy factor」では、最短60分でのファクタリングに対応しています。

※全ての手続きをオンラインで完結するファクタリング方式

2.オンラインと相性抜群

ファクタリングの強みは、オンラインとの相性が良いことです。
No.1でもオンラインファクタリングを取り扱っていますが、最近ではオンラインに特化したファクタリング会社も少しずつ増えてきました。
上記の通り、オンラインファクタリングはスピードに優れています。
しかし、そもそもファクタリングはオンラインでなくとも即日で資金調達できるため、さほどメリットを感じない場合も多いです。
それ以上に大きなメリットは、「オンライン完結」にあります。
オンラインファクタリングは、申し込みから契約まで、一貫してオンラインで手続き可能です。
中小企業ならば事務所にいながら、個人事業主であれば自宅のパソコンから全て手続きできるのですから、利便性の高さが分かるでしょう。
これに対し、売掛債権担保融資や手形割引は、全てオフラインでの手続きが基本となります。
銀行員や手形割引業者のスタッフと対面したうえで、書類のやり取りや契約手続きをする必要があり、手間も時間もかかります。
債権流動化のうち、オンラインで利用できるのはファクタリングだけです。

3.手数料が安くなることも

他の債権流動化と比べて、ファクタリングが唯一劣るのは調達コストです。
特に、2社間ファクタリングの手数料相場は10~30%であるため、かなり高い水準といえます。
したがって、むやみに利用すれば却って資金繰りが悪化する恐れがあります。
しかし、適切に利用することで、手数料を大幅に抑えることも可能です。
効果的な方法は、ファクタリング会社を適切に選ぶこと、そしてオンラインファクタリングを活用することです。
ファクタリング会社の特徴に自社がマッチしているほど、手数料が安くなる傾向があります。
例えば、建設業を営む会社であれば、建設業に強みのあるファクタリング会社の利用がおすすめです。
さらに効果的なのが、オンラインファクタリングの利用です。
オンラインファクタリングは、オンラインで手続きが完了するため、ファクタリング会社の事務コストを大幅に削減できます。
AI審査を導入すれば審査スタッフが不要となり、人件費の削減も可能です。
このようなコスト削減効果を手数料に反映することで、相場よりも大幅に安くできるというわけです。
No.1のオンラインファクタリングは、2社間ファクタリングでありながら2~8%の手数料で提供しています。

4.負債にならない

ファクタリングは、売掛金を売却することで資金を調達するため、負債にはなりません。
負債が増加するのは、銀行やノンバンクから融資を受けたときです。
負債の増加は、財務悪化につながることも多いため注意が必要です。
例えば、財務の良し悪しを測る指標に「自己資本比率」や「債務償還年数」などがあります。
自己資本比率は、自己資本と他人資本の比率ですから、負債によって他人資本が増えると自己資本比率が悪化します。
債務償還年数は、キャッシュフローをもとに負債の返済にかかる年数を表す指標です。
当然ながら、負債が増えれば債務償還年数も長くなります。
売掛債権担保融資は借入ですから、負債が必ず増加します。
負債の増加によって財務内容が悪化し、その後の借入が困難になることもあり得るでしょう。
また、すでに負債の多さに悩んでいる会社であれば、売掛債権担保融資の利用は避けるべきです。
そんなときに、負債にならないファクタリングが役立ちます。

5.償還請求権がない

債権流動化のデメリットで、弁済義務について解説しました。
売掛債権担保融資や手形割引には、弁済義務が伴います。
しかし、実際に利用するとわかりますが、弁済義務はあまり意識しないものです。
そもそも、審査をクリアした上で利用しているため、売掛先の経営には問題ないはずであり、弁済義務もあまり意識しません。
したがって、売掛先の倒産などによって弁済義務が発生した場合、自社の感覚としては「突発的」であり、弁済の準備ができていないことがほとんどです。
つまり、売掛債権担保融資や手形割引を利用した場合、弁済によって突発的な支出が発生し、資金繰りが急激に悪化する危険があります。
ファクタリングには、この危険がありません。
なぜならば、ファクタリング契約には償還請求権※がないからです。
償還請求権がない以上、買い取った売掛金が回収不能になった場合、貸し倒れ損失は全てファクタリング会社の負担となります。
売掛金の売却によって資金を調達しつつ、回収不能リスクをファクタリング会社に移転できるメリットもあるのです。
弁済義務を回避できるのは、債権流動化の中でもファクタリングだけです。

※買い取った売掛金が回収できなくなった場合、ファクタリングの利用会社に買い戻しを求める権利

債権流動化はNo.1で!

債権流動化は4種類ありますが、その中でもファクタリングが最も優れています。
ただし上記の通り、ファクタリングは手数料の高さが問題です。
この点を見落とすと、資金繰りが悪化するリスクがあります。
手数料を抑えながら利用するためにも、債権流動化をご希望の方はぜひNo.1をご利用ください。
No.1は、業種を問わず柔軟にファクタリングできる対応力に定評があります。
基本的なファクタリング手数料は、2社間ファクタリングが5~15%、3社間ファクタリングが1~5%であり、相場よりも大幅に安い設定です。
また、オンラインファクタリングにも対応しており、手数料は2~8%、最短60分での入金が可能です。
このほか、No.1はファクタリングだけではなく、コンサルティングも手掛けています。
債権流動化によって資金繰りを改善したい方は、お申込みの際にお伝えください。
資金繰り専門のコンサルティングが対応し、丁寧にヒアリングした上で最適なファクタリングプランをご提案いたします。

まとめ:時代の流れを意識した資金調達を

債権流動化のうち、特に売掛債権担保融資やファクタリングは政府も推奨する資金調達方法です。
今後もこの流れは続くと考えられるため、売掛債権担保融資やファクタリングは、これからの時代に合う資金調達方法といえます。
逆に、同じ債権流動化でも、手形割引や売掛債権証券化は時代に合わない方法です。
これから債権流動化を活用していく会社では、時代の流れを意識し、売掛債権担保融資またはファクタリングに絞って活用すべきでしょう。
売掛債権担保融資とファクタリングを比較した場合、少なくとも中小企業にとっては、ファクタリングのほうが適しています。
ファクタリングによる債権流動化をご希望の方は、No.1へお気軽にご相談ください。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top