株式会社No.1 > No.1のファクタリング ー 資金調達ブログ ー > ファクタリングについて > 佐賀県でファクタリング(資金調達)をご検討中の経営者様へ

カテゴリー: ファクタリングについて

佐賀県でファクタリング(資金調達)をご検討中の経営者様へ



佐賀県でファクタリングでの資金調達をご検討中の経営者様へ

弊社、株式会社No.1は全国対応しているファクタリング会社です。

本社は東京都豊島区池袋にあり、支社は愛知県名古屋市と佐賀県のお隣、福岡県福岡市にございます。

そのため弊社をご利用中のお客様の中には佐賀県のお客様も多数いらっしゃいます。

佐賀県でファクタリング(資金調達)をご検討中の経営者様は是非、株式会社No.1にご相談ください。

佐賀県のファクタリング

佐賀県は、中小企業25,521社、小規模企業21,819社、大企業34社。(2014年調べ)

多くを中小企業が占めています。

佐賀県でファクタリングによる資金調達を行う場合、大きく分けて2つの選択肢があります。

1つ目は、遠方となりますが東京や大阪のファクタリング会社を利用する方法です。

2つ目は、比較的近くにあるファクタリング会社を利用する方法です。

東京や大阪のファクタリング会社を利用した場合、契約や商談に時間がかかってしまうケースがほとんどです。

ファクタリング契約は、お客様とファクタリング会社の信用によって成り立っております。

また、大きな金額がやり取りされるファクタリング契約ではレスポンスが悪くなってしまう可能性もあります。

そういった点を考えると、比較的近くにあるファクタリング会社の利用をお勧めします。

弊社、株式会社No.1は佐賀県のお隣、福岡県福岡市に支社がございます。

ファクタリングでの資金調達をご検討中の方は是非お問い合わせください。

ファクタリングとは?

資金調達は必要だが、どの資金調達方法で調達するかお決まりでない方はファクタリングでの調達もご検討ください。

ファクタリングとは、売掛債権(売掛金)を早期資金化できる資金調達方法です。

より詳しく説明すると、企業が取引先企業(売掛先企業)に商品やサービスを提供すると、その対価の代金を支払ってもらいます。

その代金を請求する権利を売掛債権(売掛金)と言います。

売掛債権(売掛金)は、支払期日になり取引先企業(売掛先企業)から入金されて初めて資金になります。

ファクタリングとは支払期日前にファクタリング会社が売掛債権(売掛金)を買取し、早期資金化できるサービスです。

他の資金調達方法と比べた時のメリットは

【とにかく簡単に資金調達ができる】

ファクタリングは銀行融資などと比べて、簡単な審査と簡単な契約で資金調達ができます。

銀行融資などのように経営計画書等の提出も必要ありません。

【最短即日で資金調達が可能】

ファクタリングは審査スピードが他の資金調達方法と比べて早いため、必然的に資金調達までのスピードが早くなります。

最短で申込日当日の資金調達が可能です。

【つなぎ資金として利用されることが多い】

銀行融資や政策金融公庫など審査に時間がかかってしまう資金調達のつなぎ資金として利用されることが多いです。

銀行や政策金融公庫からの融資が実行されるまでの期間のつなぎ資金としてファクタリングをご利用ください。

ファクタリングについての詳しい説明はこちら

ファクタリングのメリット

前項の内容とも重複してしまいますが、ファクタリングのメリットについてまとめました。

・比較的簡単に資金調達が可能
資金調達をするうえで、各種書類の提出(決算書などの財務資料)や経営計画書の提出、面談など経営者様は大きな労力を割かなくてはいけません。
ファクタリングは、資金調達の中でも手間が少なく比較的簡単に資金調達ができる魅力的な調達方法です。
基本的に審査書類の提出(請求書、通帳コピー)のみで資金調達ができます。

・最短即日で資金調達が可能
ファクタリングは数ある資金調達方法の中でも、資金調達までのスピードが極端に早いので早急に資金調達ができます。
銀行や政策金融公庫からの借り入れは基本的に、申込日当日の調達はできません。
初めての取引でしたら1カ月程度は資金調達までに時間を要してしまいます。
ファクタリングは申込日当日での資金調達が可能です。
ただし、どのファクタリング会社でも即日資金調達できるわけではなく、レスポンスの良いファクタリング会社でなくては即日資金調達ができません。

・信用情報が傷つかずに資金調達が可能
銀行やノンバンク、政策金融公庫などの審査に落ちてしまった場合、企業の信用情報に傷がついてしまいます。
傷がついてしまうとは、ほかの金融機関からの借り入れも難しくなるという事を意味します。
ファクタリングの場合、万が一審査に落ちてしまった場合でも信用情報に傷がつくことはありません。
また、ファクタリングを利用したからといって銀行などの審査に影響が出ることはありません。

・税金滞納(分納)中でも利用可能
銀行や政策金融公庫などの融資は、税金を滞納(分納)していた場合、審査に落ちてしまうケースがほとんどです。
ファクタリングの場合、仮に税金を滞納(分納)していたとしても税務署や自治体に分納計画を立てていればファクタリングの利用は可能です。

・社会保険料滞納(分納)中でも利用可能
税金滞納(分納)同様で社会保険事務所に分納計画を立てていればファクタリングの利用は可能です。

・赤字決算でも利用可能
銀行融資や政策金融公庫などの金融機関は赤字決算の場合、融資を受けられない可能性があります。
ファクタリングは、会社の経営状況よりも売掛債権(売掛金)を重視して審査を行います。
赤字決算でも、売掛債権(売掛金)があれば利用可能です。

・銀行融資、ビジネスローンの審査に通らなくても利用可能
銀行融資、ビジネスローンなどの審査に落ちてしまった場合でもファクタリングの審査に通る可能性はおおいにあります。
過去の実績でも銀行審査NG、ビジネスローン審査NGでもファクタリングの審査に通るケースは数多くあります。

・銀行リスケ中でも利用可能
銀行リスケ中の場合、銀行や政策金融公庫の融資は基本的には通りません。
ファクタリングの場合、銀行リスケ中でも利用可能です。

・個人事業主でも利用可能
ファクタリングは個人事業主でも利用可能です。
資金調達方法の選択肢が法人より少ない個人事業主にとっては数少ない資金調達方法の一つです。

・設立間もない会社でも利用可能
設立間もない会社でも売掛債権(売掛金)があれば、利用可能です。
売掛債権(売掛金)がしっかりしていれば、設立年数はあまり審査に影響はありませんのでご安心ください。

・二社間ファクタリングなら取引先(売掛先)に知られずに資金調達が可能
「二社間ファクタリング」の場合、取引先(売掛先)に知られることなく資金調達ができます。
債権譲渡登記の留保も可能ですのでご相談ください。

二社間ファクタリングについての詳しい説明はこちら

・売掛債権(売掛金)を回収できないリスクを減らせる
ファクタリングを利用することにより、取引先企業(売掛先企業)の倒産や経営悪化になったときの売掛債権(売掛金)未回収などお客様のリスクを減らすことができます。

・万が一取引先(売掛先)が倒産して売掛債権(売掛金)を回収できなくても責任や弁済を負わなくてもいい
万が一、取引先(売掛先)から売掛債権(売掛金)の未回収があってもお客様は弁済をする必要はございません。

以上がファクタリングのメリットになります。

ファクタリングのメリットについての詳しい説明はこちら

ファクタリングのデメリット

メリットの多いファクタリングですが、もちろんデメリットもあります。

・手数料が発生してしまう
ファクタリングは買取手数料が発生します。
ファクタリング会社によっては高額な手数料のところもございますので手数料が安いファクタリング会社を選択した方がいいです。

・債権譲渡登記が必要な場合がある
ファクタリング会社によっては債権譲渡登記がマスト条件になっているところもあります。
債権譲渡登記をした場合、第三者にファクタリングを利用していることが知られてしまうことになります。

