DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

ファクタリングで審査通過率を上げるためにできることは?買い取りのリスクを下げる方法を考えよう

ファクタリングを行う際にみなさまが気にするのは、手数料や買取率でしょう。しかし、その前に審査通過率が高くなければ、ファクタリング自体できなくなります。審査通過率はファクタリングの「難易度」であり、少しでも高い方が、安心してファクタリングを申し込めます。

そのファクタリングの審査通過率を上げるにはどのような工夫、ポイントがあるのでしょうか?

今回はファクタリングの審査通過率を上げるにはどのようなことに気を付けて、どのような売掛債権(売掛金)をファクタリングに出せばよいのか解説します。少しでもファクタリングの審査通過率を上げたい方はぜひ実践してみてください。

ファクタリング審査の平均通過率は70%前後

まずファクタリングの審査通過率を知っておきましょう。

ファクタリングの審査通過率は平均して70%前後だと言われています。大手ファクタリング会社の中には「審査通過率95%」などと謳っているところもあります。諸条件あってこの数字なのかもしれませんが、事実としてファクタリングの審査通過率は融資よりも高くなっています。

融資の審査通過率は50~60%とされているため、ファクタリングの審査通過率の方が高く、資金調達の難易度はファクタリングの方が低いことになります。

資金調達はファクタリングの方がしやすいのは事実です。しかし、平均審査通過率70%ということは、10回に3回は審査通過できないことになります。

少しでも審査通過率を上げるには何ができるのか、あらかじめ知っておくことが重要です。

審査通過率とファクタリング条件の関係

ファクタリングの審査通過率は、ファクタリング条件と反比例、トレードオフの関係になることがあります。

つまり、ファクタリングの審査通過率が低い場合は、難易度が高い反面、手数料が安い、買取率が高いなど条件面が良いことがあります。

逆に審査通過率が高いと、手数料が高いなど、事業主様にとって不利な買い取りになるかもしれません。

これは審査通過率が高いが、それによってファクタリング会社は売掛債権(売掛金)の回収不能リスクも引き受けるので、何かあったときのために「手数料が高い」「掛け目(買取率)が低い」などのリスクヘッジをせざるを得なくなります。

リスクヘッジのため「償還請求権」付きのファクタリングについては、現在では「ファクタリングではなく融資である」という裁判例が出ているため、ファクタリング会社が用いることはありません(償還請求権を要求するファクタリング会社は悪徳業者の可能性があります)・

貸し倒れリスクのある、あまり条件の良くない売掛債権(売掛金)の審査通過率を上げるには、それ以外の条件面を下げることになります。

これは、迅速で審査が緩い消費者金融の融資が、銀行融資と比べて高い利息を取るのと同じです。

・審査通過率が高い:手数料が高い、買取率が低い
・審査通過率が低い:手数料が安い、買取率が高い

これが基本であり、「審査通過率が高い、手数料が安い、買取率が高い」というファクタリングを狙うには、譲渡する売掛債権(売掛金)を特別なものにしなくてはなりません。

事業主様にとって有利な買い取り条件で、かつファクタリングの審査通過率を上げるにはどうすればよいのか、次の項で解説していきます。

ファクタリングの審査通過率を上げるには何をすればよいのか?

ファクタリングの審査通過率を上げ、かつ低い手数料で高額買い取りを実現させるためには、高く買い取ってもリスクが低い売掛債権(売掛金)を用意しなければなりません。

ファクタリングの審査通過率を上げるには、以下のような売掛債権(売掛金)を準備しましょう。

      

  • 売掛先の信用力が高い
  •   

  • 売掛債権(売掛金)の入金サイトが短い
  •   

  • 売掛先との取引実績が長い(数年以上)
  •   

  • ファクタリング会社との面談では真摯な対応
  •   

  • 必要書類を確実に用意して債権の存在が確かなものだと証明する
  •   

  • 元々の審査通過率が高いファクタリング会社を選ぶ

これでかなり審査通過率を上げられるはずです。

それぞれについて解説します。

売掛先の信用力が高い

売掛先の社会的信用度が高ければ、審査通過率は最初から高くなり、あえて上げるにはどうするか考えなくても大丈夫です。

請求書の宛名が、誰もが知っている重要な基幹産業の企業や、官公庁、行政機関であれば、売掛債権(売掛金)を回収できないということはあり得ません。

当然、最初から社会的信用度が最大値なので、審査通過率も高くなります。

売掛債権(売掛金)の入金サイトが短い

売掛債権(売掛金)の締め日から入金日まで、つまり売掛債権(売掛金)の入金サイトが短い方が審査通過率は高くなります。

入金サイトが長いと、その間に何があるかわかりません。経営状態がよさそうでも、天災や外国の政治情勢などで大きく状況が変わる可能性があります。

入金サイトが30日の売掛債権(売掛金)と120日の売掛債権(売掛金)では、その間に経営上トラブルがあるリスクが大きく異なります。

審査通過率を上げるには、入金サイトが短い売掛債権(売掛金)のファクタリングを依頼し、ファクタリング会社が負う回収不能リスクを下げることがポイントになります。

売掛先との取引実績が長い(数年以上)

ファクタリングしたい売掛債権(売掛金)の宛先(売掛先)との取引が長いことも、審査通過率を上げるには重要な要素になります。

数年にわたって、同じ売掛先からの入金が毎月決まった日に行われていることが通帳のコピーなどで確認できれば、ファクタリングを申し込みしている売掛債権(売掛金)についても、期日に入金される可能性が極めて高く、売掛先に対する信用度も上がります。

売掛先が大企業や行政機関でなくても、長年堅実に取引していることが確認できれば、審査に際して加点評価になります。

審査通過率を上げるには、このような長年取引している売掛先の請求書を出すことがポイントになります。

逆に、有名企業でも行政機関でもなく、取引が数回の売掛先については、審査通過率が下がる可能性があります。初回の場合は、請求書が架空の可能性があるため、審査に通らないかもしれません。

売掛先との取引実績が長いことが、審査通過率を上げるには重要な要素になります。

ファクタリング会社との面談では真摯な対応

ファクタリングの審査において、面談、面接が占める割合はそれほど大きくありません。しかし、面談で真摯な対応を見せ、「信頼できる人だ」とファクタリング会社に印象付けられれば、審査において加点ポイントとなります。

面談対策は意識的にできるものであり、審査通過率を上げるには特にコストもかかりません。たとえ数点の加点でも先々のことを考えると大きなプラスになります。

再度同じファクタリング会社を利用する場合、「この人は信頼できる、誠実な人だ」と思われれば審査通過率もかなり高くなります。

ファクタリング会社の心証を上げるには、何よりも面談時の態度が重要になります。

必要書類を確実に用意して債権の存在が確かなものだと証明する

請求書が本当に有名企業や行政機関である確証が得られるならば、審査において極めて有利になります。

審査通過率を上げるためには、これらの売掛先について、請求書だけではなく発注書や契約書なども用意しましょう。「確かにこの売掛先と正式な契約をしていて実際に取引している」ということがわかれば、審査通過率が大きく上がります。

これは審査通過率を上げるには比較的簡単にできることなので、請求書と一緒に書類を準備してください。

元々の審査通過率が高いファクタリング会社を選ぶ

ファクタリング会社によって審査の基準が異なるため、審査通過率も変わります。最初から審査通過率が高いファクタリング会社を選ぶことで、少なくともファクタリングによる資金調達は成功します。

ただし、上述のようにファクタリングの審査通過率と手数料などはトレードオフの関係にあるかもしれません。

100万円の売掛債権(売掛金)があった場合、

A:審査通過率90%で手数料20万円、資金化80万円
B:審査通過率70%で手数料5万円、資金化95万円

どちらがよいかしっかり判断してください。

みなさまがファクタリングを希望している売掛債権(売掛金)が、大企業や行政機関宛のものならば、Bを選んでもまず審査を通過します。

売掛先が微妙な売掛債権(売掛金)については、審査通過率を上げるには、最初からAを選ぶことがポイントになります。

ファクタリングの通過率を上げるには何をすべきかポイントまとめ

ファクタリングの審査通過率はファクタリング会社によって高低がありますが、みなさまの方でも上げるには意識的に注意することで、ある程度有利に働くことがわかりました。

審査通過率を上げるには何をすべきか、要点をまとめると以下になります。

  • 対外的に信頼できる売掛先の請求書をファクタリングする
  • 売掛金の支払いサイトが短い請求書をファクタリングする
  • 依頼主自身を客観的に証明できる複数の書類、証拠を提出する
  • 請求書だけではなく領収証や通帳など事業実態がわかるものをしっかり準備する
  • ファクタリング会社との面談時には真摯に評価されるような態度で臨む

つまるところ、依頼人本人の信用と売掛金の信用をどれだけファクタリング会社に伝えられるかが重要です。

どちらも信用できる、ということになれば、ファクタリング会社の審査通過率は高くなることでしょう。これはファクタリング会社にかかわらず実績できることです。

自社の売掛債権(売掛金)に自信があれば通過率が低くても条件が良いファクタリングを狙うべき

審査の通過率を考えた場合

・通過率が高い→依頼人にとっての資金化条件が悪い
・通過率が低い→審査が厳しく行われるため、対象が源泉され依頼人にとっての条件が良くなる

という傾向にあります。

即日資金調達の必要性がある、自社の経営状態が悪い、「信用情報ブラック」などで融資が難しいケースは、とにかく資金調達の可能性を上げるため、審査の通過率を重視するのでよいですが、元々入金される売上額よりも実際の入金額が減るので、ファクタリングだけに頼らないのも大切です。

審査通過率を上げたい場合、元々の審査通過率が高い株式会社No.1に申し込みを!

ファクタリングの審査通過率を上げるにはいくつかの方法があります。売掛先に信用があり、回収までの期間(サイト)が短く、長期にわたって取引している売掛債権(売掛金)ならば審査通過率が高くなります。

それに加えて、元々高い審査通過率をアピールしているファクタリング会社ならば、デフォルト状態で審査通過率が高いので、上げるにはどうするかあまり考えなくても良いかもしれません。

元々の審査通過率が高いファクタリング会社の中から、手数料が安い、買取率が高いところを選ぶと良いでしょう。ファクタリング会社は全国各地から選べます。手続きが全部オンラインで完結するオンラインファクタリングを選べば、全国の審査通過率が高いファクタリング会社に申し込めます。

審査通過率を上げるにはどうするかだけではなく、手数料などの諸条件についても積極的に考えられるようになります。

当社「株式会社No.1」は審査通過率が高く、90%以上の審査通過率を誇っています。手数料も安いため、実際に資金化できる売掛債権(売掛金)の金額が高く、みなさまにぜひお使いいただきたく存じます。

オンラインファクタリングで全国の事業主様に対応し、即日資金化も可能です。審査通過率が高く、迅速な資金調達を可能にするのが株式会社No.1です。

審査通過率のことも含めて、お問い合わせいただければ丁寧に説明します。

何卒宜しくお願いいたします。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top