株式会社No.1 > No.1のファクタリング ー 資金調達ブログ ー > ファクタリングについて > ファクタリングで利益率アップ?

カテゴリー: ファクタリングについて

ファクタリングで利益率アップ?

ファクタリングで利益率アップ?

今回はファクタリングを利用して利益率が上がった事例をご紹介します。

つなぎ資金の調達方法として利用されがちなファクタリングですが、利益率を上げるためにも十分活用できます。

資金問題にばかりに頭をとられ利益率アップ等の経営改善にはなかなか頭が回らないです。

この機会に考え直してみてはいかがでしょうか。

利益率を上げる方法

利益率とは売上から売上原価を引いた利益の割合のことです。

経営者はこの利益率を1パーセントでも上げるために日々努力していると思います。

たかが1パーセントでも上げるのはとても難しいことです。

では、利益率を上げるにはどのようにすればいいのでしょうか?

答えは2パターン

①売上を上げる
②売上原価を下げる

この2パターンしかありません。

①と②を比べたらどちらが簡単なのか考えてみてください。

意外にこの答えは半々に分かれてしまいます。

私は条件次第では②の売上原価を下げる方法が簡単にできると思っております。

売上原価を下げる条件

先程条件次第と書きましたが、下記のような場合は比較的原価を下げやすいです。

・売上原価の大半が外注費や仕入れ代金であること
・現在、外注先や仕入れ先の支払いが掛け払いなっていること
・外注先や仕入れ先の料金が固定されておらず値引き交渉にも応じてくれること
・外注先や仕入れ先に専任の営業マンがいること
・外注先や仕入れ先が中小企業であること

これらの条件を全て満たせば売上原価を下げられる可能性が高いです。

もちろん、全て満たしていなくとも下げられる可能性は十分にあります。

売上原価を下げる方法

売上原価を下げる方法です。

それは相手先への支払いフローを前払いにして外注費や仕入れ金額を安くすることです。

ただこれだけです。

アベノミクスの影響で景気が上向いていると言われている今の日本、大企業は別として中小企業は厳しい状態です。

資金ショートはしてない企業でも、常に資金の問題と背中合わせです。

できることなら1日でも早く入金が欲しいと思っている企業は少なくありません。

そこで、外注先や仕入れ先に前入金を条件に値引き交渉をしてみてください。

意外に簡単に値引きに応じてくれます。

前入金してもらえるなら10%値引きといったことも珍しくはありません。

このようにお金の悩みを持っているのは自社だけではありません。

利益率が上がれば、会社の業績アップにむけて大きく前進します。

まずは、このような手法で利益率をあげましょう。

ファクタリングと利益率アップ

利益率が上がるのはわかった。

ただ、前入金をするのは難しい。

そもそも現金がない。

と思われていますよね?

この問題はファクタリングで一発解決できます。

売掛先から売掛金をファクタリングで現金化して外注先や支払い先の前金にすればいいのです。

もちろん、ファクタリングは手数料がかかりますが、外注先や仕入れ先への支払いも遅かれ早かれ払わないといけないお金ですよね?

どうせ、払うのであれば少しでも安い金額を払った方が会社の利益が増えビジネスチャンスが広がります。

逆にいえば、外注先や仕入れ先に通常の支払いフローで払う支払いをファクタリングで賄うのは上記と比べた場合、勿体ないです。

当たり前のことですが外注先や仕入れ先の金額は安いにこしたことはないです。

金額を下げた分その資金を別のことに利用することも可能です。

安く仕入れて高く売るというビジネスの基本です。

上記の例以外にも会社経営においては、資金があれば物事を優位に進められることは非常に多いです。

この記事のようにファクタリングで資金を調達して利益率を増やし会社経営を優位に進めてください。

資金調達以外にも経営面のアドバイスも可能ですのでこの記事に興味を持たれた方は是非一度弊社にご相談ください。