DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

ファクタリングの契約はめんどくさい?融資の契約手続きより簡略化されめんどくさいことはない!

ファクタリングは従来の融資などの資金調達方法に比べて新しい部分がたくさんあります。
融資と異なり、契約方法についても特別法ではなく、当事者の自由な契約行為にゆだねられているので、めんどくさいことはなく、省力化された手続きの中で行います。
従来の資金調達方法のめんどくさい契約からどのくらいファクタリングの契約は改善しているのかを今回言及します。
ぜひファクタリング契約を新しい資金調達方法として検討してみてください。

ファクタリング契約はめんどくさいのか?融資と比較してみた

ファクタリング審査は融資と比較してめんどくさいとは言えません。
審査についてもめんどくさいわけではないので、必然的に契約方法も融資と比較して簡略化されていることになります。

ファクタリングの審査基準 融資の審査基準
売掛先(取引先)の信用力を重視する
財務内容はそれほど問われない
決算が悪くても売掛債権(売掛金)(売掛金)があれば可能
信用情報照会無し
消費者金融からの借入があってもOK
最短即日のポイント審査
申請者(事業主様)の信用力を重視する
財務内容重視、借入が多いと不可
赤字企業には融資が厳しい
信用情報照会で厳しくチェック
消費者金融からの借入があると厳しい(大幅減点)
最短でも半月、長ければ1か月のじっくり審査

ファクタリングは融資よりも少ないポイントで審査します。
融資は依頼人に返済してもらわないといけないので業績など非常に細かく審査しますが、ファクタリングの場合、契約に必要なのは、あくまで売掛先が期日にしっかり売掛金を支払ってくれるかどうかです。
そのため、融資よりもめんどくさい審査は行いません。
ファクタリング審査の特徴をさらにまとめるとこのようになります。

  • 売掛先の信用力を重視
  • 信用情報照会がない
  • 申込人の信用力は売掛先よりも後の評価
  • AIなどコンピューターによる審査が進む
  • 結果的に審査が早くなり即日資金調達可能なものもある
  • 銀行法や貸金業などの法的規制を受けない。民法をもとにした債権譲渡契約になる
  • 「総量規制」やビジネスローンの1000万円上限がない
  • 3社間ファクタリングの方が2社間ファクタリングより審査が緩い

融資のように契約にあたりめんどくさい信用情報照会がありません。
また決算書等を詳細に内容の吟味をされることもありません。
そのためファクタリング契約は融資よりもめんどくさくない、簡潔な審査で契約を結べます。
多くの書類を準備しなくて済むので、ファクタリングによる資金調達は簡単です。

ファクタリング契約にめんどくさい手続きがないのは書類が少ないから

めんどくさい手続きがファクタリング契約に必要ないのは、ファクタリング契約の際に提出する書類が少ないからです。
審査項目が少なければ、その分不備になる項目が少なくて済み、すんなり契約できるのは当然です。
融資の場合、必要書類が多く、結果的にめんどくさい手続きになります。
ファクタリングの審査では、重要なポイントがわかる書類さえあれば、問題なく契約できます。
要は、売掛先から期日(まで)に確実に売掛債権(売掛金)を回収できればよいわけです。

  • 売掛金の請求書
    (例外的に「将来債権」を証明する発注書、注文書などでファクタリングできるファクタリング会社もある)
  • 本人確認書類(身分証明書)
  • 銀行の通帳(売掛債権(売掛金)(売掛金)の入金確認のため)
  • 売掛契約が発生する旨の契約書
  • 確定申告書、決算書(それほど重視しない)
  • 商業登記簿謄本(法人のみ)

融資の場合は、これらに加えて、複数期の確定申告書(決算書)、納税証明書、会社名義の不動産登記簿謄本、代表者名義の不動産登記簿謄本などが必要です。
住民票まで提出を求める金融機関もあると聞きます。
こんなにめんどくさい書類を用意しても、審査に通らなければ元の木阿弥になってしまいます。
ファクタリング契約ならば最小限の手間で済みます。

めんどくさいのとは正反対!オンラインファクタリングで手続き完了も可能

ファクタリングは融資ではないので、契約にあたっては当事者間の自由な意思が優先されます。
「〇〇しなければならない」ということがないので、極端な話、契約書を取り交わさなくても、口頭で売掛債権(売掛金)譲渡について合意できれば契約は成立します。
さすがに「言った」「言わない」になり後々めんどくさいことになるので契約書を取り交わしますが、紙に署名捺印ではなく、オンライン契約の様式を使うファクタリング会社もあります。
ファクタリングは規制する法律がないので、契約方法についてもめんどくさい、回りくどいことをせずに柔軟に対応できます。
その中でも、オンラインで申し込み~面談~売掛債権(売掛金)買い取り~入金まで完結する「オンラインファクタリング」ができる場合、めんどくさい紙のやり取りから解放されます。
オンラインファクタリングについては以下になります。

<オンラインファクタリングの必要書類>

  • 本人確認書類(身分証明書)
  • 売掛金の請求書
    (例外的に「将来債権」である発注書、注文書などでファクタリングできるファクタリング会社もある)
  • 銀行の通帳(売掛金の入金確認できるもの)
  • 確定申告書、決算書
  • 商業登記簿謄本(法人のみ)

これらをPDF化あるいは画像化して、HPにあるフォーマットからアップロード、ないしメール添付で送ります。コピーしなくてよいので、めんどくさい印刷を省けます。
法人の商業登記簿謄本についても「登記・供託オンラインシステム」を使えば、オンライン申請でき、商業登記簿謄本を郵送してもらえるので、地方にお住まいの方も安心です。

その後は以下の流れでオンラインファクタリングの契約まで進みます。

  • ファクタリング会社にユーザー登録する
  • 請求書(売掛金がわかる)のアップロード
  • 請求書情報の入力
  • 本人確認書類の提出(アップロード)
  • 携帯電話のSMS認証(厳格なファクタリング会社)
  • 事業者登録(法人登記簿謄本、確定申告書、決算書などのアップロード)
  • WEB面談(ある場合。ZOOMやSkypeを使う。場合によっては電話)
  • オンライン契約への同意、電子署名など
  • (ファクタリング会社によっては)AIによる審査

このオンラインファクタリングの枠組みを使えば、即日資金化も可能です。
契約に際してめんどくさいところを極力排除しています。
これが過不足ない、最低限の審査プロセスとなります。

めんどくさい書類の用意を省くために偽造するのは絶対NG!

ファクタリングは融資と異なり、めんどくさい書類の準備が最小限で済み、めんどくさい手続きも大幅に省力化されています。
しかし、大幅に簡略化されたファクタリング契約にあたって、さらに楽をしようと書類を勝手に作ることは絶対にやめてください。

私文書偽造:ないはずの書類(通帳など)を作成する
私文書変造:書類の残高や入金先をいじる

書類を偽造、変造しただけで罪です。それに加えて、行使、つまり偽造や変造した通帳を証拠としてファクタリング会社に提出すると、〇〇行使罪が加わります。
それぞれ、刑罰は以下になります。

私文書偽造罪:3か月以上5年以下の懲役
私文書変造罪:3か月以上5年以下の懲役
偽造(変造)私文書行使罪:3か月以上5年未満の以下
詐欺罪:10年以下の懲役

なお請求書の偽造や数字をいじる(数字を盛る)ことは偽造罪ではなく、より罪が重い詐欺罪になります。
偽造は「他人が作成する書類をいじること」であり、自分が作成する請求書はいきなり詐欺罪になります。
ファクタリング契約書の偽造は偽造罪であり、売掛債権(売掛金)の入金サイトを変えることは変造罪にあたります。
ファクタリングはめんどくさい手続きについて極力排除されているのに、さらに楽にするため自分で内容を変えるのは重大犯罪です。
十分にめんどくさい手続きからファクタリングは解放されています。
より簡便な手続きで済むファクタリング会社をぜひ選んでください。

めんどくさい契約手続きから解放されたファクタリングによる資金調達は株式会社No.1にお任せ

ファクタリングによる資金調達は従来のめんどくさい契約手続きとは異なり、オンラインで即日、最小限の書類でできるものになっています。
従来の融資がめんどくさいと考えている事業主様は、ぜひファクタリングによる資金調達を考えてみませんか。
ファクタリングによる資金調達ならば、融資ではないので信用情報に記載されず、後日別の融資を受けるときにもマイナスになりません。
売掛債権(売掛金)の請求書があればすぐに資金化できるので、めんどくさい手続きから解放されます。
資金調達はめんどくさいものと考えていた事業主様にとって、ファクタリングは新しい選択肢になることでしょう。

「株式会社No.1」によるファクタリング契約は、迅速で丁寧な対応、業界最安値レベルの手数料でありながら、めんどくさいところがありません。
最低限の書類提出でよく、実際に店舗へお越しいただくめんどくさい手間もオンラインによって省略できます。
ファクタリングは民法の契約行為なので、融資のように細かいことが規定されておらず、柔軟な対応が可能なのです。
一度ぜひ株式会社No.1にお問い合わせいただき、めんどくさい契約行為ではないことを確認してください。
請求書があればすぐに資金化できるのがファクタリングの大きな強みです。

何卒株式会社No.1をよろしくお願いいたします。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top