下町ロケットにみるファクタリング活用のメリット

下町ロケットにみるファクタリング活用のメリット

この秋から冬にかけて放映されたテレビドラマ「下町ロケット」をご覧になった方も多いかもしれません。

元宇宙科学開発機構の研究員だった主人公が自身の携わったロケット開発プロジェクトの失敗の責任をとってその職を辞し、父親が遺した下町の町工場の経営者として奮闘するとともに、社員達と共に再び大企業と伍してロケット開発に挑戦する物語です。

この記事ではこの下町ロケットのストーリーも交えながら中小企業が自身の会社を維持しつつ、夢を実現するためのファクタリング活用のメリットについて説明します。

会社を維持するために入金と支払サイトのギャップを最小化する

いくら大企業と取引を重ねていても、いざお金の話となるとシビアなものです。

自社の技術や技能を活かし製品をつくり納品しても、入金されるのは短くて1ヶ月後、ともすれば取引条件によっては2ヶ月以上というケースも想定できます。

つまり仕事をしてから数ヶ月後にしかお金が実際に入ってこないということなのです。

一方で入金されるまでの間も社員の給料や光熱費、借入がある場合はその返済と日々の支払を行っていかなければ会社を維持することはできないのです。

こういう場合、取引している銀行や信用金庫などの金融機関に融資を依頼することが一般的ですが、申込から融資実行までにそれなりの日数がかかるのが事実です。

また親から引き継いだ会社の場合、金融機関はこれまでの経営者との信頼関係で取引を行なっている慣例があり、事業を継承した新しい経営者とこれまでと同様の取引をしてくれる保証はどこにもないのです。

このような場合に資金調達の1つの方法として検討したいのがファクタリングの活用です。

下町ロケットの舞台になっている町工場は日本で有数の企業と取引しています。

つまり相手先の倒産や事業停止などのリスクが少ない売掛債権といえるのです。

このようなリスクの少ない売掛債権は、ファクタリングを活用して売掛債権を短期で現金化し、企業の資金繰りを安定させることに役立つのです。

夢を追うために新規事業・研究開発を行う余裕のために

下町ロケットでは主人公は様々なチャレンジを行なっています。

しかしながら企業を維持する経営者としてキャシュフローもきっちり回していく必要もあります。

このような夢に対して金融機関はあまり役に立ちません。

夢をいくら語っても事業の収益性、融資したお金が確実に返済できることを証明できない限り金融機関が融資をしてくれることは考えられないのです。

一方で近年では中小企業の新たなチャレンジを応援する助成金や公的融資も発表されています。

しかしながら、これらの助成金や公的融資を受けるためには事業計画をきっちり立ててその将来性や収益性を説明する必要があるのです。

そして、助成金や公的融資を受ける場合に必要なことは、日々の資金繰りから経営者が解放され、自身の夢を事業計画として具現化させる時間的余裕ではないでしょうか。

そして自社の資金計画の中にファクタリングもうまく組み入れて、日々のお金のことを悩む時間を最小化することで自身のチャレンジを成功に導くために時間を使うことが大切なのではないでしょうか。

ファクタリングも有効な資金計画の1つ

下町ロケットでは、日々の資金繰りと新規事業への投資のために自身が保有する特許を売ろうとする場面があります。

このような知的財産だけでなく不動産などの資産を売却することも資金調達の方法として一般的に考える方法です。

しかし、この方法ではお金が欲しい時期に、欲しい金額が調達できる保証はありません。

自社の収入と支払のバランスを効率的に回すことこそ企業を継続させるために有効な手段だと考えます。

これを実現する有効な手段の1つがファクタリングではないでしょうか。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら