株式会社No.1 > No.1のファクタリング ー 資金調達ブログ ー > 助成金・社内制度 > 会社経営は助成金・補助金を最大限活用しよう

カテゴリー: 助成金・社内制度

会社経営は助成金・補助金を最大限活用しよう

会社経営は助成金・補助金を最大限活用しよう

いま、企業に対して国や自治体がさまざまな助成金・補助金を出しています。

しかしそれぞれの企業にとっては「自分の会社は果たしてどのような助成金・補助金が使えるのだろうか」「助成金・補助金を申請したいと思うが、どのように手続きをすればいいのかわからない」といった声もあるように思います。

しかし助成金・補助金は一定の要件を満たして申請、応募して審査が通れば「もらえるお金」であり、存在や内容を知らないだけでその機会を損失してしまうのは、非常にもったいない話といってもいいでしょう。

それでは早速、その助成金・補助金について説明を進めていきましょう。

助成金・補助金とは何か〜実はさまざまな助成金・補助金がある~

助成金・補助金とは、特定の条件を満たした企業などが、申請を行うことによって、国や自治体などから受け取ることができる資金です。

まずは助成金と補助金の違いを説明します。

~助成金とは~

助成金は受給要件を満たしていれば、申請を行えば原則として受け取る事ができます。

国や自治体によって様々な助成金がありますが、廃止になった助成金もあれば新たな助成金もありますので注意が必要です。

また助成金の多くは、厚生労働省管轄のものが多くあげられます。

代表的な助成金として

・雇用調整助成金
・キャリアアップ雇用奨励助成金
・キャリア形成促進助成金

~補助金とは~

補助金は助成金とは違い、要件を満たした会社であっても審査の結果、受給できない場合もあるのです。

つまり、補助金を活用することで事業の活性化が図れるのか。

社会貢献に役立つのか。

などの必要性を示さないといけないのです。

補助金は事業者の取組の広がりによって、事業の拡大をサポートすることを目的としているのです。

そのため、様々な国や自治体の施策にあわせて補助金が用意され募集されているのです。

代表的な補助金として

・ものづくり補助金
・創業促進補助金(創業補助金)

助成金・補助金をどう使うか〜使用目的が決まっているケースが多い~

助成金・補助金をどのように活用したいかを明確にしておくことが重要です。

また助成金・補助金のほとんどは、社員研修や人材採用、特定の設備投資など使用目的が決められている場合が多く、事前にどの助成金・補助金を申請するのかしっかりと調べておくことが重要です。

助成金・補助金をもらうには〜申請したらすぐにもらえるわけではない~

助成金や補助金は要件を満たせばすぐにもらえるわけではありません。

実際に助成金や補助金を受けとるまで、以下のようなステップが必要です。

1 助成金・補助金を申請する

書類やWebサイトなどから助成金・補助金の申請を行います。

助成金や補助金ごとに申請できる。

受給資格や条件が定められているので、自社がその条件を満たしているかどうかを事前に確認することが必要です。

2 指定されたフォーマットで活動記録を提出する

申請しただけでは助成金や補助金をもらうことはできません。

申請した内容の活動を実際に行っているかを証明するための記録を指定されたフォーマットで提出する必要があります。

3 審査と承認
申請内容と活動記録に基づいた審査が実施され、承認された場合に限って助成金や補助金の支給が決定します。

また助成金や補助金の種類によって承認率は変わり、申請したらすべてが承認されるわけではないので注意が必要です。

4 助成金・補助金を受けとる

活動内容が承認された後に助成金や補助金を受け取ることができます。

しかし助成金や補助金を受けとるまでの時間が申請から1年以上かかるものもあるため注意が必要です。

また、すべての助成金・補助金がかかった費用を全額負担してくれるわけではありません。

助成金や補助金によって補助率や上限額が定められている場合があるので、実際に自社がいくらぐらいの助成金・補助金がもらえるのか申請前に確認することをお勧めします。

助成金や補助金は目的を明確にして、申請をきっちり行うことでもらうことができる、返済が不要なお金です。

申請や活動記録の提出など手続きは必要になりますが、自社の資金調達の中に助成金や補助金をうまく組み入れることで、資金繰りを円滑に進めることができるともいえるでしょう。

自社で顧問契約している「社労士」がいるのであれば、社労士にお願いするのもありでしょう。