DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

ファクタリングが経営上の多様な必要性に応えられる!ファクタリングの上手な使い方

ファクタリングは比較的新しい資金調達方法です。

資金調達方法と聞くと、みなさんはまず金融機関からの融資を思い浮かべるはずです。あるいは、株式会社が株券を発行して投資家から資金を出してもらうこともあります。

さらに補助金や助成金を思い浮かべる人もいるかもしれません。最近ではクラウドファンディングという方法もありますよね。

さまざまな資金調達がある中で、あえてファクタリングを選択する必要性はあるのでしょうか?融資で済むなら融資を使えばよいのではないでしょうか?

実はファクタリングによって資金調達する必要性はとても大きいのです。

今回はファクタリングで資金調達する必要性、他の資金調達方法と比較してのファクタリングの優位性についても解説します。

適時適切な資金調達方法としてぜひファクタリングを候補に入れてみましょう。

資金調達だけではない!売掛債権のリスクヘッジ(貸し倒れ防止)でも使う必要性があるのがファクタリング!

ファクタリングは資金調達方法としてだけではなく、売掛金が回収できない事態を防ぐリスクヘッジ、「保険」としてもとても役立ちます。

ご存知のようにファクタリングは「売掛金を回収日に受け取る権利」を回収前にファクタリング会社に買い取ってもらい、現金化します。

ファクタリングにより「売掛金を受け取る権利」はファクタリング会社に移りますが、「売掛金が回収不能になる、回収できないリスク」も売掛債権(売掛金を受け取る権利)と一緒にファクタリング会社に移転できます。

つまり、「回収できない爆弾」もファクタリング会社に渡せます。渡して、回収できない爆弾が爆発しても、被害を受けるのはファクタリングだけになります。まさに危機一髪です。

ファクタリングを実施すると、売掛金から一定のファクタリング会社の手数料が引かれるので、全額回収はできません。

しかし、売掛金入金日前に好きなタイミングで資金調達できます。さらに、売掛先が不渡りを起こしてしまうと、資金の回収ができなくなりますが、そのリスクヘッジにもなります。

100万円の売掛金を80万円でファクタリングできれば、売掛先が倒産などして貸し倒れになるよりもはるかにましです。1円も回収できないのと、80万円でも90万円でも回収できるのとでは天地の開きがあります。

その意味では、ファクタリングの必要性は資金調達に限らないことがわかります。

ファクタリングの必要性は、資金調達、資金繰り改善、売掛金の不良債権化防止、この3点を同時に達成できるものであり、認識できます。ぜひ選択肢として考えておいていただきたく存じます。

買掛金支払い日前にファクタリングを実行できれば、資金繰りが改善します。黒字倒産のリスクも減らせます。

自社のキャッシュフロー、資金繰り改善方法として

・売掛金回収サイトの前倒し(見直し)
・売掛金の確実な回収
・回収が危なそうな売掛先の信用調査(信用できない場合の早期リスク回収)

この3つを同時に実現できるファクタリングは、極めて有用で、必要性が十分にあります。

ファクタリングはここ10年ほどで広く認知されましたが、それには以下で述べる必要性に応えられるメリットがあるからです。

融資ではない方法ファクタリングは、既存の銀行法や貸金業法、手形法などの歴史ある法律から自由になっており、それが多大なる恩恵をもたらしています。

ファクタリングは事業者の必要性にどのように応えるものなのかぜひここで知ってください。経営の必要性にファクタリングは大いに役立ちます!

ファクタリングが事業上、経営上の必要性に応えられる理由

ファクタリングは融資や手形割引、株式発行など従来の資金調達方法では対応できない、解決できないものに対して有効です。これがファクタリングの必要性を高めています。どのような必要性に応えるものなのか解説していきます。

迅速な資金調達の必要性に応える

融資を受ける場合は審査から融資実行まで2週間~1か月ほどの時間がかかります。消費者金融系のビジネスローンの中には「即日融資可能」なものもありますが、そもそもビジネスローンで借りられる金額は最高でも1000万円という縛りがあります。

行政(自治体)が直接お金を貸す緊急融資、緊急小口資金、総合支援資金などは事業資金に使うのはなかなか難しい面があります。

しかし、緊急に現金需要が発生し、ビジネスローンなどでは賄えない場合、行き詰ってしまいます。

まさかヤミ金融に手を出すわけにはいきません。

しかし、そうした厳しく時間がかかる融資に悩むくらいならば、ファクタリングを利用すれば、迅速かつ安全に資金調達が可能です。

ファクタリングは、融資における銀行法や貸金業法、手形割引における手形法のような厳しい法規制がないので、審査も簡便です。

売掛債権を証明する請求書や債権譲渡登記が確認できれば、最短即日で売掛金の買い取りが行われ、現金を手にできます。

当事者間の自由な契約という必要性に応える

融資によって資金調達する場合、銀行法や貸金業法など様々な法律が適用され規制を受けます。金利の上限や貸金業の場合「総量規制」など融資を受ける際は行動が縛られてしまいます。

しかし、ファクタリングの場合借入や融資ではなく、自社が持っている「売掛債権の買い取り」であり、融資ではなく古物売買のカテゴリになります。

売掛金があることが請求書から分かっているのですから「支払えるかどうかわからない」という不確実性がありません。

そのため各法律で縛ることもないということも背景にあります。

銀行や消費者金融は事業者として許可されるためには難しい審査がありますが、ファクタリング会社は単なる古物商なのでそうした厳しい審査はありません。

障壁が少ないので、意欲的なベンチャーも多く、事業者の迅速な資金調達の必要性に応えられるように動きます。

複雑な審査に煩わされない、忙しい経営の必要性に応えられる

他の必要性に応えられるかどうかにも関係しますが、銀行や消費者金融から借入する場合、法律で定められた様々な手続きが必要になります。

しかしファクタリングの場合は、売掛債権が確実にあることさえ証明できれば、返済能力云々は関係ありません。

事業者が融資を受ける場合、直近2期分の決算書、金融機関からの借入履歴、試算表、登記簿謄本等様々な書類が必要で、それをもとに厳格な審査が行われますが、ファクタリングの場合必要書類は、売掛債権の請求書、法人の登記簿謄本、通帳(資金の流れを把握)など借入に比べて少なく、その分審査が早くなります。

これは「即日現金化」を謳うファクタリング会社だけではなく、手数料が安い銀行系やノンバンク系のファクタリング会社でも同様で、同額の融資を受けるよりも短期間に資金調達することが可能になります。

審査期間が短く、かつ書類が少なくて済むのは、忙しい経営者にとってはありがたいことで、経営に集中したいという事業者の必要性に応えるものになります。

これまでの売掛先との良好な関係を維持したい必要性に応えられる

ファクタリングは取引先にバレない(2社間ファクタリングの場合)というメリットがあります。

ファクタリングには売掛債権の債務者(売掛先)が合意して債権を買い取る3社間ファクタリングと、債権者(申請者)とファクタリング会社のみで完結する2社間ファクタリングがあります。

2社間ファクタリングの場合ファクタリングで債権を買い取ってもらうことは取引先、クライアントにはバレません。

したがって、クライアントの心象を落とさずにこれまで通りの関係を維持しながら、その債権を売却して資金調達ができます。ファクタリングがバレることで、「この会社は資金繰りが悪化しているのか?」「支払いができないのでは?」「運転資金がなくて倒産しそう」というイメージを与えてしまいます。

2社間ファクタリングならば売掛先にバレないので、これまでの関係を維持できます。関係を壊したくない、今までの良いイメージを維持したいという必要性に応えます。

信用情報ブラック事業者の資金調達の必要性に応えられる

ファクタリングが融資ではないので、信用情報機関への照会がありません。また、利用実績について信用情報に書き込まれることもありません。

過去の借入の遅延や返済事故があって、借り入れができない場合も、ファクタリングならば融資ではないので信用情報照会がありません。

いわゆる「信用情報ブラック」「金融ブラック」と呼ばれる人でも利用できるのがファクタリングです。

そういう人たちの資金調達の必要性に応えられるのはファクタリングだけと言っても良いかもしれません。

ファクタリングの利用歴についても、信用情報に記載されません。借入が多いと、別の借入(融資)を受けづらくなります。

しかし、借入とファクタリングを使い分けることで、金融機関からの信用を維持しながら、より重要度の高い高額の融資にチャレンジできます。

取引先が倒産したときのリスクヘッジの必要性に応えられる

ファクタリングは「売掛金を受け取る権利」とともに「取引先が倒産して売掛金を受け取れないリスク」もファクタリング会社に移譲します。

自社の経営が大丈夫でも、売掛債権がある取引先(販売先)が倒産したり、何らかの理由で支払いができなくなったりする可能性があります。

その場合、債権者(ファクタリング利用者)が代わりに支払わなければならないリスクをファクタリングは減らします。

手形割引の場合、手形が不渡りになり、その前に割引して現金を手にしていると、回収不能になった資金は手形振出人(債権者)が弁済しなければなりません。これを償還請求権と言います。償還請求権があると、売掛債権をファクタリングで譲渡しても、不渡りになった場合、売掛金相当額をファクタリング会社に支払わなければならなくなります。

それではリスクヘッジの必要性に応えられなくなってしまいます。

しかし、通常のファクタリングは、償還請求権がない契約、ノンリコース契約になります。つまり「取引先が倒産して売掛金を受け取れないリスク」もファクタリング会社に移譲するので、回収できなかった分はファクタリング会社が損失を被ることになります。

これを利用して、資金調達目的ではなく、回収不能になる前に請求書の金額の80%でも90%でも回収しておきたいという「保険」としてもファクタリングが利用できます。

損害保険会社にもそうした必要性に対応した保険がありますが、使い勝手が悪いです。貸し倒れで回収できなかった場合の100%保証の「保険」に特化した「保証ファクタリング」というものもありますが、通常のファクタリングでも80%~90%は回収できます。

貸し倒れしそうな会社と取引がある場合は、現金に困っていなくても(資金調達の必要性がなくても)ファクタリングを行い、その貸し倒れリスクをファクタリング会社に負ってもらうという奥の手も使えます。

担保・保証人なしの必要性に応えられる

銀行や消費者金融からの融資(借入)でも無担保無保証人の「プロパー融資」がありますが、条件が厳しく金利も高い傾向にあります。

ファクタリングの際には原則担保や保証人が要りません。担保や保証人が用意できない人の資金調達の必要性にも応えます。

ファクタリングの場合、売掛債権(請求書)そのものが担保になるので(支払いを受ける権利です)、無担保、無保証人での利用が可能です。設定する担保や、保証人になってくれる人がいない場合は、ファクタリングを第一選択肢にしてもいいかもしれません。

売掛債権の管理の手間を省き他の時間に使いたい必要性に応えられる

請求書や債権の回収方法が面倒なクライアントとの取引をしている場合、多少手数料を取られても、売掛債権をファクタリング会社に売ることで、早期に現金化してしまえます。

結果として、請求書管理の手間や時間的コストを省けます。

それほどの売掛債権の金額がない場合、むしろいち早く現金に替えられるファクタリングのほうが省力化という必要性に応えられます。

そういうクライアントとの取引を整理していくのも経営課題ですが、債権管理を省力化できる方法としてファクタリングのシステムを使うという手もあります。

貸借対照表のオフバランス化で自己資本を増やす必要性に応えられる

売掛債権はまだ回収していない「売上」です。しかし、貸借対照表上は「売掛金」であり、ファクタリングを行うことで、「売掛金」から「現金・預金」にコンバートできます。

貸借対照表上から「売掛金」勘定が消え、貸借対照表がスリム化します。

金融機関等から融資を受ける場合、流動資産(自己資本)項目が多く、キャッシュが潤沢な会社ほど査定が良くなります。巨額の融資を受ける必要性がある場合、貸借対照表のスリム化はプラスに作用します。

貸借対照表に余計な項目がなく、現金・預金勘定を増やす、これを「オフバランス化」といいます。オフバランス化=バランスシート(貸借対照表)から売掛金をオフ(消す)にするということです。

本格的な巨額融資を受けたい、受ける必要性がある事業者が、既存の売掛債権をファクタリングによって現金化し、売掛金勘定を消します。

多少手数料がかかってもオフバランス化して、融資に有利な状況に持っていく、そのための手段としてファクタリングが利用できるというわけです。

ファクタリングは、至急の資金調達について必要性に迫られた事業者の窮余の策だけではないことがここからわかります。

ファクタリングの必要性はあり!緊急時の資金調達として非常に重要! No.1のファクタリングで資金調達しよう

ファクタリングは比較的新しい資金調達として、審査が簡便で迅速な資金調達の必要性に応えます。また、担保や保証人を用意できない人、信用情報ブラックの人の資金調達の必要性にも応じられます。

売掛先が倒産しそうで不渡りのリスクがあるケースも、支払い不能の保険のように、売掛金を回収できないリスクをファクタリングに移譲し、同時に手数料を支払って80%~90%を現金化できます。リスクヘッジの必要性にも応えます。

さらに、貸借対照表のオフバランス化にもファクタリングは役立ちます。大型融資をしたい人は、ファクタリングによって売掛金勘定を貸借対照表から消してスリム化することで、金融機関から融資の審査を受ける際にプラス評価になります。

多額の融資の必要性がある場合、任意に売掛金勘定を消せ、オフバランス化できるファクタリングは有効な手段になります。

このように多種多様な必要性、ニーズに応えられるファクタリングは信用できる会社に依頼しましょう。

「株式会社No.1」は歴史と実績があるファクタリング会社です。低い手数料で業界の評判も良く、口コミでも高評価をいただいています。さまざまな目的、必要性に応じて多様なファクタリングメニューを提供します。

No.1の店舗にお越しいただかなくても、すべてオンラインで完結できます。まずみなさまが感じている必要性を当社にお知らせください。

ファクタリングによって経営課題や経営上の必要性を解決していきましょう。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top