カテゴリー: ファクタリングについて

一括ファクタリングとは何か?一括ファクタリングの仕組みについて解説

スピード査定依頼フォーム

ファクタリングの一つに「一括ファクタリング」というものがあります。一般的なファクタリングとは、提供しているファクター、仕組み、利用の流れ、期待できるメリットなどが異なるため、間違った理解に陥る人も少なくありません。
 この記事では、一括ファクタリングの仕組みからメリット・デメリットまで、詳しく解説していきます。

一括ファクタリングとは?

 ファクタリングにはいくつかの種類がありますが、その一つに「一括ファクタリング」があります。
一括ファクタリングは、ファクタリングの中でも誤解されやすいものです。というのも、多くの経営者にとって、ファクタリングといえば「ファクタリング会社に売掛金を買い取ってもらうサービス」という認識があるため、

「一括ファクタリング=複数企業の売掛金をひとまとめにして、一括で買い取ってもらうこと」

と思い込んでしまうことが多いのです。
 しかし、一括ファクタリングとは、複数企業の売掛金を一括でファクタリングするものではなく、

「一般的な買取ファクタリングを、納入企業(掛取引によって売掛金を得た債権者)と支払企業(掛取引の代金を後日支払うべき債務者)の両社に対して、一括で行う決済システム」

を意味します。 

手形に代わる決済システム

 一括ファクタリングは従来の手形取引を進化させたものです。
 簡単にいえば、手形取引とは手形の受取人(納入企業・債権者)と振出人(支払企業・債務者)に対して、代金の授受を銀行が仲立ちするものです。
 手形取引には、事務コストや印紙代などが必要であり、管理の負担も生じます。また、手形の支払い期日前に資金化する「手形割引」では、割り引いた手形が不渡りになった場合、割り引いた会社が買い戻す義務を負うものでした。
 このように、手形取引や手形割引には色々な問題があったため、政府も手形取引の縮小を図ってきました。
 その流れのなかで登場したのが一括ファクタリングです。
 一括ファクタリングを利用すれば、手形取引に伴うコスト負担を避けることができます。
 さらに、ファクタリングによって早期資金化も可能です。手形割引で早期資金化する場合、不渡りになれば納入企業が買い戻しますが、一括ファクタリングではその必要がないことも大きな進歩といえます。

三社間ファクタリングのイメージ

 一括ファクタリングを提供している銀行も、大体は上記のように説明しています。しかし、一般的な買取ファクタリングのイメージが強いこともあり、理解しづらいと思う人もいることと思います。
 分かりにくい人は、三社間ファクタリングをイメージすると良いでしょう。
 三社間ファクタリングとは、納入企業・支払企業・ファクタリング会社の三社間でファクタリング契約を結ぶファクタリングサービスです。
 一括ファクタリングも、納入企業・支払企業・一括ファクタリングを提供する金融機関の三社間でやり取りするため、三社間ファクタリングとよく似ています。
 買取ファクタリングにおける三社間ファクタリングと、一括ファクタリングの大きな違いといえば、

三社間ファクタリング・・・納入企業が、ファクタリング会社にファクタリングを依頼し、支払企業の承諾を取り付け、三社間でファクタリングする

一括ファクタリング・・・支払企業が、金融機関の一括ファクタリングシステムを導入することにより、納入企業は売掛金をいつでもファクタリングできるようになる

ということです。
 つまり、ファクタリングの出発点が、三社間ファクタリングは納入企業であるのに対し、一括ファクタリングでは支払企業にある点で大きく異なります。

一括ファクタリングの流れ

 一括ファクタリングの仕組みは、具体的な流れを知ることで理解しやすくなります。一括ファクタリングの流れを時系列で見ていきましょう。

  1. 1、支払企業が、金融機関の提供する一括ファクタリングシステムに登録する
  2. 2、納入企業が支払企業に対して、掛取引で商品やサービスを提供する
  3. 3、納入企業が代金を請求し、売掛金が発生する
  4. 4、売掛金の早期資金化が必要になった場合、納入企業は金融機関に売掛金を譲渡する
  5. 5、支払企業が売掛金の譲渡に承諾し、金融機関に買掛金のデータを送信する
  6. 6、金融機関は売掛金を買い取り、ファクタリング手数料を差し引いた買取金額を納入企業に支払う
  7. 7、後日、売掛金の支払い期日になると、支払企業は金融機関に対して売掛金を支払う

 この流れを見ると、一般的な三社間ファクタリングとほとんど同じであることが分かると思います。支払企業が一括ファクタリングに登録している、それにより売掛金譲渡の承諾が容易である、といった違いがあるだけです。

一括ファクタリングのメリット

 上記の通り、一括ファクタリングを利用すれば手形の振り出しに伴うコスト負担を避けられるメリットがあります。もっとも、これは主に支払企業側のメリットです。
 自社が納入企業側である場合、一括ファクタリングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。考えられるメリットを挙げていきます。

資金繰りが改善する

 まず、何といっても資金繰りの改善効果がメリットです。一括ファクタリングもファクタリングの一種であり、一部の仕組みを除けば買取ファクタリングに似ているため、当然資金繰りに良い影響が期待できます。
 資金繰りへのメリットを細かく見ていくと、以下の3つが挙げられます。

資金調達がスムーズに

 一括ファクタリングを利用すれば、売掛金を支払い期日前に資金化できるため、資金調達がスムーズになります。
 一般的な買取ファクタリングも資金調達を目的としますが、一括ファクタリングは買取ファクタリングよりもスムーズな調達が可能です。なぜならば、支払企業が一括ファクタリングシステムに登録していることが前提となるためです。
 一括ファクタリングシステムの登録時には、金融機関が支払企業を審査し、信用力がある場合のみ登録を認めます。登録時に審査を実施しているため、納入企業がファクタリングを依頼した際に、改めて支払企業の審査を行う必要がありません。
 また、あらかじめ支払企業がファクタリングを認めているのですから、売掛金譲渡の承諾もスムーズです。
 つまり、支払企業の信用度や譲渡承諾の対応によって資金調達に時間がかかる、という心配がなく、スムーズな資金調達が可能なのです。

ファクタリング手数料が安い

 多くの中小企業では、買取ファクタリングの際に二社間ファクタリングを利用します。二社間ファクタリングの手数料は10~20%程度が相場であり、資金繰りの負担も大きいです。
 一括ファクタリングは三社間を前提としています。三社間ファクタリングの手数料は低く、1~10%が相場です。このため、一括ファクタリングは二社間ファクタリングに比べて手数料が低く、資金繰りへの負担も軽くなります。
 No.1も、二社間ファクタリングでは5~15%、三社間ファクタリングでは1~5%の手数料で提供しており、三社間の手数料が低いことが分かるでしょう。
 ただし、三社間ファクタリングには利用しにくさがつきものですから、一概に手数料だけで比較することはできません。 

回収サイトを短縮できる

 回収サイトの短縮は、一括ファクタリングでも買取ファクタリングでも、ファクタリングであれば得られる効果です。
 資金繰り改善の基本は、支払いをできるだけ遅くし、入金をできるだけ早くすることです。これにより、出ていくお金よりも入ってくるお金が多い状態を作ることで、資金繰りがラクに回るようになります。
 しかし、自社にとって入金が早くなることは、取引先にとって支払いが早くなることですから、交渉は容易ではありません。
 一括ファクタリングを利用すれば、売掛金をいつでも資金化できるため、回収サイトを大幅に短縮でき、資金繰りを改善できます。

与信管理の負担を軽減できる

 手形取引の場合、手形の管理に様々な手間がかかります。手形を紛失しないように管理する、支払い日を管理して手形取立業務を正確に行うなどの負担が伴います。
 一括ファクタリングならば、手形取引ではないため手形管理コストが不要です。さらに、通常の掛取引に伴う与信管理もラクになります。
 取引の基本は、支払企業の信用調査を定期的に実施し、与信限度額をはじめとする契約条件を調整し、貸し倒れリスクを押さえることです。これには、多大な手間が伴います。
 一括ファクタリングを利用する場合、金融機関が支払企業の一括ファクタリングを認めている事実を以て信用力が高いとみなすことができ、積極的に取引できます。また、支払企業が債務不履行に陥った場合にも、納入企業は確実に売上を回収できるため、与信管理業務にコストをかける必要がなくなります。 

バランスシートが改善する

 銀行融資によって資金を調達すると、バランスシート上の負債額が大きくなります。これにより、売上高と負債総額がアンバランスになったり、債務超過に陥ったりした場合、金融機関からの追加融資を受けることが難しくなり、返済負担にも苦しむ可能性が高いです。
 一括ファクタリングは、売掛金の譲渡によって資金を調達するため、バランスシート上の売掛金が減少するだけで負債額が増えることはありません。これにより、バランスシートを改善する、あるいは良好な状態に保つことも可能です。
 バランスシートの状態が良好であれば、銀行融資を良い条件で受けやすくなるため、資金調達環境は一層良いものとなります。

ファクタリング会社選びが簡単

 最後に、ファクタリング会社選びが簡単であることもメリットです。
 一括ファクタリングを活用しない場合、柔軟性に富む中小ファクタリング会社を選ぶことがほとんどです。中小ファクタリング会社の中には、条件があまりよくない会社もあります。また、ファクタリング会社を装った闇金融を利用してしまい、資金繰りが大きく悪化してしまうケースもしばしばです。
 一括ファクタリングでは、そのような心配がほとんどありません。というのも、一括ファクタリングを提供しているのは銀行をはじめとする大手金融業者に限られるためです。

一括ファクタリングのデメリット

 上記の通り、一括ファクタリングは資金繰りに良い影響が期待でき、安心感もあるため、一括ファクタリングを利用できる場合には積極的に活用していきたいものです。
 しかし、一括ファクタリングが利用できるかどうかは支払企業次第です。これが一括ファクタリングの最大のデメリットといえるでしょう。

導入しない売掛先も多い

 すでに解説した通り、一括ファクタリングは支払企業が一括ファクタリングシステムに登録している場合に限り、利用可能です。
 支払企業が一括ファクタリングに積極的ではない、または積極的であっても金融機関の審査に通らないことも考えられます。
 特に、支払企業が一括ファクタリングを利用したがらないケースはよく見られます。これは、資金繰り負担が重くなることが多いためです。
 一括ファクタリングを導入した場合、支払先は手形による支払いができなくなります。一般的に、売掛金は手形より支払いサイトが短いため、一括ファクタリングの導入は支払企業にとって資金繰りの悪化に直結します。

資金繰り負担が2倍に

 資金繰りへの影響度は、下請法から考えると分かりやすいです。
資本金が3億円以上の企業には下請法が適用されます。対象となる企業の支払いサイトは、掛取引ならば最長60日、手形取引ならば最長120日となります。
 つまり、一括ファクタリングを導入して手形決済を廃止すると、支払いサイトが1/2に短縮されてしまうのです。単純に考えて、手形を利用していた時に比べると、資金繰り負担は2倍になるといえます。
 これに対し、一括ファクタリングの導入によって支払企業が得られるメリットは、手形の発行・管理に伴うコストの軽減です。

  • ・支払いサイト短縮による資金繰り負担増大
  • ・手形発行・管理コスト削減による資金繰りの負担軽減

を比較すると、前者の方を深刻に考えるのが普通です。

現時点では利用しにくい

 経産省は、2026年までに手形取引の廃止を目指しているため、今後の流れ次第では手形から一括ファクタリングに移行する会社も増えてくる可能性があります。しかし、現段階では一括ファクタリングの導入を敬遠する会社が多いです。
 このような理由により、納入企業は一括ファクタリングを活用できる機会が少ないことがデメリットです。

まとめ

 本稿では、一括ファクタリングについて詳しく解説してきました。メリットの多い仕組みではありますが、支払企業が導入しないケースが多く、活用できる機会が少ないことが問題です。
「一括ファクタリングを活用して資金繰りを改善したい、しかし売掛先が導入していない・・・」とお悩みの方は、ぜひNo.1にご相談ください。
No.1では、二社間ファクタリングだけではなく三社間ファクタリングも提供しています。三社間ファクタリングでは売掛先の同意が必要ですが、売掛先の同意さえ得られれば一括ファクタリングとほとんど変わらない仕組み・手数料でファクタリングでき、資金繰りメリットも大きいです。
 三社間ファクタリングの仕組みや利用、売掛先への配慮などが気になる方も、まずはご相談ください。弊社のコンサルタントが、最適な方法をご提案します。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top