株式会社No.1 > No.1のファクタリング ー 資金調達ブログ ー > ファクタリングについて > 鹿児島県でファクタリング(資金調達)をご検討中の経営者様へ

カテゴリー: ファクタリングについて

鹿児島県でファクタリング(資金調達)をご検討中の経営者様へ



鹿児島県でファクタリング(資金調達)をご検討中の経営者様へ

弊社、株式会社No.1は全国対応しているファクタリング会社です。

本社は東京都豊島区池袋にあり、支社は愛知県名古屋市と鹿児島県と同じ九州の福岡県福岡市にございます。

そのため弊社をご利用中のお客様の中には鹿児島県の方も多数いらっしゃいます。

鹿児島県でファクタリング(資金調達)をご検討中の経営者様は是非、株式会社No.1にご相談ください。

鹿児島県のファクタリング

鹿児島県は中小企業52,721社、大企業56社。(2014年調べ)

多くを中小企業が占めています。

鹿児島県でファクタリングによる資金調達を行う場合、大きく分けて2つの選択肢があります。

1つ目は、遠方となりますが東京や大阪のファクタリング会社を利用する方法です。

2つ目は、比較的近くにあるファクタリング会社を利用する方法です。

東京や大阪のファクタリング会社を利用した場合、契約や商談に時間がかかってしまうケースがほとんどです。

ファクタリング契約はお客様とファクタリング会社の信用によって成り立っております。

また、大きな金額がやり取りされるファクタリング契約ではレスポンスが悪くなってしまう可能性もあります。

そういった点を考えると、比較的近くにあるファクタリング会社の利用をお勧めします。

弊社、株式会社No.1は鹿児島県と同じ九州の福岡県福岡市に支社がございます。

ファクタリングでの資金調達をご検討中の方は是非お問い合わせください。

ファクタリングとは?

資金調達は必要だが、どの資金調達方法で調達するかお決まりでない方はファクタリングでの調達もご検討ください。

ファクタリングとは、売掛債権(売掛金)を早期資金化できる資金調達方法です。

より詳しく説明すると、企業が取引先企業(売掛先企業)に商品やサービスを提供すると、その対価の代金を支払ってもらいます。

その代金を請求する権利を売掛債権(売掛金)と言います。

売掛債権(売掛金)は、支払期日になり取引先企業(売掛先企業)から入金されて初めて資金になります。

ファクタリングとは支払期日前にファクタリング会社が売掛債権(売掛金)を買取し、早期資金化できるサービスです。

他の資金調達方法と比べた時のメリットは

【とにかく簡単に資金調達ができる】

ファクタリングは銀行融資などと比べて、簡単な審査と簡単な契約で資金調達ができます。

銀行融資などのように経営計画書等の提出も必要ありません。

【最短即日で資金調達が可能】

ファクタリングは審査スピードが他の資金調達方法と比べて早いため、必然的に資金調達までのスピードが早くなります。

最短で申込日当日の資金調達が可能です。

【つなぎ資金として利用されることが多い】

銀行融資や政策金融公庫など審査に時間がかかってしまう資金調達のつなぎ資金として利用されることが多いです。

銀行や政策金融公庫からの融資が実行されるまでの期間のつなぎ資金としてファクタリングをご利用ください。

ファクタリングについての詳しい説明はこちら

ファクタリングのメリット

前項の内容とも重複してしまいますが、ファクタリングのメリットについてまとめました。

・比較的簡単に資金調達が可能
資金調達をするうえで、各種書類の提出(決算書などの財務資料)や経営計画書の提出、面談など経営者様は大きな労力を割かなくてはいけません。
ファクタリングは、資金調達の中でも手間が少なく比較的簡単に資金調達ができる魅力的な調達方法です。
基本的に審査書類の提出(請求書、通帳コピー)のみで資金調達ができます。