・ファクタリング会社の選び方が重要
日本には数多くのファクタリング会社があります。
各ファクタリング会社ごとに手数料や条件も様々なのでファクタリング会社の選び方が重要になります。
相性の良くないファクタリング会社を利用してしまうと資金繰りがさらに悪化することも考えられますので注意しましょう。

ファクタリング会社の選び方についての詳しい説明はこちら
ファクタリングのデメリットについての詳しい説明はこちら

二社間ファクタリングと三社間ファクタリング

事業者向けファクタリングサービスには大きく分けて2種類のファクタリングがあります。

「二社間ファクタリング」と「三社間ファクタリング」です。

ファクタリングを利用する上で「二社間ファクタリング」か「三社間ファクタリング」を選択しなければいけません。

「二社間ファクタリング」と「三社間ファクタリング」について詳しく説明していきます。

【二社間ファクタリングとは?】

「二社間ファクタリング」とは、お客様とファクタリング会社の二社で契約するファクタリングです。

買取対象である売掛債権(売掛金)の取引先企業(売掛先企業)はファクタリング契約には関与しません。

後ほどご説明しますが「二社間ファクタリング」の最大のメリットは取引先企業(売掛先企業)にファクタリングの事実を知られないでファクタリング(資金調達)ができることです。

取引先企業(売掛先企業)は、お客様の事業の売上を担ってる大切な存在です。

ファクタリングを利用しているということは少なからず資金繰りに問題があると思われる可能性があります。

最悪の場合、資金繰りに問題があることを知られてしまい取引停止になる可能性があります。

繰り返しにはなりますが、取引先企業(売掛先企業)に知られずにファクタリング(資金調達)できるのが「二社間ファクタリング」です。

【二社間ファクタリングのメリット】

①取引先企業(売掛先企業)に知られずにファクタリング(資金調達)ができる。
「二社間ファクタリング」は取引先企業(売掛先企業)に知られずにファクタリング(資金調達)できるため、会社の信用が低下するリスクを最小限に抑えることが可能です。

②資金調達までのスピードが早い
「二社間ファクタリング」の場合、「三社間ファクタリング」のように取引先企業(売掛先企業)の承諾や承認が必要ありませんので、「審査スピード」「契約スピード」が圧倒的に早いです。
即日ファクタリング(資金調達)が可能なのも「二社間ファクタリング」です。

【二社間ファクタリングのデメリット】

①手数料が割高になる事もある
「三社間ファクタリング」と比べて「二社間ファクタリング」は手数料が割高になる事もあります。
手数料の相場は
三社間ファクタリング・・・1%〜5%
二社間ファクタリング・・・5%〜15%

②審査が厳しくなる事もある
「三社間ファクタリング」と比べて「二社間ファクタリング」は審査が厳しくなる事もあります。
「二社間ファクタリング」は、契約に取引先企業(売掛先企業)を絡めないため、売掛債権(売掛金)の未回収リスクが高いため審査が厳しくなる事もあります。

③銀行や大手ファクタリング会社は「二社間ファクタリング」を提供していない
銀行や大手ファクタリング会社は「三社間ファクタリング」のみで、「二社間ファクタリング」を提供していないところが多いです。
銀行や大手ファクタリング会社の手数料が安いと言われているのは、「二社間ファクタリング」を提供していないからです。
弊社、株式会社No.1では「二社間ファクタリング」を業界最低水準の手数料で提供しております。

