カテゴリー: ファクタリング

ファクタリングは自営業でも利用可能!自営業向けファクタリング会社5選

ファクタリングといえば、「中小企業向けの資金調達」というイメージがあるかもしれません。
しかし最近では、個人事業主向けのファクタリングも充実してきました。
自営業者でも、安心して利用できるファクタリングサービスはたくさんあります。
とはいえ、これまで法人向けを軸に発展してきたのです。
その背景には、個人事業主とファクタリングの相性の悪さがあります。
自営業者がファクタリングする際には、この点をよく理解しておくことが大切です。
この記事では、自営業がファクタリングを利用する際の問題点、問題点を踏まえたファクタリング会社選びの手順、自営業者におすすめのファクタリング会社などを解説します。

自営業でもファクタリングはできる?

まずは、ファクタリングの基礎知識について簡単に確認しておきましょう。
ファクタリングとは、自社が所有している売掛金をファクタリング会社に売却する資金調達方法です。
ポイントは、流動資産である売掛金を売却すること、つまり自社の内部から資金を調達する「内部資金調達」であることです。
融資や出資などによって資金調達する場合、金融機関や投資家などの外部から資金を調達する「外部資金調達」のため、外部の判断で資金調達の成否が左右されます。
ファクタリングならば、売掛金の買い取りをビジネスとするファクタリング会社と、売掛金の売却によって資金繰りを回したい自社の間で利害が一致するため、容易に資金を調達できます。

ファクタリングの条件

利便性が高く、容易に資金調達できるファクタリングですが、どのような場合でも必ず利用できるとは限りません。
ファクタリングに必要な条件は、以下の3つです。

1.確定債権を所有していること

法人でも自営業でも、多くの業種では信用取引が基本となります。
信用取引とは、取引先の信用力を担保として、代金の後払いを認める取引手法です。
商品を取引先に提供した後、自社から売掛先に対して請求書の発行・送付が必要です。
この請求書を売掛先が受理すれば、その時点で自社には確定債権(請求内容が確定している売掛債権)が発生します。
一般に「売掛金」と呼ばれるのは、この確定債権のことです。
ファクタリングで利用できるのも、基本的には確定債権に限られます。
したがって、「確定債権を所有していること」がファクタリングの第一条件です。

2.売掛金に価値があること

確定債権は、請求内容が確定しています。
つまり、この売掛金には「支払期日に請求金額の支払いを受けられる」という価値があります。
売掛先に支払い能力があれば、額面金額相当の価値が認められるのです。
逆に、売掛先に支払い能力がない場合、請求内容が確定していても意味はなく、額面金額相当の価値もありません。
このように、回収できる確率に応じて、売掛金の実質的な価値は変動します。
もし、売掛先の支払い能力がゼロであれば(もしくは支払い能力に明らかな問題があれば)、その売掛金の価値もゼロ(もしくは限りなくゼロに近い)です。
実際に、ファクタリング会社が買い取る売掛金は、「支払期日前の確定債権」に限られます。
支払期日に遅れている売掛金は、不良債権であるため極めて価値が低く、そのような売掛金はファクタリング対象外となります。
したがって、ファクタリングの第二の条件は、「売掛金に価値があること(売掛先に支払い能力があること)」です。

3.条件1と条件2の裏付けがとれること

ファクタリングを利用する際には、条件1および条件2の裏付けを求められます。
ファクタリングを申し込む売掛金の請求内容が確定していること、売掛金に価値があることを証明する必要があるのです。
ファクタリング会社によって多少異なるものの、証明に用いる資料は以下の通りです。

  • 自社と売掛先が交わした売買基本契約書
  • 売掛先に送付した請求書
  • 売掛先からの入金が確認できる入金明細

売買契約書から取引の内容を確認し、さらに請求書によって請求内容を確認すれば、実際に取引が行われたこと、請求が確定していることが分かります。
もちろん、売掛先の情報も把握できるため、必要に応じて信用調査の実施も可能です。
売掛金の価値(=売掛先の支払い能力)は入金明細によって把握できます。
求められる入金明細の期間はファクタリング会社によって様々ですが、おおむね直近3~6ヶ月程度です。
入金明細を見ることで、対象となる売掛先が安定して支払っていることが分かれば、「売掛金の価値、売掛先の支払い能力に問題なし」と判断できます。
逆に、請求内容が確定していること、価値に問題ないことが事実であっても、その裏付けが取れなければファクタリングはできません。
この裏付けによって、ファクタリングの可否や条件が変わるため注意が必要です。
ファクタリング会社から求められた資料だけではなく、補足資料も積極的に提出しましょう。

自営業でもファクタリングはできる

上記1~3の条件を満たすことができれば、事業者区分を問わずファクタリングを利用できます。
中小企業はもちろんのこと、自営業者でも利用可能です。
自営業者は、独立して事業を行う人のことであり、基本的には個人事業主と同じくくりで考えます。
歴史的には、ファクタリングは法人向けのサービスとして発展してきました。
日本におけるファクタリングも、基本的には法人向けサービスとして普及し、定着しつつあります。
しかし近年では、自営業者などの個人事業主によるファクタリング需要も高まってきました。
法人向け・自営業者向けの両方を取り扱うファクタリング会社が増えており、自営業者向けに特化したファクタリングサービスも増えつつあります。

自営業者がファクタリングする際の注意点

ファクタリングは自営業者でも利用できますが、法人向けと比較すると、やや使いづらいことは否めません。
これは、ファクタリングが本来法人向けのサービスであり、自営業向けのファクタリング環境が十分に整っていないためです。
自営業者がファクタリングする際には、以下の点に注意してください。

自営業に非対応のファクタリング会社が多い

法人向けファクタリングだけを取り扱っており、自営業に対応していないファクタリング会社もまだまだ多いです。
自営業は個人事業主の一種であり、法人とは異なる事業者区分に属します。
逆に言えば、自営業は中小企業に比べて事業規模が小さいため、法人成りの必要がないということでもあります。
事業規模が小さければ資金需要も小さく、ファクタリングの利用額も少額になることが多いです。
ファクタリング会社は、少額のファクタリングを嫌います。
これは、少額ファクタリングの採算性が低いためです。
採算性を重視するファクタリング会社では、採算性の高い法人向けファクタリングに集中し、採算性の低い自営業者向けファクタリングに対応しない傾向があります。

少額ファクタリングに非対応のファクタリング会社が多い

自営業に対応していても、採算性の問題から、利用額に高いハードルを設けるファクタリング会社も多いです。
ほとんどのファクタリング会社は、利用額の下限と上限を設けています。
ファクタリングに申し込む際には、必ず下限~上限の範囲内で申し込む必要があります。
下限の設定が数十万円程度であれば、自営業者でも申し込みやすいでしょう。
しかし、下限を100万円以上に設定するファクタリング会社も存在します。
事業規模が小さい自営業者は、手元に100万円以上の売掛金を所有していない可能性が高いです。
その場合、利用額の下限に届かず、ファクタリングそのものが利用できなくなります。

個人間取引に非対応のファクタリング会社が多い

業種にもよりますが、自営業では個人間取引を行う場合もあります。
他の自営業者から受注したり、場合によっては友人や知人などから依頼を受けたりできる、自由度の高さが自営業の強みです。
しかし、自営業者向けに特化している一部のファクタリング会社を除き、個人間取引の売掛金をファクタリング対象外としています。
これは、個人が売掛先となる場合、売掛金の存在や価値を把握しづらいためです。
特に、個人の支払い能力を正確に判断することは難しく、回収不能に陥るリスクも不明です。
また、同じ少額債権でも、「法人に対する少額債権」と「個人に対する少額債権」では、後者の方が大幅に少額になり、ファクタリング会社の採算性はさらに低下します。
リスクが不明であり、さらに採算性も低いとなれば、個人間取引の売掛金がファクタリング対象外となるのもうなずけます。
実際、自営業者には対応していても、個人間取引の売掛金には非対応とするファクタリング会社が非常に多いです。

審査が厳しくなりやすい

基本的に、自営業は法人に比べて審査が厳しい傾向があります。
上記の通り、自営業では少額取引が多く、採算性が低いことが問題です。
ならば、まとまった金額をファクタリングすればよいかといえば、そうとも言い切れません。
これは、自営業の事業者区分が個人事業主に属するためです。
法人としての人格を持つ中小企業に比べると、自営業をはじめとする個人事業主は個人としての性格が強くなります。
法人の場合、会社の資金繰りと経営者個人の家計は明確に区別されるべきであり、経営者による私的流用はNGです。
しかし、個人事業主の資金繰りは、事業者個人の家計と一体になっているのが普通です。
事業とは無関係な収支によって、事業の資金繰りが回らなくなることもあります。
これは、ファクタリング会社にとって大きなリスクです。
多くの場合、自営業は2社間ファクタリングを利用します。
2社間ファクタリングとは、自営業者とファクタリング会社の2社間で取引する方式です。
売掛先が関与しないため、売掛先はファクタリングについて何も知らず、支払期日には自営業者に振り込みます。
その後、自営業者からファクタリング会社に代金を振り込むことで、ファクタリングが完了します。
2社間ファクタリングの支払いの流れは「売掛先⇒自営業者⇒ファクタリング会社」であり、自営業者は売掛金の回収代行を務める形です。
ファクタリング会社は、この流れを危惧します。
資金繰りと家計が一体化しているだけに、自営業者が回収した売掛金を流用する危険性があるからです。
そうなった場合、ファクタリング会社は予定していたスケジュールで回収できなくなります。
このように、ファクタリング会社は「法人にはないリスク」も踏まえて審査しなければなりません。
これにより、審査に落ちやすくなる、手数料が高くなる、資金調達に時間がかかるといったデメリットが生じます。

自営業者がファクタリング会社を選ぶ手順

ここ数年で、ようやく個人事業主向けのファクタリングも普及段階に入り、自営業者が利用できるファクタリング会社が増えてきました。
この背景には、新型コロナの影響があります。
新型コロナの影響で減収や失業に見舞われ、本業や副業として自営業を始める人が増えました。
これにより、自営業者からのファクタリング需要が高まり、その需要を取り込もうとするファクタリング会社が増えたのです。

しかしながら、自営業向けファクタリングの歴史は浅く、ファクタリング会社ごとの対応もバラバラです。
このため、以下のように優劣がはっきりと分かれます。

  • 自営業向けのファクタリングに力を入れ、自営業者が充実したサービスを受けられるファクタリング会社
  • 自営業向けのファクタリングを提供しているものの、法人向けファクタリングを基本としており、自営業者へのサービスが不十分なファクタリング会社

したがって、自営業者のファクタリング会社選びは難しいといえます。
できるだけ良いサービスを受けるためにも、以下の手順を意識してください。

1.個人事業主向けのファクタリング会社を選ぶ

自営業に対応しているファクタリング会社が、「自営業向けファクタリング」と表現することはありません。
あくまでも、「(自営業を含む)個人事業主向けファクタリング」という表現です。
ファクタリング会社選びの大前提とも言えますが、まずは個人事業主向けのファクタリング会社を選びましょう。
個人事業主向けを謳っているファクタリング会社には、以下の2種類があります。

  • 法人向け、個人事業主向けの両方を提供しているファクタリング会社
  • 個人事業主向けに特化しているファクタリング会社

どちらが良いと一概には言えないのが難しいところです。
個人事業主向けに特化している場合、自営業者が利用しやすい仕組みが整っていることが多いのですが、業歴や信用、ノウハウなどに欠ける傾向があります。
法人向け・個人事業主向けの両方を提供している場合、法人向けファクタリングで培った信用やノウハウを個人事業主向けに活かしていることも多いです。
しかし、個人事業主向けが「法人向けのついで」という位置づけであれば、自営業者に向いているとは言えません。
ここでは、とりあえず自営業が利用できるファクタリング会社をピックアップすると考えましょう。

2.少額ファクタリングに強いファクタリング会社を選ぶ

1で選んだファクタリング会社の中から、自営業に不向きなファクタリング会社を除外するには、少額ファクタリングへの対応力を基準にするのが分かりやすいです。
中には、個人事業主向けファクタリングに強いと謳いながら、利用額の下限を高く設定しているファクタリング会社もあります。
個人事業主は、少額のファクタリングが基本です。
個人事業主が利用しにくい条件を設けているファクタリング会社は、自営業者からの申し込みも少ないはずです。
いくら個人事業主向けをアピールしていても、自営業者に十分なサービスを提供できるノウハウは不十分と考えるのが妥当でしょう。
個人事業主向けに特化したファクタリング会社ならば、最低1万円から利用できるファクタリング会社もあります。
個人事業主向けに特化していない場合、利用額の下限は数十万円単位に設定されるケースが多いです。
その場合、10万円程度を目安にするのが良いでしょう。

