DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

ファクタリングの24時間即時入金はシステム上可能!しかしあらかじめミスがないよう書類をそろえよう

24時間対応、即時入金を掲げているファクタリング会社があります。

「銀行が空いているのは8時30分~17時までで夜の入金はできない」というのは、実は昔のイメージになります。

しかし、銀行関係のシステムは日進月歩で進化していて、現在では24時間即時振り込み反映が可能になっています。

つまり、ファクタリングでも24時間即時入金というものは原理的にはできそうです。しかし、「できる」ことと「する」ことは別であり、ファクタリング会社にも24時間即時入金は多大な負担を求めることになってしまいます。

一体どのくらい24時間即時入金は可能なのでしょうか?また24時間即時入金を求めたい場合注意することはあるのでしょうか?

今回は24時間即時入金のファクタリングについて考えていきます。

24時間即時入金を可能にした

「銀行は平日朝8時30分(か8時45分)から15時まで、15時以降は入金できない。ATMで振り込みしても反映は翌日朝」というイメージを持っている方が多いかもしれません。しかし、現状は24時間365日即時入金が反映されるシステムが導入されています。

それが「モアタイム」と呼ばれるオンラインシステムです。

「モアタイム」とは銀行間で24時間365日送金、入金可能なオンラインシステムです。

以前は、入金可能時間が「平日の8時30分~15時30分まで」となっていて、ATMやWEBで夜、土日祝日、年末年始などに振り込みできても、それは「振込予約」でした。そのため、実際に入金が反映されるのは「翌営業日の朝8時30分」で、それまで待たなくてはなりませんでした。

即時入金が不可能で、休日や翌朝までに急な資金調達が必要な人(事業に限らず、病院や家庭の事情など)にとっては、自分の口座からATMで引き出す以外、他社からの振り込みを待つことができませんでした。現金書留+速達で送ってもらった方が早かったかもしれません。

当時のシステムは、「全国銀行データ通信システム(通称「全銀システム」)」と呼ばれ、国内有数の大規模ネットワークシステムでした。このシステムは、サービスが開始してからの50年近くにわたり、一度もオンライン取引を停止することなく運用されてきました。

しかし、WEBバンキングやネット専業銀行の台頭により、利便性が低下していきました。顧客のニーズに合わせて、24時間365日のリアルタイム入出金を実現するために登場したのが「モアタイム」です。

モアタイム導入により、24時間365日リアルタイムでの入出金が可能になりました。各銀行とも毎月数時間程度(日曜夜、月曜早朝など)メンテナンスがありますが、それ以外の時間はリアルタイムで入出金が反映されます。

モアタイムが導入されたことにより、24時間365日、即時入金を含むリアルタイムでの入出金が可能になりました。

ただし厳密には、24時間すべての時間で即時入金が反映されるわけではありません。

各銀行では、月に数時間程度(日曜夜~月曜早朝が多い)の定期的なメンテナンスがあります。その時間は即時入金できず「予約」になり、翌朝の着金になります。

それ以外の時間(緊急メンテナンスなどを除く)は24時間即時入金が可能です。

モアタイムには現在1085行の金融機関が加入しています。(2024年4月1日現在)
「モアタイムシステム参加金融機関」(全銀ネット)

このリンク先の表にある金融機関の口座であれば、ファクタリング会社から24時間即時入金が可能になっています。

著名な金融機関で、モアタイム非加入の、野村信託銀行、商工中金、信金中央金庫が例外ですが(これらは24時間即時入金が不可能)、それ以外の銀行、信用金庫、信用組合などであれば大丈夫です。

ソニー銀行やPayPay銀行などネット専業銀行も問題ありません。

野村信託銀行などモアタイム非加入の金融機関については、夕方以降の入金依頼は、即時反映されず、入金予約となり、営業日の8時30分入金となります。営業時間であれば、即時入金となります。