【株式会社No.1の二社間ファクタリング】

弊社のファクタリング契約の大半が「二社間ファクタリング」です。

「二社間ファクタリング」は、取引先企業(売掛先企業)に知られずにファクタリング(資金調達)ができるので需要が高いです。

株式会社No.1の「二社間ファクタリング」の特徴として、「業界最低水準のファクタリング手数料」「最短即日契約」「債権譲渡登記留保」などです。

「二社間ファクタリング」をご検討中の方は是非、株式会社No.1の「二社間ファクタリング」をご利用ください。

【三社間ファクタリングとは?】

「三社間ファクタリング」とは、お客様、取引先企業(売掛先企業)、ファクタリング会社の三社で行うファクタリング契約です。

お客様から「三社間ファクタリング」のお申し込みをいただいた場合、取引先企業(売掛先企業)に売掛債権(売掛金)の譲渡の承諾を頂く必要があります。

そのため、取引先企業(売掛先企業)にファクタリングの事実を知られてしまいます。

それでは「三社間ファクタリング」のメリット、デメリットについて見ていきましょう。

【三社間ファクタリングのメリット】

①ファクタリング手数料が安い
「三社間ファクタリング」は「二社間ファクタリング」と比べると手数料が安くなります。
これは、売掛債権(売掛金)未回収のリスクが低いからです。

②審査に通りやすい
「三社間ファクタリング」は「二社間ファクタリング」と比べて審査に通りやすいです。
理由は、手数料同様、売掛債権(売掛金)の未回収リスクが低いからです。

③銀行や大手ファクタリング会社が提供している
「三社間ファクタリング」は、銀行や大手ファクタリング会社も提供しております。

【三社間ファクタリングのデメリット】

①取引先企業(売掛先企業)にファクタリングの利用を知られてしまう
「三社間ファクタリング」の場合、必然的に取引先企業(売掛先企業)にファクタリングの利用を知られてしまいます。
資金繰りに問題があることを取引先企業(売掛先企業)に知られてしまいますのでお客様の信用低下につながってしまいます。

②資金調達まで時間が掛かってしまう。
「三社間ファクタリング」の場合、取引先企業(売掛先企業)の承諾が必要になるため資金調達まで時間が掛かってしまいます。

【株式会社No.1の三社間ファクタリング】

弊社の「三社間ファクタリング」は、銀行や大手ファクタリング会社並みの安い手数料で提供しております。

また、銀行や大手ファクタリング会社ができないようなスピードで「三社間ファクタリング」を提供しております。

「三社間ファクタリング」をご希望のお客様は是非、株式会社No.1にお問い合わせください。

二社間ファクタリングと三社間ファクタリングについての詳しい説明はこちら

株式会社No.1の特徴

【手数料1%〜業界最低水準の手数料】

ファクタリングの手数料相場は、「三社間ファクタリング」の場合1%〜5%、「二社間ファクタリング」の場合5%〜15%です。

手数料が原因で更に資金繰りが悪化してしまう場合もありますので、株式会社No.1ではお客様の資金繰り改善を第一に考えファクタリング業界最低水準の手数料でサービスを提供しております。

【業界トップクラスのスピード調達が可能】

資金調達は1分1秒の遅れも許されません。

万が一、取引先への支払いが遅れればお客様の信用を失ってしまいます。

株式会社No.1では、1分1秒でも早く資金調達が出来るようスピード審査、スピード調達ができるように対応致します。

お急ぎの方は是非、株式会社No.1にご相談ください。

【他社からの乗り換えに特化したサービスがある】

株式会社No.1は他社からの乗り換えに特化しております。

手数料の安さ、対応力で選ばれております。

もし、現在ご利用中のファクタリング会社にご満足されていない場合は是非、株式会社No.1にご相談ください。

ファクタリング手数料が安くなればなるほど資金繰りが改善する可能性が高くなります。

また、他社の手数料をご提示頂ければ、その手数料よりお安い手数料を提示させて頂きます。

【建設業特化型のファクタリングサービスがある】

弊社のお客様には、建設業を営んでいる経営者様が多いです。

その為、弊社の取組として建設業に特化したファクタリングサービスをご提供させて頂いております。

またキャッシュフロー改善のコンサルタントもいますので是非ご相談ください。

建設業界のことを熟知しているから的確なアドバイスができます。

佐賀県で建設業を営まれている方は是非ご相談ください。

株式会社No.1の特徴についての詳しい説明はこちら

佐賀県のファクタリング会社事情(ファクタリング会社の選び方)

佐賀県の経営者様の大半が東京、大阪、福岡のファクタリング会社と契約を行なっております。

佐賀県に拠点があるファクタリング会社は現在ありません。

しかし、佐賀県をサービス提供範囲にしているファクタリング会社は多数あります。

株式会社No.1もその中の1社です。
※株式会社No.1は佐賀県のお隣、福岡県福岡市に支社があります。

ファクタリングは会社選びが非常に重要です。

手数料もそうですが、佐賀県で東京、大阪、福岡のファクタリング会社を選ぶ場合、対面での面談、出張訪問をしてくれる会社を選んだ方が何かあったときの為にもお勧めです。

株式会社No.1は佐賀県でも出張訪問が可能です。

お気軽にお問い合わせください。

下記が佐賀県でファクタリング会社を選ぶポイントです。

①ファクタリング手数料の安さ
ファクタリング手数料はファクタリング会社ごとに違います。
ファクタリングは融資ではないので利息制限法のように手数料の上限も定められていません。
ファクタリング会社ごとの基準で手数料が決定されます。
手数料が安いファクタリング会社もあれば手数料が高いファクタリング会社もあります。

一般的な相場は
三社間ファクタリング・・・1%〜5%
二社間ファクタリング・・・5%〜15%
このように大きな差があります。
もし、100万円の売掛債権(売掛金)をファクタリングした場合、1%違うだけで1万円、1000万円の売掛債権(売掛金)なら10万円の差がでます。
ファクタリング手数料は1%でも安いに越したことはありません。
ファクタリング手数料の安いファクタリング会社を探すには、各ファクタリング会社に問い合わせて見積りを取る必要があります。
A社は手数料30%でB社は手数料8%なんて話も珍しくありません。
また、株式会社No.1では、他社からのお見積りをご提示いただきますとその手数料よりお安く致します。
お気軽にお問い合わせください。

②対応スピード(資金調達までの早さ)
ファクタリングをご利用されるお客様は早急な資金調達を必要とされているケースが多いです。
事業をされている以上、急な資金調達が必要になることは少なくはありません。
もし、現在ご利用中のファクタリング会社の対応が遅い場合、資金調達の遅れで買掛先や給料支払いが遅延してしまってはお客様の信用低下につながってしまいます。
対応スピードの早いファクタリング会社を選択することをお勧めします。
まずは、見積りを取ってファクタリング会社の対応スピードで判断しましょう。

以上が佐賀県でファクタリング会社を選ぶ時のポイントです。

佐賀県でファクタリング(資金調達)をご希望のお客様は是非、株式会社No.1にお問い合わせください。

失敗しないファクタリング会社の選び方についての詳しい説明はこちら

佐賀県でのファクタリング事例

①佐賀県で初めてのファクタリング 【建設業編】
佐賀県佐賀市で建設業を営んでいるA社長のファクタリング事例です。

【A社長の事業状況】

A社長は佐賀県佐賀市で建設業を営んでいます。
従業員数は15名です。
大手建設会社の下請け業務をメインに仕事をしています。

【資金調達が必要になった経緯】

ある現場でA社長は元請け会社から追加工事の依頼を受けました。
仕事をもらうことは嬉しいことですが、仕事に取り掛かるための材料費などの支払いは先行します。
工事代金の入金は完工後となるため、資金繰りはひっ迫してしまいます。
そのため、追加工事に必要な資金を用意するのが難しかったのです。
A社長は早急に資金調達をしなければいけませんでした。

【A社長がファクタリングを知った経緯】

A社長は検索サイトで「資金調達 即日」というキーワードで検索しました。
そこで、ファクタリングという資金調達方法を知りました。
調べたサイトには「ファクタリングは、最短即日で資金調達が可能」と記載されていましたので、早急に資金を必要としているA社長にとってはベストな資金調達方法です。
A社長は、ファクタリングで資金調達をすることに決めました。

【売掛債権(売掛金)の詳細】

先月に工事が完工した950万円の売掛債権(売掛金)があります。

【A社長が株式会社No.1のファクタリングを知った経緯】

A社長は検索サイトで「佐賀 ファクタリング」というキーワードで検索したところ、弊社、株式会社No.1のホームページにたどり着きました。
株式会社No.1には、建設業特化型ファクタリングサービスがあった為、お問い合わせを頂きました。

【お問い合わせから資金調達まで】

お問い合わせを頂いた翌日に早速、A社長の会社へご訪問させて頂きました。
A社長はファクタリングを初めてのご利用とのことでしたので、担当者から丁寧にご説明させて頂きました。
また、A社長からもたくさんのご質問を頂き、弊社と契約することになりました。
審査書類に不備もなく、取引先(売掛先)も継続してお取引をしている企業でしたのですぐに審査は通りました。
またA社長の希望により、二社間ファクタリング、債権譲渡登記留保の形でご契約させて頂きました。

以下がA社長の契約内容です。

契約形態 二社間ファクタリング
債権譲渡登記 留保
買取金額 950万円
手数料 7.6%
調達までの期間 3日間

【A社長からのお声】

お世話になります。
ファクタリングの利用は今回が初めてでしたが、担当者の方が丁寧に説明してくれたおかげで知識がつきました。
建設業特化型というだけあって、建設業が抱える悩みをちゃんとわかっており、相談しやすかったです。
今後の相談も出来てよかったです。
また相談する際は宜しくお願い致します。

②佐賀県で初めてのファクタリング事例 【運送業編】
佐賀県鹿島市で運送業を営んでいるB社長のファクタリング事例です。

【B社長の事業状況】

B社長は佐賀県鹿嶋市で短距離~中距離便を主とした運送会社を経営しています。<br>
従業員数は20名、車両台数は15台です。
大手運送会社の下請け業務をメインに仕事をしています。

【資金調達が必要になった経緯】

主要取引先企業である大手運送会社から、
「佐賀県から東京都までの長距離便もお願いできないか」と要請がありました。
話を聞いてみると、元々頼んでいた運送会社が経営難により廃業したとのことでした。
そこでB社長の会社に要請が入りました。
B社長にとっては、事業拡大に向けた絶好のチャンスです。
しかし仕事を引き受けるためには、人材や増車の手配など設備投資が必要になります。
ですが、自社の内部留保金だけではまかないきれません。
そこで資金調達が必要になりました。

【B社長がファクタリングを知った経緯】

B社長はメインバンクに追加融資の約束を取り付けていましたが、担当者から融資実行までに1カ月はかかってしまうと言われてしまいました。
人材や増車の手配は1カ月後では間に合いません。
B社長は融資実行までのつなぎの資金調達方法を探すことにしました。
「資金調達 早急」というキーワードで検索をしたところ、ファクタリングの存在を知りました。
ファクタリングについて詳しく調べてみると「ファクタリングは最短即日で資金調達が可能」と記載されていましたので、早急に資金を必要としているB社長にとっては、ファクタリングがベストな資金調達方法でした。
B社長はファクタリングで資金調達をすることに決めました。

【売掛債権(売掛金)の詳細】

継続的に取引がある大手運送会社から、毎月まとまった売掛債権(売掛金)があります。
金額は多少変動しますが、平均で月2000万円の売掛債権(売掛金)があります。

【B社長が株式会社No.1のファクタリングを知った経緯】

B社長は「佐賀 ファクタリング」というキーワードで検索したところ、弊社、株式会社No.1のホームページにたどり着きました。
B社長と同じ運送業のファクタリング事例が豊富に載っていたところに惹かれてお問い合わせを頂きました

【お問い合わせから資金調達まで】

お問い合わせを頂いたその日に、No.1の担当者がB社長の会社へ訪問しました。
B社長はファクタリングのご利用が初めてとのことでしたので、丁寧にご説明させて頂きました。
審査書類の不備が多かったのですが、通帳で入金の確認ができましたので無事審査に通りました。

