株式会社No.1 > No.1のファクタリング ー 資金調達ブログ ー > ファクタリングについて > なぜ個人事業主様のファクタリング審査が難しいか?

カテゴリー: ファクタリングについて

なぜ個人事業主様のファクタリング審査が難しいか?

ファクタリングを利用して資金調達を行う際には審査がありますが、法人よりも個人事業主様の方が審査に通過する難易度が高くなると言われています。

これには単純に会社規模だけが影響しているわけではなく、様々な条件が影響しているのです。

しかし理由がわかれば対策も可能となります。

審査を受ける前にきちんと対策することで、ファクタリング審査を通過するのも難しくなくなるのです。

ファクタリング審査が難しくなる理由

ファクタリング審査には、「買取を希望した売掛債権の信用度」が大きく影響します。

ですから過去の入金実績が乏しく、入金に関するトラブルがあった場合などには審査通過が難しくなるのは致し方のないことです。

しかし順調に取引を行ってきた相手先の売掛債権であれば必ず審査をクリアできるわけでもありません。

まずここからは、売掛債権の信用度以外で審査に影響しやすい条件をご紹介します。

・売掛債権の相手先企業が零細企業である

取引実績が充分にある売掛債権であったとしても、相手先が零細企業や個人事業主だった場合には、何かの影響で経営が傾きやすいという危険があると考えられるかも知れません。
もし売掛債権の相手先が倒産してしまった場合には、ファクタリング会社は売掛債権の回収を行うことができなくなってしまうので評価が低くなりがちです。
そうならない為には少々のことでは経営が傾かない、体力のある企業の売掛債権であることが求められます。
個人事業主様の相手先には規模の小さな企業が多いことが、審査を難しくしている一因となっているのです。

・個人事業主は経営状況の把握が難しい

個人事業主様の中には税理士に依頼せずに帳簿などを作成している方が少なくは無いのですが、そうして作成された書類は税理士に頼むのと比べて信頼性が低いと考えられてしまいます。
ファクタリングの審査を受ける際には、決算書などの書類提出が求められます。
ですが個人で作成した書類の場合は正確性が認められず、経営状況を把握することが難しくなってしまいますので、審査に悪影響を及ぼす可能性も否定できません。

・少額ファクタリングは歓迎されにくい

ファクタリング会社の多くでは、少額の売掛債権の買取は手間の割に儲けが少ないことからあまり歓迎されません。
会社の規模が大きくなれば取り扱う売掛債権の額も大きくなりがちですが、個人事業主様は相手先の規模も小さめな場合が少なくなく、少額債権をお持ちの方が多くなります。
そして少額債権の売却を希望し、審査落ちという結果に繋がってしまうことがあるのです。

・債権譲渡登記ができない

ファクタリングの売買契約の際に「債権譲渡登記」を行うことで、ファクタリング会社は二重譲渡が行われる危険を無くすことが可能となります。
売掛債権の権利を正式に登記することで、様々なトラブルに対抗することができる様になり、債権回収に関するリスクを大きく下げることができるのです。
しかし法人でないと登記が行えず、個人事業主様は債権譲渡登記の手続きを行うことができません。
ファクタリング会社はリスクを最小限にしたいと考えますので、個人事業主様は審査で不利になってしまうことがあるのです。

・個人事業主様のファクタリング審査対策

ファクタリング審査で個人事業主様が不利になってしまう危険性は否定できません。
しかし、それは何も対策せずに審査を受けた場合のことです。
不利になる原因をしっかりと分析することで、正しい判断を受けることが可能となります。
特に審査に大きく影響する可能性の高い「売掛債権の信用度」と「売掛債権の額」、そして「債権譲渡登記」に関する対策をご紹介します。

・取引実績の豊富で信用できる企業との売掛債権を用意する

売掛債権の信用度を高めるには、やはり「取引実績」を重視するのが得策です。
また経営が安定していることも重要なポイントです。
「この会社であれば、きちんと支払いを行ってくれるだろう」と思わせることができれば、審査通過に大きく近づくことができます。

・複数の売掛債権を合算して額を大きくする

一つ一つの売掛債権の額は小さいとしても、合算してまとまった額になるのであれば少額債権の買取に積極的でないファクタリング会社でも審査に通る可能性が高まります。
10万円や20万円と言った小口の売掛債権を幾つかお持ちであれば、小出しにするよりも合算して買取希望をする方が、ファクタリングが成功するチャンスは格段に大きくなるはずです。

・2社間よりも3社間ファクタリングを選ぶ

ファクタリングには買取を希望する企業とファクタリング会社の間だけで行う「2社間ファクタリング」と、売掛債権の相手先に対して買取承諾を取り契約を行う「3社間ファクタリング」があります。
2社間よりも3社間の方が回収リスクは低くなりますので、個人事業主様が債権譲渡登記が行えないことで売掛債権の回収リスクが高まるという問題を、クリアすることが可能となります。
また3社間ファクタリングは手数料が低く設定されやすいというメリットもあります。

きちんと準備すれば審査通過も難しくなくなります

個人事業主様のファクタリング審査が難しくなりやすいのは事実ですが、それは個人事業主様だからではなく、審査を難しくする条件が揃いやすいからです。

ですから対策をしっかりして審査に挑むことができれば、審査通過できる確率はグンと高くなり、ファクタリング成功も難しいことではなくなります。