カテゴリー: ピックアップ ・ ファクタリング

売掛金の買取とは?売掛金買取のメリットや方法を解説

スピード査定依頼フォーム

皆さんは「売掛金買取」をご存じでしょうか。
近年、「売掛債権担保融資」や「売掛金買取」など、売掛金を活用した資金調達が広がっています。中でも、売掛金買取は中小企業に人気の方法です。
本稿では、売掛金の基礎知識、資金繰りへの影響、売掛金買取のメリットや方法などを解説します。

売掛金とは?

ビジネスにおける取引には、大きく分けて二つ方法があります。ひとつは現金取引、もうひとつは掛取引です。
現金取引とは、商品の引き渡しやサービスの提供を行うと同時に、代金の支払いを受ける取引です。主に小売業など、一般消費者向けのビジネスに多い取引です。
多くの会社では、掛取引を行っています。掛取引は、信用取引とも呼ばれる通り、取引先の信用を根拠とした取引です。この「信用」とは支払い能力に対する信用です。後日支払いの契約によって商品を販売した際、期日通りに代金が支払われることを以て信用とします。きちんと支払ってくれる取引先であれば、後日支払いの条件でも問題ありません。
掛取引を行い、後日支払いを受ける契約を結び、商品を納入すると売掛金が発生します。売掛金とは、約束の期日に商品代金を受け取る権利のことです。貸借対照表の流動資産に分類されます。
流動資産には、現金預金や売掛金、受取手形、棚卸資産などが含まれます。これらの資産には、

  • 手元にあってすぐに活用できる現金
  • 引き出しや振込・振替によってすぐに活用できる預金
  • 数ヶ月後に支払い予定の売掛金・受取手形
  • 数ヶ月後に販売し、そのまた数ヶ月後に代金を回収する棚卸資産

など、「流動性が高い」という特徴があります。

売掛金の影響は大きい

流動資産の中でも、売掛金は資金繰りへの影響が特に大きい資産です。
現金預金は資金繰りを回す資金そのものであり、重要であることは言うまでもありません。しかし、現金預金の重要性や資金繰りへの影響は分かりやすく、資金繰りコントロールのカギにはなりません。
棚卸資産は、資金繰りに大きな影響を与えます。特に、不良在庫や過剰在庫が常態化すると、製造コストや仕入コストがふくらみ、資金繰りを圧迫します。
しかし、棚卸資産は自社の意識によって、比較的容易に改善できるものです。不良在庫や過剰在庫は早急に処分し、在庫管理を徹底することで改善できます。
売掛金は、現金預金のように資金繰りへの影響が見えづらく、改善も容易ではありません。
そもそも売掛金は、売上がある(商売がうまくいっている)ことによって発生し、後日の回収が前提です。
このため、

「売上はしっかりあがっている」
「売掛金はいずれ回収できる」

といった安心感を抱きやすく、資金繰りへの影響を軽視してしまうのです。
実際には、売掛金は支払い期日まで現金に変わらず、売掛金のままでは資金繰りに活用できません。売掛金回収までの期間が長いほど、資金繰りへの影響は深刻になります。支払いを待っている間にも、経費などの支払いは普段通り発生するからです。

また、売掛金は取引先との契約によって条件が決まります。このため、改善するには取引先と交渉を重ねなければなりません。取引先に相応のメリットを与えるなど、交渉に工夫が必要です。
したがって、棚卸資産の改善のように、自社の取り組みだけで改善できるものではありません。

資金繰りを改善するには?

売掛金には、「売掛金が増えると資金繰りが苦しくなる、売掛金が減ると資金繰りがラクになる」という特徴があります。

上記の通り、掛取引とは、取引先に対して支払いを猶予する取引です。商品代金を受け取るまでの期間、売掛金は資金繰りに活用できません。本来、会社の経費は売上代金から支払うのがベストですが、売掛金回収までの期間に発生する経費は手元資金から支払うほかありません。
つまり、掛取引とは、「取引先が支払うべき代金を、自社が一時的に立て替える取引」なのです。
このように考えると、売掛金の増減と資金繰りの関係が分かるでしょう。
売掛金が増えるということは、自社が立て替えておくお金が増えるということです。当然、資金繰りへの影響は大きくなります。逆に、売掛金が減ると自社の立て替えも少なくなり、資金繰りへの負担は小さくなります。
資金繰りを改善するためには、売掛金を減らせばよいのです。

売掛金買取とメリット

では、売掛金を減らすにはどうすればよいのでしょうか。取引先との交渉によって減らすのがベストですが、交渉が簡単にまとまるとは限りません。資金繰り改善には、多くの時間を要します。
そこで役立つのが、売掛金買取です。売掛金買取とは、売掛金を銀行や専門の業者に買い取ってもらうサービスです。売掛金買取には、以下のように多くのメリットがあります。

資金繰りを改善できる

まず、資金繰り改善のメリットです。
売掛金を買取ってもらうと、自社が保有する売掛金は減少します。これは、取引先に対する立て替え資金が減り、資金繰りが改善することを意味します。
例えば、A社に対して額面1,000万円、2ヶ月後支払いの売掛金を保有している会社が、売掛金買取を利用したらどうでしょうか。本来、1,000万円の売上を2ヶ月後まで立て替えておく必要がありますが、その売掛金が買取によって手元からなくなります。額面に応じた現金が手に入るため、実質的に立て替えの必要がなくなるのと同じです。
売掛金買取の資金繰り改善効果は明らかでしょう。

スピーディな資金調達

スピーディに資金調達できるのも大きなメリットです。
一般的に、資産売却による資金調達は時間を要します。
例えば、棚卸資産の売却(販売)は取引先に左右され、不動産などの売却も買い手とのマッチングが前提となります。
売掛金買取も、売掛金という流動資産を売却するのですから、資産売却の一種です。しかし、資金調達スピードは極めて速く、買取業者の多くが最短即日での買取に対応しています。
このため、スピーディな資金繰り改善だけではなく、緊急時の資金調達にも役立ちます。

利用しやすい

利用のしやすさにも注目すべきです。
売掛金買取は資産売却であり、銀行融資とは本質的に異なります。
銀行融資による資金調達では、信用が頼りです。これまでの銀行取引の内容、業績や財務などから返済能力をはかり、貸し倒れリスクが低いと判断してはじめて融資します。赤字決算や債務超過、税金の滞納、リスケジュールなどによって信用を失えば、借入は不可能です。
売掛金買取には、このような問題がありません。重要なのは売掛金の価値であり、自社の信用に関係なく、売掛金の価値に応じて買取ってもらえるのです。

取引先に知られない

売掛金買取は、自社と買取業者の二社間で取引できます。このため、取引先に知られる恐れがありません。
売掛金買取の利用を取引先に知られることは、好ましくありません。「銀行から借入れできないのではないか」、「売掛金を売らなければならないほど、資金繰りが苦しいのだろうか」など、取引先に不安を与え、今後の取引に悪影響を及ぼす可能性があるからです。
二社間で行う売掛金買取では、取引先への債権譲渡通知が不要です。また、No.1ではお客様の要望に応じて債権譲渡登記の留保もできます。債権譲渡を通知せず、登記も留保しておけば、万が一にも取引先に知られる恐れはありません。

リスクマネジメントに役立つ

売掛金買取はリスクマネジメントにも役立ちます。
法律の定めにより、売掛金買取の契約には償還請求権が設定されません。償還請求権を設定して売掛金を買取る場合、そのサービスは売掛金買取ではなく単なる貸金と見なされます。当然、貸金業法における上限金利を守るなど、様々な制限が出てしまい、買取業者としても好ましくありません。
償還請求権を設定せずに売掛金を売却すれば、売掛先の倒産などによって債務不履行に陥った場合にも、自社は買取業者から売掛金を買い戻す義務を負いません。これは、売掛金の保有によって生じる貸し倒れリスクを、売掛金買取業者に移転できることを意味します。
これにより、売掛金買取はリスクマネジメントにも役立ちます。

売掛金を買取ってもらう方法

さて、売掛金の買取を活用し、資金繰り改善を初めとする様々なメリットを享受するために、具体的にはどうすればよいのでしょうか。
売掛金買取は、一般的な銀行か、もしくは中小の売掛金買取業者に依頼できます。
売掛金買取の流れは、銀行と中小買取業者では異なるケースが多いです。

銀行で買取ってもらう

一般的な銀行に依頼する場合、売掛金の買い手が銀行ですから、信用の面で優れています。ただし、銀行が売掛金を買取る場合、自社と銀行の二社間ではなく、自社・銀行・売掛先の三社間での契約となります。
したがって、売掛金買取にあたっては、売掛先に債権譲渡を通知し、承諾を受ける必要があり、売掛先に必ず知られます。売掛先の信用を損なう恐れがあるならば、銀行での売掛金買取はおすすめできません。
また、買取対象の売掛金の信用を図るために、銀行は売掛先に情報の提供を求め、審査を行います。売掛先からすれば、取引先の資金調達のために情報提供などの手間をかけ、審査を受けるのです。「痛くないもない腹を探られる」などの不快感を抱く可能性も高いです。
このようなデメリットがあるため、銀行での売掛金買取は中小企業には不人気です。
それなりに大きい会社であれば、力関係において優位にある売掛先を巻き込み、三社間での売掛金買取を行うこともあります。しかし、中小企業の利用は現実的ではないでしょう。

中小業者で買取ってもらう

中小の売掛金買取業者は、中小企業のニーズに合わせてサービスを設計しています。このため、ほとんどの業者が二社間での売掛金買取に対応しており、売掛先に知られない点でメリットがあります。
また、売掛先を巻き込まずに取引できるため、売掛先への通知や承諾、情報提供なども必要なく、スピーディな資金調達が可能です。これにより、最短即日での資金調達もごく一般的です。
ただし、中小業者は銀行に比べて、売掛金買取の手数料が高い傾向があります。
一般的に、銀行のように三社間で行う売掛金買取では、1~5%程度の手数料が一般的です。これに対し、中小業者の二社間取引では、10~20%程度が相場となります。
No.1の買取手数料は5~15%であり、業界最低水準に設定されています。ご希望に応じて、銀行同様の三社間取引にも対応しているため、柔軟な利用が可能です。
一般的な相場とNo.1の比較でもわかる通り、売掛金買取の手数料は業者によって差が大きいため、業者選びが重要となります。

まとめ

売掛金の基礎知識や資金繰りへの影響を知れば、売掛金を減らす必要性も理解できます。しかし、売掛金を減らすことは容易ではありません。売掛先との交渉を重ね、時間をかけて徐々に減らしていくのが基本です。
資金繰り改善を目指すならば、時間をかけて取り組むことを前提に、売掛先を減らすよう努めてください。
それと同時に、売掛金買取を活用しましょう。うまく利用することで、資金調達をはじめとする多くのメリットを享受しながら、スムーズに資金繰りを改善できるはずです。
売掛金買取をご利用の際には、ぜひNo.1へご相談ください。

スピード査定依頼フォーム

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top