とはいえ、モアタイムで24時間即時入金するには、ファクタリング会社がWEBバンキングから振込手続きを行う必要があります。さすがに、銀行窓口で振込手続きをするファクタリング会社はないとは思いますが、そのあたりはチェックポイントになります。

銀行融資の場合、モアタイムを用いた臨機応変な入金は行っていません。契約者の自由意思が尊重されるファクタリングだからこそ可能な24時間即時入金できる資金調達方法になります。

24時間365日土日祝日年中無休対応を謳っているファクタリング会社は、全国で10社弱あります。

24時間即時入金のファクタリングはメリットが大きい

24時間即時入金できるファクタリング会社は、利用者にとって大きなメリットになります。全案件、即時入金とはいかないかもしれませんが、融資を待っていては間に合わない、消費者金融は使いたくない(信用情報がマイナスになるし、金額が限られる)、それ以外の資金調達方法がない、しかし今すぐお金を工面しなければならない場合に役立ちます。

即時入金によって至急の資金需要に対応できる

事業者の決済で明日朝までに入金がなければ取引を打ち切られる、支払いを忘れていて督促、最終通告があった、本当に今すぐ資金調達しないと事業継続に差し障る場面があるかもしれません。

その場合、24時間即時入金対応可能なファクタリング会社がほぼ唯一の選択肢になります。即時入金できれば、夜に申し込みをして翌朝までに入金があり、支払いに間に合います。

即日入金ではなく、即時(1時間程度)で審査まで終えて振り込みが可能になるのも、モアタイムによるシステム整備がとても大きな役割を果たしています。

これは10年前では考えられなかったことです(モアタイム導入は2018年10月)。

条件の良いファクタリング会社を比較できる

実際に明日までにお金が必要、というケースでなくても、24時間即時入金可能なファクタリング会社であれば、申し込みから入金まで時間を要しません。

つまり、複数のファクタリング会社を候補として比較しても十分資金調達に間に合います。

1週間後に500万円必要な場合、24時間即時入金可能なファクタリング会社を候補として残しておき、その間により条件の良いファクタリング会社が見つかればそこに申し込む、条件が良いファクタリング会社が見つからなければ、その24時間即時入金可能なファクタリング会社に申し込むことができます。

キープするカードとして、いつでも使える24時間即時入金可能なファクタリング会社を候補にしておくことで、さまざまなファクタリング会社を比較する時間が得られます。

24時間即時入金可能なファクタリング会社は顧客へのレスポンスも良いはずなので、急いでなくてもおすすめできるファクタリング会社なのかもしれません。

24時間即時入金のファクタリングを申し込むにあたっての注意点

24時間即時入金可能なファクタリング会社ならば融通が利くので問題ない、と考えている方は注意していただきたいことがあります。ある程度お約束を守ることで、24時間即時入金可能なファクタリングがメリットを生かすことができます。

即時入金可能の場合2社間ファクタリングになる

24時間即時入金可能なものは2社間ファクタリングです。3社間ファクタリングは売掛先の同意が必要ですので、当然時間がかかります。また、休日や夜間に売掛先へ連絡することもできません。

必然的に手数料が高い2社間ファクタリングになります。24時間即時入金可能なファクタリング会社でも3社間ファクタリングの取り扱いがあるところは、3社間ファクタリングを希望できますが、その場合は24時間即時入金にはならず数日かかることはご理解ください。

オンラインファクタリングの準備を行う

24時間即時入金可能なファクタリングは、ファクタリング会社のスタッフが事務所や店舗にいなくてもできるということです。

つまり、店舗へ行き対面でファクタリング申し込みをするのではなく、パソコンやスマホを使ってのオンラインファクタリングになります。

オンラインファクタリングするためには、書類をそろえてデータ化して、WEB上から申し込みします。通常は、ZOOMなどを用いたオンライン面談を行いますが、24時間即時入金可能なファクタリングの場合、オンライン面談を省略することも一部ファクタリング会社であるようです。

