ファクタリング会社を乗り換えるべき基準は?

ファクタリング会社を乗り換えるべき基準は?

「いま利用しているファクタリング会社の対応が悪い」
「利用しているファクタリング会社の手数料に不満がある」
「定期的に利用しているファクタリング会社の対応金額が低い」

ファクタリングを利用している会社はどんどんと増えているのですが、利用側と業者側とのミスマッチが起こっていることも否めません。

様々な理由から利用しているファクタリング業者を乗り換える動きが出ているのです。

いつまでもミスマッチがおきている業者を利用し続けるメリットはありません。

積極的に乗り換えを実施すべきです。

こちらではファクタリング会社を乗り換える条件についてお伝えします。

どのような状況の時に乗り換えを考えるべきなのでしょうか?

何も考えずに同じファクタリング業者を利用し続けている、といった方は必見です。

業者を乗り換えるべき基準その1~ファクタリングの手数料率が高い~

・手数料率が明らかに相場よりも高い


ファクタリング業者の取り分として手数料率が設定されています。

手数料率には実費も含まれているわけですが、各業者によってかなりの違いがあることも確かです。

ファクタリング手数料の相場は状況によっても異なりますが、取引スタイルによる影響を大きく受けます。

・2社間ファクタリングの手数料相場・・・10%から20%
・3者間ファクタリングの手数料相場・・・1%から5%

手数料相場から見て明らかに高い業者を利用している場合には、業者を乗り換えるべきです。

相場よりも高い業者を現在利用しているのであれば、通常の業者に乗り換えれば手数料率は当然低くなります。

それだけお得に資金調達できるわけです。

たとえば1,000万円の売掛金をファクタリングするとしましょう。

今利用している業者の手数料率が40%であるとします。

400万円が手数料となり、会社に入ってくるのは600万円に過ぎません。

一方で手数料率が20%であれば200万円が手数料となり、会社に入ってくるのは800万円です。

資金調達額に大きな影響が出るのが手数料率です。

現在利用しているファクタリング業者よりも明らかに手数料がお得なところが見つかったのであれば、乗り換えは当然選択肢の一つとなります。

業者を乗り換えるべき基準その2~対応額が低い~

・業者によって限度額が異なる


金額によるミスマッチが起こっている場合には業者を乗り換えるべきです。

ファクタリング業者によってファクタリングの対応額は大きく異なっています。

数百万円を限度とする業者もあれば数千万円を限度とする業者もあります。

中には1億円を超える資金調達にも対応してくれるファクタリング業者もあるのです。

例えば自分は1,000万円の資金調達をしたいのに、ファクタリング業者が500万円を限度としていたら利用する意味もなくなってしまいます。

1,000万円の対応をしてくれる業者に乗り換えましょう。

ちなみにファクタリング業者の多くは3,000万円や5,000万円までを限度としています。

比較的高額の対応もしているのですが、資金力に乏しい業者であると500万円や1,000万円を限度としているところもあるのです。

一つの考え方として、自身がどの資金調達をするかによって利用する業者を変える、というものもあります。

少額調達の場合はこの業者、高額調達の場合はこの業者、と決めておくのです。

業者を乗り換えるべき基準その3~対応に不満がある~

・信頼できる業者であるか


ファクタリング業者との相性というものも考えていかなければなりません。

そもそもファクタリング業者との付き合いは長くなる可能性もあるのです。

1回の利用で終わることは稀であり、複数回利用することが多くなっています。

よって対応が良く気持ち良く利用ができる業者を選ぶ、ということも必要になってくるわけです。

親身に相談に乗ってくれるような業者に乗り換えていくこともおすすめです。

いつ電話をしても繋がらない、といった業者を利用し続けるべきではありません。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら