株式会社No.1 > No.1のファクタリング ー 資金調達ブログ ー > 経営情報 > 生命保険を利用した資金繰り対策 契約者貸付の利用について

カテゴリー: 経営情報

生命保険を利用した資金繰り対策 契約者貸付の利用について

生命保険を利用した資金繰り対策  契約者貸付の利用について

緊急時の資金調達で負債を増やさないための方法として、ファクタリングを利用することも有効ですが、企業が契約する生命保険を利用した資金調達方法あります。

生命保険には、「契約者貸付」という保険会社独自の借付制度があり、保険会社から貸付を受けることができます。

早急に資金が欲しいのに銀行の融資のように審査に時間がかかることや、期日までに返済しなければいけない義務もありません。

この記事では、資金調達の方法の一つである「契約者貸付」について、メリットとデメリットもあわせてご紹介します。

契約者貸付とは

そもそも「契約者貸付」とは保険会社独自の貸付制度で、保険の契約者が生命保険の解約返戻金の70%~90%の範囲内で保険会社から貸付を受けるというもので、契約者貸付を受けている間でも、保障内容が変わらず継続し、配当金も受ける権利も継続するのです。

企業が契約者となっている事業保険でもこの「契約者貸付」を利用できる保険商品もあるので、このような保険商品に加入している場合、緊急時の資金調達にも有効となるのです。

契約者貸付のメリットとデメリット

契約している保険を解約せずに資金調達ができる「契約者貸付」には、次のようなメリットだけでなくデメリットをあわせもっています。

1.契約者貸付のメリット

契約者貸付のメリットには次のようなものがあります。

①保険を解約しなくてもよい

保険は、いったん解約してしまうと、それ以後の保障がなくなります。

そして、再度加入しようと思った場合、審査などにより加入できない場合もあります。

また、最初から契約がスタートとなるため、再加入した保険は、解約前の保険に比べて返戻率が低くなる可能性があるので、解約しないにこしたことはないのです。

②貸付が実行されるまでに時間がかからない

保険会社へ所定の書類を提出すれば、銀行のように審査に時間がかかることもなく1週間程で貸付が実行されます。

また保険会社によっては、自社や提携先のATMから保険会社が発行するカードで貸付を受けることもできます。

③カードローンよりも低金利である

生命保険の契約者貸付の金利は、保険会社や保険商品、そして保険の契約日によって異なりますが、年率2%~7%程度で、ノンバンクなどと比べて低い利率で貸付を受けることができます。

④返済条件が厳格に決まっていない

契約者貸付は、いつでも返済ができることもメリットです。

さらに返済方法も、銀行融資のように、毎月一定額で返済しなければならない等の取り決めはなく、全額でも一部でも可能で返したい時に返済できるのも大きなメリットです。

ただし、一定期間返済がない場合に保険契約が失効または解除となる場合もありますので計画的にご利用ください。

また、返済することなく解約や死亡などで保険金請求となった場合には、解約返戻金や死亡保険金から貸付金が相殺されるので返済する必要は無くなります。

このように契約者貸付には企業の資金調達として、さまざまなメリットがあるのです。

2.契約者貸付のデメリット

一方、契約者貸付にもデメリットはあります。

どのようなデメリットがあるのでしょう。

①解約返戻金が多くないと希望金額の資金調達ができない

契約してから早い段階ではまだ解約返戻金が積みあがっていないため、契約者貸付可能な金額がない場合や、希望金額に満たない可能性があります。

②返済しないと元金が膨らむ

契約者貸付でも、もちろん元金に利息はつきます。

さらに生命保険の契約者貸付の場合、利息は毎年元金に繰り入れられ、元金は年々膨らんでいくのです。

③未返済で解約した場合の解約返戻金は全額課税対象となる

契約者貸付を利用して、返済していない状態で解約する場合、解約返戻金から契約者貸付分の元金と利息を相殺され、手取り額が少なくなります。

しかし解約返戻金全額が決算時に雑収入として計上されてしまい、所得税の課税対象となってしまうのです。

④契約者貸付の上限額を超えると生命保険契約が失効する

貸付金の元利金が解約返戻金を超えた場合、保険会社から通知された金額を期日までに払い込まなかった場合には、保険契約そのものが失効してしまいます。

このように、生命保険契約を利用した資金調達も有効と考えられます。

そのメリットとデメリットを理解したうえで、生命保険の「契約者貸付」を有効に活用することが重要ではないでしょうか。