オンライン面談を行う場合も、ファクタリング会社スタッフは自宅などで行うかもしれません。双方がテレワークできる環境ならば、夜間休日の対応もできます。

必ずWEB環境と資料のデータ化をお願いします。

【オンラインファクタリングに必要な書類:PDFや画像データにする】

      

  • 本人確認書類(身分証明書)
  • 売掛金の請求書
  • 銀行の通帳(売掛金の入金確認)
  • 確定申告書、決算書
  • 商業登記簿謄本(法人のみ)

これらをデータ化し、すぐにWEB上からファクタリング会社へ送付、ないしアップロードできるようにしてください。法人の場合、商業登記簿謄本が必要ですが、有効期間3か月以内のことが多いので、最終取得日をチェックしておいてください。

【オンラインファクタリングの流れ】

      

  • 1.ファクタリング会社にユーザー登録する
  • 2.請求書(売掛金がわかる)のアップロード
  • 3.請求書情報の入力
  • 4.本人確認書類の提出(アップロード)
  • 5.携帯電話のSMS認証
  • 6.事業主登録(法人登記簿謄本、確定申告書、決算書などのアップロード)
  • 7.WEB面談(ある場合。ZOOMやSkypeを使う。場合によっては電話も併用)
  • 8.オンライン契約への同意、電子署名など
  • 9.AIによる審査(する会社、しない会社あり)
  • 10.決定、資金化、振り込み

これを深夜や土日に行います。電話をかける場面はないはずですが、間違いがないようにしてください。WEB環境が悪ければすぐにメールなどで相手(ファクタリング会社)に伝えることが大切です。

ファクタリング会社スタッフの負担も考え、書類ミスをなくす

24時間即時入金可能とはいえ、通常なら閉店している時間にファクタリング会社スタッフが審査や振り込み作業をすることになります。

それも含めて仕事と言えばそれまでですが、不規則な時間で仕事をするファクタリング会社スタッフへ敬意を持った対応をしてください。

少なくとも時間を守り、書類ミスをなくすなど、できうる限り注意を払ってください。

お礼なども含めてへりくだった姿勢で臨めば、ファクタリング会社スタッフもイレギュラー対応をやる気になってくれるはずです。

ファクタリングは融資のようにいろいろ法律や制度でレギュレーションが定まっていないので、特例対応もやりやすく、そのためにはファクタリング会社スタッフをリスペクトしてください。

株式会社No.1は24時間対応し即時入金が可能なファクタリング会社!みなさんの要望にお応えします

モアタイムによってファクタリング会社によっては24時間即時入金が可能になりました。しかし、ファクタリング会社スタッフの負担も大きく、可能ならば時間に余裕を持って手続きしていただけると助かります。

特に休日や夜間の即時入金については、スタッフの負担もあり、手数料などが上がる可能性もあります。

書類にミスが無いよう、しっかり準備してください。

「株式会社No.1」はオンラインファクタリングのシステムも完備していて、即時入金も可能です。ただし、営業時間後の入金については翌営業日になる可能性もあります。契約完了が15時以降の場合、翌営業日に入金となる可能性があります。

ただし、スタッフが店舗にいる場合、対面契約で買い取り料金手渡し(株式会社No.1は振り込みだけでなく現金買い取りもしています)の場合、即時入金(というか現金化)が可能なこともあります。

本当に急いでいる方は書類をそろえて、店舗(池袋、名古屋、博多)までお越しいただくことも可能です。

オンラインファクタリングについては、申し込み手続きを24時間受け付けています。翌営業日事業開始後、速やかに審査し即時入金につなげます。

ファクタリングは融資のように細かい規定がないため、当事者間で臨機応変な契約が可能です。24時間即時入金もその1つですが、しっかり資金計画を立てていただき、無理のない経営を実践してください。

株式会社No.1はそのためのお手伝いをさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top