カテゴリー: ファクタリングについて

ファクタリングのカギを握る優良・安心・安全はこう考える!ファクタリングはNo.1におまかせ

スピード査定依頼フォーム

ファクタリングで優良・安心・安全がなぜ重要か

銀行融資以外の資金調達方法のひとつにファクタリングがあります。ファクタリングとは、自社の保有している売掛金をファクタリング会社に売却(譲渡)することによって、支払い期日を待たずに売掛金を資金化する方法です。

最近では、ファクタリングは特に中小企業の間で人気を集めています。なぜならば、ファクタリングは銀行融資とは異なり、スピーディな資金調達が可能であり、借入ではないため返済負担も気にする必要がなく、使い方次第では資金繰りの改善にも役立つためです。

もっとも、資金調達の基本は銀行融資であり、ファクタリングはイレギュラーな方法です。持続的・安定的に資金調達するには融資が適しており、あくまでもファクタリングは融資を受けられない場合や、融資を受けるほどでもない小規模な資金需要に対して例外的に利用するのが基本です。

とはいえ、ファクタリングを使いこなせる会社と、使いこなせない会社では資金繰りの柔軟性に雲泥の差が生じることも事実です。

そして、ファクタリングを使いこなすためには、優良・安心・安全のファクタリング会社を正しく選んでファクタリングすることが欠かせません。

優良・安心・安全でなければ逆効果

優良・安心・安全でなければ、ファクタリングは逆効果になることも多いです。
簡単に言えば、

▼優良・安心・安全でないファクタリング会社例

  • ・ファクタリング手数料が高い→売掛金の額面を大きく損ない、赤字の危険性が高まる
  • ・手続きが遅い→緊急の資金調達に間に合わず、支払いが遅れてしまう
  • ・審査通過率が低い→十分な資金を調達できず、支払いに間に合わない

といった問題が生じる可能性が高いのです。
したがって、ファクタリングを利用する際には優良ファクタリング会社を選ぶことが重要です。
具体的には、どのようなファクタリング会社ならば優良ファクタリング会社であるといえるのでしょうか。以下に詳しく解説します。

優良ファクタリング会社は手数料が安い

優良ファクタリング会社の最大の特徴は、ファクタリング手数料が安いということです。

ファクタリングを使いこなすためには、ファクタリング手数料が資金繰りに与える影響をしっかり把握しておくことが重要です。
例えば、ファクタリング手数料が10%のA社と、ファクタリング手数料が15%のB社で100万円の売掛金をファクタリングした場合、

▼ファクタリング会社の手数料比較

  • A社:100万円-(100万円×10%)=90万円
  • B社:100万円-(100万円×15%)=85万円

となり、調達できる現金に5万円もの差が生じます。

自社の利益率が15%の場合、A社を利用した場合の利益率は5%に、B社の場合は0%に低下します。B社のファクタリングを利用すれば、全く儲からないことになってしまうのです。
長期的な資金繰りを考えると、ファクタリング手数料の影響がいかに大きいか、よく分かることと思います。

もちろん、ファクタリング会社もビジネスとしてファクタリングを提供しているため、安すぎる手数料を期待することはできません。しかし優良ファクタリング会社は、他のファクタリング会社に比べて手数料を抑えていることが多いです。

ファクタリング手数料を高く設定すれば、ファクタリングを依頼した会社は資金繰りの悪化を招きます。これは、ファクタリング会社にとって顧客を潰すことにほかならず、長期的に見ればデメリットしかありません。
優良ファクタリング会社は、顧客と長期的に付き合い、安定的な利益を得ることを重視するため、ファクタリング手数料を適正かつ低めの水準に設定しているのです。

優良ファクタリング会社は手数料がはっきりしている

優良ファクタリング会社を選ぶ際には、まず「手数料がはっきりしているか」を見るのがポイントです。
ファクタリング会社のホームページには、ファクタリング手数料が記載されています。このとき、以下の点に注意します。

具体的な数値を記載していない会社は避ける

ファクタリング手数料を明記せず「お気軽にお問い合わせください」「まずはお見積りから」といった記載の会社は、優良ファクタリング会社ではない可能性が高いです。

低めに設定しているならば、その設定自体がアピールになるため、敢えて明記しないはずがありません。明記していない場合には、明記できない理由があると考えるのが妥当です。

上限と下限の幅が広い会社は避ける

ファクタリング手数料を明記しているものの、例えば「8~30%」のように上限・下限の幅が広く設定されているケースも見られます。

このように設定している場合、下限を低く設定して申し込みを促し、実際には上限に近い手数料を求める悪質業者であることも考えらえます。

優良ファクタリング会社では、上限と下限の幅を10%程度に設定しているケースが多いです。「5~15%」といった設定であれば、手数料に関しては優良ファクタリング会社の水準を満たしていると言ってよいでしょう。

手数料以外の費用はどうか

ただし、ファクタリング手数料が低く設定されているだけでは安心・安全とは言い切れません。ファクタリング会社によっては、ファクタリング手数料以外の費用を請求するケースもあるからです。諸費用には以下があります。

▼ファクタリングの諸費用

  • ・債権譲渡登記費用(債権譲渡登記を司法書士に依頼するための費用)
  • ・印紙代(債権譲渡契約や債権譲渡登記に必要となる印紙税)
  • ・振込手数料(買取代金を振り込む手数料)
  • ・出張交通費(ファクタリング会社が自社に出向いて手続き・契約する際にかかる費用)

諸費用がかかる場合、ファクタリング手数料が安くても、トータルでのコストは高くなる可能性があります。
例えば、ファクタリング手数料が5%、諸費用が合計10万円の条件で100万円の売掛金をファクタリングすれば、トータルコストは15万円となります。これでは、ファクタリング手数料15%・諸費用なしの条件と全く変わりません。
それよりも、ファクタリング手数料10%・諸費用なしといった条件のファクタリング会社を選ぶべきです。

中には、ファクタリング手数料を低く設定することで安く見せかけ、諸費用を高く設定することで儲けようとする業者もあるため注意が必要です。

優良ファクタリング会社では、諸費用なしに設定(あるいは諸費用込みでのファクタリング手数料を設定)していることが多いため、初めから「諸費用なしのファクタリング会社を選ぶ」と考えておけば安全に利用できるでしょう。

優良ファクタリング会社ほどスピーディ

次に重要なのは、ファクタリングのスピードです。

多くの場合、ファクタリングではスピーディな資金調達が可能です。緊急の資金需要が発生した際には、ファクタリングによって即座に売掛金を資金化し、支払いなどに対応できます。

ファクタリングにスピードが求められていることは、ファクタリング会社もよく知っています。
ファクタリングを利用する会社は緊急の資金調達に迫られており、それに応えられなければ資金繰りがショートする危険があります。そのような会社をファクタリングによって支援することで、ファクタリング会社の経営は成り立っているのです。

逆にいえば、スピーディに対応できないファクタリング会社は、ファクタリング業界での生き残りは難しいです。
できるだけスピーディに対応するのが普通であり、対応に時間がかかるファクタリング会社は普通ではない、少なくとも優良ではないと考えるべきです。

審査で考える優良ファクタリング会社

ファクタリングに時間がかかる会社が優良といえないことは、ファクタリングの流れから考えても明らかです。ファクタリングの基本的な流れは、

▼ファクタリングの基本的な流れ

  1. 1、ファクタリングを申し込む
  2. 2、ファクタリングする売掛金の審査を行う
  3. 3、買取価格に問題がなければファクタリング契約を結ぶ
  4. 4、買取金額が入金される

というものです。この流れのうち、ファクタリング会社によって特にスピードが異なるのは審査です

審査スピードに強みのあるファクタリング会社であれば、審査を素早く行うことができ、早ければ数時間以内や即日での振り込みが可能です。逆に、審査に時間をかけているファクタリング会社では、対応に数日を要することもあります。

審査に強いファクタリング会社は、ファクタリングに求められるスピード感をよく認識しています。
また、審査スピードが速い理由は、データやノウハウの蓄積が豊富であるためです。多くの会社から支持され、多くのファクタリングに対応してきたからこそデータ・ノウハウの蓄積もできたのです。

このように考えると、スピーディに対応できるファクタリング会社は信頼性においても優れており、安心・安全に利用できる可能性が高いです。

本当にスピーディか?

気をつけたいのは、「即日対応」と明記しているファクタリング会社でも、実際には数日を要するケースがあることです。
これは、優良業者・悪質業者のどちらでも起こり得ることです。例えば、

  • ・三社間ファクタリングを利用する場合、売掛先も交えてファクタリングを進める必要があり、売掛先の対応スピードが遅ければ即日対応は不可能となる
  • ・ファクタリングの対応時間外に申し込んだために、翌営業日以降の対応となる
  • ・ファクタリングの依頼が殺到しているタイミングで申し込んだために、当日中の対応を受けられない

といったことは、優良ファクタリング会社でも起こり得ます。ただし、即日対応と明記しながら、実際には即日対応しない悪質業者もあります。
悪質業者では、利用者を呼び込むためにアピールしているだけで、実際には即日対応できるだけのノウハウを持っていないケースが多いです。そのような業者は利用しないように、即日対応が可能かどうかを申し込む前にしっかりと確認しておくことが大切です。

優良ファクタリング会社は必要書類が少ない

優良ファクタリング会社を選ぶ際には、必要書類もチェックすべきです。

ファクタリング会社によって、手続きに必要な書類が異なります。申し込みや契約の際に、取得や作成に手間がかかる書類を求められる場合も少なくありません。
最短即日で対応しているファクタリング会社は多いのですが、それはあくまでも必要書類が全て揃っていることが前提です。必要書類の準備に時間を取られてしまうと、即日での資金調達ができなくなります。

優良ファクタリング会社では、必要最低限の書類で申し込める仕組みになっています。

▼ファクタリングで必要な書類

  • ・通帳のコピー
  • ・直近の決算書
  • ・請求書
  • ・発注書or納品書

などを提出するだけで審査を受けることができます。これらの書類は、普通の会社ならばすぐに揃えることができます。

必要書類に配慮していないファクタリング会社の場合、このほかに登記簿謄本、事業計画書、売掛先との契約書などを求められることが多いです。登記簿謄本の交付申請や、事業計画書の作成には手間と時間がかかるため、即日ファクタリングは困難です。

ファクタリングの際には事前に必要書類を確認し、すぐに申し込めるファクタリング会社を選ぶと安心です。

優良ファクタリング会社は審査通過率が高い

審査通過率も優良・安心・安全に重要な要素です。

ファクタリング会社は、買い取った売掛金が期日通りに支払われることで利益を得ています。このため、貸し倒れリスクの高い売掛金は買い取らないか、ファクタリング手数料を高く設定した上で買い取る必要があります。

審査通過率が低いファクタリング会社は、貸し倒れリスクが高い売掛金を買い取りません。安全性を重視するため、他のファクタリング会社よりもリスクを高めに見積もり、ファクタリング手数料を高めに設定することも考えられます。

このため、審査通過率が低いファクタリング会社は優良であるとは言い難いです。そのようなファクタリング会社に申し込むと、時間をかけて審査した上で「買取不可」となることもよくあります。
その場合には他のファクタリング会社を新たに探すこととなり、必要な資金を調達できなかったり、即日で資金調達できなかったりといった問題が生じる可能性が高いです。

ファクタリングの際には、審査通過率が高いファクタリング会社を選ぶと安心です。
例えば、審査通過率が90%のファクタリング会社であれば、ファクタリングする売掛金10件のうち9件は買い取ってもらえる可能性が高いです。
さらに、優良ファクタリング会社では手数料も低く設定されています。5~15%に設定されている場合、買い取ってもらえる9件のうち、貸し倒れリスクが比較的高い売掛金でもファクタリング手数料15%以下で売却できます。

優良ファクタリング会社を利用すれば、審査通過率の高さとファクタリング手数料の低さにより、非常に良い条件で資金調達できることが分かるでしょう。

優良ファクタリング会社は償還請求権なし

優良ファクタリング会社と悪質業者を明確に分ける基準として、「償還請求権の有無」が挙げられます。
償還請求権とは、売掛金を買い取った後、売掛先が期日通りに支払わなかった場合に売掛金の買い戻しを請求できる権利のことです。
ファクタリングの際に償還請求権を付与しているならば、そのファクタリング会社は悪質業者である可能性が極めて高いです。

法律上、償還請求権を付与する場合には「売掛金の買い取り」ではなく、「売掛金を担保にした貸し付け」に該当します。このため、償還請求権有りとしているファクタリング会社は、必ず貸金業登録をしていなければなりません。

利息制限法の上限金利は、100万円以上の場合には年15%が上限となり、

  • ・ファクタリングの際に償還請求権を付与している
  • ・貸金業登録を受けており、売掛金を担保に貸し付けている

という会社では、年15%以下になるようファクタリング手数料を設定する必要があります。
年15%を月利換算すると、月1.25%となります。つまり、支払い期日が1ヶ月後(30日後)の売掛金をファクタリングする場合には、1.25%以下の手数料でファクタリングしなければならないのです。

実際には、これほど安い手数料でファクタリングできることは滅多にありません。
30日後に支払い・額面100万円・ファクタリング手数料15%などと設定されるのが普通です。これは、85万円の現金を月利15%・年利180%の違法金利で借り入れていることと何ら変わりません。

償還請求権ありのファクタリング会社は、悪質であるどころか闇金業者であると考えるべきです。日本貸金業協会の公式資料でも、ファクタリングを装ったヤミ金融である可能性が高いケースのひとつに「売掛債権譲渡契約に償還請求権が付いている」を挙げています。

安心・安全なファクタリングのためにも、償還請求権のないファクタリング会社を選ぶことが欠かせません。

優良ファクタリング会社ではコンサルティングも

優良ファクタリング会社の中には、コンサルティングを手掛けている会社もあります。より良い利用のためには、コンサルティングも受けられるファクタリング会社がベストです。

