カテゴリー: ファクタリング

銀行系ファクタリングと一般的なファクタリングの違いとは

スピード査定依頼フォーム
ファクタリングには、銀行系の大手ファクタリング業者が提供するものと、中小ファクタリング業者が提供するものがあります。それぞれ特徴やメリット・デメリットが異なるため、正しく使い分けることが大切です。
本稿では、銀行系ファクタリングの特徴、メリット・デメリット、使い分け方などを解説します。

銀行系ファクタリングとは

一口にファクタリングといっても、ファクターと呼ばれる事業者は様々です。
ファクタリング事業者を大別すると、銀行系ファクタリング業者と、一般的な中小ファクタリング業者に分けることができます。
銀行系ファクタリングとは、その名の通り銀行や銀行系列の会社が提供しているファクタリングサービスです。
業者数でみると、銀行系ファクタリング業者は少数派です。大多数は中小ファクタリング業者であり、ファクタリングの普及を牽引しているのも中小事業者といえます。したがって、単に「ファクタリング」といえば中小ファクタリング業者、「ファクタリングサービス」といえば中小ファクタリング業者によるファクタリングサービスを意味するのが一般的です。
銀行系ファクタリングの最大の特徴は、銀行系列であることです。代表的な銀行系ファクタリングには、

  • 三菱UFJフィナンシャルグループの「三菱UFJファクター」
  • みずほフィナンシャルグループの「みずほファクタリング」
  • 三井住友フィナンシャルグループの「SMBCファイナンスサービス」

などがあります。このほか地方銀行では、銀行の系列会社ではなく銀行自体がファクタリングサービスを提供しているケースもみられます。
一方、中小ファクタリング業者の運営元は銀行と無関係です。
銀行系列であるかどうかによって、ファクタリングサービスの基本的な方式やメリット・デメリットが大きく変わってきます。

銀行系ファクタリングのメリット

銀行系列であることにより、銀行系ファクタリングには以下の3つのメリットがあります。

1.信用が高い

最大のメリットは信用の高さです。
銀行業は、あらゆる業種の中でも最もコンプライアンスに厳しい業種です。銀行のビジネスは、信用を重んじなければ成り立ちません。
銀行は、信用のある個人や会社に融資することで利益を得ています。個人や会社から低金利で調達した預金によって貸し付けており、多くの預金を集めることが欠かせません。
不祥事によって信用を失えば、個人も会社もその銀行にはお金を預けたくないと考えるため、融資業務に支障を来します。銀行にとって、信用問題は死活問題に直結するのです。
コンプライアンス意識の高い銀行の系列だからこそ、銀行系ファクタリングは高い信用を誇ります。ファクタリング業界でしばしば問題視される悪質業者のリスクも、ほぼゼロといって良いでしょう。

2.手数料が安い

次に、銀行系ファクタリングはファクタリング手数料の安さにも優れています。
ファクタリングの際には、ファクタリング手数料などのコストがかかります。手数料は、2社間ファクタリングならば10~20%、3社間ファクタリングならば1~5%程度が相場です。
銀行系ファクタリングで利用できるのは、3社間ファクタリングだけです。中小事業者の一般的なファクタリングでは、2社間ファクタリングの利用が主流であるため、銀行系ファクタリングの方が手数料は安いといえます。
また、銀行は金融のプロですから、審査力や専門性にも強みがあります。融資その他の取引を通して蓄積した会社データを豊富に有しており、ファクタリングする売掛金の審査も正確です。これにより、低リスクでのファクタリング業務が可能です。
リスクを正確にはじき出し、ファクタリング手数料の設定にも無駄がありません。これにより、無駄のない手数料を設定できるため、手数料を抑えやすいです。

3.ファクタリングの種類が豊富

最も一般的なファクタリングは売掛金の買い取りであり、これを買取ファクタリングといいます。中小ファクタリング業者では、買取ファクタリングだけを提供する業者がほとんどです。
No.1では買取ファクタリングだけではなく、診療報酬ファクタリングや介護報酬ファクタリングを提供しています。しかし、そのような業者は少数派です。ファクタリングの種類の豊富さでは、金融のプロである銀行系ファクタリングが突出しています。銀行系ファクタリングでは、

  • 保証ファクタリング
  • 一括ファクタリング
  • 国際ファクタリング
  • 診療報酬ファクタリング
  • 介護報酬ファクタリング

など、中小ファクタリング業者では手が出せないファクタリングサービスも提供しているのです。

銀行系ファクタリングデメリット

銀行系ファクタリングには、以下のようなデメリットもあります。

1.審査が厳しい

一般的なファクタリングよりも、銀行系ファクタリングははるかに審査が厳しいです。
銀行の基幹業務は融資であり、審査力が非常に高いです。また、リスクマネジメントにも優れ、リスクを嫌います。
ファクタリングでは、売掛金の貸し倒れリスクを把握するために、売掛先を審査する必要があります。このとき、一般的なファクタリングでは問題なく買い取れる売掛金でも、銀行の審査では問題ありと判断され、買い取りを拒否されることが少なくありません。
これは、銀行融資とビジネスローンの違いのようなものです。

2.売掛先に知られる

売掛先にファクタリングの利用を知られ、信用が悪化するリスクもあります。
銀行系ファクタリングは自社・売掛先・ファクターの三社間で取引します。売掛金は債権の一種ですから、ファクタリングによって譲渡する際には売掛先に債権譲渡を通知し、承諾を得るのが普通です。
ファクタリングは資金調達に役立つ方法ですが、まだまだ一般的とはいえません。銀行融資が利用できない会社が、やむを得ずファクタリングで調達するケースも多いです。このため、ファクタリングの利用を知られると、売掛先が自社の経営悪化を疑い、信用を損なうリスクがあります。
ファクタリングで調達した資金は、資金繰りをするうちに消えてしまいます。しかし、ファクタリングによって失われた信用を取り戻すには、長い時間と努力が必要です。ファクタリングのために信用が悪化することは避けなければなりません。

3.調達に時間がかかる

銀行系ファクタリングは、資金調達スピードにも問題があります。
銀行融資でも、融資実行までに時間がかかることをご存じでしょう。早くて数週間、長ければ1ヶ月以上を要します。
銀行系ファクタリングも、審査に時間をかけます。また、3社間ファクタリングではファクターと売掛先のやり取りも多いです。
銀行融資に比べてスピーディとはいえ、銀行系ファクタリングの審査にもそれなりに時間がかかります。即日対応の中小ファクタリング業者に比べると、かなり遅いといえるでしょう。
緊急的な資金需要にも対応できず、利便性に欠けます。

正しい使い分けを

銀行系ファクタリングには、上記のようなメリット・デメリットがあります。一般的なファクタリングにもメリット・デメリットがあります。
そこで、ファクタリングを十分に活用するには、銀行系ファクタリングと一般的なファクタリングを正しく使い分けることが大切です。

銀行系ファクタリングがおすすめの会社

銀行系ファクタリングは、

  • 買取ファクタリング以外のファクタリングを活用したい会社
  • 優良企業の売掛金をファクタリングしたい会社
  • 売掛先に知られても問題ない会社
  • 時間に余裕をもって資金調達できる会社

などにおすすめです。
このうち、時に決め手となるのが売掛先の問題です。
売掛先が優良企業であれば、銀行系ファクタリングの審査にも問題なく通るでしょう。そもそもファクタリングできないというトラブルが起こらないため、これは大切なことです。
それ以上に重要なのが、売掛先との信用問題です。売掛先からの信用悪化が、銀行系ファクタリングの最大のデメリットであり、この問題をクリアすれば銀行系ファクタリングのハードルは大きく下がります。
具体的には、

  • 売掛先が系列会社である
  • 売掛先の経営者が縁故者である
  • 売掛先と付き合いが長く縁が深いため、理解を得られる
  • 売掛先もファクタリングを利用している

などの場合には、ファクタリングの利用を知られても信用問題になりにくいです。
もっとも、売掛先がファクタリングを利用している場合には注意が必要です。
そのような売掛先は、ファクタリングの知識があり、メリットも知っているため問題視しない可能性があります。しかし、売掛先が苦しい資金繰りを回すために、切羽詰まってファクタリングを利用している場合、自社の資金繰りを疑われるかもしれません。
売掛先の問題をクリアできれば、調達に時間がかかるものの、低コストでファクタリングできます。

一般的なファクタリングがおすすめの会社

銀行系ファクタリングの活用が難しい会社には、一般的なファクタリングがおすすめです。
例えば、

  • 買取ファクタリングを利用したい会社
  • 売掛先の信用に不安がある会社
  • 売掛先が優良企業のため、ファクタリング手数料を抑えられる会社
  • 売掛先に知られたくない会社
  • スピーディな資金調達が必要な会社

などです。
中小ファクタリング業者の多くは、買取ファクタリングに力を入れているため、審査が柔軟であり、ノウハウも豊富です。これにより、売掛先の経営に問題がある場合にも、ファクタリング手数料の設定次第で買い取ってもらえる可能性が高いです。
また、一般的なファクタリングは銀行系ファクタリングに比べてファクタリング手数料が高いとされますが、それはあくまでも傾向です。売掛先が優良企業であれば、ファクタリング手数料を低く設定しても採算が取れるため、低コストでファクタリングできます。
そして、一般的なファクタリングは売掛先への債権譲渡通知が不要です。売掛先に知られ、信用を損なう危険がありません。
柔軟に審査でき、売掛先とのやり取りも不要であるため、一般的なファクタリングはスピーディです。即日対応を売りにする業者も多く、緊急時の資金調達に役立ちます。

まとめ

本稿では、銀行系ファクタリングについて解説しました。
ファクタリングには、銀行系ファクタリングと一般的なファクタリングがありますが、それぞれの特徴やメリット・デメリットから、

  • 銀行系ファクタリングが向いている会社には、一般的なファクタリングは不向きである
  • 銀行系ファクタリングが不向きな会社には、一般的なファクタリングが向いている

といえます。
銀行系ファクタリングが利用できない会社でも、ファクタリングを諦めることはありません。中小ファクタリング業者を利用しましょう。
その際には、ぜひNo.1にご相談ください。
スピード査定依頼フォーム

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top