3.手数料が分かりやすいファクタリング会社を選ぶ

個人事業主に対応しており、少額ファクタリングにも強いファクタリング会社を選べば、大きく失敗する可能性は低いです。
最後に、ダメ押しで「手数料のわかりやすさ」を意識するのが良いでしょう。
手数料のわかりやすさは、法人向け・個人事業主向けを問わず重要な基準です。
予想以上に手数料が高かった…という失敗を防ぐためにも、手数料が分かりやすいファクタリング会社を選んでください。
個人事業主に強いファクタリング会社では、手数料を一律に設定するケースも多いです。
よくあるのが、「どんな場合でも一律10%」といった設定です。
このような設定であれば、安心して利用できます。
個人事業主に弱いファクタリング会社にありがちな、「自営業は厳しく審査し、手数料も高めに」といった心配がありません。
ただし一律設定では、手数料が10%より安くなることもありません。
他社ならばもっと好条件でファクタリングできる場合にも、必ず10%が適用されます。
そこで、手数料が一律設定のファクタリング会社以外も検討しましょう。
個人事業主向けに力を入れているファクタリング会社は、オンラインファクタリングの活用によって、手数料を低く設定していることも多いです。
特にオンラインファクタリングの場合、「手数料率2~8%」などで利用できるケースが珍しくありません。
この場合、一律10%の設定以上に安いのですから、ぜひ検討すべきです。

自営業におすすめのファクタリング会社5選

上記のポイントを意識することで、候補となるファクタリング会社を数社に絞ることができます。
しかし、ファクタリングの利用経験がなければ、そもそも候補を選ぶ時点で間違ってしまったり、候補の中から最適なファクタリング会社を選べなかったり、なにかと難しいものです。
せっかく利用するのですから、好条件でファクタリングしたいところ。
そこで、自営業に強いファクタリング会社を5社紹介します。

1.No.1

まず、No.1のご紹介です。
弊社は、中小企業の間でファクタリングが急速に普及してきた2016年から営業を続けており、実績、データ、ノウハウなどを積み重ねてきました。
法人向けファクタリングだけではなく、自営業者向けファクタリングにも強みがあり、業種や事業者区分を問わず、あらゆる売掛金のファクタリングに対応可能です。
新型コロナウイルス感染症の影響によって、最近徐々に普及しつつあるオンラインファクタリングも、いち早く導入しています。
No.1のオンラインファクタリングサービス「Easy factor」は、お申し込みからご契約まで、全ての手続きをオンラインで完結できる画期的なサービスです。
以下の通り、従来の(オフラインの)ファクタリングと比較して、条件面でも大幅な改善を実現しています。

  • ファクタリング手数料(2社間ファクタリング):2~8%
  • お見積り:最短10分
  • ご入金:最短60分
  • 利用額の下限:10万円

自営業者向けのファクタリングを選ぶ場合、手数料・利便性・入金スピードなどの条件面で問題を抱えるケースが少なくありません。
ファクタリング条件こだわりたい方は、ぜひNo.1をご利用ください。

2.ビートレーディング

一般的に、業歴と実績に優れているファクタリング会社ほど、自営業者向けにも強い傾向があります。
中小ファクタリング会社から選ぶ場合、業歴と実績に優れているビートレーディングもおすすめです。
ビートレーディングは2012年設立であり、ファクタリング業界でも老舗といってよい会社です。
業歴が長いだけに、以下の通り実績も豊富です。

  • 累計契約社数:26,000社以上
  • 累計買取額:約688億円

この実績には、中小企業だけではなく、自営業者も多数含まれていることでしょう。
多くの実績を積み重ねる中で、ノウハウやサポート力も磨いており、アフターフォローにも取り組んでいます。
ファクタリング後の資金繰りや、継続的な利用などを相談したい自営業者は、アフターフォローも込みでビートレーディングを検討してみてください。
ただし、資金繰り専門のコンサルタントによるコンサルティングを受けられるわけではなく、あくまでも営業担当者によるサポートであるため注意が必要です。
このほか、ビートレーディングでは利用額の下限を30万円に設定しています。
小規模な自営業者には利用しにくいため注意が必要です。

