株式会社No.1 > No.1のファクタリング ー 資金調達ブログ ー > ファクタリングについて > ファクタリングが選ばれる理由|償還請求権なし

カテゴリー: ファクタリングについて

ファクタリングが選ばれる理由|償還請求権なし

ファクタリングが選ばれる理由|償還請求権なし

多くの企業が売掛金の譲渡である「ファクタリング」に注目しています。

資金調達の一つの方法として採用し始めているわけです。

そのファクタリングで注目すべきなのが「選ばれる理由」です。

利用者にとって何かしらのメリットがなければ選ばれるはずもありません。

しかしファクタリングは多くの企業に選ばれているわけです。

こちらではファクタリングが多くの企業に選ばれる理由として「償還請求権」に注目してみました。

実は非常にリスクが少ない資金調達方法であったのです。

ファクタリングが注目を集める理由を知りたい、と考えている方は必見です。

貸し倒れリスクが存在しないファクタリング

売掛金の最大のデメリットが貸し倒れです。

現金決済であれば売上があった時点で現金の支払いを受けるので問題はありません。

しかし売掛金に関しては1カ月後から2カ月後にやっと支払いがされることになるわけです。

後払いとなるので、確実に受け取れるとは限りません。

たとえば売掛金の支払期日が来る前に取引先(売掛先)が倒産してしまうかもしれないのです。

倒産はしないまでも資金繰りが悪化してしまい、入金が遅れてしまう、ということもありえます。

売掛金には大きなリスクが存在しているのですが、ファクタリングを利用すればそのリスクが発生しなくなります。

そこに関わってくるのが償還請求権です。

・償還請求権とは?

償還請求権とは、たとえばファクタリング業者が売掛金を何らかの理由(取引先(売掛先)の資金繰りの悪化など)で回収できなかった場合に、利用者に対して保証を求める事ができる権利のことを指しています。

償還請求権があれば、ファクタリング業者にとってはリスクを回避できることになります。

一方で利用者にとっては貸し倒れリスクが存在することになってしまうわけです。

問題となってくるのは、ファクタリングが「償還請求権ありなのか?」それとも「償還請求権なしなのか?」という部分でしょう。

・ファクタリングには償還請求権がない

ファクタリングに関しては、要は売掛金を譲渡するわけです。

ファクタリング業者に売り渡すことになります。

売り渡したあとの債権(売掛金)に関しては、利用者は責任を負う必要はありません。

よってファクタリングは償還請求権なし、ということになるわけです。

仮に取引先(売掛先)が倒産するなどして売掛金が回収できなかったとしましょう。

その時は利用者に保証を求めることはありません。

貸し倒れリスクに関してはファクタリング業者が背負うことになります。

それらのリスクも理解した上でファクタリング業者は審査を行っているわけです。

そもそもファクタリングの審査に関しては、主に取引先(売掛先)に対して実施されます。

利用者に対してそれほど審査は行われません。

そもそも売掛金を支払うのは取引先(売掛先)です。

取引先(売掛先)の信用調査を行った上で、ファクタリングをするのかを決めているわけです。

なので貸し倒れたとしても、とりあえずは利用者に保証を求めたり請求をする権利もありません。

ファクタリングを利用することで得られる注目のメリット

・売掛金の回収をしなくて済む

償還請求権なしということなので、貸し倒れに関する問題は発生しなくなります。

特に重要なのは売掛金が期日通りに入金されないケースです。

入金されなければ、取引先(売掛先)に対して何故、入金されないのかを働きかけなければなりません。

回収活動をすることになるわけです。

回収活動に関しては時間もかかりますし、コストが発生することもあります。

会社にとって大きな負担になってしまいかねません、その上で貸し倒れてしまうこともあるわけです。

ファクタリングは売掛金を譲渡することになるので、回収活動をすることもありません。

2社間取引であったとしても、入金がなければ回収活動はファクタリング業者が実施するわけです。

これまでに売掛金の回収に悩まされた経験がある方はファクタリングの利用を検討しましょう。