・最短即日で資金調達が可能
ファクタリングは数ある資金調達方法の中でも、資金調達までのスピードが極端に早いので早急に資金調達ができます。
銀行や政策金融公庫からの借り入れは基本的に、申込日当日の調達はできません。
初めての取引でしたら1カ月程度は資金調達までに時間を要してしまいます。
ファクタリングは申込日当日での資金調達が可能です。
ただし、どのファクタリング会社でも即日資金調達できるわけではなく、レスポンスの良いファクタリング会社でなくては即日資金調達ができません。

・信用情報が傷つかずに資金調達が可能
銀行やノンバンク、政策金融公庫などの審査に落ちてしまった場合、企業の信用情報に傷がついてしまいます。
傷がついてしまうとは、ほかの金融機関からの借り入れも難しくなるという事を意味します。
ファクタリングの場合、万が一審査に落ちてしまった場合でも信用情報に傷がつくことはありません。
また、ファクタリングを利用したからといって銀行などの審査に影響がでることはありません。

・税金滞納(分納)中でも利用可能
銀行や政策金融公庫などの融資は、税金を滞納(分納)していた場合、審査に落ちてしまうケースがほとんどです。
ファクタリングの場合、仮に税金を滞納(分納)していたとしても税務署や自治体に分納計画を立てていればファクタリングの利用は可能です。

・社会保険料滞納(分納)中でも利用可能
税金滞納(分納)同様で社会保険事務所に分納計画を立てていればファクタリングの利用は可能です。

・赤字決算でも利用可能
銀行や政策金融公庫などの金融機関は赤字決算の場合、融資を受けられない可能性があります。
ファクタリングは、会社の経営状況よりも売掛債権(売掛金)を重視して審査を行います。
赤字決算でも、売掛債権(売掛金)があれば利用可能です。

・銀行融資、ビジネスローンの審査に通らなくても利用可能
銀行融資、ビジネスローンなどの審査に落ちてしまった場合でもファクタリングの審査に通る可能性はおおいにあります。
過去の実績でも銀行審査NG、ビジネスローン審査NGでもファクタリングの審査に通るケースは数多くあります。

・銀行リスケ中でも利用可能
銀行リスケ中の場合、銀行や政策金融公庫の融資は基本的には通りません。
ファクタリングの場合、銀行リスケ中でも利用可能です。

・個人事業主でも利用可能
ファクタリングは個人事業主でも利用可能です。
資金調達方法の選択肢が法人より少ない個人事業主にとっては数少ない資金調達方法の一つです。

・設立間もない会社でも利用可能
設立間もない会社でも売掛債権(売掛金)があれば利用可能です。
売掛債権(売掛金)がしっかりしていれば、設立年数はあまり審査に影響はありませんのでご安心ください。

・二社間ファクタリングなら取引先(売掛先)に知られずに資金調達が可能
「二社間ファクタリング」の場合、取引先(売掛先)に知られることなく資金調達ができます。
債権譲渡登記の留保も可能ですのでご相談ください。

二社間ファクタリングについての詳しい説明はこちら

・売掛債権(売掛金)を回収できないリスクを減らせる
ファクタリングを利用することにより、取引先企業(売掛先企業)の倒産や経営悪化になったときの売掛債権(売掛金)未回収などお客様のリスクを減らすことができます。

・万が一取引先(売掛先)が倒産して売掛債権(売掛金)を回収できなくても責任や弁済を負わなくてもいい
万が一取引先(売掛先)から売掛債権(売掛金)の未回収があってもお客様は弁済をする必要はございません。

以上がファクタリングのメリットになります。

ファクタリングのメリットについての詳しい説明はこちら

ファクタリングのデメリット

メリットの多いファクタリングですが、もちろんデメリットもあります。

・手数料が発生してしまう
ファクタリングは買取手数料が発生します。
ファクタリング会社によっては高額な手数料のところもございますので手数料が安いファクタリング会社を選択した方がいいです。

・債権譲渡登記が必要な場合がある
ファクタリング会社によっては債権譲渡登記がマスト条件になっているところもあります。
債権譲渡登記をした場合、第三者にファクタリングを利用していることが知られてしまうことになります。

・ファクタリング会社の選び方が重要
日本には数多くのファクタリング会社があります。
各ファクタリング会社ごとに手数料や条件も様々なのでファクタリング会社の選び方が重要になります。
相性の良くないファクタリング会社を利用してしまうと資金繰りがさらに悪化することも考えられますので注意しましょう。

ファクタリング会社の選び方についての詳しい説明はこちら
ファクタリングのデメリットについての詳しい説明はこちら

二社間ファクタリングと三社間ファクタリング

事業者向けファクタリングサービスには大きく分けて2種類のファクタリングがあります。

「二社間ファクタリング」と「三社間ファクタリング」です。

ファクタリングを利用する上で「二社間ファクタリング」か「三社間ファクタリング」を選択しなければいけません。

「二社間ファクタリング」と「三社間ファクタリング」について詳しく説明していきます。

【二社間ファクタリングとは?】

「二社間ファクタリング」とは、お客様とファクタリング会社の二社で契約するファクタリングです。

買取対象である売掛債権(売掛金)の取引先企業(売掛先企業)はファクタリング契約には関与しません。

後ほどご説明しますが「二社間ファクタリング」の最大のメリットは取引先企業(売掛先企業)にファクタリングの事実を知られないでファクタリング(資金調達)ができることです。

取引先企業(売掛先企業)は、お客様の事業の売上を担ってる大切な存在です。

ファクタリングを利用しているということは少なからず資金繰りに問題があると思われる可能性があります。

最悪の場合、資金繰りに問題があることを知られてしまい取引停止になる可能性があります。

繰り返しにはなりますが、取引先企業(売掛先企業)に知られずにファクタリング(資金調達)できるのが「二社間ファクタリング」です。

【二社間ファクタリングのメリット】

①取引先企業(売掛先企業)に知られずにファクタリング(資金調達)ができる。
「二社間ファクタリング」は取引先企業(売掛先企業)に知られずにファクタリング(資金調達)できるため、会社の信用が低下するリスクを最小限に抑えることが可能です。

②資金調達までのスピードが早い
「二社間ファクタリング」の場合、「三社間ファクタリング」のように取引先企業(売掛先企業)の承諾や承認が必要ありませんので、「審査スピード」「契約スピード」が圧倒的に早いです。
即日ファクタリング(資金調達)が可能なのも「二社間ファクタリング」です。

【二社間ファクタリングのデメリット】

①手数料が割高になる事もある
「三社間ファクタリング」と比べて「二社間ファクタリング」は手数料が割高になる事もあります。
手数料の相場は
三社間ファクタリング・・・1%〜5%
二社間ファクタリング・・・5%〜15%

②審査が厳しくなる事もある
「三社間ファクタリング」と比べて「二社間ファクタリング」は審査が厳しくなる事もあります。
「二社間ファクタリング」は、契約に取引先企業(売掛先企業)を絡めないため、売掛債権(売掛金)の未回収リスクが高いため審査が厳しくなる事もあります。

③銀行や大手ファクタリング会社は「二社間ファクタリング」を提供していない
銀行や大手ファクタリング会社は「三社間ファクタリング」のみで、「二社間ファクタリング」を提供していないところが多いです。
銀行や大手ファクタリング会社の手数料が安いと言われているのは、「二社間ファクタリング」を提供していないからです。
弊社、株式会社No.1では「二社間ファクタリング」を業界最低水準の手数料で提供しております。

【株式会社No.1の二社間ファクタリング】

弊社のファクタリング契約の大半が「二社間ファクタリング」です。

「二社間ファクタリング」は、取引先企業(売掛先企業)に知られずにファクタリング(資金調達)ができるので需要が高いです。

株式会社No.1の「二社間ファクタリング」の特徴として、「業界最低水準のファクタリング手数料」「最短即日契約」「債権譲渡登記留保」などです。

「二社間ファクタリング」をご検討中の方は是非、株式会社No.1の「二社間ファクタリング」をご利用ください。

【三社間ファクタリングとは?】

「三社間ファクタリング」とは、お客様、取引先企業(売掛先企業)ファクタリング会社の三社で行うファクタリング契約です。

お客様から「三社間ファクタリング」のお申し込みをいただいた場合、取引先企業(売掛先企業)に売掛債権(売掛金)の譲渡の承諾を頂く必要があります。

そのため、取引先企業(売掛先企業)にファクタリングの事実を知られてしまいます。

それでは「三社間ファクタリング」のメリット、デメリットについて見ていきましょう。

【三社間ファクタリングのメリット】

①ファクタリング手数料が安い
「三社間ファクタリング」は「二社間ファクタリング」と比べると手数料が安くなります。
これは、売掛債権(売掛金)未回収のリスクが低いからです。

②審査に通りやすい
「三社間ファクタリング」は「二社間ファクタリング」と比べて審査に通りやすいです。
理由は、手数料同様、売掛債権(売掛金)の未回収リスクが低いからです。

③銀行や大手ファクタリング会社が提供している
「三社間ファクタリング」は、銀行や大手ファクタリング会社も提供しております。

【三社間ファクタリングのデメリット】

①取引先企業(売掛先企業)にファクタリングの利用を知られてしまう
「三社間ファクタリング」の場合、必然的に取引先企業(売掛先企業)にファクタリングの利用を知られてしまいます。
資金繰りに問題があることを取引先企業(売掛先企業)に知られてしまいますのでお客様の信用低下につながってしまいます。

②資金調達まで時間が掛かってしまう。
「三社間ファクタリング」の場合、取引先企業(売掛先企業)の承諾が必要になるため資金調達まで時間が掛かってしまいます。

【株式会社No.1の三社間ファクタリング】

弊社の「三社間ファクタリング」は、銀行や大手ファクタリング会社並みの安い手数料で提供しております。

また、銀行や大手ファクタリング会社ができないようなスピードで「三社間ファクタリング」を提供しております。

「三社間ファクタリング」をご希望のお客様は是非、株式会社No.1にお問い合わせください。

二社間ファクタリングと三社間ファクタリングについての詳しい説明はこちら

株式会社No.1の特徴

【手数料1%〜業界最低水準の手数料】

ファクタリングの手数料相場は、「三社間ファクタリング」の場合1%〜5%、「二社間ファクタリング」の場合5%〜15%です。

手数料が原因で更に資金繰りが悪化してしまう場合もありますので、株式会社No.1ではお客様の資金繰り改善を第一に考えファクタリング業界最低水準の手数料でサービスを提供しております。

【業界トップクラスのスピード調達が可能】

資金調達は1分1秒の遅れも許されません。

万が一、取引先への支払いが遅れればお客様の信用を失ってしまいます。

株式会社No.1では、1分1秒でも早く資金調達が出来るようスピード審査、スピード調達ができるように対応致します。

お急ぎの方は是非、株式会社No.1にご相談ください。

【他社からの乗り換えに特化したサービスがある】

株式会社No.1は他社からの乗り換えに特化しております。

手数料の安さ、対応力で選ばれております。

もし、現在ご利用中のファクタリング会社にご満足されていない場合は是非、株式会社No.1にご相談ください。

ファクタリング手数料が安くなればなるほど資金繰りが改善する可能性が高くなります。

また、他社の手数料をご提示頂ければ、その手数料よりお安い手数料を提示させて頂きます。

【建設業特化型のファクタリングサービスがある】

弊社のお客様には、建設業を営んでいる経営者様が多いです。

その為、弊社の取組として建設業に特化したファクタリングサービスをご提供させて頂いております。

またキャッシュフロー改善のコンサルタントもいますので是非ご相談ください。

建設業界のことを熟知しているから的確なアドバイスができます。

鹿児島県で建設業を営まれている方は是非ご相談ください。

株式会社No.1の特徴についての詳しい説明はこちら

鹿児島県のファクタリング会社事情(ファクタリング会社の選び方)

鹿児島県の経営者様の大半が東京、大阪、福岡のファクタリング会社と契約を行なっております。

鹿児島県に拠点のあるファクタリング会社は多くはありません。

しかし、鹿児島県をサービス提供範囲にしているファクタリング会社は多数あります。

株式会社No.1もその中の1社です。
※株式会社No.1は鹿児島県と同じ九州の福岡県福岡市に支社があります。

ファクタリングは会社選びが非常に重要です。

手数料もそうですが、鹿児島県で東京、大阪、福岡のファクタリング会社を選ぶ場合、対面での面談、出張訪問をしてくれる会社を選んだ方が何かあったときの為にもお勧めです。

株式会社No.1は鹿児島県でも出張訪問が可能です。

お気軽にお問い合わせください。

下記が鹿児島県でファクタリング会社を選ぶポイントです。

①ファクタリング手数料の安さ
ファクタリング手数料はファクタリング会社ごとに違います。
ファクタリングは融資ではないので利息制限法のように手数料の上限も定められていません。
ファクタリング会社ごとの基準で手数料が決定されます。
手数料が安いファクタリング会社もあれば手数料が高いファクタリング会社もあります。

一般的な相場は

三社間ファクタリング・・・1%〜5%
二社間ファクタリング・・・5%〜15%
このように大きな差があります。
もし、100万円の売掛債権(売掛金)をファクタリングした場合、1%違うだけで1万円、1000万円の売掛債権(売掛金)なら10万円の差がでます。
ファクタリング手数料は1%でも安いに越したことはありません。
ファクタリング手数料の安いファクタリング会社を探すには、各ファクタリング会社に問い合わせて見積りを取る必要があります。
A社は手数料30%でB社は手数料8%なんて話も珍しくありません。
また、株式会社No.1では、他社からのお見積りをご提示いただきますとその手数料よりお安く致します。
お気軽にお問い合わせください。

②対応スピード(資金調達までの早さ)
ファクタリングをご利用されるお客様は早急な資金調達を必要とされているケースが多いです。
事業をされている以上、急な資金調達が必要になることは少なくはありません。
もし、現在ご利用中のファクタリング会社の対応が遅い場合、資金調達の遅れで買掛先や給料支払いが遅延してしまってはお客様の信用低下につながってしまいます。
対応スピードの早いファクタリング会社を選択することをお勧めします。
まずは、見積りを取ってファクタリング会社の対応スピードで判断しましょう。

以上が鹿児島県でファクタリング会社を選ぶ時のポイントです。

鹿児島県でファクタリング(資金調達)をご希望のお客様は是非、株式会社No.1にお問い合わせください。

失敗しないファクタリング会社の選び方についての詳しい説明はこちら

鹿児島県のファクタリング事例

①鹿児島県で初めてのファクタリング 【運送業編】
鹿児島県鹿児島市で運送業を営んでいるA社長のファクタリング事例です。

【A社長の事業状況】

A社長は鹿児島県鹿児島市で運送業を営んでいます。
従業員数は10名程、車両数7~8台です。
創業16年の中堅企業です。
主要取引先企業(売掛先企業)は大手通販会社です。
定期的な車両整備や燃料費の高騰により、経費が多くかかっています。
税金は分納中です。

【資金調達が必要になった経緯】

主要取引先企業(売掛先企業)である大手通販会社から、運賃の値下げ要請が入りました。
多くの仕事の依頼をしてくれている会社ですので、断ったことによって今後の仕事に響いてしまうことは避けたいです。
A社長は渋々要請を受け入れることにしました。
ですが、運賃値下げ要請を受け入れたことをきっかけに資金繰りが不安定になってしまいました。
これまで何とか自己資金を使い、凌いできましたが限界が近づいてきました。
A社長は運転資金を確保しようと資金調達をすることに決めました。

【A社長がファクタリングを知った経緯】

A社長は最初に銀行融資を試みましたが、税金を分納中でしたので断られてしまいました。
A社長は税金を分納中でも資金調達が出来ないものかと思い「税金分納中 資金調達」というキーワードで検索したところ、ファクタリングの存在を知りました。
ファクタリングについて詳しく調べてみると、
「取引先企業(売掛先企業)の信用度が重要なので銀行融資がNGだった方でも大丈夫」ということがわかりました。
大手通販会社と継続的な取引をしているA社長には、ベストな資金調達方法です。
A社長はファクタリングで資金調達をすることに決めました。

【売掛債権(売掛金)の詳細】

大手通販会社から毎月継続的に1000万円の売掛債権(売掛金)が入金されます。

【A社長が株式会社No.1のファクタリングを知った経緯】

A社長は「ファクタリング 運送業 鹿児島」というキーワードで検索したところ、弊社、株式会社No.1のホームページにたどり着きました。
A社長と同じ運送業のファクタリング事例が載っていたところに惹かれて頂き、お問い合わせを頂きました。

【お問い合わせから資金調達まで】

午前中にお問い合わせを頂いたこともあり、午後には新幹線でA社長の元へ向かい面談をさせて頂きました。
A社長はファクタリングを初めてのご利用とのことでしたので丁寧にご説明させて頂きました。
取引先企業(売掛先企業)の信用度も高かったため審査はすぐに通りました。
A社長の希望により「二社間ファクタリング」債権譲渡登記留保の形でご契約させて頂きました。

以下がA社長の契約内容です。

契約形態 二社間ファクタリング
債権譲渡登記 留保
買取金額 900万円
手数料 10%
調達までの期間 2日間

【A社長からのお声】

まさかこんなに早く運転資金を確保できるとは思いませんでした。
No,1さんのおかげで資金ショートに陥ることもなく、何とか経営を続けていけそうです。
また困った時があれば宜しくお願いします。

②鹿児島県で初めてのファクタリング事例 【建設業編】
鹿児島県南さつま市で建設業を営んでいるB社長のファクタリング事例です。

【B社長の事業状況】

B社長は鹿児島県南さつま市で建設業を営んでいます。
従業員数は20名程です。
大手建設会社の下請けをメインに仕事をしています。

【資金調達が必要になった経緯】

大きな現場を受注していたのですが急遽、工期の延長が決定したのです。
工期の延長が決定するということは、比例して入金も延長されます。
入金が遅れてしまえば、従業員への給料や外注費への支払いに響きます。
また、次の現場に必要な資金にも影響が出てしまいます。
B社長は早急に資金調達をしなければいけなくなりました。

【B社長がファクタリングを知った経緯】

B社長は、少しでも早く資金調達をしたいと思い「資金調達 早い」というキーワードで検索をしたところ、ファクタリングの存在を知りました。
ファクタリングについて詳しく調べてみると、
「最短即日で資金調達が可能」ということがわかりました。
B社長はファクタリングで資金調達をすることに決めました。

【売掛債権(売掛金)の詳細】

先月に工事が完了した分の売掛債権(売掛金)が1800万円あります。

【B社長が株式会社No.1のファクタリングを知った経緯】

B社長は「鹿児島 ファクタリング」というキーワードで検索したところ、弊社、株式会社No.1のホームページにたどり着きました。
弊社、株式会社No.1は九州の福岡県福岡市に支社がありますので近場且つ即日対応可能という部分に惹かれてお問い合わせを頂きました。

【お問い合わせから資金調達まで】

B社長からお問い合わせを頂いた翌日に、早速会社の方へ訪問させて頂きました。
B社長はファクタリングのご利用が初めてとのことでしたので、丁寧にご説明させて頂きました。
取引先企業(売掛先企業)は大手企業で、信用度が非常に高い為、スムーズに契約を結ばせて頂きました。

以下がB社長の契約内容です。

契約形態 二社間ファクタリング
債権譲渡登記 留保
買取金額 1500万円
手数料 8.8%
調達までの期間 3日間

【B社長からのお声】

おかげ様で無事、従業員への給料や外注費の支払いも遅れることなく支払えたので感謝しています。
次回の現場にかかる先出し分も支払えました。
今後は大きな入金がありますので、安定して経営していけそうです。
本当にありがとうございました。

③鹿児島県で初めてのファクタリング事例 【解体工事業編】
鹿児島県鹿児島市で解体工事業を営んでいるC社長のファクタリング事例です。

【C社長の事業状況】

C社長は鹿児島県鹿児島市で解体工事業を営んでいます。
創業2年、従業員数は3名です。
元請け会社からの受注をメインに仕事をしています。
今回、元請け会社から「アパート6棟を解体してほしい」という大きな依頼が入りました。
また解体後、すぐに建て替えの予定が入っているとのことです。
短期間で終わらすためにも、C社長は外注に頼むことにしました。

【資金調達が必要になった経緯】

短期間で終わらせるためにも、C社長は外注を頼むことにしました。
ですが、外注費用は半金は先払いです。
C社長は創業して間もないため、資金にはまだ余裕がありません。
C社長は外注費用を支払うために資金調達を行うことに決めました。

【C社長がファクタリングを知った経緯】

外注費用の半金を支払わないと仕事に取り掛かれないため、早急に資金調達をしなければいけませんでした。
ですが、銀行融資は審査に時間がかかってしまいます。
同業者の友人に相談をしてみたところ、ファクタリングの存在を教えてもらいました。
なんと、ファクタリングならその日の内に審査結果がわかるとのことでした。
C社長はファクタリングで資金調達をすることに決めました。

【売掛債権(売掛金)の詳細】

先月に解体工事が完了した分の売掛債権(売掛金)が400万円程あります。

【C社長が株式会社No.1のファクタリングを知った経緯】

「ファクタリング 即日対応可能 鹿児島」というキーワードで検索したところ、弊社、株式会社No.1のホームページにたどり着きました。

【お問い合わせから資金調達まで】

お問い合わせを頂いたその日の内に面談をさせて頂きました。
ファクタリングを初めてのご利用とのことでしたので、事細かく丁寧にご説明させて頂きました。
審査書類に不備もなく、継続してお取引をしている取引先企業(売掛先企業)でしたので、すぐに審査は通りました。

以下がC社長の契約内容です。

契約形態 二社間ファクタリング
債権譲渡登記 留保
買取金額 400万円
手数料 9.4%
調達までの期間 2日間

【C社長からのお声】

迅速に対応をして頂いたおかげで無事に仕事も終わりました。
また資金繰り改善のコンサルティングもして頂けるとは知らなかったのでそこも有難かったです。
本当にありがとうございました。

④鹿児島県で他社ファクタリング会社から株式会社No.1への乗り換え事例
鹿児島県霧島市で食品製造業を営んでいるD社長のファクタリング会社乗り換え事例です。

【D社長の事業状況】

D社長は鹿児島県霧島市で食品製造業を営んでいます。
創業13年、従業員数は30名程です。
今回、主要取引先企業から大量注文がありました。

【現在ご利用中のファクタリング会社】

食品製造業は品質管理、衛生管理を徹底的に行わないといけません。
異物混入などが起きてしまえば経営に大打撃を与えてしまいます。
そのため管理体制にかけるコストは高くかかります。
つまり大量注文が入っても、日々のコストや設備投資が多いために資金ショートに陥ってしまうことが多いのです。
そのためD社長は資金ショートを避けるためにファクタリングを利用し始めたのです。
東京のファクタリング会社と「二社間ファクタリング」「債権譲渡登記あり」の手数料25%で契約を結びました。

また、契約の際に債権譲渡登記の詳しい説明を受けていませんでした。
二社間ファクタリングなら、取引先企業(売掛先企業)が関与しないので債権譲渡登記を設定しても特に問題はないだろうと思っていたのです。
また、手数料の点も気になってはいましたが、早急に資金調達が出来ることを考えればしょうがないと感じていました。

【D社長がファクタリング会社を乗り換えようと思った経緯】

D社長は空き時間にファクタリングについて調べていました。
すると、債権譲渡登記を留保して契約をすることが出来ること、手数料が抑えられる可能性があることがわかりました。
債権譲渡登記を留保、尚且つ手数料も抑えられるのはメリットしかありません。
D社長は、ファクタリング会社を乗り換えようと決めました。