以下がB社長の契約内容です。

契約形態 二社間ファクタリング
債権譲渡登記 留保
買取金額 2000万円
手数料 8.6%
調達までの期間 5日間

【B社長からのお声】

審査書類に不備があり、普通ならその時点で審査は難しいはずだと思いますが、No.1さんは柔軟な対応をしてくれました。
ここまでお客様のことを第一に考えてくれる会社はないと思います。
おかげ様で事業拡大のチャンスを掴むことができました。
本当にありがとうございました。

③佐賀県で初めてのファクタリング事例 【印刷業編】
佐賀県佐賀市で印刷業を営んでいるC社長のファクタリング事例です。

【C社長の事業状況】

C社長は佐賀県佐賀市で印刷業を営んでいます。
従業員数は30名です。
毎月、広告代理店やクライアントから発注があります。
借入状況は銀行からの借入のみですが、リーマンショック時にリスケをしているため追加の融資は難しい状態です。

【資金調達が必要になった経緯】

機械の故障がきっかけで作業がストップしてしまったのです。
このままでは、生産が滞ってしまい納期に間に合いません。
早急に手を打つ必要がありましたが、リース契約ではなかったため、修理費用は想像以上に高く手持ち資金では不足しています。
修理が遅れてしまえばその分、仕事に影響が出てしまいます。
C社長は早急に資金調達をしなければいけなくなりました。

【C社長がファクタリングを知った経緯】

C社長は、早速銀行へ追加融資を頼みました。
ですがリスケ中ということもあり、断られてしまいました。
焦りを感じたC社長は税理士に相談をすることにしました。
その際にファクタリングを教えてもらったのです。

【売掛債権(売掛金)の詳細】

継続的に取引のある広告代理店から30日後に750万円の売掛債権(売掛金)の入金があります。

【C社長が株式会社No.1のファクタリングを知った経緯】

C社長はYahoo!で「ファクタリング 佐賀」というキーワードで検索したところ、弊社、株式会社No.1のホームページにたどり着きました。
C社長と同じ印刷業のファクタリング事例が沢山載っていたところに惹かれて、お問い合わせを頂きました。

【お問い合わせから資金調達まで】

お問い合わせを頂いた翌日に、早速C社長の会社へ訪問させて頂きました。
C社長はファクタリングが初めてのご利用とのことでしたので、事細かく丁寧にご説明させて頂きました。
その上でご納得して頂きご契約になりました。
審査書類の不備がありましたが、取引先(売掛先)に作成して頂けることになりました。
その分、時間はかかってしまいましたが審査は無事に通りました。

以下がC社長の契約内容です。

契約形態 二社間ファクタリング
債権譲渡登記 留保
買取金額 750万円
手数料 6.8%
調達までの期間 6日間

【C社長からのお声】

銀行へ追加融資を断られてしまった時は本当に焦りました。
そんな時にNo.1さんに助けて頂きました。
ギリギリにはなってしまいましたが、何とか納期までに仕事を終わらすことができ、ほっとしています。
また利用する際は宜しくお願い致します。

④佐賀県で他社ファクタリング会社から株式会社No.1への乗り換え事例
佐賀県佐賀市で電気工事業を営んでいるD社長のファクタリング会社乗り換え事例です。

【D社長の事業状況】

D社長は佐賀県佐賀市で電気工事業を営んでいます。
従業員数は15名です。
D社長は元々、地元では有名な電気工事会社に10年勤めており、3年前に独立されました。
以前勤めていた会社の下請け業務をメインに仕事をしています。

【ファクタリングを利用した経緯】

元請け会社からの入金サイクルが「月末締め、翌月末入金」から「月末締め、翌々月末入金」に変更されたことを機に、収支のバランスが崩れてしまいました。
そのためD社長は資金ショートを避けるためにファクタリングを利用し始めたのです。

【現在ご利用中のファクタリング会社】

現在、大坂にあるファクタリング会社と1年間程、お付き合いしておりました。

現在ご利用中のファクタリング会社との契約内容は以下のとおりです。

・契約形態 二社間ファクタリング
・平均買取金額 900万円
・ファクタリング手数料 20%
・債権譲渡登記 あり

【D社長が株式会社No.1へ乗り換えようと思った経緯】

D社長は、ファクタリング手数料が資金繰りを更に悪化させていることはわかっていました。
ですが、元請け会社の入金サイクルが長いためファクタリングを利用しないとやっていけません。
手数料や債権譲渡登記など、いろいろな不満もあり、今回ファクタリング会社を乗り換えることにしました。
インターネットの検索サイトで「ファクタリング会社 乗り換え」と検索して、株式会社No.1のホームページにたどり着きました。
そこに「他社からの乗り換え特化型ファクタリングサービス」があった為、お問い合せを頂きました。

【お問い合わせから資金調達まで】

お問い合わせを頂いたその日に、弊社の担当者がD社長の会社へ訪問しました。
現在ご利用中のファクタリング会社の契約内容や、不満点をヒアリングした上でお見積りを提示させて頂きました。

以下が弊社が提示したお見積りです。

・契約形態 二社間ファクタリング
・買取金額 900万円
・ファクタリング手数料 9.0%
・手数料削減額 99万円
・債権譲渡登記 留保

上記見積りをD社長にご提示したところ、承諾して頂けましたので、弊社へお乗り換えして頂くことになりました。

【D社長からのお声】

こんなに手数料が抑えられるとは思っていなかったので驚きました。
最初からNo.1さんと契約していればよかったです。
これからも宜しくお願い致します。

⑤佐賀県で個人事業主様のファクタリング事例
佐賀県佐賀市でシステムエンジニアを個人事業主として営んでいるE様のファクタリング事例です。

【E様の事業状況】

E様は佐賀県佐賀市でシステムエンジニアを個人事業主として営んでいます。
従業員は雇っていなく、1人事業です。
取引先(売掛先)は、同じ佐賀市のシステム開発会社です。
月々60万円ほどの売掛債権(売掛金)が発生します。

【資金調達が必要になった経緯】

取引先(売掛先)のシステム開発会社の入金サイクルが長いのがネックでした。
月末締めの翌々月末払いのため、入金まで2ヶ月かかってしまうのです。
システム開発会社に入金サイクルの変更の相談をしましたが「クライアントからの入金が遅い為どうしようもならないので、申し訳ないですがこのままでお願いします」という回答でした。

【E様がファクタリングを知った経緯】

システム開発会社へ相談をした際に、ファクタリングを勧めてもらったのです。
売掛債権(売掛金)の入金を早める事が出来るとのことでしたので、E様はファクタリングで資金調達をすることに決めました。

【売掛債権(売掛金)の詳細】

毎月、システム開発会社から60万円ほどの売掛債権(売掛金)があります。

【E様が株式会社No.1のファクタリングを知った経緯】

E様はGoogleで「九州 ファクタリング」と検索したところ弊社、株式会社No.1のホームページにたどり着きました。
個人事業主様も対応可能と記載されていましたので、お問い合わせを頂きました。

【お問い合わせから資金調達まで】

お問い合わせをして頂き、福岡県の支社にご来店して頂きました。
審査書類の不備がありましたが、取引先(売掛先)からの入金の確認は通帳で確認ができましたので審査は無事通りました。

以下がE様の契約内容です。

・契約形態 二社間ファクタリング
・買取金額 60万円
・ファクタリング手数料 11%
・調達までの期間 4日間

【E様からのお声】

個人事業主の資金調達は難しいイメージがありましたので、審査に落ちてしまうのではないかと思っていました。
ですが、無事審査に通り安心しました。
また資金繰りが悪化してしまいましたら相談させて頂きます。
ありがとうございました。

佐賀県でファクタリング(資金調達)は株式会社No.1にお任せください

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

株式会社No.1では佐賀県のお客様にご満足いただけるサービスをご提供する為に全力を尽くします。

ご満足いただけるサービスとは「親切丁寧対応」「スピード対応」「資金繰りの改善」だと考えます。

佐賀県でファクタリングをご検討中の経営者様は是非、株式会社No.1にお問い合わせください。

ご訪問させて頂いてのご相談も可能です。