カテゴリー: ファクタリングについて

製造業の資金繰り改善は原価管理にあり!ファクタリングの活用も大切

スピード査定依頼フォーム

製造業の資金繰りが圧迫する要因

 日本における製造業の割合は30%を超えており、全業種で最も高い割合です。日本が「モノづくり大国」と言われる理由もここにあります。
 当然、中小企業でも製造業の割合が最も高く、なおかつ資金繰りに苦しんでいる事業者が非常に多いのが特徴です。
 もっとも、製造業の資金繰りが他の業種に比べて特別に難しいわけではなく、製造業以上に苦しい資金繰りを強いられる業種は色々あります。逆に言えば、現在、資金繰りが苦しいと感じている中小製造業者では、比較的容易に資金繰り改善も可能なのです。まずは、製造業の資金繰りを圧迫する要因を見ていきましょう。

原価管理の難しさ

 製造業の資金繰りのポイントは、何といっても「正確に原価管理を行うこと」にあります。
 製造業は、モノを製造して販売します。製造には原材料、人件費、光熱費、設備費などの原価がかかります。原価率を正確に把握し、原価を管理しながら経営しているかどうかによって、業績や財務の安定性に雲泥の差が生じます。
 資金繰りに悩む製造業者は、原価管理がずさんになっていることがほとんどです。中でも、自社で製造している製品が複数種類あるにもかかわらず、それらの売上を一括りにしているケースが目立ちます。
 全ての製品を一括りにして売上を把握しても、製品別の売上が見えず、仕入原価の予測を立てることも不可能です。適正な仕入れができないため、不足するよりはマシだと考えて多めに仕入れることが増え、過剰在庫の問題も抱えるケースがよくみられます。
 このほかにも、変動費と固定費の区分が間違っており、原価率が正しく計算できなくなっていることも多いです。

労務管理が上手くいっていない

労務管理がうまくいかず、必要のない人件費を支払うことで製造原価が高くなり、利益を圧迫していることもよくあります。
 自社の労務管理がうまくできているかを簡単に診断するには、工場勤務の社員の人件費をチェックすることをおすすめします。もし、人件費の変動が小さい場合、受注の増減に合わせ、残業時間や休日出勤をコントロールできていない可能性が高いです。
 もちろん、労務管理がうまくいかなければ、工場が必要以上に稼働することとなり、水道光熱費などのコストにも無駄が生じます。
 これらも、資金繰りを圧迫する要因となります。
 

設備への過剰投資

 製造業特有の資金繰り悪化要因に、設備への過剰投資が挙げられます。
 製造業を営むには、製造設備への投資が欠かせません。古くなった設備を買い替えたり、新製品を製造するための設備を購入したりする必要があります。
 設備投資には多額の費用が必要となるため、銀行から設備費用を借り入れるのが一般的です。しかし、「借入時の計画通りに製品の売上が伸びない」「設備投資直後に景気が急速に悪化して設備の稼働率が落ち込んだ」といった場合には、当初見込んでいた利益(返済原資)が得られず、銀行への返済に苦しむこととなります。
 このほか、設備には点検や修繕のためのコストがつきものです。定期的なメンテナンス費用や、突発的な修繕に対応するめの修繕費を織り込みながら資金繰り計画を立てなければなりません。
 実際には、多くの製造業者がこのような計画性を持っておらず、保守管理や修繕の負担によって資金繰りを悪化させています。

売上の低下

 さらに、売上の低下に見舞われやすいのも製造業の特徴です。
 消費者は常に安いものを求めます。情報化とグローバル化が進んでいる現代では、消費者はよりコスパの良い商品を容易に探すことができ、海外製の安価な商品の流入も盛んです。このため、国内の製造業者は、単価の安い海外製品との価格競争を避けられません。
 また、人件費や材料費などが安い海外へ発注するケース非常に多く、国内業者の受託製造も難しくなっています。
 生き残るために、薄利多売によって売上を確保する、多額のコストをかけて海外に進出するなどの方針を採る製造業者も多いものの、どちらの場合にも資金繰りには大きな負担となります。

製造業の資金繰り改善方法

 では、製造業者が資金繰りを改善するにはどうすればよいのでしょうか。ここでは、「回収サイトの短縮・支払サイトの延長」といったごく一般的な方法には言及せず、特に製造業向けの資金繰り改善方法を取り上げていきます。

原価管理の徹底

 上記の通り、原価管理がずさんな状態は製造業にとって命取りになりかねません。まずは、原価管理の徹底から取り組むべきです。
 具体的な方法には、以下のような方法が挙げられます。

資金繰り表の売上区分を製品ごとに分ける

資金繰り表の売上区分を製品ごとに分けましょう。これにより、仕入原価の予測を立てられるようになり、製品ごとの真の原価率を把握できます。
 原価率が高い(≒利益率が低い)製品の製造を縮小し、原価率が低い(≒利益率が高い)製品の製造に注力することで、原価負担を引き下げると同時に利益率を高めることができ、資金繰りが確実に改善されます。

変動費と固定費の区分をチェック

変動費と固定費の区分をチェックしましょう。この区分が曖昧な状態では、原価率を正確に把握できません。
経理に関する知識が足りず、費用の区分が曖昧になっている会社では、コンサルタントに依頼するなどして一度整理する必要があるでしょう。

人件費や水道光熱費の見直し

工場での人件費や水道光熱費は製造原価の大きな割合を占めています。ここで無駄を省けば原価率を下げることができ、資金繰り改善に役立ちます。

設備投資は慎重に行う

設備投資は慎重に行い、設備の管理も正確を期します。定期メンテナンス費用はしっかりと織り込んだ上で資金繰りを計画し、突発的な修繕にも対応できる状況を作っておくことが大切です。

業務改善に取り組む

 原価率を下げ、支出を減らすことができれば資金繰りの改善につながります。そこで役立つのが業務改善です。
 製造業は、業務改善余地が大きい業種です。他の業種では、大きな改善に取り組まなければあまり効果が得られないことも多いのですが、製造業では小さな改善で効果が得られる可能性が高いのです。
 例えば、工場内の整理整頓が挙げられます。原材料を置く場所を少し工夫するだけで作業スピードが速くなったり、チェックの動作をひとつ加えるだけで不良品の個数が目立って減少したり、色々な工夫が考えられます。
 トヨタ方式のカイゼンでは、工場にネジがひとつ落ちているだけでも問題として取り上げます。ネジをよけるための一歩の動作を、大勢が長期間にわたって繰り返せば、小さな無駄が積もり積もって大きな無駄となります。これを問題視するのです。また、ひとつのネジを放置しておくことで、二つ目、三つ目のネジが落ちたまま放置されることを予防することも可能です。
 製造業では、このようなわずかな改善の積み重ねにより、資金繰りを着実に改善できます。

在庫管理の徹底

 製造業では、製造のために仕入れた原材料や、製造した製品を一時的に保管しておく必要があります。そこで重要なのが在庫管理の徹底です。
 在庫管理は、仕入れのコントロールにつながります。仕入れの数量をコントロールすれば、常時保管しておく数量を一定に保つことができ、原材料の在庫が過剰になることもありません。これにより、無駄な仕入れ費用の発生を避けることができます。
 また、製造量のコントロールにもつながります。製造量が適正水準であれば、原材料を多く仕入れる必要がなくなり、過剰な製品在庫を抱えることもありません。
 原材料や製品の在庫を適切に管理し、過剰在庫に陥らなければ、在庫を保管しておく倉庫も必要十分なサイズを選ぶことができます。倉庫サイズを縮小すれば、倉庫賃料のカットも可能です。

ファクタリングの活用

 資金繰りの安定のために、資金調達方法の多様化にも取り組むべきです。
 上記の通り、製造業は売上の低下に見舞われる危険があり、設備投資が想定外の負担になることもあります。その結果、資金繰りが悪化するにつれて銀行が融資を渋るようになり、資金調達に苦労することが多いです。
 銀行融資以外にも、複数の資金調達ルートを確保しておくことは、製造業に限らず全ての業種にとって重要といえます。
 製造業と相性が良い資金調達方法のひとつにファクタリングがあります。ファクタリングとは、自社が保有している売掛金をファクタリング会社に売却することで資金を調達する方法です。つまり、支払い期日前の売掛金によって資金を調達できるのです。
 ほとんどの製造業者は掛取引を行っており、基本的には常に売掛金を保有しています。これは、もファクタリングによっていつで資金調達ができることを意味します。
 銀行融資の難点は、調達に時間がかかることです。業績・財務が好調な会社がプロパー融資を受ける場合でも2週間程度を要し、それ以外の会社では1ヶ月程度を要するのが普通です。中小製造業者では信用保証協会を利用するケースが多いですが、その場合にはもっと時間がかかるでしょう。したがって、銀行融資では突発的な資金需要に対応できません。
 これに対し、ファクタリングであれば即座に資金を調達できます。No.1では、最短即日でファクタリングできるため、突発的な資金需要にも対応可能です。
 もちろん突発的でなくとも、必要な時にすぐ調達できる方法があれば、資金繰りは非常にラクになります。
 基本的に掛取引を行っており、多額の売掛金を保有している製造業者だからこそ、資金繰り改善にはファクタリングが欠かせないのです。

まとめ

本稿では、製造業の資金繰りの特徴や改善方法を解説しました。
製造業は特別に資金繰りが難しいというわけではなく、資金繰り改善も比較的容易です。とはいえ、原価管理がずさんである、業務改善への意識が乏しいなど、根本的な問題を抱えている場合には資金繰り改善に苦労します。抜本的な改革のためには、コンサルタントへの依頼も検討すべきでしょう。
No.1では、資金繰りを専門とするコンサルタントが複数在籍しており、製造業の資金繰り改善にも携わってきました。ファクタリングの実績・ノウハウも豊富であるため、「コンサルティング+ファクタリング」という、これまでにない価値の提供が可能です。
 製造業の資金繰り改善やファクタリングは、ぜひNo.1にお任せください。

スピード査定依頼フォーム

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top