カテゴリー: ピックアップ ・ ファクタリング

ファクタリングのメリット7選|活用すべき理由を徹底解説

スピード査定依頼フォーム

スピーディで手軽に資金を調達できる方法として、ファクタリングを知っている人も多いことでしょう。しかし、ファクタリングのメリットはそれだけではありません。一時的な資金調達だけではなく、長期的な経営改善に役立つ多くのメリットがあるのです。
本稿では、ファクタリングの7つのメリットから、ファクタリングを活用すべき理由を解説していきます。

ファクタリングとは

まず、ファクタリングの基礎知識を簡単におさらいしておきましょう。
ファクタリングとは、ファクタリング会社に売掛金を売却し、資金を調達する方法です。本来、売掛金は支払い期日がくるまで現金に変わらず、資金繰りにも活用できません。そこで、ファクタリングを利用すれば、売掛金を早期資金化できます。
もちろん、ファクタリング会社もビジネスとしてファクタリングサービスを手掛けているため、売掛金を審査し、信用力に応じてファクタリング手数料を設定します。したがって、ファクタリングを利用した場合には、売掛金の額面から手数料分(業者によっては諸経費も含めた分)が差し引かれ、利益の目減りは避けられません。
それでも、ファクタリングは積極的に活用すべきです。なぜならば、以下のように多くのメリットがあるからです。

※ファクタリングの基礎知識についてはこちら

1.銀行融資より利用しやすい

ファクタリングで資金を調達する大きなメリットは、銀行融資より利用しやすいことです。
ほとんどの会社の資金調達では、銀行融資を優先すべきです。好条件でファクタリングでき、資金需要が少額であれば、銀行融資をファクタリングによって代替可能ですが、基本的には銀行融資を優先します。銀行融資は多額の資金調達ができ、調達コストも安いからです。
もし、銀行融資を断られたならば、すぐにファクタリングの検討をおすすめします。
上記の通り、ファクタリングは売掛金の売却です。つまり資産の売却であり、銀行からの借入れとは本質的に異なる資金調達方法です。このため、連続赤字や債務超過、リスケジュールなどによって銀行融資が使えない会社でも、ファクタリングならば問題なく利用できる可能性が高いです。
もちろん、ファクタリングでも審査を行います。ただし、これは売掛金の信用をはかる審査であって、自社の業績や財務とは無関係です。あくまでも売掛金がしっかり支払われるかどうか、その根拠となる売掛先の現況はどうか、といったことを審査します。
自社の経営が悪化していても、売掛先の経営さえ問題なければ、ファクタリングは利用できるのです。
経営悪化によって銀行融資を利用できない時こそ、ファクタリングを大いに活用すべきといえるでしょう。

2.スピーディな資金調達

ファクタリングは、資金調達スピードに優れています。資金調達方法には色々ありますが、おそらく最もスピーディな方法はファクタリングです。
銀行融資ならば、早くて数週間、通常は1ヶ月前後を要します。信用保証協会の保証付融資や、自治体の制度融資ならばなおさらです。
不動産などの資産を売却する場合、買い手とのマッチングに時間がかかります。リースバックによる資産売却でも、早くて2週間程度かかるケースが多いです。
ビジネスローンは、融資希望額や自社の経営状況により、即日で融資を受けられることも多いです。しかし、法人の審査は個人に比べて複雑であるため、数日を見込んでおくのが賢明でしょう。
以上のように、資金調達方法によってスピードに大きな差があります。特に早い方法で数日、それなりに早い方法で数週間、時間のかかる方法で1ヶ月以上といったイメージです。
このような中で、ファクタリングのスピードは群を抜いています。No.1をはじめ、多くのファクタリング会社が最短即日での対応を基本としているのです。
同じ売掛先の売掛金を継続的にファクタリングする場合などは審査の手間が省けるため、数時間での資金調達も十分に可能です。
これが、ファクタリングが「緊急時の資金調達に最適」といわれる理由です。

3.早期資金化による資金繰り改善

ファクタリングは、支払い期日前の売掛金を売却するものです。うまく活用することによって、資金繰り改善のメリットも期待できます。
そもそも売掛金とは、後日の支払いを約束して商品やサービスを売る取引です。支払い期日までの間、自社が代金を立て替えていることと変わりません。
「売掛金が増えると資金繰りが苦しくなる」といわれる理由はここにあります。売掛金は売上代金の立て替えなのですから、売掛金が増えることは立て替え資金が増えることであり、自社の負担が大きくなることにほかなりません。
このため、資金繰り維持のためには売掛金を増やさないこと、資金繰り改善のためには売掛金を減らすことが重要です。
しかし、売掛金を減らすことは言うほど簡単ではありません。
売掛金を減らすには、取引先に契約条件の変更を求め、売掛金の回収サイトを短縮しなければなりません。取引先は、そのような契約変更を嫌います。買掛金の支払サイトが短くなり、資金繰りが悪化するからです。
したがって、取引先と粘り強く交渉する必要があり、売掛金を減らすのに長い期間を要するのが普通です。
取引先との交渉によって資金繰りを改善するのがベストですが、同時にファクタリングの活用も考えてみましょう。
ファクタリングには手数料などのコストがかかります。しかし、売掛金の早期資金化による資金繰り改善のメリットと比較すれば、メリットの方が大きくなることも多いです。
資金繰りは経営のキモです。資金繰りが続けば赤字でも倒産しませんが、資金繰りがショートすれば黒字でも倒産します。
資金繰り改善効果は、ファクタリングの大きなメリットです。

4.資金繰りへの負担が軽微

ファクタリングサービスには、コストがかかります。このため、ファクタリングによって得られるトータルメリットと、コストによる資金繰り負担を比較し、メリットの方が大きいと判断した場合に活用するのがポイントです。
ファクタリングにかかる主なコストは、

  • ファクタリング手数料
  • その他の費用
  • 消費税

などです。ただし、優良ファクタリング会社では、料金を分かりやすくするために、コストはファクタリング手数料のみとするケースもみられます。
注意すべきは消費税です。消費税は、債権譲渡を登記する場合の司法書士報酬にかかるものであり、ファクタリング手数料は非課税です。
ファクタリングを申し込み、審査を受けると、ファクタリング手数料の見積もりが出ます。取引の方法によって大きく変わりますが、ファクタリング手数料の相場は5~20%程度です。ただし、No.1が1~15%の手数料を設定しているように、業者によって差が大きい場合があります。
ファクタリングによるメリットが、手数料の負担を上回るかどうかがポイントです。例えば、

  • 売掛金の回収サイトが長く、資金繰りへの負担が大きい
  • 売掛先の信用が高いためファクタリング手数料が安く、資金繰りへの負担が軽微である
  • 経営悪化により銀行融資を利用できないため、ファクタリング手数料を支払っても資金を調達したい
  • 緊急の資金需要であり、スピードを重視している

などの場合には、資金繰り負担よりもファクタリングのメリットの方が大きいといえるでしょう。
なお、ファクタリングの資金繰り負担は、ファクタリング利用時の一回限りです。銀行融資では返済のたびに利息を支払ったり、保証人に対して保証料を支払ったり、継続的・間接的な負担が発生します。ファクタリングにはそのような負担がないこともメリットです。

5.オフバランス化による資産内容の改善

ファクタリングは資金繰り改善だけではなく、資産内容改善にも役立ちます。
資産内容を改善する方法のひとつに「オフバランス化」があります。「オフバランス」の『オフ』とは除外すること、『バランス』とはバランスシート(貸借対照表)のことです。つまりオフバランス化とは、貸借対照表から資産を切り離すことにより、資産内容を改善することです。
資産は、売却することで貸借対照表から切り離せます。不動産や有価証券などのほか、売掛金や受取手形なども売却によりオフバランス化につながります。
なぜオフバランス化が資産内容改善になるかといえば、「資産を保有するリスク」を避けられるためです。
一般的なイメージとして、資産は潤沢な方が良いように思えます。資産が多ければ、性質の異なる複数の資産に分散することにもなり、リスクヘッジの効果も期待できます。
しかし、これは主に投資における考え方であり、事業には必ずしも当てはまりません。
例えば、会社の資産のひとつに棚卸資産があります。棚卸資産は利益の源泉であり、会社にとって欠かせない資産です。とはいえ、棚卸資産を多く保有すれば、過剰在庫によって資金繰りが悪化するリスクがあります。また、劣化や陳腐化などにより、価値が減少するリスクにも注意すべきです。
売掛金にも、保有するリスクがあります。すでに解説した通り、売掛金が増えると資金繰りは悪化します。保有することで、資金繰り悪化のリスクがあるのです。
さらに、売掛金は後日回収することを予定していますが、あくまでも予定であって100%回収できるとは限りません。売掛金には必ず貸し倒れリスクが付きまといます。売掛先が支払い不能に陥れば、売上を一切回収できず、損失を被ります。これも、売掛金を保有する大きなリスクです。
過剰在庫を処分し、過剰分を貸借対照表から取り除くことで資産内容は改善します。同じように、ファクタリングによって売掛金を貸借対照表から切り離せば、これも資産内容改善になります。
オフバランス化につながることも、ファクタリングのメリットなのです。

6.リスク軽減につながる

5に関連して、リスク軽減のメリットも紹介しておきましょう。
上記の通り、売掛金の保有にはリスクが伴います。掛取引をしているのですから、ある程度の売掛金を保有することは仕方がないとしても、売掛金の増加は防ぐべきであり、貸し倒れリスクの予防にも気を配るべきです。
貸し倒れリスクを避けるには、与信管理が欠かせません。与信管理では、売掛先の信用力を随時チェックします。これにより、以下のようなリスクコントロールが可能となります。

  • 与信限度額(掛け売りする上限額)を適切に設定する
  • 売掛先の信用が高まれば、取引拡大を図り売上増加に努める
  • 売掛先の信用が低下すれば、与信限度額の減額、回収サイトの短縮、一部現金払いなどを求め、リスク低減に努める
  • 貸し倒れリスクが高まった売掛先に対しては、全額現金取引や取引停止を検討する
  • 見込み客の信用を調査し、取引すべきかどうか、どの程度の取引から始めるかなどを検討する

ただし、中小企業が十分な与信管理を実施することは現実的ではありません。多くの中小企業は与信管理ノウハウを持っておらず、人材不足のために与信管理が難しいからです。
そこで、ファクタリングが役立ちます。
ファクタリング契約には、償還請求権が設定されません。償還請求権とは、買い取った債権が回収できなかったとき、元の債権者(売掛金をファクタリングした自社)に買い戻しを求める権利のことです。
償還請求権が設定されないため、ファクタリング後に売掛先が経営悪化や倒産に陥っても、売掛金の買い戻しを求められることはありません。これは、売掛金を保有するリスク(貸し倒れリスク)をファクタリング会社に移転できることにほかならず、リスク回避に役立つことが分かるでしょう。

7.売掛先の信用が悪化しない

最後に、ファクタリングには忘れてはならないメリットがあります。それは、売掛先の信用が悪化しないことです。
売掛金は、自社と売掛先の間に生じる権利関係ですから、売却の際には債権譲渡を売掛先に通知し、承諾を受けなければなりません。これにより、売掛先から自社の経営悪化を疑われる懸念があります。
ファクタリングを活用する会社は、銀行融資を断られるなど、実際に経営が悪化しているケースも多いです。その事実は、できるだけ外部に漏らすべきではありません。
売掛先にとって、自社は仕入先です。もし、自社の経営が悪化して倒産することになれば、売掛先は仕入先を失い、仕入れが途切れてしまいます。そうならないために、売掛先は早いうちから新たな仕入先を探す必要があります。
実際、ファクタリングの利用が売掛先に知られ、信用が悪化したために、売掛先との取引が縮小するケースがみられます。売掛先が仕入先の分散を図った結果、自社の販売シェアが他の業者に奪われてしまったのです。
このようなトラブルを避けるためには、ファクタリングの利用を売掛先に知られてはなりません。
No.1をはじめ、多くの中小ファクタリング会社は2社間ファクタリングに対応しています。2社間ファクタリングとは、自社とファクタリング会社の2社間で契約し、売掛先を一切巻き込まない取引です。この場合、売掛先に債権譲渡を通知せず、承諾も不要です。
また、No.1のように、希望に応じて債権譲渡登記を留保できるファクタリング会社もあります。債権譲渡の通知・登記をしなければ、売掛先に知られることはなく、信用も悪化しません。
ファクタリングに色々なメリットがあっても、売掛先の信用が悪化すれば全て台無しになります。その心配がないことも、ファクタリングのメリットです。

まとめ

本稿では、ファクタリングの代表的なメリットを徹底解説しました。
一般的には、ファクタリングといえばスピーディな資金調達ができるメリットが強調されます。しかし実際には、資金繰り改善、資産内容改善、リスク回避など様々なメリットがあります。これらのメリットは、抜本的な経営改善への貢献度が大きく、他の資金調達方法では得られないメリットです。
ぜひとも、ファクタリングの活用をおすすめします。

スピード査定依頼フォーム

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top