カテゴリー: ファクタリング

フリーランス向けの請求書買取サービスとは?仕組みとおすすめの会社を徹底解説!【個人事業主にも対応】

スピード査定依頼フォーム

「請求書買取サービスって何?請求書を買い取ってくれるの?」

最近、このようなお問い合わせをいただくことが増えました。

ファクタリングは知っていても、請求書買取サービスは知らないというお客様が多いようです。

この記事では、

  • 請求書買取サービスとは
  • 請求書買取サービスがフリーランスにおすすめの理由
  • おすすめの請求書買取サービス

などを解説します。

請求書買取サービス=ファクタリングとは?

事業者が資金を調達する方法のひとつとして、近年人気が高まっているものに「請求書買取サービス」があります。

請求書買取サービスとは、その名の通り「請求書を買い取るサービス」のこと。

事業者が所有している請求書を専門の業者に売却することで、資金を調達します。

請求書買取サービスの仕組み

請求書買取サービスを理解するためには、事業者間取引における請求と支払いの流れを考えてみましょう。

ほとんどの事業者は、現金取引(商品やサービスを納品すると同時に代金を受け取る取引)ではなく、代金を後払いにする契約で取引します。
「販売先が期日通りに支払ってくれる」という信用を根拠に取引するため、このような取引を「信用取引」や「掛取引(掛け売り)」といいます。

信用取引の際に発生するのが、売掛金(後日、代金を受け取る権利)。
具体的には、

    1. 売掛先に商品・サービスを納品する
    2. 売掛先に請求書を発行し、期日までの支払いを請求する(売掛金が発生する)
    3. 支払い期日になると、売掛先から代金が支払われる

という流れになります。

ポイントは、請求書を発行し、売掛金が発生した後、支払い期日になるまでは現金が入ってこない点。

帳簿の上では売上が計上されていますが、実際の資金繰りに活用できる現金が入ってくるのは先のことであり、支払いまでの期間が長いほど資金繰りが苦しくなるでしょう。

このとき、請求書を買い取ってもらうことで、売掛金を早期資金化する「請求書買取サービス」が役立ちます。

請求書買取サービス=ファクタリング

これまでの説明で、請求書買取サービスは「ファクタリングに似ている」と思った人も多いのではないでしょうか。

実は、請求書買取サービスとファクタリングは、サービス名が異なるだけで、実質的には全く同じサービス。

ファクタリングは売掛金を売却する資金調達方法ですが、そもそも「売掛金を売却する」とは、「請求書などを成因資料(売掛金の根拠を示す資料)として売掛金を譲渡し、その対価として資金を受け取る取引」を意味します。

ファクタリングに2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあるように、請求書買取サービスにも2社間取引と3社間取引が存在。
3社間での請求書買取サービスは、利用会社・売掛先・請求書買取業者の3社間で取引します。

したがって、「請求書買取サービス=ファクタリング」であると同時に、

  • 2社間での請求書買取サービス=2社間ファクタリング
  • 3社間での請求書買取サービス=3社間ファクタリング

とイメージしましょう。

請求書買取サービスはフリーランスにおすすめ

請求書買取サービスは、事業者区分によって利便性が大きく異なります。

請求書買取サービスの魅力は「請求書“だけで”簡単に資金調達」という利便性の高さ。

法人向けを軸とするファクタリングの場合、登記簿謄本や印鑑証明書などの資料を求められることが多く、特に個人事業主やフリーランスの利用には不向きでした。
請求書買取サービスには、そのような煩わしさがなく、登録さえしておけば請求書をアップロードするだけで簡単に資金調達できるサービスもあります。

実際に、請求書買取サービスにはフリーランスの利用を想定したものが多く、取引の方式も2社間取引が主流。
この記事で紹介する「おすすめの請求書買取サービス」の中にも、「フリーランス向け・2社間取引」に特化した業者が多くあります。

フリーランスが請求書買取サービスを利用するメリット4つ

請求書買取サービスがフリーランスに向いている理由は、以下のメリットを考えるとよく分かります。

1,資金調達のハードルが低い

請求書買取サービスは、資金調達のハードルが非常に低いです。

フリーランスは法人に比べて、資金調達の選択肢が多くありません。
フリーランス向けの融資に対応している銀行もありますが、あまり積極的な支援は期待できないでしょう。

なぜならフリーランスの資金需要は基本的に小さいため、法人への融資に比べて収益性が低いから。

フリーランス側から見ても、少額の資金調達のために銀行の厳しい審査を受けるのは好ましくありません。

とはいえ、高金利のビジネスローンはできるだけ避けたいところ。

そこで請求書買取サービスならば、請求書だけで簡単に資金調達できます。
数時間以内に入金してくれるサービスも多く、利便性の高さがフリーランスにとって大きなメリットになります。

