株式会社No.1 > No.1のファクタリング ー 資金調達ブログ ー > ファクタリングについて > ファクタリングはなぜ建設業で人気なのか?

カテゴリー: ファクタリングについて

ファクタリングはなぜ建設業で人気なのか?

ファクタリングはなぜ建設業で人気なのか?

売掛債権を早期に現金化する手法であるファクタリングですが、建設関連の会社が多く利用しているといわれています。

どうして建設業でのファクタリングは多くなりがちなのでしょうか。

それには、売掛債権の性格がポイントになります。

ファクタリングが建設業で人気の理由① 入金までの期間

ファクタリングが建設業で人気の理由は基本的に売掛債権の性格です。

建設業の売掛債権の性格として注目すべき特徴は、まず入金までの期間が長いという点でしょう。

建設業の場合、発注・完工後、入金されるまで半年近くかかることもよくあります。

この半年の間に資金が必要となってしまうことがあるのです。

最近では、ビジネス環境が変化することも多く、環境の変化によって、経営資源への資金投資が必要となるようなチャンスが巡ってくることもよくあります。

こうした突然の資金調達に、ファクタリングが有効である場合が非常に多いのです。

ファクタリングは手数料などで、売り上げ自体が目減りしてしまうというデメリットがありますが、今後のビジネスへの投資といったチャンスのための資金であれば、成功すればリターンも大きくなります。

一過性の資金調達という意味では、ファクタリングは審査の時間も最短で申し込みから即日に現金化も可能ということで、現金化までの速度も優秀です。

入金までの期間が長く、かつ1つの売掛債権の額の大きい建設業にとって、まとまった額の現金を即座に入手できるファクタリングはメリットが大きいといえます。

ファクタリングが建設業で人気の理由② 売掛先企業が親会社であることが多い

ファクタリングを行う際には、売掛先の審査が欠かせませんが、この点も建設業で人気な理由となっています。

建設業において、まとまった金額が必要となる企業の多くは、中小企業となるでしょう。

建設業は、その仕事の性質上、親事業者という形で、一般のファクタリングを申し込む企業に比べると、社会的信用の高い企業が多くなります。

社会的信用の高い企業の売掛債権は、当然現金化される可能性が高く、ファクタリング会社としてもリスクの少ない取引となることが多いため、歓迎されているのです。

また、売掛債権の早期資金化といわれると、申込み企業は資金繰りが悪化しているのではないかと疑われる心配があります。

この疑いを親事業者が持ってしまうと、その後の取引に悪い影響が出てくるかもしれません。

しかし、ファクタリングを行ったことを理由に、その後の取引に悪い影響が出ることを、政府が禁止しています。

具体的には、平成11年7月1日事務総長通達第16号「一括決済方式が下請代金の支払手段として用いられる場合の下請代金支払遅延等防止法及び独占禁止法の運用について」という通達によって禁止されているのです。

そのため、中小企業でも、安心してファクタリングを行うことが出来ます。

このように、建設業においては、ファクタリングを有利に活用できる条件が整っているのです。

まとめ

建設業におけるファクタリングが人気な理由について2つの点から確認してみました。

ファクタリングを行う上で重要なポイントは、売掛債権の性格とその業界の性質です。

建設業は、その業界の性質上、入金までの期間が長く、まとまったお金が必要な際の金額が大きめであるということ、そして売掛先企業が優良企業の場合が多く、ファクタリングの対象としては最適であるという点が注目すべき点といえます。

加えて、政府がファクタリング利用を後押してくれているという点も見逃せません。

こうした仕組みを頭に入れておけば、ファクタリングを行う際にも、スムーズに申し込むことが出来ますよ。