【売掛債権(売掛金)の詳細】

主要取引先企業から毎月まとまった注文が来ていました。
金額は多少変動しますが、平均で2400万円前後です。

【D社長が株式会社No.1のファクタリングを知った経緯】

D社長は「ファクタリング 乗り換え 鹿児島」というキーワードで検索したところ、弊社、株式会社No.1のホームページにたどり着きました。

【お問い合わせから乗り換えまで】

D社長からお問い合わせを頂き、早速面談をさせて頂きました。
現在ご利用中のファクタリング会社の契約内容や、不満点をヒアリングした上でお見積りを提出させて頂きました。
ヒアリングをしている際に、D社長はファクタリング手数料以外の出張費用や事務手数料もお支払いしていることがわかりました。
弊社、株式会社No.1ではファクタリング手数料以外の手数料は頂いておりません。
D社長はそのことに大変驚き、少しでも安くなるのならと弊社へお乗り換えをすることに決めて頂きました。

以下がD社長の契約内容です。

契約形態 二社間ファクタリング
債権譲渡登記 留保
買取金額 1280万円
手数料 11%
調達までの期間 5日間

【D社長からのお声】

今までファクタリングの知識がなかったので、No,1さんに丁寧に説明して貰えて知識がつきました。
債権譲渡登記留保でこんなに手数料が安くなるとは想像していなかったので驚きました。
本当にありがとうございました。

⑤鹿児島県で個人事業主様のファクタリング事例
鹿児島県鹿児島市で個人事業主として内装工事業を営んでいるE様のファクタリング事例です。

【E様の事業状況】

E様は鹿児島県鹿児島市で個人事業主として内装工事業を営んでいます。
創業3年、従業員数は6名です。
小規模ではありますが、地域密着型の経営をしており定期的に仕事が入ります。
近所の建設会社の下請け業務をメインに仕事をしています。

【資金調達が必要になった経緯】

取引先企業(売掛先企業)から入金ズレが発生しました。
ですが、従業員への給料はいつも通り支払わなければいけません。
支払いが遅れてしまえば、E様の信用は落ち、離職の原因にもなりかねません。
E様は早急に資金を調達しなければいけなくなりました。

【E様がファクタリングを知った経緯】

E様は「資金調達 個人事業主」というキーワードで検索をしたところ、ファクタリングの存在を知りました。
聞き慣れない言葉でしたが、詳しく調べてみるとファクタリングは、数ある資金調達方法の中でも最もスピーディーに資金調達が可能ということがわかりました。

【売掛債権(売掛金)の詳細】

主要取引先企業(売掛先企業)から毎月まとまった仕事の依頼が来ていました。
金額は多少変動しますが、平均で450万円前後です。

【E様が株式会社No.1のファクタリングを知った経緯】

「ファクタリング 個人事業主 鹿児島」というキーワードで検索したところ、弊社、株式会社No.1のホームページにたどり着きました。

【お問い合わせから資金調達まで】

お問い合わせをして頂いたその日の内に、訪問させて頂きました。
E様はファクタリングを初めてご利用とのことでしたので、事細かく丁寧にご説明させて頂きました。
E様の取引先企業(売掛先企業)は地元でとても評判がよく、信用度が高かったため、すぐに審査は通りました。

以下がE様の契約内容です。

契約形態 二社間ファクタリング
買取金額 200万円
手数料 12%
調達までの期間 2日間

【E様からのお声】

法人成りしていないため、審査に通るか不安でしたがすぐに通り驚きました。
遅れることなく、従業員への給料を支払えてほっとしています。
本当にありがとうございました。

鹿児島県でファクタリングは株式会社No.1にお任せください

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

株式会社No.1では鹿児島県のお客様にご満足いただけるサービスをご提供する為に全力を尽くします。

ご満足いただけるサービスとは「親切丁寧対応」「スピード対応」「資金繰りの改善」だと考えます。

鹿児島県でファクタリングをご検討中の経営者様は是非、株式会社No.1にお問い合わせください。

ご訪問させて頂いてのご相談も可能です。