診療報酬ファクタリング利用者が増えている理由

診療報酬ファクタリング利用者が増えている理由

ファクタリングを利用した資金調達を実施している企業が増えています。

さらに注目すべきは診療報酬ファクタリングを利用する医療機関も増えている、というところです。

医療機関も資金が乏しくなることはあります。

そんな時に有効活用できるのが診療報酬ファクタリングなのです。

そこで気になってしまうのが

「銀行融資とか他にも資金調達法はたくさんあるのに、なぜ診療報酬ファクタリング利用者が増えているの?」

というところでしょう。

実は増えているのには明確な理由があります。

診療報酬ファクタリングが選ばれている理由その1|審査が易しい!

100%審査に通過できる、といっては語弊があるかもしれません。

しかし審査難易度が極めて低いことは間違いありません。

よほどの問題がなければ審査に通過できるはずです。

一般的なファクタリングであれば、審査に落ちてしまうこともあります。

そもそも売掛先が一般企業なので、業績が悪いと判断されてしまった場合はファクタリング業者から売掛金の買い取りを拒否されてしまいます。

一方で、診療報酬ファクタリングで買い取られるのは診療報酬債権ですよね。

では診療報酬債権の支払先はどこでしょうか?

・国民健康保険団体連合会(国保)
・社会保険診療報酬支払基金(社保)

などの上記の組織が支払いを行いますよね。

それらの組織の信用度は低いでしょうか?

知名度抜群ですし、低いわけがありませんよね。

貸し倒れが発生する確率はほぼゼロなわけです。

よって診療報酬ファクタリングはよほどのことがなければファクタリング業者側から拒否されることはありません。

確実な資金調達法であるからこそ、多数の医療機関に選ばれているのです。

診療報酬ファクタリングが選ばれている理由その2|手数料が低く設定されるから

一般的なファクタリングよりも圧倒的に手数料率が低いです。

1%から5%となっています。

通常のファクタリングの手数料率は、2社間取引になると10%から20%にもなってしまいます。

比較すると、いかに診療報酬ファクタリングが低率であるかがわかるのではありませんか?

もちろん銀行融資と比較すると少し高く感じてしまうかもしれません。

銀行融資であれば年利で1%から2%で借り入れできる可能性もありますよね。

しかし銀行融資の場合は審査が行われます。

確実な資金調達ができるわけではありません。

実際に審査に落ちてしまう医療機関もあるわけです。

確かに銀行融資は好条件ですが、問題があることも確かなのです。

診療報酬ファクタリングが選ばれている理由その3|返済が必要ないから

一般的な資金調達法である融資と比較してみるとわかりやすいでしょう。

融資に関しては、要は借金ですよね。借金ということは返済が必要になります。

特に高額の融資を受けると毎月高額の返済金が必要になるでしょう。

さらに返済期間も長期になるかもしれません。

継続的に一定の資金が出ていってしまうことに。

融資による資金調達を利用すると、今後の資金計画に問題が生じてしまうことも考えられます。

診療報酬ファクタリングによる資金調達を実施した場合ですが、返済は一切ありません。

そもそも診療報酬ファクタリングは3社間取引なので、ファクタリング業者に直接診療報酬債権額が振り込まれることになります。

ファクタリングは売掛債権を売ることで資金を得ます。

資金対価として債権を譲渡しているので返済を求められることはありません。

診療報酬ファクタリングではありえませんが、仮に貸し倒れが発生したとしても請求が来る恐れもありません。

No.1のファクタリングは「償還請求権なし」に設定されているからです。

診療報酬ファクタリングが選ばれている理由その4|資金調達スピードが早い

通常のファクタリングは最短即日入金も可能ですが、診療報酬ファクタリングの場合は最短数日入金となっています。

最短数日入金でも他の資金調達法と比べると入金スピードは早いですよ。

日本政策金融公庫の場合は、入金されるまでに1ヶ月程度もかかってしまいます。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら