ファクタリング利用時の会計処理方法について

ファクタリング利用時の会計処理方法について

ファクタリングを利用するケースですが、会計処理についても確認しておかなければなりません。

ファクタリングを利用する時には会計処理上、売掛金が減ることになります。

その時にどのように処理するのでしょうか?

またファクタリングを利用すると、予定していた金額よりも少ない金額しか入金してこないことになります。

減ってしまった分はどのように会計処理していけばよいのでしょうか?

こちらではファクタリング利用時の会計処理について徹底解説します。

これからはじめてのファクタリングを利用しようと思っている方は必見です。

まずは通常の会計処理を確認しよう

2,000万円の売上が掛取引で発生した場合には以下のように仕訳します。

(借り方)売掛金 2,000万円 (貸し方)売上 2,000万円

売掛金2,000万円が入金した場合には、以下のように仕訳することになります。

(借り方)現金 2,000万円 (貸し方)売掛金 2,000万円

ちなみに入金時の勘定項目は現金としましたが、「預金」などでも構いません。

状況に合わせて記載しましょう。

以上が通常の会計処理となります。

問題となってくるのは、ファクタリングを利用した時に会計処理がどのように変化していくのか、という部分です。

変化についてはしっかりと理解して確実に処理しなければなりません。

誤った処理をしてしまうと、決算の時の業務を増やしてしまうことにもなりかねないわけです。

ファクタリング利用時の会計処理

売上時に関する会計処理は一切変化ありません。

2,000万円を掛取引で売上があった場合には以下のように仕訳します。

(借り方)売掛金 2,000万円 (貸し方)売上 2,000万円

次にファクタリングを利用した時の仕訳を記載します。

2,000万円の売掛金をファクタリングした時の仕訳は以下のとおりです。

(借り方)未収金 2,000万円 (貸し方)売掛金 2,000万円

まずは売掛金を未収金に振り替えることなります。

未収金に関しては売掛金以外の金銭債権に関わる勘定項目となっています。

未収金は通常の営業取引以外で発生した未入金のものを指しています。

ですのでファクタリングによる入金予定となる場合には「未収金」に振り替える必要が出てきたわけです。

では次にファクタリング業者から入金があった場合の仕訳を以下に示します。

ファクタリング手数料は10%です。(200万円)

(借り方)現金 1,800万円 (貸し方)未収金 2,000万円

売上債権売却損 200万円

まずはファクタリング利用によって発生した未収金を処理することになります。

そのうえで手数料分をマイナスしなければなりません。

そのマイナス分は「売上債権売却損」として処理することになります。

売上からマイナスしなければならないので、損益計算書で反映させることになるのです。

ちなみに「売上債権売却損」ではなく「雑損失」として処理することも可能となっています。

普段から雑損失を使っているのであれば、変える必要はありません。

売掛金担保融資を利用した時の仕訳とは

ファクタリングと同様に売掛金を利用した資金調達方法として売掛金担保融資があります。

ファクタリングを検討している方は売掛金担保融資も考えているケースが珍しくありません。

こちらでは売掛金担保融資利用時の仕訳も掲載します。

<売掛金担保融資を利用した時の仕訳例>

2,000万円の借入れを行ったとして仕分けます。

借入れ実行時には以下のような仕訳となります。

(借り方)現金 2,000万円 (貸し方)借入金 2,000万円

売掛金担保融資は借入れであり、売掛金を売却するわけではありません。

よってファクタリングのように売掛金を減らすような処理はしません。

負債が発生するのです。

借入金の返済を行った場合には以下のように仕訳します。

(借り方)借入金 2,000万円 (貸し方)現金 2,000万円

借入金と現金を減らすような処理を行うのです。

売掛金担保融資なので利息が発生します。よって利息の処理もしなければなりません。

利息が50万円かかった場合には以下のように仕訳します。

(借り方)支払利息 50万円 (貸し方)現金 50万円

売掛金担保融資の仕訳は通常の借入れ処理と一緒です。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら