DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

最初から最後まで完全オンラインで完結するファクタリングは迅速な資金調達におすすめ!

迅速な資金調達手法として注目されているファクタリングですが、融資のように厳格な審査がなく、赤字でも売掛金が確かに支払われるならば、簡便なステップで入金まで進みます。

とはいえ、書類を用意したり、ファクタリング会社のスタッフと面談したり、どうしても時間がかかってしまう部分があります。

「即日資金調達可能」と謳っているファクタリング会社の中でも、即日というのはレアケースということもあります。

本当に迅速な資金調達を叶えるならば、手続きの最初から最後まで完全にオンラインで完結するファクタリング会社がおすすめです。

完全にオンラインで行えるファクタリング会社というのはどのようなものなのでしょうか?今回はこのテーマについて解説していきます。

ファクタリングは銀行法や貸金業法の規制を受けない!したがって完全オンライン可能!

最初に「完全オンラインで完結するファクタリングはある!」と結論を申し上げます。そう、実際に店舗にも行かず、書類を郵送せず、対面で面接することもなく、最初から在宅しながらすべてオンラインで完結できます。

ファクタリングは「融資」ではありません。したがって、銀行や消費者金融とは別の枠組みの事業になっています。

融資の場合、銀行法や貸金業法などの適用を受けます。これらの法律は厳格な規定が多く、審査についても非常に多くのステップを踏むような規定があります。

しかし、ファクタリングは融資ではないため、銀行法や貸金業法の適用を受けません。それよりも、本やゲームソフトの買い取りに近い建て付けになります。

いらないゲームを売ったことがある人ならわかりますが、最近の中古買い取りは、身分証明書についても画像データなどをオンライン上にアップロードして完結します。

同意書を印刷して、手書きで署名捺印して、ゲームに同封するという手間が省けるようになっています。

ファクタリングも同様に、身分証明書などはアップロードして完結します。また、ゲームや本など現物を売らないので、請求書をアップロードすれば完了であり、完全オンラインで進みます。

実際のスタッフと面談する場合も、お店に行かず、ZOOMやSkypeなどのオンライン会議ツールを使って話します。電話やLINEを併用することもありますが、基本的にネット環境があれば問題ありません。

というわけで、書類についてもシステムからアップロード、あるいはメール添付やLINEのメッセージ添付で、完全にペーパーレス化してオンライン申請ができ、かつ法的にも問題がない状態になっています。

完全オンラインファクタリングができるのは原則「2社間ファクタリング」

完全にオンラインで完結するファクタリングは、申し込み人(債権者)とファクタリング会社で完結する「2社間ファクタリング」が原則になります。

3社間ファクタリングは売掛先(債務者)の同意を得なければなりません。同意について、メールやLINEで行うことは非常にまれです。礼を失していますし、ファクタリングの説明をしなければならず、それはある程度非オンラインで行わなければならないからです。

郵送で同意書を書いてもらう場合、完全オンラインではないですよね。

というわけで、2社間ファクタリングの中で一定の条件を満たした場合に、完全オンラインのファクタリングができる、ということになります。

完全オンラインのファクタリング契約の流れは?

完全オンラインファクタリングの契約についても、大まかな流れは通常のファクタリン解約の場合と同じです。

オンラインファクタリング契約に必要な書類

ファクタリング契約に必要な書類はファクタリング会社によって若干異なりますが、おおよそ以下になります。

  • 本人確認書類(身分証明書)
  • 売掛金の請求書
  • 銀行の通帳(売掛金の入金確認)
  • 確定申告書、決算書
  • 商業登記簿謄本(法人のみ)

これらを準備し、画像ファイルかPDFファイルにしておきます。スキャナがなくても、コンビニプリンタで画像ファイルやPDFファイルとして保存できますし、スマホやタブレットのカメラで撮影しても、しっかり写っていれば大丈夫です。

なお、商業登記簿謄本については、実際に法務局に行っていただくことになります。個人事業主の方はそれも不要です。開業届があれば、それをスマホの写メで撮影すればOKです。

完全オンライン契約をするための流れは?

完全オンラインでファクタリング契約するので、途中で紙に印刷したり、実店舗に行ったりすることはありません。

オンライン契約の流れは以下になります。

  1. ファクタリング会社にユーザー登録する
  2. 請求書(売掛金がわかる)のアップロード
  3. 請求書情報の入力
  4. 本人確認書類の提出(アップロード)
  5. 携帯電話のSMS認証
  6. 事業者登録(法人登記簿謄本、確定申告書、決算書などのアップロード)
  7. WEB面談(ある場合。ZOOMやSkypeを使う。場合によっては電話)
  8. オンライン契約への同意、電子署名など
  9. AIによる審査

オンライン契約書は

「紙に印刷、自筆で署名、捺印、画像かPDF保存、アップロード」

というアナログ的な手法ではなく、電子署名のシステムを導入しているファクタリング会社もあります。ノーサイン、ノー印鑑でも法的に効果がある契約ができます。

WEB面談はZOOMやSkype、チャットワークなどの開業ツールで行うことが多いです。アプリをインストールする手間がありますが、基本無料です。

ブラウザからできるものもあります。ちなみに、面談も法的に必須なものではありません。中古ソフトの販売時に面談はしませんよね。

ただ、その人の人となりを確認しないと、ファクタリング会社もリスクがあります。完全に声も顔も知らない人の売掛債権を買うのは、ファクタリング会社としてもリスクを感じます。

そこで最低限の確認をWEB面談で行います。面談がないファクタリングであれば、資金調達の時間はさらに短縮されます。

完全オンラインファクタリングのメリットとデメリット

すべての工程を完全オンラインで行い、ファクタリング契約することのメリットとデメリットをまとめました。

完全オンラインのメリット

まず、ファクタリングをオンライン契約するメリットについて解説します。

迅速な資金調達、現金化が可能

審査が簡便で、24時間365日オンライン上で受付していますので、迅速な資金調達、現金化が可能になります。

ファクタリング会社の営業時間という概念がないので、週末に書類を出して、週明けすぐに現金化ということも可能です。

とにかく資金調達を急ぎたい方は完全オンラインファクタリングのメリットを享受できるでしょう。

対面契約と比較すると完全オンラインは手数料が低くなりやすい

店舗を使わず、対面で時間も取らないので、ファクタリング会社の固定が抑えられます。そのため、維持費や人勧費が節約でき、ファクタリング手数料が安くなる傾向にあります。

ネット専業銀行の振り込み多数料が大手都銀よりも安いことや、利息が(わずかですが)高いのと同じ理由です。

ファクタリング会社のスタッフが懇切丁寧に相談に応じないので、自分である程度しっかり書類をそろえ、現実的なファクタリング金額などにすべきです。いくら審査が緩いとは言っても、書類に不備や瑕疵があれば落ちてしまいます。ここはご注意ください。

遠方の方も問題なく利用できる

実際に店舗に行く必要がないので、遠方の方も簡単に申し込めます。書類をPDFや画像ファイルに変換できれば、日本中どこからでも申し込みできます。

ファクタリングの利用が他人にバレない

ファクタリング会社に行かないので、他人にバレません。これは消費者金融の実店舗に行きたくないのと似ています。

「世間の目」「知り合いに見られたくない」、実際には店舗へ行くのを見られる可能性は低いはずですが、100%バレない完全オンラインはファクタリング利用の心理的ハードルを下げます。

完全オンラインのデメリット

一方で完全オンラインになるデメリットも知っておきましょう。

面談で熱意が伝わりにくい

完全オンライン最大のデメリットです。直接対面でやる気や熱意を伝えられません。審査に通過できるかのボーダーラインにいる場合、自分の声や身振り手振り、姿勢などを伝えられる機会があると逆転できます。

しかし、完全オンラインの場合機械的な判定で、「特段の事情」が考慮されません。「本当はダメだけどこの人なら・・」という配慮が受けられません。

オンライン契約できるファクタリング会社が少ない

完全オンラインで契約できるファクタリング会社の絶対数が少ないです。もちろん、オンラインなので場所は関係ないですが、あまり遠方の聞いたことがないファクタリング会社を利用するのは、憚られるかもしれません。

高額な売掛債権に対応できるファクタリング会社はさらに少ない

銀行のATMで取引できる金額に制限があるのと同様、完全オンラインの場合、あまりに高額な契約ができない可能性があります。

本当に高額になるファクタリングの場合、ファクタリング会社もある程度厳格な審査や、申し込みした人と実際に(対面で)面談して、信頼できるかどうか確認したいはずです。

AIによる機械的な審査では、高額のファクタリングにOKを出せません。

原則2社間ファクタリングで3社間ファクタリングは難しい

完全オンラインファクタリングの場合、売掛先の同意を得るのが難しいため、原則2社間ファクタリングになります。

2社間ファクタリングということは、3社間ファクタリングと比べて、手数料が高く資金調達が可能な金額が少なくなります。

完全オンラインではないファクタリングで3社間ファクタリングを契約した方が良いケースもあります。

完全オンラインでは不安・・・ならば迅速な資金調達が可能なNo.1ファクタリングにお任せ

完全オンラインは迅速なファクタリング実現への近道ですが、書類のスキャンやオンライン面談ツールの使い方などに不安がある方もいます。

要は、完全オンラインと同じくらい迅速な資金調達ができればよいわけで、そこで株式会社No.1をおすすめします。

「株式会社No.1」によるファクタリングは、迅速で丁寧な対応、業界最安値レベルの手数料な、完全オンラインファクタリングに負けないくらいコストパフォーマンスを示します。

完全オンラインでは不安。やはりスタッフと話して熱意を伝えたいなど、さまざまな方のニーズにNo.1ファクタリングは対応します。ぜひご利用ください。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top