3.OLTA

自営業者向けのファクタリングは、中小企業向けのファクタリングに比べてまだまだ市場が小さいです。
中には、自営業者に強いと謳いながら、実際には取り扱いを始めたばかりでノウハウが乏しく、十分なサービスができない場合も少なくありません。
安心してファクタリングしたい自営業者には、OLTAをおすすめします。
OLTAは法人・個人事業主のどちらにも対応しており、自営業者からも高い人気を誇ります。
具体的な安心材料は、以下の通りです。

  • 累計事業者数:10,000
  • 累計申込金額:600億円
  • 銀行提携数No.1
  • 利用額の下限:なし

特に、三大メガバンクを始め、多くの金融機関と提携しているのが特徴です。
また、OLTAはオンラインファクタリングに特化している点でも、自営業者におすすめできます。
全ての手続きをオンラインで完結でき、買取額の下限もないため、数万円単位での資金調達も可能です。
ただし、OLTAは入金に時間がかかるため、時間に余裕がない自営業者に不向きです。

4.yup先払い

ここまで見てきた通り、自営業向けのファクタリングにも、申込金額の下限が大きいファクタリング会社があります。
例えば、ビートレーディングの設定(最低30万円のファクタリングが必要)は、自営業者にはややハードルが高いです。
少額のファクタリングを希望するならば、個人事業主向けファクタリングに特化したyup先払いをおすすめします。
yup先払いは、プラットフォームに登録しておくことで、いつでもファクタリングできるサービスです。
事業規模が小さい自営業者への配慮も行き届いており、利用額の下限は1万円に設定されています。
また、少額ファクタリングだからといって、手数料が高くなることもありません。
yup先払いの手数料は、利用額に限らず一律10%です。
難点は、ファクタリング限度額が低いことです。
登録時のファクタリング限度額はわずか10万円であり、その後の利用状況に応じて1000万円まで枠が広がります。
事業規模が小さい自営業者でなければ、十分な資金を調達できない可能性が高いです。

5.ナゲット

ナゲット(nugget)は、東証一部上場企業であるセレスの100%子会社が運営するファクタリングサービスです。
GMOリサーチのアンケートでは、「フリーランス・個人事業主向け資金調達サービス」でNo.1を獲得しています。
特に、申し込みが簡単であること、信頼できることで人気を集めています。
自営業者がファクタリングする際、申込書類の準備にハードルを感じることも多いでしょう。
とにかく手軽に申し込みたい方には、ナゲットが特におすすめです。
ナゲットの手軽さは、以下の条件をみるとよくわかります。

  • 手続きはオンラインで完結
  • 決算書・入出金明細・契約書など一切不要
  • 独立直後の自営業者でも利用可能
  • 新規取引先の売掛金もファクタリング可能
  • 利用額の下限:1万円

ここまで手軽さを追求したファクタリングサービスは珍しいです。
ナゲットの欠点は、手数料を一律10%に設定していることです。
他社では5%で買い取れる売掛金でも、ナゲットでは必ず10%での買い取りとなります。
優良債権をファクタリングしたい自営業者には不向きなので注意しましょう。

まとめ:正しい手順でファクタリング会社選びを!

数年前までは、ファクタリングといえば法人向けサービスが基本であり、自営業者にとって利用しやすい資金調達方法ではありませんでした。
しかし、ここ数年で自営業向けファクタリング環境の整備が進み、かなり利用しやすい状況になっています。
自営業者でも特に審査が厳しくなることはなく、少額のファクタリングでも安心して、安い手数料で利用できるファクタリングサービスが増えています。
自営業者は、この流れにうまく乗って、資金調達の多様化を図るべきでしょう。
この記事で紹介した通り、正しい手順で選べば、自営業に強いファクタリング会社選びも難しくありません。
ファクタリング会社選びに不安を抱えている方は、ぜひNo.1にご相談ください。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top