カテゴリー: ファクタリング

【個人でも使える?】資金調達方法の一つ『ファクタリング』の特徴と個人での利用ができるのかを徹底解説!

スピード査定依頼フォーム

売掛金を売却して資金調達する「ファクタリング」の人気が高まっています。
法人だけではなく、個人の間でもファクタリングに関心を持つ人が増えており、No.1でも
「個人でもファクタリングできますか?」
「給与ファクタリングはできますか?」
といったお問い合わせをいただくことが増えました。
個人のファクタリングは、問題なく利用できる場合と、利用すべきではない場合があります。
この記事では、個人の利用に焦点を当ててファクタリングを解説していきます。

ファクタリングとは?資金調達できる仕組みを解説

資金調達方法として、「ファクタリング」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
近年、ファクタリングは中小企業の間で急速に普及しており、一般にも徐々に知られるようになってきました。
また、最近では個人事業主・フリーランス向けのファクタリング環境も整備が進んでおり、個人事業主からの需要も高まってきています。
なぜファクタリングの人気が高まっているのか。
詳しいメリットは後述しますが、ファクタリングの人気の秘密は「利便性の高さ」にあります。
法人・個人を問わず、資金調達といえばまず「借り入れ」が思い浮かぶことでしょう。
法人ならば銀行から事業資金を借り入ること、個人ならば消費者金融のフリーキャッシングで調達するケースがほとんど。
これらの方法は、銀行や消費者金融業者といった「貸し手」があって初めて成り立つ方法であり、貸し手が融資を拒否すれば資金は調達できません。
資金繰りを外部に左右されるため、経営が悪化した局面では資金調達がうまくいかず、資金繰りがショートしてしまう危険も。
ファクタリングは、外部から資金調達できない法人や個人にとって、非常に便利な方法です。
ファクタリングでは、支払期日前の売掛金をファクタリング会社に売却することで資金を得ることができます。
「ファクタリング会社」という外部が関与するものの、ファクタリングの利用会社(以下、利用会社)とファクタリング会社の取引には資産(売掛金)が介在しており、その資産に価値があれば取引が成り立つのです。
長期的な信用や返済力など、見えにくい価値を頼りにする融資に比べて、ファクタリングのほうが成立しやすく、資金調達も容易であることがわかるでしょう。

2社間ファクタリング

一口にファクタリングといっても、ファクタリングには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類の方式があります。
多くの中小企業が好んで利用するのは、利用会社とファクタリング会社の2社間で取引する2社間ファクタリング。
個人事業主がファクタリングする場合は、ほぼ確実に2社間ファクタリングになるといってよいでしょう。
実際に、個人事業主向けに特化したファクタリングサービスは、2社間ファクタリングだけしか提供していないことが多いです。
2社間ファクタリングの最大の特徴は、ファクタリングに売掛先が一切関与しないということ。
売掛先を巻き込んで書類や情報のやり取りをする必要がないため、より少ない手続きで資金調達ができます。
多くのファクタリング会社が最短即日で対応してくれるため、緊急で資金調達したい場合に最適。
もちろん、売掛先が関与しなければ、売掛先がファクタリングの利用を知ることもありません。
このため、売掛先に気兼ねなく資金調達できるというメリットがある方式となります。
ファクタリングを利用したことで資金繰り悪化を疑われ、信用を損なう危険も皆無なのです。

3社間ファクタリング

もうひとつの方式は3社間ファクタリング。
個人事業主にはほとんど無縁の方式ですが、法人ではしばしば利用されています。
銀行系列のファクタリング会社では、3社間ファクタリングしか提供していないのが一般的。
3社間ファクタリングは、利用会社、売掛先、ファクタリング会社の3社間で取引します。
2社間ファクタリングとは異なり、「売掛先に知られないように」という配慮が不要ですから、この配慮に伴う手間やリスクを排除でき、ファクタリング会社にとってはリスク回避に役立つ方式と言えます。
例えば、売掛先も含めて契約することで、ファクタリング会社は売掛先から直接売掛金を支払ってもらうことができ、スムーズに売掛金の回収ができるメリットがあります。
世の中のほとんどのビジネスは、リスクとリターンのバランスによって成り立っているもの。
3社間ファクタリングによってリスクを軽減すれば、より少ないリターンでも採算が取れるため、ファクタリング手数料の引き下げも可能です。
したがって、3社間ファクタリングは2社間ファクタリングに比べて手数料が大幅に安くなるという特徴も。
これは、それぞれの手数料相場を比較すれば明らかです。

  • 2社間ファクタリング:10~30%
  • 3社間ファクタリング:1~10%

ただし、売掛先が関与することによって手続きが煩雑になるため、資金調達には時間がかかります(3~10日が目安)。
もちろん、売掛先の信用を損なうリスクがあることもデメリットとなるでしょう。

ファクタリングの法的根拠を解説|給与ファクタリングは違法?

「個人向けのファクタリング」と聞くと、給与ファクタリングを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。
違法性の高い給与ファクタリングと、合法なファクタリングを正しく区別するためには、ファクタリングの法的根拠から考えるのがポイント。

ファクタリングは合法

ファクタリングにもいくつかの種類がありますが、最も一般的なのは売掛金を売買する「買取ファクタリング」です。
一般的にファクタリングというと、この買取ファクタリングを指すことがほとんど。
このようなファクタリングには法的根拠があり、合法な取引です。
まず、日本の金融業界の総監督である金融庁の見解として、ファクタリングは「債権譲渡取引(債権を売買する取引)」に分類されています。

「ファクタリング」とは、事業者が保有している売掛債権等を期日前に一定の手数料を徴収して買い取るサービス(事業者の資金調達の一手段)であり、法的には債権の売買(債権譲渡)契約です。

出典:出典:金融庁「ファクタリングに関する注意喚起」

さらに、債権の売買は法的に認められた取引です。
債権譲渡取引について、民法第466条には以下のように記載されています。

第四百六十六条
1.債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。
2.当事者が債権の譲渡を禁止し、又は制限する旨の意思表示(以下「譲渡制限の意思表示」という。)をしたときであっても、債権の譲渡は、その効力を妨げられない。

出典:出典:e-GOV法令検索「第四節 債権の譲渡」

ファクタリングは債権譲渡取引の一種であり、債権譲渡取引は法律によって認められています。
このように、会社の所有する売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらう「買取ファクタリング」は、法的根拠のある合法的な資金調達方法です。

給与ファクタリングは違法

では、給与ファクタリングはどうでしょうか。
給与ファクタリングは、個人から給与債権を買い取る仕組みです。
給与債権とは、被雇用者として働いている人が、労働の対価として、雇用主から賃金を受け取る権利のこと。
給与債権を売買するのですから、給与ファクタリングも買取ファクタリングと同じ「債権譲渡取引」にみえるかもしれません。
しかし、給与ファクタリングは債権の売買ではなく、金銭の貸借にあたります。
つまり、「売掛債権の売却によって資金調達する(買取ファクタリング)」のではなく「給与債権を担保として、借り入れによって資金調達する」のが給与ファクタリングの実態なのです。
このことは、金融庁の注意喚起によっても明らか。

「給与ファクタリング」などと称して、業として、個人(労働者)が使用者に対して有する賃金債権を買い取って金銭を交付し、当該個人を通じて当該債権に係る資金の回収を行うことは、貸金業に該当します。
貸金業登録を受けていないヤミ金融業者により、年率換算すると数百~千数百%になる手数料を支払わされたり、大声での恫喝や勤務先への連絡といった私生活の平穏を害するような悪質な取立ての被害を受けたりする危険性があります。

出典:金融庁「ファクタリングに関する注意喚起」

ポイントは、法人や個人事業主に買取ファクタリングを提供するのではなく、ファクタリングを装って給与ファクタリングを提供しているということ。
貸金業登録を受け、合法的に貸金業を営むならば、給与債権を担保に貸し付けても違法性はありません。
しかし、合法的に営業している業者が、わざわざファクタリングを装う必要はなく、給与ファクタリングを称している時点でかなり怪しいと言わざるを得ません。
実際、給与ファクタリングのほとんどは違法です。

個人事業主はファクタリングを利用可能

個人は個人でも、個人で事業を営む個人事業主は合法的な買取ファクタリングを利用できます。
個人事業主は、取引先に対して売掛金を持っています。
したがって、買取ファクタリングによって売掛金を買い取ってもらい、資金を調達することも可能。

  • 個人事業主は売掛債権を持っており、合法的な買取ファクタリングが利用できる
  • 事業主でない一般個人は売掛債権を持っておらず、合法的な買取ファクタリングは利用できない。一般個人が持っている給与債権を買い取る給与ファクタリングは、違法性が高いため要注意

このように区別するとわかりやすいでしょう。

資金調達方法としてファクタリングを選ぶメリット

法人・個人を問わず、ファクタリングには多くのメリットがあります。

融資よりも調達しやすい

ファクタリングの最大のメリットは、融資に比べて資金調達しやすいということ。
事業者にとって、資金調達の軸は銀行融資であり、その他の方法は補完的な位置づけとなります。
これは、銀行融資の調達コストが安いこと、資金繰りへの影響が小さいこと、多額の資金調達が可能であることなどが理由として挙げられます。
しかし、銀行は返済力を重視し、本業から得られる利益を返済原資とみなしています。
このため、業績が悪化している(=長期的に返済力が低下する)、財務が不安定(=支払い不能に陥りやすい)などの悪材料があれば、融資による資金調達は困難でしょう。
個人事業主は法人に比べて業績・財務が不安定ですから、銀行融資は特に難しいといえます。
特に、

  • 債務超過である
  • 連続赤字である
  • 税金を滞納している

といった場合には、融資を受けられる可能性はほぼゼロといってよいでしょう。
ファクタリングには、このような難しさがありません。
ファクタリング審査で重視されるのは、利用会社の信用力ではなく、売掛先の信用力。
売掛先の信用に問題がなければ、利用会社の業績・財務の状況が悪くとも、税金を滞納している場合でさえ資金を調達できます。

審査が柔軟

ファクタリングは、審査の柔軟性にも優れています。
融資の場合、決算書や事業計画書などの様々な資料から、融資先の経営状況を詳細に分析し、リスクが高いと判断すれば融資しません。
担保や保証があれば別ですが、中小企業では担保・保証が不足することが多く、個人事業主ならなおさらでしょう。
銀行融資の金利は高くても3%台であり、これを大きく超えることはありません。
消費者金融の金利も、法律で15~20%の上限が設定されています。
このため、期待できるリターンに上限があり、リスクとリターンのコントロールに限界があるため、柔軟な審査が困難です。
これに対し、ファクタリングの手数料率には法的な制限がありません。
審査の結果、リスクが高いと判断すれば手数料を引き上げて買い取ることも可能。
また、ファクタリング会社によって審査の方法や方針が異なります。
融資を断られた場合だけでなく、あるファクタリング会社では買取不可となった売掛金でも、別のファクタリング会社では買い取ってもらえることも珍しくありません。
このような柔軟性も、ファクタリングのメリットです。

素早く資金調達できる

数ある資金調達方法の中でも、ファクタリングは最もスピーディに資金調達が可能です。
他の資金調達方法と比較してみましょう。

  • 銀行融資・・・数週間~1ヶ月以上
  • ノンバンクのビジネスローン・・・最短即日~10日程度
  • リースバック・・・最短2週間
  • ファクタリング・・・最短数時間

このように、ファクタリングの資金調達スピードは抜群。
2社間ファクタリングなら、最短即日での資金調達に対応している会社がほとんど。
最近では手続きがすべてオンラインで完結する「オンラインファクタリング」も普及してきています。
オンラインファクタリングは、手続きがすべてオンラインで完結するため、数時間以内に資金調達できるケースも多いです。
個人事業主向けのファクタリングは「2社間+オンライン」の条件が多く、スピーディかつ便利に利用できるサービスが主流となっています。

売掛先に知られず利用できる

2社間ファクタリングの場合、取引に関与するのは利用会社とファクタリング会社のみ。
売掛先が一切関与せず、ファクタリングの利用を知られることはありません。
利用会社は売り手であり、売掛先は買い手ですから、利用会社のほうが立場的に弱いケースも多いです。
2社間ファクタリングならば、売掛先からの信用を失わずにファクタリングできるため、利用会社の立場が弱い場合にも安心。
個人事業主向けのファクタリングは、基本的に2社間ファクタリングで取引するため、売掛先に気兼ねなく利用できるでしょう。

資金繰り改善に役立つ

ファクタリングをうまく活用すれば、資金繰りの改善も可能です。
ファクタリングは、支払期日前の売掛金を売却することで資金を得る資金調達方法。
例えば、30日後に支払予定の売掛金を即日ファクタリングすれば、回収サイトは30日から0日に短縮されることになります。
本来ならば、30日後まで売上を回収できず、お金が入ってこない中で資金繰りしなければなりません。
ファクタリングによって即座に売掛金を回収すれば、資金繰りがラクになります。
個人事業主にとって、資金繰り改善メリットは特に有益となるでしょう。
なぜなら、個人事業主は資金繰りと家計が密着しているため。
私生活で急な出費が発生し、資金繰りが苦しくなることも少なくありません。
このような場合、消費者金融から借り入れる個人事業主が多いのではないでしょうか。
しかし、消費者金融から高金利で借り入れると、たいていは資金繰りが悪化します。
ファクタリングをうまく活用すれば、消費者金融に頼ることなく資金を調達でき、資金繰りの悪化も防げるでしょう。

資金調達方法としてファクタリングを選ぶデメリット

ファクタリングにはデメリットもあります。
利用会社にとって負担になりやすいデメリットは以下の5つ。

手数料が高くなる

まず、ファクタリングは他の資金調達方法に比べて、手数料が高くなる場合があります。
手数料率の相場は、ファクタリングの方式や条件、売掛先の信用力などによって大きく変動します。
手数料率による負担の違いを、具体的な例でみてみましょう。
売掛金100万円を、3パターンで比較すると以下のようになります。

  • 2社間ファクタリング/手数料率20%⇒手数料20万円
  • 3社間ファクタリング/手数料率3%⇒手数料3万円
  • オンラインファクタリング/手数料率5%⇒手数料5万円

このように、手数料率によって調達コストに大きな差が生じるのです。
したがって、手数料率をできるだけ抑えることが重要となるでしょう。
特に個人事業主がファクタリングする場合には、個人事業主に強みのあるファクタリング会社を選ぶことを心掛けましょう。
個人は法人に比べて信用力が低いため、個人事業主への対応力が低いファクタリング会社を選んでしまうと、手数料が高くなる傾向があります。

少額の資金調達に不向き

一般的に、少額のファクタリングは条件が悪く、審査にも落ちやすいです。
これは、ファクタリング金額が少額であるほど、ファクタリング会社の採算が悪化するため。
ファクタリング会社は、額面金額に関係なく、受付や審査、ファクタリング契約といった事務手続きをこなさなければなりません。
事務コストが一定であれば、少額のファクタリングほど利益率が低くなり、採算が悪化します。
したがって、少額ファクタリングの場合には、

  • 手数料を高く設定して採算を改善する
  • 利用額の下限を高く設定し、少額ファクタリングを認めない
  • 審査を厳しく行う

といった対応をするファクタリング会社がほとんど。
個人事業主の場合、売掛金の額面金額が小さくなることが多いため、少額ファクタリングに強みのあるファクタリング会社を選ぶ必要があるでしょう。

売掛金以上の資金調達が不可能

ファクタリングは売掛金を売却する資金調達方法です。
そのため、所有している売掛金以上の資金調達はできません。
500万円の売掛金を所有しており、手数料率10%でファクタリングするならば、調達可能額は450万円が上限となります。
平均的な回収サイトが長い会社では、保有する売掛金総額も大きくなるため、多額の資金調達が可能でしょう。
しかし、保有している売掛金が少なければ多額の資金調達ができず、さらには少額ファクタリングのため条件が悪化する可能性も。
零細企業や個人事業主は、ファクタリングと他の資金調達方法を組み合わせるなどの工夫が必要となるでしょう。

利用できない場合がある

ファクタリングは、ほとんどの売掛金を資金化できますが、例外的に利用できない場合があります。
まず、売買基本契約書に「譲渡禁止特約(売掛金の譲渡を禁止する特約)」がついている売掛金。
この場合、利用会社と売掛先の間で債権を譲渡しない(ファクタリングしない)ことを合意して契約を結んでいるため、ほとんどのファクタリング会社は対応できません。
売掛先の経営内容や形態によって、ファクタリングできないことも多いです。
ファクタリング会社は、売掛先の信用力を重視するため、売掛先の経営が悪い場合にはファクタリングできない可能性も。
また、多くのファクタリング会社は「法人の売掛金」を対象としており、個人間取引の売掛金に対応していないことも珍しくありません。
このため、個人間取引を頻繁に行う個人事業主は、個人間取引に対応しているファクタリング会社を選ぶことが大切です。
このほか、法人は法人でも、合同会社の売掛金を対象外とするファクタリング会社もあるため注意して下さい。

ファクタリング会社選びが難しい

最後に、ファクタリング会社選びが難しいこともデメリットといえます。
ファクタリング会社の数は非常に多く、それぞれ手数料、資金調達スピード、強みのある業種、利用可能額などが異なります。
中小企業のファクタリングであれば、優良ファクタリング会社を選ぶことでそれなりに良い結果が得られるため、会社選びは比較的容易。
個人事業主も、個人事業主・フリーランス向けに特化したファクタリングサービスを選ぶことで、大きな失敗を防ぐことができるでしょう。
注意すべきは、悪質業者の存在です。
初めてファクタリングを利用する人は、そもそも優良ファクタリング会社や、個人事業主特化型ファクタリングの探し方がわからないということも。
表面的な情報を鵜呑みにして選ぶと、悪質業者に引っかかる危険があります。
悪質業者を利用すると、多額の手数料を請求される、違法金利で借金を背負ってしまうなどのトラブルに見舞われ、資金繰りの悪化を招くことにもなりかねません。

資金調達におすすめなファクタリング会社を5社紹介!

デメリットでも述べた通り、ファクタリング会社の数は非常に多く、最適な会社を選ぶことは用意ではありません。
闇雲に選ぶと、悪質業者に引っかかってしまう可能性もあるでしょう。
そこで、法人・個人のどちらにもおすすめできるファクタリング会社を5社紹介します。

1. No. 1

No.1は、法人向けのファクタリング会社として有名ですが、「個人事業主特化ファクタリングサービス」にも力を入れています。
オンラインファクタリングの導入に伴い、最近は個人事業主・フリーランス向けのファクタリング会社としても人気です。
No.1の個人事業主向けファクタリングのメリットは、以下の通り。

  • 10万円から利用可能
  • 審査通過率90%以上
  • 最短60分で振込
  • 業界最低水準の手数料(1~15%)

一般的に、個人向けのファクタリングでは、「最低利用額」「審査通過率」「手数料の高さ」などが問題になることが多いです。
No.1はこれらの問題に配慮しながらサービスを構築しており、個人のお客様にもご満足いただける条件となっています。
オンラインファクタリングを利用した場合には、さらに好条件でのご利用が可能。

  • オンライン完結で来店不要
  • 手数料率2~8%
  • 最短10分でお見積り

No.1のオンラインファクタリングは、法人・個人を問わずご利用いただけます。
資金調達の際には、ぜひNo.1をご利用ください。

2. OLTA

OLTAは、中小企業や個人事業主から特に人気の高いファクタリング会社です。
2021年6月期の日本マーケティングリサーチ機構のブランドイメージ調査では、「中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリング」としてNo.1を獲得しています。
累計事業者数10,000社、累計申込金額500億円など、豊富な実績も特徴的。
ファクタリングを利用する個人事業主の中には、給与ファクタリングを提供する違法業者などに敏感になる人も多いことでしょう。
信頼性においても、OLTAは優れています。
OLTAは三大メガバンクをはじめ、多くの金融機関と提携しており、新生銀行と共同事業も手掛けています。
このほか、オンラインファクタリング専門であることから、

  • 手続きはすべてオンライン完結
  • 手数料率2~9%(諸経費込み)

など、条件面も魅力的。
ただし、オンラインファクタリングの中では対応が遅く、見積もりに最大24時間を要します。
場合によっては翌営業日の振り込みとなるため、資金調達を急いでいる場合は注意してください。

3.ビートレーディング

ビートレーディングも個人・法人を問わず、おすすめのファクタリング会社です。
まず、ビートレーディングは最低30万円からのファクタリングに対応しています。
このため、売掛金額面と資金需要の小さい小規模事業者や個人事業主でも利用しやすいでしょう。
また、審査通過率にも注目です。
個人は法人に比べて信用が乏しく、審査通過率も低い傾向がありますが、ビートレーディングは審査通過率98%を誇っています。
ビートレーディングの利用条件さえ満たせば、高確率で資金調達できるでしょう。
ただし、売掛先は法人に限られ、個人事業主に対する売掛金は対象外。
このほか、スピーディなファクタリングにも不向きとなっています。
ビートレーディングでは、契約の際に必ず対面する必要があり、入金の目安も「最短翌日」とされています。
即日での資金調達は不可能ですから、余裕をもって利用するのがおすすめでしょう。

4. ベストファクター

ベストファクターも、法人・個人問わず利用しやすいファクタリング会社です。
中小ファクタリング会社の中でも特に知名度が高く、実績も豊富。
手数料率は業界最低水準の「2%~」に設定されており、審査通過率は92.2%の高さを誇っています。
また、最低利用額は30万円に設定されており、小規模事業者や個人事業主でも利用しやすい水準と言えるでしょう。
ただし、ファクタリング契約時には対面取引が必須となるため注意してください。
即日ファクタリングも不可能ではありませんが、遠方の場合には対面取引に時間がかかるでしょう。
これを踏まえて、ベストファクターの公式ホームページでは、入金スピードを「最短即日~3営業日程」としています。
ベストファクターは、時間に余裕がある場合のファクタリングにおすすめです。

5. ウィット

ウィットは、小口専門のファクタリング会社として有名。
小規模事業者や個人事業主は資金需要が小さく、売掛金の額面金額も少額になる傾向があります。
上記の通り、少額ファクタリングは採算上の問題により、手数料が割高になったり、審査に通りにくくなったりすることが多いです。
そこで役立つのが、小口専門のファクタリング会社。
小口を専門とするファクタリング会社は、少額ファクタリングの実績が豊富であるため、少額でも問題なくファクタリングするためのノウハウに長けています。
ウィットは、最小30万円から利用でき、30万円での買取実績は95%を誇ります。
また、非対面での取引により、最短2時間で成約した実績も豊富。
小規模事業者や個人事業主などで、少額ファクタリングを希望する場合には、小口専門のウィットがおすすめでしょう。

まとめ

この記事で解説してきた通り、ファクタリングは法人・個人を問わずに利用できる資金調達方法です。
ただし、ファクタリングを利用できる個人とは「個人事業主」のことであり、事業を営んでいない一般個人は利用できません。
一般個人向けの「給与ファクタリング」は違法性が高く、金融庁なども取り締まりを強化しています。
事業者向けの買取ファクタリングは合法ですが、給与ファクタリングは利用しないように注意してください。
No.1では、法人・個人を問わず充実したファクタリングサービスを提供しています。
オンラインでのご利用も可能なので、ファクタリング会社選びに迷っている方はお気軽にお問い合わせください。
スピード査定依頼フォーム

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top