ファクタリングを多く利用している業種その1|運送業

ファクタリングを多く利用している業種その1|運送業

ファクタリングはすべての業種で活発に行われているわけではありません。

業種によってはファクタリングによる資金調達が適していないこともあるのです。

今回はファクタリングが積極的に行われている業種の一つである「運送業」について徹底解説します。

運送業はなぜファクタリングを利用するケースが多くなるのでしょうか?

運送業がファクタリングを利用するメリットにも迫ります。

固定費(人件費)が負担になりやすい業種である

・運送業のコストのうち高い割合を占めているのが人件費である


運送業でファクタリングによる資金調達が行われやすい理由としてあげられるのが、固定費のうち人件費の占める割合の高さです。

例えば小売業であれば、コストの大部分は仕入れ費用となります。

仕入れに関してはある程度はコントロールできます。

業績が悪くなれば仕入れ量を減らしてコストを引き下げればよいのです。

業績が良ければ仕入れ量を増やして、より高い売上を狙うこともできます。

しかし運送業の場合には人件費がコストの大部分を締めていると言っても過言ではないので、削りたくても削りようがありません。

もちろんリストラなどを進めれば人件費を削ることも可能でしょう。

しかし一過性の不景気であった場合には、再び人材を雇い入れなければなりません。

そのコストもまた会社にとって負担となってしまうわけです。

コストが固定化しやすい運送業であるからこそ、一過性の業績悪化と判断できる場合にはファクタリングを利用します。

ファクタリングであれば、発生した売掛金の入金を前倒しするだけです。

返済の必要もなく安心して利用可能です。

車両購入などによる高額の支出にも対応しなければならない運送業

・トラック1台で1,000万円から2,000万円以上することも


運送業で必須となってくるのが車両です。

車両の中でも特に大型であるトラックを何台も所有している会社は少なくありません。

近年の通販利用者の増加により、運送業の需要は高まっているのです。

事業を拡大していこう、というケースでは特に運送業はコストが掛かります。

トラック1台増やそうにも中古でも1,000万円以上してしまいます。

新車であれば、2,000万円や3,000万円ほどしてしまうものも珍しくありません。

それらを複数台購入しなければならない場合には大きな負担になってしまうものなのです。

ファクタリングであればトラックの購入資金で足りない部分を補うことも可能です。

借入金で対応する方法もありますが、負債が大きくなるのは会社としても避けなければなりません。

負債を増やさない資金調達方法であるファクタリングが大いに役立ってくれるわけです。

・車両のトラブル費用やメンテナンス費用にも注意しなければならない運送業


運送業であれば所有する車両の数が数十台から100台を超えるケースもあります。

台数が多くなればなるほどトラブルも多くなります。

トラブルに対応する費用や車両のメンテナンス費用も馬鹿になりません。

複数台にトラブルが発生したときにもまとまった出費が発生しやすいのでやはりファクタリングの出番となるわけです。

運送業者がファクタリングによる資金調達を行うメリットとは?

・3社間取引を利用しやすい


ファクタリングには2社間取引と3社間取引があります。

2社間取引のほうが3社間取引よりも手数料が高くなっており、不利な契約となってしまうわけです。

しかし2社間取引であれば売掛先に通知がないので安心してファクタリングが利用できるのです。

運送業に関しては3社間取引が利用しやすい、といったメリットがあります。

運送業者はファクタリングを利用するケースが多いので、取引先のファクタリングへの理解があるわけです。

より有利な契約が結びやすい、との利点が有るのです。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら