DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

絶対に通るファクタリングはある?ない?ファクタリングの審査通過率と少しでも通る方法とは?

ファクタリングは融資とは異なる資金調達方法です。審査の方法も融資とは違いますが、絶対に通る方法はあるのでしょうか?もしそれがあるならどのようなケースでしょうか?

また、絶対に通るファクタリングがないなら、少しでも通るためにはどのようなことをすべきなのでしょうか?

今回は絶対に通るファクタリングについて考えていきます。

絶対に通るファクタリングは「ない」!

最初に結論を申し上げますと、絶対に通るファクタリングはないです。大変申し訳ないのですが、ファクタリングにも融資とは異なりますが審査があります。

審査を経てファクタリングの実行の可否が決まりますので、100%審査に通ることは確率的にありません。100%絶対に通るならばそもそも審査の意味がなくなってしまうからです。

しかし、ファクタリングの審査通過率は融資のそれと比べてとても高く、絶対に通るとは言えないまでもかなり高い確率で通ると断言できます。

資金調達が必要で、審査落ちは避けたい、可能な限り高い確率で資金調達を成功させたい、失敗できない、多少金利や手数料が高くても構わない、絶対に通るかわからないが少しでも確率の高い資金調達をしたい・・、そういう方はぜひ融資ではなくファクタリングにチャレンジしていただくことをおすすめします。

絶対に通るということはありませんが、融資と比べると格段に通ります。100%にできるだけ近い確率で資金調達できます。

逆に「絶対に通ります!100%確実に買い取りします!」と謳っているファクタリング会社があれば、その会社を信用してはいけません。悪質なブラック企業、ヤミ金融のフロント会社の可能性も否定できず、実際に「絶対に」通るということはありません。

ファクタリングの審査通過率は?誰でも通るのか?融資との通過率の違いは?

確実に通るということは言えませんが、融資と比べてファクタリングが通りやすいのは事実です。

・ファクタリング審査通過率の平均:70%~80%
・初回申し込みと複数回申し込みの「常連」は審査に通りやすい
・「即日買い取り」「即日現金化」が可能なファクタリング会社は審査緩い傾向にある
・買い取り手数料が高いと審査に通る可能性が高い

一方融資については、比較的通りやすい政府系金融機関の「日本政策金融公庫」で50%前後の通過率、さらに困ったときの最後の手段として考えられている消費者金融でも、審査通過率30%~40%です。

消費者金融は審査が緩く誰でも通るというのはイメージだけ、絶対に通るというレベルではまったくないことがわかります。

絶対に審査に落とせない、通さないと会社の事業が回らない場合、消費者金融ですらリスキーな選択になります。絶対に通る保証はないのに、信用情報に記載されてしまうのは最悪です。消費者金融すら落ちてしまうことが信用情報に記載されれば、以後の融資がほぼ不可能になってしまいます。

なお、ファクタリングの中でも審査に通る可能性が高いのは、3社間ファクタリングです。当事者間のみで契約する2社間ファクタリングの場合、売掛金入金後支払わない申込人もいますが、3社間ファクタリングの場合は売掛先の同意を得て、直接ファクタリング会社が売掛先から回収するので、回収漏れのリスクがとても低くなります。

その代わり、ファクタリングの事実を売掛先に知られてしまうため、そのデメリットも天秤にかけて行ってください。絶対に通るファクタリングに近いのは2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングになります。

絶対には難しいが少しでも審査通過率が高いファクタリングの選び方

絶対に通るファクタリングというものはありません。いくら売掛先にまったく問題ない場合でも突然の災害や天変地異、金融システムエラーなどのリスクをゼロにはできません。

しかし、少しでも「絶対に通る」ファクタリングに近づけるようなポイントを知っておけば、100%は無理ですが、90%以上の審査通過を可能にするようにできます。

ファクタリングのメニューが多い

ファクタリングのメニューが多いファクタリング会社は、審査通過率が高い傾向にあります。

「個人事業主専用」「建設業専用」「医療機関専用」などプランが細分化されている場合、その業界に詳しい担当者がいます。

業界に詳しければ、機械的な審査だけではなく、加点法によって審査し、より通過率が上がります。

全部の業種、業界別のメニューはありませんが、特定の業種、業界の方にとっては自分たちに特化したファクタリングメニューがあれば、より有利になります。通過率が上がるだけではなく、買い取り率アップや手数料が下がるなどの恩恵も受けられそうです。

ファクタリングの買い取り可能下限額が低い

ファクタリング会社ごとに買い取り可能額が設定されています。数億円の売掛債権買い取りができる会社もありますが、当然不渡りリスクもあるため審査が厳しくなります。

ポイントは買い取り可能額の下限です。もしこれが数万円、あるいは10万円程度ならファクタリング会社のリスクも低くなります。

下限が低いファクタリングを行っている会社は、審査が緩めの可能性があります。ある程度回収不能になるリスクも受け入れながら、広く薄くファクタリング希望者を募っているようなビジネスモデルになります。

こうしたメニューがあるファクタリング会社で、ファクタリング希望額が低ければ、確実にとは言えないまでも、ある程度通る確率を高められそうです。

個人事業主やフリーランスの売掛債権も可能

法人の売掛債権だけでなく、個人事業主、フリーランスが持っている売掛債権の買い取りをしているファクタリング会社ならば、審査通過率が高い傾向にあります。

法人の場合、法人登記をしているので会社の詳細は法人登記簿謄本でわかります。公的な書類でありウソはつけません。しかし、個人事業主やフリーランスは開業届を税務署に出すだけで終了です(開業届すら出さなくても営業できます)。

したがってどこの誰なのかわからない人の売掛債権を買い取るのは、ファクタリング会社にとってリスクになります。そうした中でも、リスクを取って個人事業主やフリーランスのファクタリングを行う会社は、ある程度最初からリスクを引き受けている可能性があります。

法人がそうした会社にファクタリングを申し込めば、より高い審査通過率になるはずです。

買い取り手数料が高い

これは比較的わかりやすいはずです。手数料と買い取りリスクは比例します。当然、買い取りリスク(未回収リスク)が高い売掛債権は手数料も高くなります。

手数料が高い場合、多少危なそうな債権でも買い取ってくれる可能性があり、その意味では手数料率と審査通過率は比例、相関関係があるかもしれません。とはいえ、まったく問題ない優良債権をわざわざ手数料が高い会社にファクタリングさせるのはばかばかしいです。

しかし、ほかのファクタリング会社に拒否されてしまった売掛債権の請求書を持っている場合は別です。

買取手数料が高いサービスにダメもとでお願いすると意外と審査に通る可能性があります。

ファクタリングは融資と異なり、別のファクタリング会社の審査に落ちても、信用情報に記載されることはなく、同じ売掛債権で別会社のファクタリングに再チャレンジ可能です。

手数料が高い会社なら、ある会社で買い取れなかった売掛債権の請求書も買い取ってくれるかもしれません。

絶対に通るファクタリングは難しいが可能性が高いのはNo.1ファクタリング!

ファクタリングは、従来の資金調達方法と比較して

・審査通過率が高いが100%ではない(約70%~80%)
・誰でも通るわけではない
・依頼主よりも売掛先の経営状態重視

という特徴があります。

審査通過率は100%、絶対に通る数字にはできませんが、通りやすいファクタリングを選ぶことで、可能な限りそれに近づけられます。

融資では高くて審査通過率が50%前後です。それを考えると、絶対に資金調達しなければならない場面では、ファクタリングがとても有利になります。

そこでおすすめしたいのが「株式会社No.1」というファクタリング会社です。

「株式会社No.1」によるファクタリングは、審査通過率90%以上を誇ります。絶対に、とまでは行きませんが、この90%以上というのは、ファクタリング業界において最上位の通過率です。他を探してもここまでの審査通過率の会社は見当たらず、絶対に資金調達が必要、通ることが必須条件という方はぜひNo.1ファクタリングをご利用ください。

No.1ファクタリングよりも審査通過率が高いのは、医療系のファクタリング(診療報酬ファクタリング)を専門としているなど、極めて狭い業界を対象にしたものに限られるでしょう。

No.1ファクタリングは、大企業から小規模事業者、個人事業主、フリーランスの方も含めてトータルの審査通過率が90%を超えます。

No1ファクタリングでは、オンライン契約可能で、最短30分という超スピード買い取りもできます。審査通過率も入金までの速さも他社には負けません。

絶対に通ると確約はできませんが他社と比べて圧倒的に通りやすいのがNo1ファクタリングです。ぜひご利用ください。

まずはお問い合わせをいただければ、買い取り金額や審査通過の可能性について丁寧に説明します。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top