ファクタリング会社の選び方【診療報酬ファクタリング編】

ファクタリング会社の選び方【診療報酬ファクタリング編】

医療機関などを運営している方であれば、診療報酬ファクタリングを考えたこともあるのではありませんか?

診療報酬ファクタリングは通常のファクタリングよりも手数料率が低く、お得な資金調達が可能ですよね。

しかし、診療報酬ファクタリングに対応しているファクタリング業者はそれほど多くありません。

比較対象が少ないからこそ、業者選びに頭を悩ませてしまうわけです。

こちらでは診療報酬ファクタリング業者の選び方についてお伝えします。

手数料率を重視している方。

資金調達額を重視している方は必見ですよ。

また調達までの期間から業者選びすることも大切です。

診療報酬ファクタリング業者の選び方その1|手数料率で選ぶ

診療報酬ファクタリング業者を手数料率で選ぶときですが、まずは手数料率の相場を把握しておかなければなりません。

そもそも一般的なファクタリングとは手数料率相場が異なっているわけです。

診療報酬ファクタリングの手数料率は低く設定されており、相場としては5%以下となっています。

条件が良い場合には1%から2%程度に設定されていることも珍しくありません。

仮に手数料率が1%であり1,000万円の診療報酬をファクタリングする場合には990万円が手元に入ってくることになります。

手数料は10万円しかかからない、ということになるわけです。

一般的なファクタリングともなると、20%前後になることも珍しくありません。

いかに診療報酬ファクタリングがオトクであるかがわかりますよね。

ちなみに診療報酬ファクタリングの手数料率が低い理由としては、売掛先の存在があります。

そもそも診療報酬債権は国民健康保険団体連合会・社会保険診療報酬支払基金などに対するものです。

それらの組織から回収できない、ということは基本的に考えられませんよね。

業者としてもほぼ100%回収できるので手数料が低くても大丈夫なのです。

診療報酬ファクタリング業者の選び方その2|調達可能額で選ぶ

あなたはいくら調達したいのでしょうか?

その調達希望額に対応しているファクタリング業者を利用しなければ意味がありませんよね。

1億円調達したいのに5,000万円しか調達できない業者を選んでは失敗してしまいます。

まずは自身が調達したい金額を明確にしてください。

その上でその金額に対応した業者を探していけばよいのです。

ちなみに診療報酬ファクタリングに対応している業者は、基本的に高額対応していることが多いです。

中には5億円まで対応している業者もあるのです。

診療報酬ファクタリングは入金がほぼ約束されているので、業者としてもリスクが低いということもあり高額対応が可能です。

億単位の資金調達ができるのも診療報酬ファクタリングの大きな魅力です。

診療報酬ファクタリング業者の選び方その3|調達までの期間で選ぶ

あなたはいつまでに資金調達したいのでしょうか。

あなたの希望に合致した業者を選ぶ、ということが大事になってくるわけです。

1週間以内に資金調達しなければならないのに、現金化までに2週間かかるような業者を選んでも意味がありませんよね。

診療報酬ファクタリング業者ですが、対応してくれるまでに数日かかることが多くなっています。

一般的なファクタリングよりは少し時間がかかってしまうので注意してください。

どうしても早めに調達したい、というのであれば、大手以外のファクタリング業者を利用する手もあります。

大手以外のファクタリング業者であっても診療報酬ファクタリングに対応していることがあるからです。

ただし手数料率が少し高くなる傾向にあるので注意してくださいね。

大手以外のファクタリング業者の手数料率は診療報酬ファクタリングであったとしても、少し高めに設定される傾向があるのです。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら