DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

最速でファクタリングするために必要なこと!受け入れるべきリスクとファクタリング会社の選び方

「明日までにどうしても500万円の事業資金が必要だ」

「明後日、買掛金の支払日だが手元にお金がない」

「引き落とし口座に現金がなく、このままだと事故になってしまう:」

「事業をしているがこのままだと不渡りを起こしてしまう」

こうした事態に不幸にして直面してしまうことがあるかもしれません。共通するのは「今すぐ現金が必要」ということです。キャッシュフローの改善がどうしても必要な状態です。

通常考える金融機関からの借入は審査に時間がかかります。事業用カードローンのカードを持っていない人は現金を引き出すことができません。では、消費者金融に頼りますか?借入履歴が残れば、以後の経営に大きな影響が出ます。もう融資も受けられないかもしれません。

もっと焦って、ヤミ金融などに手を出してしまった日には・・・、考えるだけで恐ろしいです。そうした窮状を救う救世主になるかもしれないのがファクタリングです。

ファクタリングは一定の手数料はかかるものの、こうした事態を解決する最速現金化、即日入金ができる、最後の方法になります。今回はファクタリングで最速入金、即日現金化が可能な方法について解説します。

ファクタリングがなぜ最速入金可能なのか?その仕組みを解説

最速入金、即日現金化の裏技であるファクタリングは違法なものではありません。合法的に売掛債権をファクタリング業者に買い取ってもらうことで、最速現金化を目指します。

中古ソフトや古本は買い取ってすぐに現金になりますよね。それと同じ仕組みを利用して、融資よりも早く資金調達できます。

最速入金を可能にするファクタリングの仕組み

・B社と継続して取引しているA社がある
・仕事の売掛金が末日締め翌々月末日払い(支払いサイト60日)

など、お金が入金される日がわかっているケースがあります。

5月31日に売掛金500万円の請求書をB社に出しました。しかし、6月10日に事業資金350万円が必要になり、借入等ができない場合、この「7月31日(翌々末日)」に売掛金を受け取る権利」を6月10日に買い取ってもらうのがファクタリングです。

最速の場合、資金調達の必要性を知った6月10日即日に、300万円をファクタリングによって調達できます。

売掛金が500万円だったとすると、

【売掛金500万円】-【手数料】>300万円

を6月10日にファクタリング会社が買い取ってくれます。買い取り金額が300万円を下回ることはまずありません。余剰資金(買い取り金額-300万円)はキャッシュフローとしてしっかり貯めておいてください。

本やゲームなどの買い取りに似ている仕組みで、定価での買い取りは難しく、(手数料で)減額されてしまいますが、最速で即日現金を田にできます。請求書をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、売掛金そのものを第3者に売って資金調達できます。

即日、最速ですぐに資金調達したい人にはおすすめのシステムです。

ファクタリング手数料はやや高いが最速で資金調達が可能

ファクタリング手数料はやや高く、買い取り額と同じ額を借入した場合と比べると割高になります。

300万円を借入した場合と、ファクタリングで300万円を調達した場合では、後者の手数料>前者の利息になります。

しかし、緊急時の最速現金化手法としてファクタリングは有効です。

ファクタリングは融資のように審査について法律で厳格な規定がなく、ファクタリング会社と民法上の契約を交わすことで、最速即日の現金化ができます。融資の場合は自社の確定申告書、決算書などの内容、赤字経営をしていないか、過去に返済事故などを起こしていないか(金融ブラックではないか)など、多数の項目を厳格にチェックされ、その確認のため時間がかかります。

しかし、ファクタリングは、売掛先に出している請求書の中身や、売掛先が確実に支払ってくれるか、など少数のポイントしかチェックしません。過去に返済事故があったかなど、金融ブラックかどうかの信用情報照会もないため、スムーズに進みます。

売掛先が請求書の内容通りに売掛金を払ってくれさえすれば、依頼人(債権者)の過去や現在はあまり問われません。審査も迅速で基準も緩く、最速即日の資金調達が可能です。

借入の場合は返済が必要ですが、ファクタリングは融資と異なり、売掛債権について手数料分を引いて買い取ってもらっているので、その時点ですべて完結します。1回だけの、その日、その場だけの取引でサクッと最速即日の資金調達ができます。

信用情報照会もないので、信用ブラックの人も問題なく利用できます。

最速入金を可能にする準備をしておこう

ファクタリングは比較的新しい制度で、融資と異なり審査が緩い部分があり、そこが最速資金調達のポイントになります。しかし、漫然とファクタリングのお願いをしても最速即日の資金調達はできません。

以下の書類について、事前に準備をしておいてください。ファクタリングする必要性に迫られた時すぐに依頼、申請できるようにしておくのが重要です。用意しておきたい書類は以下になります。

  • 身分証明書:申込人本人であることを確認します。
  • 法人登記簿謄本:審査の際に会社があることを証明します。法人のみ。
  • 印鑑証明書:契約書に押印する印鑑が正しいか証明します。
  • 決算内容確認書類:経営内容を把握もの。確定申告書2期~3期分。開業間もないところは試算表などで代用
  • 売掛金証明書類:売掛金の証明。契約書や請求書
  • 通帳などの入金確認書類:売掛先との取引関係を確認するため、銀行の通帳などで支払いを確認します
  • 納税証明書:法人税などの納税証明書。会社によっては必要
  • ファクタリング同意書:3社間ファクタリングの場合に必要。売掛先からファクタリング会社が直接回収するために必要。あらかじめダウンロードし記入しておくと早い
  • 債権譲渡通知:3社間ファクタリングの場合に必要になります。これはファクタリング会社ではなく自分で作成します

これらをすぐに提出できるよう、紙とデータ(PDF)で用意しておきましょう。登記簿謄本や印鑑証明書は3か月以内ということが多いので、定期的に取得しておきます。公的書類は取得時に時間がかかるため、最速即日の資金調達をしたい場合は、事前に準備しておかないと間に合いません。

最速即日入金を謳っているファクタリング会社を選ぼう

最速即日のファクタリングを希望してもそれができない会社に依頼しては不可能です。HPや電話などで、最速即日の資金調達が可能か事前に必ず確認してください。それをクリアしたファクタリング会社を見つけたら、以下のことを頭に入れておいてください。

手数料率をチェック、以下のケースは避けよう

最速即日の資金調達を考えるあまり多少手数料が高くても・・と思われるかもしれません。ファクタリング会社がある程度足元を見るかもしれませんが、ファクタリングの手数料率は以下が基準です。

・2社間ファクタリング:10%~30%
・3社間ファクタリング:1桁%(1%~9.〇%)

最速即日の場合、売掛先の同意も必要な3社間ファクタリングは難しく、おそらく2社間ファクタリングになるはずです。

しかし、その場合であっても、手数料率30%を超えるところは避けてください。もう「今日資金調達しないと倒産する」という場合は、仕方ないかもしれませんが、そうでない場合、30%を超える手数料率はいくら最速でファクタリングできるとはいっても「ぼったくり」すぎます。

少なくとも事前に複数のファクタリング会社をピックアップしておくことが大切です。間違ってもヤミ金融や彼らが偽装している「偽ファクタリング会社」に引っかからないようにしてください。

最速即日という迅速性と手数料率はある程度「トレードオフ」になる

とはいえ、最速即日の2社間ファクタリングで手数料率10%というのは考えづらく、ファクタリング会社が足元を見るというよりも、審査を非常に簡略化するリスクヘッジとして、通常のファクタリングよりも高い手数料率を設定することはあり得ます。

最速即日という迅速性と手数料率はある程度「トレードオフ」の関係にあります。最速でファクタリングしてもらうためには、ある程度高い(しかし30%未満)手数料は受け入れてください。手数料率だけでなく掛け目(買取率)も最速即日の場合、低めに設定される可能性があります。

他に代替する手段はないですので、限られた条件の中で最もバランスが取れたファクタリング会社を選びましょう。

・最速即日のファクタリング
・ある程度高い、しかし許容できる手数料率と掛け目(買取率)

これを満たすファクタリング会社を選んでください。3社間ファクタリングで即日融資できるところがあれば、お願いしてみるといいです。当然3社間ファクタリングの方が手数料は圧倒的に安いです。

最速即日のファクタリングならば実績あるNo.1ファクタリングへ!

ファクタリング会社「No.1」は上記2つの条件を満たします。

ファクタリング業界の一流コンサルタントが最短即日で事業資金を調達できるスピード対応を強みとしています。適切にかつ利用者有利な条件を提示します。

当社「株式会社No.1」は通過率と審査、手数料率などファクタリング条件のバランスが良く、口コミでも評価されています。

最速で資金調達を希望している方は、ぜひ当社No.1までお問い合わせください。みなさまの資金調達のニーズに応えられるよう、全力でサポートいたします。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top