2,自由度が高い

自由度の高さもメリットの一つ。

フリーランスのほとんどは、納品と引き換えに代金を受け取るのではなく、あらかじめ定めた支払い期日に代金を受け取ります。

そのため、納品から支払い期日までの期間、常に請求書が手元にある状態。

資金需要が発生した際には、その請求書を売ることでいつでもスピーディに資金調達ができます。

3,売掛先に知られない

請求書買取サービスは、ファクタリングに比べて知名度が低く、現時点ではあまり知られていない方法です。

そのため、請求書の売却をクライアントに知られると、資金難を疑われるかもしれません。
そこで資金難を疑ったクライアントが、別の発注先を探して依頼を分散する可能性もあり、長期的な売上減少を招くことも…。

しかし、請求書買取サービスの多くは2社間取引です。
利用者と請求書買取業者の2社間だけで取引するため、クライアントは一切関与せず、請求書買取サービスを利用したことも知られません。

4,資金繰りが良くなる

資金繰り改善メリットにも注目しましょう。

フリーランスの中には、請求から支払いまでの期間が長く、資金繰りに困った経験がある人も多いのではないでしょうか。

フリーランスの資金繰りは、家計と密接な関係にあります。
家計の事情で事業資金を使い、資金繰りが苦しくなることもあり、この意味では法人以上に資金ショートのリスクが高いです。

また、回収サイト(請求から支払いまでの期間)が長くなることもしばしば。
例えば、「月末締め・翌々月末払い」といった契約であればどうでしょうか。
この場合、1月1日に納品したものが1月31日に確定し、3月31日に支払われるといったこともあり得るわけで、支払いまでに2~3ヶ月を要します。

そうなれば資金繰り的に大きな負担になるはずです。
請求書買取サービスを活用し、回収サイトが長い請求書を早期資金化すれば、資金繰りがよくなるかもしれません。

フリーランスが請求書買取サービスを利用するデメリット3つ

しかし、請求書買取サービスにはデメリットもあります。

メリットとデメリットを比較し、十分なメリットが得られる場合に活用することが大切です。

1,調達コストが高い

調達コストの高さには注意してください。

請求書買取サービスにはオンライン完結型のサービスも多く、一般的な2社間ファクタリングに比べて手数料が安い傾向があります。

とはいえ、高い場合には請求書の額面に対して10%程度の手数料を求められます。
他の資金調達方法と比較すれば、決して安いとは言えないでしょう。

フリーランスでも、銀行融資や公的融資を利用できることがあります。

その場合、調達コストは年利1~3%程度ですから、請求書買取サービスよりも低いコストで調達できます。
もっとも、請求書買取サービスのほうが安くつくことも多いです。

例えば、消費者金融で50万円を年利18%・46回払いで借りた場合、最終的な支払い総額は695,756円となります。
これに対し、請求書買取サービスを手数料率8%で利用した場合、約54万円の請求書を売却すれば50万円の調達が可能です。

どちらも50万円の資金調達ですが、消費者金融は約20万円の調達コストがかるのに対し、請求書買取サービスの調達コストは4万円程度に抑えられるのです。

2,調達できるとは限らない

請求書買取サービスは自由度の高さがメリットですが、利用できないケースもしばしば。

まず、請求書買取業者によって、買取対象となる請求書の範囲が異なります。
個人間取引の請求書を買い取る業者もあれば、法人との取引に限定する業者もあるのです。

フリーランスは、個人から受注することも少なくありません。
個人が運営するホームページのコンテンツライティングを受注したり、個人のオークションページの画像制作を受注したりすることも多いです。
このような個人間取引の請求書は、買取対象外としている業者も多いため注意しましょう。

また、請求書買取サービスはAI審査を導入していることが多いです。
機械的に審査されるため、スピードには優れているのですが、クライアントの支払い能力に問題がある請求書は買い取りを拒否され、資金を調達できません。

3,調達額に限りがある

請求書買取サービスは、請求書を買い取ってもらうことで資金を調達します。

当然、調達できる上限額は「請求書の額面金額まで」。

利用時に手数料を差し引かれるため、正確には「請求書の額面から手数料を差し引いた金額」が上限額となります。
融資の場合、将来の利益を根拠に多額の調達も可能ですが、請求書買取サービスは現在所有している請求書以上の調達はできないのです。

このため、多額の資金需要が発生した場合には、請求書買取サービスだけでは必要額を調達できないこともあります。

請求書買取サービスを利用する際の注意点3つ

上記のデメリットを踏まえ、請求書買取サービスを利用する際には以下の点に注意しましょう。

1,請求書額面の満額を受け取ることができない

まず、手数料を認識することが大切。
請求書買取サービスもビジネスとして請求書を買い取っている以上、請求書額面の満額を受け取れる(=手数料が一切かからない)ということはあり得ません。
したがって、請求書買取サービスを利用する際には、以下の流れを意識しましょう。

  • 請求書買取サービスのホームページを確認し、手数料率の目安を把握する
  • 利用を申し込み、オペレーターと電話でやり取りする際にも、手数料やその他費用について詳しく聞く
  • 把握した手数料率と必要調達額から逆算して、買取希望額を設定する(10万円が必要で手数料の上限が9%ならば少なくとも11万円の買い取りを依頼するなど)

この流れで利用すれば、必要資金をしっかり調達できます。

2,支払い期日を過ぎた請求書は買い取ってもらえない

上記の通り、請求先の支払い能力によって、買い取ってもらえないことがあります。

これは、「不良債権は買取不可」ということ。

不良債権とは、支払いに問題が生じている売掛債権を指します。

請求書買取サービスは、請求書を裏付けとして売掛金を買い取るサービスですから、請求先に十分な支払い能力があることが前提となります。

すでに支払い期日を過ぎている請求書は、「支払い期日を守らない(=支払い能力に問題がある)クライアントへの請求書」であり、不良債権にほかなりません。
支払い期日を過ぎた請求書は買い取ってもらえないので、注意しましょう。

3,悪質な業者も存在する

悪質業者の存在にも注意してください。

ファクタリング業界には、常に悪質業者が存在。

最近は、個人の給与債権(勤務先から給料をもらう権利)を買い取る「給与ファクタリング」が問題となり、金融庁も注意を喚起しています。
このような悪質業者は、正式なファクタリング業者や請求書買取サービスではなく、「ファクタリングや請求書買取を装ったヤミ金業者」です。

年利に換算すると数千%といった超高金利で貸し付け、摘発された業者も出ています。
「請求書を買い取ります」と謳っていても、実際は請求書を買い取るのではなく、高金利の貸し付けを行う悪質業者かもしれません。
そのような悪質業者を利用しないように注意しましょう。

フリーランスにオススメの請求書買取サービス10選

請求書買取サービスを活用するには、悪質業者を避けるのはもちろんのこと、多くのサービスを比較し、自分に最も適したものを選ぶことが大切です。
フリーランスにおすすめの請求書買取サービスを紹介します。

1,No. 1

No.1は、法人向けの買取ファクタリングだけではなく、フリーランスに特化したファクタリングサービス(=請求書買取サービス)も提供しています。
No.1がフリーランスにおすすめの理由は、以下の通り。

  • 請求書があればオンライン完結で利用できる
  • 手数料は2~8%(2社間)
  • 見積もりは最短10分、振込まで最短30分

初回利用では、買取手数料50%割引、他社より高額買取保証などの手厚いサービスも実施しています。

2,freenanceフリーナンス/即日払い

freenanceは、GMOクリエイターズネットワークが提供する請求書買取サービス。
フリーランス向け金融支援を主要事業としていることから、フリーランスの事情を踏まえたサービスに強みがあります。
freenanceに登録しておくことにより、いつでも請求書買取サービスが利用可能。
フリーランス自身の本人確認や審査は登録時に行われるため、登録後は請求書をアップロードするだけでよく、利便性の高さが魅力です。
手数料は請求書額面の3~10%の設定であり、請求書買取サービスの相場としてはごく一般的といえます。
ただし、登録直後の利用上限額は25万円ですから、多額の資金調達には向きません。
また、個人間取引には対応していないため注意が必要です。

3,PayToday/AIファクタリング

PayTodayは、オンライン完結の請求書買取サービス。
PayTodayの利用者の業種をみると、フリーランスが14%を占めており、フリーランス向けサービスにも強いことがわかります。
商品名を「AIファクタリング」としていることからもわかる通り、PayTodayではAIの活用に力を入れています。
これにより、機械的にスピーディな審査が可能であり、手数料も低め(1~9.5%)。
このほか、

  • 最大90日後の債権まで買取
  • 利用額の下限がない

といったメリットがあります。

4,OLTA(オルタ) /クラウドファクタリング

OLTAは、オンライン型ファクタリングの中でも高い人気を誇っています。
提携銀行数が非常に多く、メガバンクなどもOLTAのパートナーですから、安心感を重視する人におすすめ。
オンライン型の請求書買取サービスに共通しますが、OLTAも手数料に強みがあります(2~9%)。
ただし、入金スピードはやや遅いので注意しましょう。
請求書買取サービスには最短60分で対応するなど、数時間以内で資金調達できるサービスが多いのですが、OLTAは「最短24時間」としています。
また、OLTAは個人事業主や個人向けの請求書は買取対象外であり、あくまでも「法人または官公庁向けの請求書」に限定している点にも要注意です。

5,yup(ヤップ)先払い

yup先払いもフリーランス向けに特化したサービスであり、上記のfreenanceによく似ています。
yup先払いに登録しておくことで、その後は請求書をアップロードするだけで資金を調達可能。
yup先払いの特徴は、入金スピード・料金設定・柔軟性です。

  • 入金スピード:最短60分
  • 料金:一律10%
  • 個人間取引でも利用可能

料金設定は一長一短でしょう。
〇%~〇%と幅を持たせるのではなく、最初から10%に確定しているため、「手数料が予想以上に高かった」「手数料で騙された」といった心配はありません。
しかし、10%より安くなることもありません。
手数料が安くなりそうな請求書であれば、他の請求書買取サービスを優先したほうが良いでしょう。
このほか、登録直後の利用上限額は10万円ですから、少額の資金需要にしか対応できないのも難点です。

6,トップ・マネジメント/ファクタリング

トップ・マネジメントは、一般的なファクタリングのほか、助成金とファクタリングを組み合わせた新しいサービスなど、ファクタリングのメニューが豊富。
「請求書買取サービス」を売りにしているわけではありませんが、フリーランスの利用にも対応しており、請求書を成因資料としたファクタリングができます。
また、オンラインでの利用にも対応しています。
ただし、契約の際には直近7ヶ月の入出金明細を求められるなど、他の請求書買取サービスに比べて多くの資料を求められることがほとんど。
このほか、フリーランス向けの請求書買取の手数料は、法人向けの2社間ファクタリングと変わらない3.5~12.5%ですから、手数料も高めです。

7,QuQuMo

QuQuMoは「売掛金前払いサービス」ですが、請求書を現金化できるため請求書買取サービスとみなしてかまいません。
オンライン特化型のため利便性が高く、入金まで最短2時間、手数料設定は「1%~」など、早さと安さを売りにしています。
必要書類は請求書と通帳の2点だけであり、申し込みの際に確定申告書類やその他の書類を求められることもなく、気軽に申し込むことができます。
ただし、手数料の上限が明記されていない点に注意してください。
ここまで紹介した請求書買取サービスは、全て手数料の上限を明記しています。
予想以上に高くなる可能性もあるため、利用の際にはしっかりチェックするようにしましょう。

8,ナゲット(nugget)

ナゲットは、東証一部上場企業のセレスが運営する請求書買取サービス。
上場企業が運営元であることから、悪質業者の心配もなく、安心して利用できるのが魅力です。
申込書類は請求書やエビデンス(取引先とのメールなど、取引を証明する資料)を提出すればよく、決算書や入金明細書などは一切必要ありません。
最低利用額は1万円以上、手数料は一律10%などの分かりやすさも特徴の一つ。
yup先払い同様、このような手数料設定はメリットにもデメリットにもなり得るため、現金化したい請求書に合わせて使い分けるのがポイントです。
なお、個人宛の請求書は対象外のため注意してください。

9,ビートレーディング

ビートレーディングは、累計契約社数26,000社、累計買取額688億円という実績を誇るファクタリング会社。
法人だけではなく、フリーランスの請求書買取にも対応しており、実績を重視するにフリーランスにおすすめです。
ただし、他の請求書買取サービスに比べると、以下のデメリットがあります。

  • オンラインに対応しておらず、契約時の対面取引が必須(遠方の場合、即日対応が困難)
  • 手数料設定がごく一般的(2社間:10~20%、3社間:1~9%)
  • 法人向け請求書のみ対応
  • 買取額の下限が30万円

元来、ビートレーディングはフリーランス向けを軸としたサービスではないため、フリーランスには利用しにくい特徴が多いかもしれません。
特に実績を重視するのでなければ、他の請求書買取サービスを優先しましょう。

10,スマートヘッジのインボイスPay

インボイスPayは、中小企業向けの請求書買取サービス。
フリーランス向けに特化したサービスではありませんが、フリーランスでも利用可能であり、利便性にも優れています。
インボイスPayに申し込む際、請求書はPDFやスマホで撮影した写真でも受付可能。
提出した請求書をもとに最短10分で簡易見積もりを行い、その結果を踏まえて本審査を依頼するかどうかを決めることができる「見積もり先行提示型」の仕組みも特徴的です。
手数料の目安は2.5~8%ですから、他の請求書買取サービスと比較しても安めの設定。
「とりあえず見積もりだけ」といった場合に活用するのも良いでしょう。

失敗しない請求書買取サービスの選び方

最後に、請求書買取サービスの選び方を解説します。

運営元を確認する

ファクタリング会社を選ぶ際には、運営元や業歴を確認することが最も重要
一般的なファクタリングの場合、業歴を重視します。

なぜなら、老舗のファクタリング会社を選ぶことで、悪質業者を避けることができるため。

しかし、請求書買取サービスはファクタリングよりも新しく、業歴だけで判断するのは困難でしょう。

そこで、運営元から安全性を図るのが役立ちます。
例えば、以下のように考えましょう。

  • Easy factor:運営元のNo.1はファクタリングの老舗であるため安全性が高い
  • freenance:運営元のGMOクリエイターズネットワークは、GMOグループに属するため安全性が高い
  • OLTA:多くの金融機関と提携しており、新生銀行との共同サービスも手掛けているため安全性が高い

このような視点で選べば、少なくとも悪質業者に遭遇する危険はありません。

手数料を比較する

悪質業者を避けるだけではなく、調達コストも抑えたいですよね。

そこで、手数料も念入りに比較しましょう。

請求書買取サービスは手数料を抑えたものが多く、1回の利用ではあまり差が出ないかもしれませんが、長期にわたって活用するうちに大きなコスト削減効果が得られます

この記事で紹介した請求書買取サービスの手数料も、

  • No.1:2~8%(請求書買取サービスの中でも低い水準)
  • freenance:3~10%(請求書買取サービスの一般的な水準)
  • トップ・マネジメント:3.5~12%(請求書買取サービスの中でも高い水準)
  • yup先払い:一律10%(請求書によって手数料が変動しない)
  • QuQuMo:1%~(上限が不明)

など、サービスによって様々です。
「どれも同じくらい」などと軽視せず、比較することを忘れないようにしてください。

資金調達スピードを比較する

資金調達スピードも比較してみましょう。
資金調達スピードは、早いに越したことはありません。

請求書買取サービスには「早くて安い」ものも多いですが、サービスによってスピードが異なります
上記で紹介したおすすめの請求書買取サービスを、いくつか比較してみましょう。

  • No.1:最短30分
  • QuQuMo:最短2時間
  • OLTA:最短24時間
  • ビートレーディング:遠方の場合は即日不可

このように、スピーディなものは数時間以内に調達できますが、中には即日で調達できないサービスもあるのです。

担当者の対応を比較する

担当者の対応も比較のポイントの一つ。
オンライン完結の請求書買取サービスでは、Zoomなどで商談を行うものが多いです。
オンライン商談がなくとも、電話でのやり取りは必ずあります

このとき、担当者の対応が判断材料になります。
手数料や資金調達スピードなど、明確に把握しておきたいことを積極的に質問してみましょう。

悪質業者の場合、都合の悪い部分はできるだけ曖昧にしておき、ともかく利用させるように誘導します。
したがって、質問に対する回答も丁寧ではありません。

もちろん、担当者の対応力は経験や知識量にもよるため、回答が不十分であれば全て悪質とも言い切れません。
しかし、担当者の対応が誠実な業者を選べば、安心感が高まることは間違いないでしょう。

まとめ

この記事では、請求書買取サービスについて詳しく解説しました。

「請求書買取サービス」という言葉を初めて聞いた人もいると思いますが、あまり難しく考えず、「フリーランスにも利用しやすいファクタリング」といった認識でかまいません。
実際、この記事でおすすめした請求書買取サービスもそうですが、フリーランスの利用を想定したサービスが多いのです。

したがって、フリーランスの資金調達では、
「一般的なファクタリング(フリーランスも対応できるが対応は不十分)」
よりも、
「請求書買取サービス(フリーランスに特化しており対応力が高い)」
の利用をおすすめします。

サービス選びに迷っている方は、ぜひNo.1にご相談ください。

No.1のフリーランス特化型ファクタリングをご案内します。

スピード査定依頼フォーム

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top