DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

東北全域で融資環境は悪化傾向に…宮城・仙台の会社は今こそファクタリングを!

2020年、新型コロナウイルス感染症が世界的な経済悪化をもたらしました。
さらにアフターコロナのタイミングで、ウクライナ問題や円安など、中小企業の資金繰りを悩ませる問題が続出。
これにより、全国的に融資環境が悪化しています。
東北地方では宮城県を除く各県で貸出金のペースが鈍化しており、数年の内に宮城県でも融資環境の悪化が予測されます。
これに備えるためにも、宮城・仙台の会社は早急に資金調達方法を多様化すべきです。
そこでおすすめしたいのがファクタリング。
この記事では、宮城県仙台市の経済状況から、実際のファクタリング活用まで詳しく解説します。

宮城県仙台市の資金調達事情

まずは、宮城県の資金調達事情からみていきましょう。
仙台は宮城県の県庁所在地であり、東北随一の経済規模を誇る都市です。
したがって、東北地方における宮城県の資金調達事情が分かれば、仙台における資金調達事情もおのずと分かります。

宮城県の融資環境は?

宮城県仙台市の資金調達事情を知るにあたり、最も重要なのは宮城県の融資環境です。
民間の金融機関は金融庁の監督の下で営業しており、企業倫理はほぼ同じと考えてよいでしょう。
しかしながら、都道府県によって経済の規模・環境がことなるため、銀行と企業の付き合いも都道府県によって自ずと変わってきます。
宮城県に限らず、企業の資金調達は銀行融資が基本です。
したがって、宮城県の融資環境を知ることによって、宮城県の資金調達事情が見えてきます。

貸出金残高の推移

東北地方の各県の貸出金残高(各年度平均)は以下のように推移しています。

              (単位:億円)
  東北計 宮城県 青森県 岩手県 秋田県 山形県 福島県
2017 192,970 64,421 26,191 22,962 20,418 24,263 34,711
2018 198,412 67,531 26,556 23,767 20,490 24,392 35,674
2019 200,465 68,960 26,436 24,090 20,339 24,169 36,468
2020 206,960 70,820 27,059 25,377 20,908 24,780 38,014
2021 210,780 72,563 27,824 26,120 21,230 24,550 38,510
2022 214,357 74,520 27,870 26,533 21,414 24,916 39,101

この表から、東北全域の融資環境は割合に安定していることが分かるでしょう。
貸出金の急激な減少は金融の引き締め、逆の場合には金融の緩和を意味しますが、各県の貸出金残高には急激な増減がありません。

宮城県の融資シェア

また、東北地方全体での貸出金残高から、各県の融資シェアをまとめると以下のようになります。

  宮城県 青森県 岩手県 秋田県 山形県 福島県
2017 33.4% 13.6% 11.9% 10.6% 12.6% 18.0%
2018 34.0% 13.4% 12.0% 10.3% 12.3% 18.0%
2019 34.4% 13.2% 12.0% 10.1% 12.1% 18.2%
2020 34.2% 13.1% 12.3% 10.1% 12.0% 18.4%
2021 34.4% 13.2% 12.4% 10.1% 11.6% 18.3%
2022 34.8% 13.0% 12.4% 10.0% 11.6% 18.2%

宮城県への融資は、東北地方全体の約35%を占めており、他県に比べて圧倒的に高いことが分かります。
宮城県は東北随一の商業都市・仙台を擁し、また東日本大震災では宮城県が最も大きな影響を受けたことから、復興のための資金需要も活発です。
この2つの理由により、宮城県は東北の他県に比べて融資シェアが高く、銀行の姿勢も積極的といえます。

東北全域で悪化傾向

ただし、東北全域で融資環境は徐々に悪化傾向にあります。
上記のデータから、東北各県の貸金業残高の増減率をまとめてみました。

  宮城県 青森県 岩手県 秋田県 山形県 福島県
2018 4.8% 1.4% 3.5% 0.4% 0.5% 2.8%
2019 2.1% -0.5% 1.4% -0.7% -0.9% 2.2%
2020 2.7% 2.4% 5.3% 2.8% 2.5% 4.2%
2021 2.5% 2.8% 2.9% 1.5% -0.9% 1.3%
2022 2.7% 0.2% 1.6% 0.9% 1.5% 1.5%

この表から推測できるのは以下の3つ。

  • 宮城県の増減率は安定して増加しているのに対し、他県は増減にムラがあり、時折マイナスに陥っている
  • 各県ともに、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナ)の影響が最も大きかった2020年に大きな伸びを見せている
  • 2021年から2022年にかけて増加率が鈍化している

2020年、コロナの影響で経済が停滞し、東北全域においても、宮城県においても融資を求める企業が急増しました。
政府は特例措置によって金融機関に融資を促し、多くの企業がいわゆる「コロナ融資」で資金繰りをつないだことは記憶に新しいでしょう。
その後、2021年、2022年と徐々に経済が再生に向かうにつれて、アフターコロナに対応できる会社とそうでない会社とで明暗が分かれてきました。
コロナ融資を返済できず、倒産に至る会社も増えてきています。
さらには、ウクライナ問題や30年ぶりの大幅な円安など、追い打ちをかけるように問題が頻発し、企業経営は苦しくなる一方です。
銀行としては、貸し倒れリスクの高い会社に融資するわけにはいかないため、徐々に融資を引き締めるようになりつつあります。
この傾向は、貸出金残高の推移から明らかです。
現時点では、宮城県の融資環境が極端に悪化した印象はありません。
しかし、これは単に宮城県の金融機関の引き締めが、他県よりも遅れているだけかもしれず、今後は宮城県でも融資環境が悪化する可能性が考えられます。

宮城県仙台市でのベストな資金調達は?

会社の資金調達は銀行融資が軸となるため、融資環境が悪化すれば資金調達事情も苦しくなるのが道理です。
宮城県仙台市でベストな資金調達を考える上では、この事実はしっかりと認識しておく必要があります。

引き続き銀行融資の維持を

とはいえ、宮城県仙台市のほとんどの会社にとって、銀行融資が資金調達の中心であり続けることは変わりません。
色々な資金調達方法がある中で、銀行融資は多額の資金を低コストで調達できる唯一の方法なのです。
もちろん、銀行との関係が良好であることが前提となり、そのためには業績・財務の安定が欠かせません。
融資環境が悪化している中でも、資金繰りの安定や企業の成長を目指すために、銀行融資の維持を図るべきでしょう。

資金調達方法の多様化が必須

ただし、銀行融資に依存するのは危険です。
銀行融資への依存度が高い会社は、融資を断られると資金繰りがたちまち破綻します。
これは、会社の命運を銀行に握られているようなもので、非常に心細い状況といえます。
宮城県仙台市においても、今後どれだけ銀行融資を維持できるかわからない、あるいは既に銀行融資を受けられる状況にない、という会社が少なくありません。
そこで重要となるのが、資金調達方法の多様化です。
現在、銀行融資以外に資金調達ルートを持っていない会社は、新たな資金調達方法を確保することが急務といえます。

ファクタリングとは?

数年にわたって苦しい経済環境が続いています。
宮城県では震災の影響も尾を引いており、全国的にみても特に厳しいといえるでしょう。
コロナ禍において、政府は特例措置によって融資を促しました。
これは、企業の融資依存が相変わらず高かったこと、融資以外の方法では資金繰りを維持できなかったことを意味します。
以前から、日本の中小企業は銀行融資への依存度の高さを問題視されてきました。
この問題を解決すべく、政府は中小企業に資金調達の多様化を促しており、特に売掛債権の活用促進に力を入れています。
これは、各企業が所有している売掛債権(売掛金や受取手形)を活用し、従来の銀行融資とは異なる方法で資金を調達するものです。
売掛債権の活用促進の二本柱は、売掛債権担保融資とファクタリング。
売掛債権担保融資は、売掛債権を担保として銀行から融資を受ける融資制度です。
一方、ファクタリングは、売掛金をファクタリング会社に売却することで資金を調達します。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングで活用する売掛金は、信用取引によって発生するものです。
売り手企業が事前に商品やサービスを提供し、買い手企業に対して請求書を発行することで売掛金が発生します。
売掛金は売掛債権の一種であり、権利です。
例えば、
「1月15日に100万円分の商品を納品し、1月末に請求書を発行・送付し、2月末に代金100万円を回収する」
という流れであれば、請求した時点で
「1月15日に納品した商品について、2月末に代金を回収する」
という権利(売掛金)を得ます。
ファクタリングでは、売掛金をファクタリング会社に売却しますが、これは「後日代金を受け取る権利をファクタリング会社に売却する」ということです。
ファクタリングが法的に債権譲渡取引に分類されることからも、この仕組みがよく分かるでしょう。
ファクタリング会社は、売掛金の買い取りによって「代金を受け取る権利」を得るわけですが、同時に「代金を受け取れない(貸し倒れに陥る)リスク」も負うことになります。
このため、ファクタリングの際には審査を実施し、貸し倒れリスクに応じて手数料を設定し、売掛金の額面金額から差し引いて買い取ります。
したがって、ファクタリングによって調達できるのは「額面金額-手数料」であり、額面金額がやや目減りするのが特徴です。

資金調達の多様化に最適

売掛債権担保融資とファクタリングのうち、政府が特に推奨しているのはファクタリングです。
売掛債権担保融資の場合、融資を実行するのはあくまでも銀行ですから、「銀行融資依存の緩和」という意味ではあまり役立ちません。
実際、連続赤字や債務超過、リスケジュールなどによって銀行融資を受けられない会社は、売掛債権担保融資も利用できないのです。
同様に、外部資金調達(銀行融資のように外部から資金を調達するもの)は資金調達の多様化に不向きです。
銀行融資を断られる状況であれば、銀行以外の外部機関も資金の供給に消極的になります。
したがって、資金調達の多様化を図るには、外部資金調達ではなく内部資金調達(会社の内部留保から資金を調達すること)を考えるべきです。
その点において、ファクタリングは資金調達の多様化に最適といえます。
ファクタリングは、売掛金という内部資産(流動資産)の売却によって資金を調達します。
あくまでも「資産売却による資金調達」であって「借入による資金調達」ではなく、返済義務もありません。
返済義務がなければ経営状況(特に返済力)を考慮する必要はなく、売却する資産の価値に応じて資金を調達できます。
銀行融資を受けられない状況でも、ファクタリングならば容易に資金を調達でき、資金繰りの安定に非常に効果的です。
政府は、今後さらにファクタリングの普及に力を入れていくでしょう。
今後は宮城県でも融資環境が悪化していくことが考えられるため、ファクタリングによって資金調達の多様化を進めるのが賢明です。

ファクタリング方式は3つ

さて、ここまでファクタリングの仕組みを簡単に解説しましたが、一口に「売掛金を売却する」といっても、その方式は3つあります。
また、ファクタリング会社によって取り扱っている方式も様々です。
宮城県でファクタリングを利用する際にも、自社がどのような利用を希望するかによってファクタリング会社選びが変わってきます。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、ファクタリングの利用会社(以下、利用会社)とファクタリング会社の2社間で取引する方式であり、売掛金の支払人である売掛先は一切関与しません。
売掛先が関与しないため手続きが簡素であり、スピーディに資金調達できるのが特徴です。
また、売掛先に知られずファクタリングでき、資金繰り難を疑われることもありません。
ただし、悪質業者が紛れ込んでいる、手数料がやや高いといったデメリットがあります。
2社間ファクタリングは、ファクタリングの方式の中で最も一般的なものです。
仙台にも、2社間ファクタリングを提供しているファクタリング会社がいくつかあります。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、利用会社・ファクタリング会社・売掛先の3社間で取引します。
売掛先が関与することから、2社間ファクタリングよりも確実性の高い方式です。
このため、銀行系列・ノンバンク系列のファクタリング会社は3社間ファクタリングを好む傾向があります。
3社間ファクタリングの大きなメリットは、手数料が安いことです。
しかし、手続きが煩雑であるため資金調達に時間がかかり、また売掛先の協力を得られなければ利用できません。
実際に、ほとんどの会社は3社間ファクタリングではなく2社間ファクタリングを選びます。

オンラインファクタリング

オンラインファクタリングは、申し込みから契約まで全ての手続きをオンラインで完結できる方式です。
2社間取引をオンラインで完結するため、分類としては2社間ファクタリングに含まれます。
とはいえ、従来の2社間ファクタリングよりも利便性が圧倒的に高く、手数料や悪質業者の問題も解消できることから、全く別物と捉えてよいでしょう。
オンラインファクタリングは、最近になって徐々に普及してきた方式であり、大多数のファクタリング会社は取り扱っていません。
しかしオンラインですから、日本全国どこからでも手軽に利用できます。
仙台の会社でも、宮城県のどこからでも、エリアに捉われず好条件でファクタリングできるのが魅力です。

仙台でファクタリングを利用するメリット

仙台の会社がファクタリングを利用するメリットはたくさんあります。
主なメリットを7つ紹介します。

審査のハードルが低い

上記の通り、銀行融資が外部資金調達であるのに対し、ファクタリングは内部資金調達です。
ファクタリング審査では、利用会社ではなく売掛先の信用力を重視します。
売掛先の支払能力に問題がなければ、利用会社の経営状況に関係なく売掛金を回収でき、ファクタリング会社は利益を確保できるためです。
このように審査の基準が大きく異なるため、銀行融資に比べて審査難易度は確実に下がります。
東北全域の傾向から考えて、今後は宮城県でも融資環境が悪化する可能性が高いです。
仙台の会社も、銀行との融資交渉が難しくなる、あるいは融資を断られることがあるかもしれません。
そのときに備えてファクタリングを取り入れておくと良いでしょう。

スピーディに資金調達できる

仙台に限らず、資金調達にはそれなりに時間がかかります。
銀行融資ならば数週間~1ヶ月、ビジネスローンでも数日は見積もっておくべきです。
融資環境が悪化するということは、融資審査が厳しくなるということであり、融資実行までにかかる時間も長期化しやすいということです。
今後の融資環境悪化に備えて、仙台の会社は資金調達スピードに優れた資金調達方法を確保しておくのが望ましいでしょう。
ファクタリングは、資金調達方法の中で最もスピードに優れています。
方式別の資金調達スピードの目安は以下の通りです。

  • 2社間ファクタリング:最短即日
  • 3社間ファクタリング: 最短1週間以上
  • オンラインファクタリング:最短数時間

突発的な資金需要にも対応しやすく、資金ショートの回避に役立ちます。

回収不能リスクを回避できる

長引く不景気の中、コロナの影響に耐えきれずに倒産する会社が徐々に増えており、宮城県も例外ではありません。
令和3年、宮城県の倒産件数は減少傾向を示しましたが、令和4年に入ってから宮城県の倒産件数は急激な増加傾向を示しています。
宮城県の「みやぎ経済月報(令和4年第2四半期の宮城県の経済動向 令和4年9月30日公表)」によると、令和4年1~3月は前年同月比で73.7%の増加、4~6月は前年同月比で21.4%の増加となっており、倒産件数は2期連続で増加。
仙台の会社としては、この事実を重く受け止めざるを得ないでしょう。
何しろ、売掛先が倒産した場合には売掛金が回収不能に陥り、自社の資金繰りにも大きな打撃を受けるのです。
売掛先の倒産に備えるためにも、ファクタリングが役立ちます。
ファクタリング契約は原則的に「償還請求権なし(ノンリコース)」であり、売却した売掛金が回収不能になった場合にも利用会社は何ら責任を負いません。
貸倒損失は全てファクタリング会社が負担します。
宮城県でも倒産件数が増えている今だからこそ、仙台の会社はファクタリングを積極的に活用し、リスクヘッジを図るべきです。

無担保・無保証で利用できる

無担保・無保証で利用できることも、ファクタリングの大きなメリットです。
今後、宮城県で融資環境が悪化した際には、融資を通すために担保・保証の重要性が高まるでしょう。
しかしながら、十分な担保を持っていない会社や、信用保証協会の保証枠を使い切っている会社も多いはずです。
特に、コロナ融資を利用した会社は注意が必要です。
コロナ融資は「セーフティネット保証」と呼ばれる保証制度で、一般とは別枠で2億8000万円の保証を受けることができます。
つまりコロナ融資を受けた会社は、通常の保証枠から超過して保証を受けているわけですから、ある程度返済が進まなければ保証枠に余裕が生まれず、保証付融資の利用も難しいと考えるべきです。
担保・保証の不足によって融資を受けられない場合には、無担保・無保証で利用できるファクタリングが役立ちます。

売掛先に知られず利用できる

ファクタリング方式にもよりますが、売掛先に知られず利用できることもファクタリングのメリットです。
ファクタリングはまだまだ認知度が低く、仙台で営業しているファクタリング会社もさほど多くはありません。
また、法整備が不十分であることから、悪質業者が紛れ込んでいるのも事実。
このため、ファクタリングに対して「よく分からないもの」「違法性があるもの」というイメージを抱く経営者も多いのです。
売掛先の経営者がこのようなイメージを抱いている場合、ファクタリングの利用を知られると信用が悪化する恐れがあります。
3社間ファクタリングは売掛先が関与しますが、2社間ファクタリング・オンラインファクタリングならば売掛先が一切関与しないため、信用悪化のリスクも回避できます。

資金繰り改善に役立つ

コロナや物価高、円安など、資金繰りの負担になる要因が非常に多い現在。
仙台でも、多くの会社が資金繰り難に陥っていることと思います。
ファクタリングは資金繰り改善にも役立つ方法です。
資金繰りが悪化する理由は様々ですが、大なり小なり売掛金が関係しています。
手元の売掛金が増えるほど資金繰りは苦しくなるのです。
仙台においては、今後融資環境が悪化していくと予想されます。
売掛先が資金調達に苦労するようになれば、支払い条件の緩和を求める会社も出てくるでしょう。
これによって回収サイトが長期化すると、自社の手元では未回収の売掛金が増え、売上はあってもお金がなかなか入ってこない状況が続き、資金繰りが悪化します。
最悪の場合、手元資金が枯渇して黒字倒産に至ります。
これを防ぐためにも、ファクタリングで資金繰り改善を図りましょう。
ファクタリングすることで、支払期日に関係なく売掛金を現金化できます。
これは、売掛金を早期回収していること、ファクタリングした分だけ手元の売掛金が減少することを意味します。
これにより、短期間で資金繰りを改善できるというわけです。

融資環境の維持・改善に役立つ

いくら融資環境が悪化しても、銀行の基幹業務が融資であることには変わりありません。
利息収入が収益の柱なのですから、貸し倒れリスクの低い会社には融資を続けます。
宮城・仙台の会社は、今後の融資環境悪化に備えて融資環境の維持・改善を心掛ける必要があるでしょう。
ファクタリングは、融資環境の維持・改善にも役立ちます。
ファクタリングは資産の売却であり、借入ではありません。
もちろん、他人資本である借入金が増加することもなく、自己資本比率を悪化させずに資金を調達できます。
自己資本比率は融資審査の重要な材料ですから、悪化を防ぐことで融資環境を維持できるのです。
また、資金繰り改善のために多すぎる売掛金を売却した場合、手元には余剰資金が生まれます。
これを借入金の返済に充てることで、他人資本の減少(自己資本比率の向上)、担保余力の回復、保証枠の回復などにつながり、融資環境の改善が期待できます。
宮城・仙台の資金調達事情を踏まえて、融資環境の維持・改善にファクタリングを役立ててください。

宮城・仙台でファクタリング会社を選ぶ方法

政府が普及を後押しているとはいえ、まだまだメジャーではないファクタリング。
しかし、ファクタリングには多くのメリットがあるため、宮城・仙台の会社も活用すべきです。
実際にファクタリングを利用するにあたり、最初のハードルとなるのがファクタリング会社選びです。
第一に悪質業者を避けること、その上で仙台の会社でも好条件で利用できるファクタリング会社を選ぶ必要があります。
悪質業者の見分け方から仙台で優良ファクタリング会社を選ぶ方法まで、広くみていきましょう。

悪質業者を回避する方法

政府はファクタリング環境の整備のため、法改正などにも積極的に取り組んでいますが、まだまだ規制は不十分な状況が続いています。
例えば、ファクタリング業を開業するにあたって、免許や登録は一切不要なのです。
このため、違法な貸付けを行う業者(=ヤミ金業者)が、ファクタリング業界に紛れ込んでいることが問題となっています。
宮城県の中小企業にも、ファクタリングを装う違法業者の被害に遭ったケースがあります。
2021年2月に、一般社団法人ハートフルライフ協会が摘発されました。
容疑は貸金業法違反、出資法違反。
ハートフルライフ協会はファクタリングを装っていましたが、営業実態はヤミ金であり、無登録営業・超高金利(法定金利の8~34倍)の疑いで摘発されたのです。
このように、宮城・仙台の中小企業も悪質業者の被害に遭っています。
宮城・仙台の会社がファクタリングを活用するためには、悪質業者の利用を避けることが大前提です。
まずは悪質業者を回避するためのチェックポイントを紹介します。

「償還請求権あり」は違法

ファクタリングを謳いながら、契約では「償還請求権あり」となっているのが、悪質業者の典型的なケースです。
ファクタリングのメリットでも解説した通り、ファクタリング契約は「償還請求権なし」が原則とされています。
もし「償還請求権あり」の場合、それは業者側がほとんどリスクを負わない契約であり、ファクタリング業ではなく実質的には貸金業とみなされます。
ファクタリング契約を結ぶ際には、契約内容を必ずチェックしてください。
契約には、償還請求権について何らかの記載があるはずです。
もし「償還請求権あり」となっている場合、ファクタリングを装うヤミ金業者の可能性が高いです。
実際、悪質業者の裁判記録を見ると、「償還請求権あり」の条件でファクタリング契約を結んでいるケースが目立ちます
「償還請求権あり」の業者を避けるだけでも、悪質業者の回避に役立つでしょう。

手数料が高すぎる

ファクタリングにおける悪質業者は、ヤミ金業者とイコールです。
ヤミ金業者の一般的なイメージといえば、超高金利での貸付けと違法な取り立て。
ファクタリングの悪質業者もほぼ同様と考えて間違いありません。
宮城県の中小企業が被害に遭った事例を見ても、法定金利の8~34倍というレベルです。
法定金利は、100万円以上の融資であれば年利15%が上限となります。
つまり、この違法業者は年利120~510%で貸し付けていたわけです。
銀行融資ならば年利1~3%、ノンバンクのビジネスローンでも必ず法定金利を守るのですから、悪質業者の設定がいかに高いかがよく分かります。
もっとも、悪質業者は貸金ではなくファクタリングを装うため、「年利〇%」ではなく「手数料率〇%」という名目で請求します。
例えば、1ヶ月後に回収予定の売掛金を手数料率42%で買い取るならば、年利換算で約500%です。
ファクタリング手数料の相場は方式によって異なりますが、かなり条件が悪い場合でも手数料率はせいぜい30%程度。
No.1のファクタリングであれば、手数料率の上限は15%が目安となります。
このように比較すると、悪質業者の手数料の高さがよく分かるでしょう。

諸費用が高すぎる

手数料率が適正水準でも、諸経費として法外な費用を請求するのが悪質業者の常套手段です。
諸経費の名目は色々ですが、事務手数料、審査手数料、出張費、消費税のほか、得体の知れない名目で請求されることも珍しくありません。
諸経費が高すぎる場合には契約を見送り、改めて別のファクタリング会社を探すべきです。
まともなファクタリング会社ならば明朗会計が基本ですから、諸経費が高くなることはありません。

担保・保証付きは違法

悪質業者は、売掛金の回収不能に備えて担保・保証を要求することがあります。
もちろんこれは、銀行融資の担保・保証とは異なるものです。
悪質業者は不動産のような大きな担保を好まず、信用保証協会とも無縁です。
そこで、売掛金や受取手形、預金通帳などを担保として取るほか、代表者個人やその家族に連帯保証を求めます。
担保・保証を要求する場合、悪質業者と断定して構いません。
担保・保証付きのファクタリングは、実質的に貸金業とみなされるため、この時点で貸金業法違反(無登録営業)のヤミ金業者と断定できます。

仙台で優良ファクタリング会社を選ぶ基準

悪質業者を見分けることはさほど難しくありません。
しかしファクタリングを活用するためには、悪質業者を避けるだけでは不十分です。
悪質業者以外で、できるだけ優秀なファクタリング会社を選ぶ必要があります。
宮城・仙台で優良ファクタリング会社を選ぶには、以下の3つを基準にするのが良いでしょう。

業歴5年以上

最初にチェックしたいのが業歴です。
業歴が短いファクタリング会社を選択肢から外していくことで、悪質業者を回避できるだけではなく、優秀なファクタリング会社を選ぶことにつながります。
ファクタリング市場が急拡大している今、ファクタリング会社の数も増加の一途をたどっています。
宮城・仙台でも多くのファクタリング会社を選ぶことが出来、業者によって能力も様々です。
ただし、全体でみれば優秀とは言えないファクタリング会社の方が多いでしょう。
業歴が短いファクタリング会社は、どうしても実績・ノウハウが少ない傾向があります。
もちろん審査能力も低く、柔軟に審査してもらえない、リスク測定が甘く手数料が割高になる、審査に時間がかかるなど色々な問題を抱えていることが多いです。
逆に、業歴が長いファクタリング会社は実績が多くノウハウも豊富ですから、満足のいく結果が得られるでしょう。
目安は「業歴5年以上」です。

資金調達スピードを確認

資金調達スピードにも注目してください。
対応がスピーディなファクタリング会社ほど、審査のノウハウやスタッフの実務能力が高いため、優良ファクタリング会社を選ぶ基準となります。
特に、資金調達を急いでいる場合には資金調達スピードにこだわるべきです。
ファクタリング会社によっては、たとえ2社間ファクタリングでも「最短翌営業日」「最短2~5営業日」などを基本とする場合があります。
このようなファクタリング会社を利用すれば、即日での資金調達は不可能です。
また、ファクタリング会社の多くは対面で契約を結ぶため、宮城県以外のファクタリング会社を利用すると当日中の契約が困難となり、即日ファクタリングもできなくなります。
資金調達スピードを重視するならば、仙台に営業所を構えるファクタリング会社を利用するか、もしくは対面不要のオンラインファクタリングを利用しましょう。

手数料が分かりやすい

ファクタリングでは、手数料が調達コストとなります。
資金繰りへの負担をできるだけ軽減するためにも、ファクタリング会社を選ぶ際には手数料にこだわるべきです。
手数料の安さはもちろんのこと、ぜひ分かりやすさに注目してください。
例えば、仙台のファクタリング会社には「業界最安水準 2%~」などと表記しているケースが見られます。
しかし、手数料の下限水準(この場合2%程度の手数料)でファクタリングできる可能性は低いです。
手数料の上限が明記されていないだけに、20%、30%といった高額の手数料を請求される恐れがあります。
したがって、手数料をチェックする際には「下限~上限」というように、上限まで明記されているファクタリング会社を選びましょう。
また、ファクタリングする金額によって手数料率が変動したり、諸経費を請求されたりするケースに要注意です。
当社の調査でも、仙台のファクタリング会社には手数料が分かりにくいケースが少なからずあります。

仙台に営業所があるファクタリング会社は?

宮城県あるいは仙台市の会社がファクタリングする場合、まず考えられるのは仙台に営業所を構えるファクタリング会社に申し込むことです。
宮城県仙台市に営業所を構えるファクタリング会社は3社です。
この3社のほかにも、介護報酬ファクタリングのみの取り扱いで1社あり、となっています。
通常の(オンラインではない)2社間ファクタリングの場合、対面で契約する必要があります。
仙台の会社はもちろんのこと、宮城県の会社であれば、この前述の3社が有力候補になるでしょう。

オンラインファクタリングでより便利に

もっとも、仙台に営業所を構えているかどうかは、あまり重要ではありません。
オンラインファクタリングを利用すれば、日本全国どこからでもファクタリングできるからです。
全ての手続きをオンラインで行うため、宮城県のどこからでも、もちろん仙台の会社でも、自社のオフィスにいながら資金を調達できます。
利用しやすいだけではなく、よりスピーディに、より安くファクタリングできるのも魅力です。
仙台に営業所を構えるファクタリング会社の手数料設定は以下の通り。

  • A社:2社間ファクタリング…4~12%、3社間ファクタリング…2~9%
  • B社:表記無し
  • C社:100万円以下…10%~、101~500万円…5%~、501~1000万円…2%~

オンラインファクタリングは、これより安く利用できる可能性が高いです。
例えばNo.1のオンラインファクタリングは、2~8%の手数料にてご利用いただけます。
対面にこだわらない方には、オンラインファクタリングがおすすめです。

まとめ:No.1は仙台を含む宮城県全域に対応

宮城県の資金調達事情や融資の動向、これからの資金繰りで留意すべき点、ファクタリングを活用すべき理由などを詳しく解説しました。
今後、宮城・仙台の会社は融資環境の悪化に備える必要があり、そのためにもファクタリングが役立ちます。
ぜひとも、それぞれの会社に適した方法でファクタリングを活用しましょう。
No.1のオンラインファクタリングは、仙台を含む宮城県全域に対応しています。
資金繰り・資金調達専門のコンサルタントも在籍しており、お客様ごとに最適なファクタリングプランのご提案も可能です。
初回利用のお客様にはキャンペーンも実施中。
宮城・仙台でファクタリングをご利用の際には、ぜひNo.1へご相談ください。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top