ファクタリングの審査で必要になる書類とは?

ファクタリングの審査で必要になる書類とは?

企業の資金調達方法として注目を集めるファクタリングですが、多くの企業が利用を計画しています。

気軽な資金調達法として人気になっているのです。

しかしファクタリングに関しても申し込みの時にはいくつかの書類を用意しなければなりません。

審査を受けることになるので、その審査に必要な書類については準備しておくべきなのです。

こちらではファクタリングの審査時に必要になってくる書類をお伝えします。

ファクタリングの利用を検討している方は必見です。

ファクタリングの審査に必要になってくる書類例

1.会社経営者本人の本人確認書類
2.商業登記簿謄本
3.印鑑証明書
4.決算書の写し
5.売掛金にかかわる書類
6.取引先との契約書

ファクタリングには様々な書類が必要になってきます。

会社の資金調達なので、個人的な書類は必要ないと思われがちですが経営者本人の本人確認書類は必須となっています。

身分を明かさなければ利用できません。

本人確認書類に関しては運転免許証であるとかパスポート、さらには保険証などで対応できます。

必要書類の中で特に注目すべきは、「5.売掛金にかかわる書類」と「6.取引先との契約書」です。

まずは売掛金にかかわる書類ですが、売掛金の発生原因となる商品やサービスの提供における請求書や納品書、さらには発注書などが関わってきます。

それらの書類によって売掛金を証明しなければなりません。

取引先との基本契約書の提出も必要になってきます。

取引先と基本契約を結んでいる場合ではありますが、基本契約をおこなっていない場合にはファクタリング業者にそのことを告げておきましょう。

※ここに掲載していない書類の提出を求められることもあります。

ファクタリング業者側の指示に従って必要書類を用意してください。

※決算書のコピーに関しては1期分だけではなく、過去3年分のものが求められることもあるので注意しましょう。

創業間もないときであると利用できないケースも有るのです。

また決算書に関しては税務申告を済ませた押印がなければ認められない場合もあるので確認しておきましょう。

ファクタリングの必要書類はいつ提出するのか?

・審査を受ける時に提出する


審査申し込みを行う時に提出を求められることになります。

そもそもファクタリング業者としても、書類がなければ審査ができないことになるのです。

本当に売掛金があるのかも確認しなければなりません。

決算書に関しても、会社の経営状況を知ることにつながってくるわけです経営状況によっては手数料率も変えていかなければなりません。

リスクをヘッジ(回避)するためです。

ファクタリングの必要書類はどのように提出するのか?

・直接提出
・郵送提出
・FAX提出
・WEBメールでの提出

基本的には上記した4つの中から選択することになります。

もちろん業者によって対応している提出方法には違いがあるので、前もって確認しておくことも肝心です。

ファクタリングの必要書類の提出方法によっても、資金調達までにかかる時間が大きく異なってくる可能性もあるので注意してください。

直接提出であるとかWEBメールでの提出、FAX提出であると当日中に業者側も確認ができるので、比較的早い段階で審査結果が出るのです。

一方で郵送提出となってしまうと、そもそもファクタリング業者側に必要書類が届くまでに時間がかかってしまうことになります。

それだけ資金調達までに時間がかかってしまうことにもなるので、少しでも早く資金調達をしたい、と思っているのであればなるべく直接提出かWEBメールでの提出、FAX提出に対応している業者を選択しましょう。

直接提出の場合は業者の店舗まで赴かなければなりません。

直接提出を考えている方はなるべく地元に近いファクタリング業者を選ぶことも必要になってきます。

遠くの業者を選ぶと提出するだけでも大きな負担になってしまうわけです。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら