カテゴリー: ファクタリング

ファクタリング審査に落ちてしまったら?No.1にご相談を

スピード査定依頼フォーム
初めてファクタリングを利用する方の中には、ファクタリングに審査があることを知らない人もいます。そのような人は、ファクタリング審査に落ちた場合にどう対処すればよいか分からず、避けられたはずの損失を被ってしまう可能性があります。
 ファクタリング審査について正しい知識を持ち、適切に対処できるようになれば、ファクタリングはさらに役立つものになります。
 本稿で、ファクタリング審査の基礎知識と、ファクタリング審査に落ちた場合の正しい対処について学んでいきましょう。

ファクタリングとは

 ファクタリングとは、売掛金の売却によって資金を調達することです。
 信用取引を行うと、商品代金を一時的に売掛金の形で保有することになります。支払い期日になり、取引先が代金を確実に支払うことで初めて現金が得られます。
 売掛金の形で保有するデメリットは、

  • 支払い期日が遠く、なかなか現金が入ってこない
  • 取引先が支払い期日に遅れ、予定していた現金が入ってこない

といったリスクがあることです。実際に商品やサービスを売り、帳簿の上ではお金が入ってきているのですが、売掛金のままでは支払いに利用できません。これが手形であれば、裏書譲渡などによって、現金のように利用できるのですが、売掛金にはそのような利便性がないのです。
 そこで役立つのがファクタリングです。ファクタリングならば、ファクタリング会社に売掛金を買い取ってもらうことで、支払い期日を待たずに売上を回収できます。
 ファクタリングには手数料がかかるため、手数料の分だけ売掛金の額面が目減りします。しかし、中小のファクタリング会社を利用すれば、最短即日といったスピーディな対応も受けられ、ファクタリング手数料を補って余りあるメリットを持っています。

ファクタリングの魅力

 スピーディな資金調達に適しており、緊急の資金需要にも使える柔軟性が人気を集めているファクタリングですが、自社の経営状況に関係なく利用できることも大きな魅力です。
 銀行やノンバンクなどから融資を受ける場合には返済能力が重視されるため、自社の経営状況が悪ければ資金調達は不可能です。これに対し、ファクタリングは自社の経営状況に関係なく利用できます。というのも、ファクタリングでは売掛金という流動資産を売却するのであって、融資を受けるわけではなく、返済能力を問われないからです。
 したがって、「赤字決算」「債務超過」「リスケジュール中」など、融資による資金調達が絶望的な状況でも、ファクタリングならば問題なく利用できます。

どんどん手軽になるファクタリング

 また、手軽さも魅力です。 
 ファクタリングが急速に普及をはじめ、中小のファクタリング会社の開業が相次いだのは2017年頃でした。弊社No.1は、これよりやや早い2016年に設立しています。
 この時期から現在に至るまでに、多くのファクタリング会社が開業し、また廃業していきました。開業が増えたことで競争も激しくなり、ノウハウが不十分な状態で開業したファクタリング会社はほとんどが廃業しています。
 特に差が出るのはファクタリング審査です。スピードが売りとなるファクタリングでは、審査ノウハウが欠かせません。これは、審査そのものの正確性やスピードにも影響しますが、手軽さにも大きくかかわってきます。
 例えばNo.1では、手元にある4点の書類によって審査を受けられます。少ない書類でしっかり審査するためのノウハウがあるからです。
 このようなノウハウがないファクタリング会社では、様々な書類を求めます。多くの利用者は書類を揃える手間を嫌い、このようなファクタリング会社を敬遠します。その結果、ノウハウのないファクタリング会社は売上の確保が困難になり、廃業していくのです。
 2021年現在、手軽に利用できるファクタリング会社が主流になりつつあります。まだまだ手軽さに欠けるファクタリング会社もありますが、一昔前よりも随分手軽になりました。
 この手軽さもファクタリングの大きな魅力です。

ファクタリング審査とは?

 上記で、ファクタリングは銀行融資とは異なり、自社の状況に関係なく利用できるとしながら、一方でファクタリング審査に触れたため、「自社の経営状況を問われないのに、どうして審査が必要なのか?」
と疑問に思っている人もいるでしょう。
これは、ファクタリングでは自社に対してではなく、売掛先に対して審査を行う必要があるためです。

ファクタリング審査を行う理由

ファクタリング会社は、買い取った売掛金が支払い期日に支払われることで、はじめて利益を得られます。そのためには、売掛先の支払い能力・信用力が重要です。
 例えば、売上先が倒産寸前であれば、売掛金が支払われない可能性が高いです。そのような売掛金を買い取ってしまうと、ファクタリング会社は損失を出すリスクがあります。
 このリスクを避けるために、ファクタリング会社は売掛先を審査して貸し倒れリスクを測り、

  • 貸し倒れリスクが低い→ファクタリング手数料を安く設定して買い取る
  • 貸し倒れリスクがやや高い→ファクタリング手数料を高く設定して買い取る
  • 貸し倒れリスクが高い→買い取らない

といった判断をしていきます。

ファクタリング会社によって判断が変わる

少し厄介なのが、売掛金のリスク測定や、リスクに応じた判断がファクタリング会社によって異なることです。

方針による違い

 企業ごとに異なる経営理念や経営方針があるように、ファクタリング会社にもそれぞれ方針があります。
 例えば、リスクにシビアなA社、リスクに寛容なB社が同じ売掛金(リスクがやや高い売掛金)を審査しファクタリングする場合、

A社:買い取らない(=審査落ち)
B社:通常より割高なファクタリング手数料で買い取る

といった差が生じるのです。一方は審査に落ち、一方は審査に通るのですから、この違いは大きいです。

調査力による違い

 方針だけではなく、調査力も会社によって異なります。
 調査力に優れた会社では、リスクを正確に測定して判断します。一方、調査力に欠ける会社では調査不足によって生じるリスクを織り込んで買い取る必要があるため、審査に落ちやすくなったり、手数料が割高になったりすることが多いのです。
 このことから、

  • 審査通過率などを参考にして、積極方針を採っているファクタリング会社を選ぶ
  • 審査力(調査力)に定評のあるファクタリング会社を選ぶ

といったことが欠かせません。

審査は気軽に

 リスクの高い売掛金は買い取ってもらえない可能性もありますが、それは売掛先に問題があるのであって、自社に問題があるわけではありません。
 銀行融資であれば「審査に落ちた=自社の信用に問題がった=資金調達できない」ですが、ファクタリングでは「審査に落ちた=売掛先に問題があった=別の売掛金で資金調達すればよい」ということです。
「審査」というと、銀行融資の審査のイメージがあるため難しく考えがちですが、ファクタリングの審査は自社に対して行うものではないため、気軽に考えてください。

ファクタリング審査に落ちたらどうする?

審査通過率が高いファクタリング会社を選んでも、ファクタリング審査に落ちることがあります。
ファクタリング審査に落ちた場合にすべきことと流れは大体決まっています。それは、

  • 1、ファクタリング審査に落ちた売掛先の与信管理を見直す
  • 2、他のファクタリング会社に再度ファクタリングを依頼する
  • 3、どうにもならない売掛金は不良債権として処理する

というものです。

1、売掛先の与信管理を見直す

 ファクタリング審査に落ちた際、真っ先にやるべきことは売掛先の与信管理の見直しです。
 ファクタリング会社は、売掛先の支払い能力や信用力を調査した上でファクタリングの可否を判断しています。つまり、審査に落ちた売掛先は、信用調査の結果「貸し倒れリスクが高い」ことが判明したわけです。
 ファクタリング会社は、ファクタリングによって利益を得ています。調査の精度が利益に直結するため、ファクタリング会社の調査で「貸し倒れリスクが高い」とされた売掛先は、危険な状態にある可能性が高いです。
 したがって、この売掛先に対しては、以下の対策を講じていきます。

  • 取引を見直し、与信限度額を引き下げ、新規に発生する売掛金を限定する(貸し倒れになった場合の損失軽減を図る)
  • 売掛先から回収サイトの延長などを依頼される可能性があることを事前に認識しておく(厳しく対応できるように心構えをしておく)
  • できるだけ機会を見つけて売掛先に連絡を入れ、様子を窺っておく(徐々に連絡が取れなくなってきたらかなり危険)
  • 支払いが遅れた場合にすぐ行動に移れるよう、準備をしておく(督促状など)

 債務不履行を起こすと、複数の債権者が一斉に回収に乗り出します。回収への動きが早いほど有利になるため、ファクタリング審査に落ちた時点で準備を始めておくことが大切です。

2、別のファクタリング会社に依頼する

 次にすべきことは、別のファクタリング会社に再度ファクタリングを依頼することです。
 上記の通り、ファクタリング会社によって方針や調査力が異なります。ファクタリング審査に一度落ちたとしても、別のファクタリング会社では買い取ってもらえる可能性があります。
 貸し倒れリスクが高い売掛金でも、ファクタリング手数料を高く設定するなどして買い取ってもらえるならば、ぜひファクタリングすべきです。ほとんどのファクタリング会社は償還請求権なしでファクタリングしているため、売却後に貸し倒れになったとしても、自社が買い戻す必要はありません。つまり、売掛金の貸し倒れリスクをファクタリング会社に移転できるということです。
 ファクタリング手数料が高くなれば、額面が大きく目減りして赤字になるかもしれません。しかし、貸し倒れに陥った場合には、全く回収できなくなってしまうことも多いため、ファクタリングによって一部だけでも回収できるならばメリットがあります。
 もし、複数のファクタリング会社で審査に落ちたならば、その売掛先はかなり苦しい状況にあると考えて間違いありません。与信管理の徹底を心がけましょう。

3、不良債権として処理する

 複数のファクタリング会社で審査に落ちた場合には、貸し倒れになる可能性が高いものと見込んでおき、ひとまず支払い期日を待ちます。
 期日通りに支払われなければ、事前に準備しておいた通り、回収のための手続きを早急に進めていきます。
他の債権者より動きが早く、法的措置も見据えて対応していくならば、売掛先にプレッシャーを与えることができます。「支払いを待ってもらおう」といった甘い考えを起こさせず、回収できるものを確実に回収していくことにつながります。
 しかしながら、回収の望みが全くなくなってしまうこともあります。売掛先が民事再生などに踏み切ると、売掛金は法的に回収不能となります。経営が破綻した場合なども同様です。
 どうしても回収できなくなった場合には、その売掛金は不良債権として処理します。入ってくるはずの売上が入ってこなくなるため、業績・財務ともに悪影響を受けることになります。
 しかし、不良債権を放置しておくと、その売掛金の実質的な価値はゼロであるにもかかわらず、儲かっているような錯覚に陥る危険があります。自社の実態を正しく捉えなければ、資金繰りのコントロールもできなくなり、ファクタリングの活用にも支障をきたします。
 また、不良債権を放置していると、銀行融資の際に資金繰りがずさんであるとみなされ、審査に不利になることも多いです。
 したがって、ファクタリングできず、貸し倒れに陥った売掛金はしっかりと処理していくことが大切です。

ファクタリング審査に落ちたらNo.1に相談を

ファクタリング審査に落ちた場合の流れのうち、最も生産性のある取り組みは「他のファクタリング会社に再度依頼すること」です。
 売掛先の与信管理や不良債権処理は損失をできるだけ軽減するためであり、後ろ向きの取り組みといえます。これに対し、他のファクタリング会社に依頼し、資金調達につなげていくことはいくらか前向きです。
 したがって、最初に依頼したファクタリング会社で審査に落ちたからといってすぐに諦めるのではなく、別のファクタリング会社に相談することをおすすめします。
 再度依頼するファクタリング会社を選ぶ際には、審査に落ちたファクタリング会社と比較して、以下の3点をみて選ぶのがポイントです。

  • ファクタリング手数料が安い
  • 審査スピードを売りにしている
  • 審査通過率が高い

なぜならば、以下が期待できるからです。

  • ファクタリング手数料が安ければ、貸し倒れリスクが高いと評価される売掛金でも、比較的高く買い取ってもらえる
  • 審査スピードを売りにしているファクタリング会社は調査力が高い。貸し倒れリスクを正確に見積もったうえで「ファクタリング可能」と判断する可能性がある
  • 審査通過率が高いファクタリング会社は、貸し倒れリスクの高い売掛金も積極的に買い取っていることが多いため、ファクタリングできる可能性が高い

といった期待が持てるためです。

No.1の強み

再度依頼するファクタリング会社にお悩みの方は、ぜひNo.1にご相談ください。
 No.1は、上記に挙げたファクタリング手数料、審査スピード、審査通過率のいずれにおいても業界トップクラスの水準でサービスを提供しています。

  • ファクタリング手数料:2社間ファクタリングは5~15%、3社間ファクタリングは1~5%
  • 審査スピード:即日対応可能
  • 審査通過率:90%以上

という条件でファクタリングを提供しています。おそらく、審査に落とされたファクタリング会社よりも良い条件になっているはずです。
 また、No.1はコンサルティングサービスも手掛けています。審査に落ちた売掛金は、いずれ不良債権化する可能性が高いです。入ってくるべき売上が入ってこなくなれば、キャッシュフローは確実に悪化します。
 No.1はキャッシュフロー改善コンサルティングを売りにしています。No.1にファクタリングをご依頼いただければ、プロの目線で様々なアドバイスが可能です。
 ファクタリング審査に落ちて困っている方は、お気軽にご相談ください。

まとめ

 本稿では、ファクタリング審査の仕組みと、ファクタリング審査に落ちた場合の対処方法を解説しました。
 ファクタリングは利便性や柔軟性が高いことで知られているため、初めて利用する人の中には「審査落ち」があることを知らない人も多いです。そのような人は、いざ審査落ちになったとき、どうすればよいか分からず、対応が後手に回ってしまうものです。
 不良債権化の危険が高まっている局面ですから、対応が遅れることは避けなければなりません。最も手っ取り早いのは、別のファクタリング会社に再度依頼して買い取ってもらい、貸し倒れリスクを避けることです。
 No.1にご相談いただければ、あなたの会社に最適なファクタリングをご提案いたします。

スピード査定依頼フォーム

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top