ファクタリングを利用する場合、支払いに間に合わせることを重視するあまり、資金繰り的にはメリットの少ないファクタリングを利用してしまう会社も多いです。ファクタリングが却って悪影響となり、長期的に資金繰りを圧迫してしまうこともあります。

ファクタリングと同時にコンサルティングを依頼できれば、以下のようなメリットが期待できます。

▼ファクタリングとコンサルティングを同時に依頼するメリット

  • ・資金繰りへの負担が少ない形でファクタリングできる
  • ・ファクタリングと他の資金調達の組み合わせを提案してもらえる
  • ・キャッシュフロー改善のコンサルティングを受けられる
  • ・財務全般の相談ができる

コンサルティングはプラスアルファの機能であり、優良ファクタリング会社の全てがコンサルティングを手掛けているわけではありません。コンサルティングを提供していない優良ファクタリング会社も多いです。

しかし、どちらも優良といえる条件のA社とB社があり、A社はコンサルティングも可能・B社はコンサルティング不可という場合には、A社にファクタリングを依頼する決め手となるでしょう。

優良・安心・安全のファクタリングはNo.1

株式会社No.1では、お客様が安全に、安心感をもってご利用できるように、ファクタリングサービスを手掛けてきました。
No.1は、これまで解説してきた優良ファクタリング会社の特徴を全てカバーしています。No.1の具体的な特徴は以下の通りです。

手数料が安い

No.1では、ファクタリング手数料をできるだけ低く抑えるように努めています。
三社間ファクタリングと二社間ファクタリングのいずれにも対応しております。

三社間ファクタリング:1~5%

二社間ファクタリング:5~15%

特に力を入れているのは、二社間ファクタリングの手数料です。
お客様の多くは、売掛先への配慮から二社間ファクタリングを利用しますが、売掛先に知られない代わりに高い手数料を支払ってしまうケースが少なくありません。
20~30%、あるいはそれ以上の手数料を支払ってファクタリングした結果、資金繰りの悪化を招くことも多いです。

No.1の設定する、5~15%の手数料であれば資金繰りへの影響は軽微です。さらに、手数料以外の費用は一切かからないため、売掛金額面の5~15%のコストで確実にファクタリング可能です。

即日ファクタリングに対応

No.1では、最短即日でのファクタリングに対応しています。
申し込みは電話やメール、FAXでも可能です。まずはこれらの方法によって申し込み、審査を行います。
審査後、No.1の本社または支社にご来店いただくか、No.1のスタッフがお客様の会社を訪問した上で最終確認を行い、問題がなければファクタリング契約を結びます。

対面での手続きが必要ですが、東京、名古屋、福岡の会社であればスピーディな対応が可能です。全国出張にて対応しており、遠方のエリアの方もお気軽にお問い合わせください。

契約完了後、振り込みまたは手渡しで現金を受け渡します。契約完了が15時以降であっても、手渡しが可能であるため翌営業日の振り込みを待つ必要がありません。

必要書類は4点のみ

No.1の審査に必要な書類は、以下の4点のみです。

▼No.1においてファクタリングの審査で必要な書類

  • ・3ヶ月分の通帳のコピー
  • ・直近の決算書
  • ・請求書
  • ・発注書or納品書

既に手元にある書類だけで申し込めるため、すぐに審査に移ることができます。
これも、No.1がスピーディに対応できる理由です。

償還請求権なし

No.1は優良ファクタリング会社であり、償還請求権のないファクタリングを行っています。
近年、ファクタリング会社を装った闇金業者の存在が問題視されています。悪質業者の存在に不安を抱えている方は、ぜひNo.1にご依頼ください。

償還請求権がないため、売掛金が回収不能なった場合にも買い戻しを請求することはありません。
これは、売掛金の貸し倒れリスクを自社からファクタリング会社に移転できるということでもあります。No.1では、リスクマネジメントも兼ねたファクタリングが可能です。

コンサルティングも可能

手数料が安い、即日ファクタリングが可能、必要最低限の書類で申し込める、償還請求権がないといったことは、優良ファクタリング会社ならば当然といえる要素であり、それほど差が出ることはありません。

優良ファクタリング会社の中でもNo.1が特に優れているのは、コンサルティングサービスを実施していることです。
No.1には4名のコンサルタントが在籍しており、以下のアプローチで経営支援を行っています。

キャッシュフローの正常化

キャッシュフローとは、会社に入ってくるお金と出ていくお金の流れのことです。
キャッシュフローが異常であれば、入ってくるお金よりも出ていくお金の方が大きくなり、常に現金不足の状態、資金繰りが危ない状態となります。

No.1では、キャッシュフローの正常化を見据えたファクタリングサービスを行っています。例えば、回収サイトが長いなど、キャッシュフローを悪化させている売掛金をファクタリングすることでキャッシュフローを改善し、正常化を目指します。

融資の正常化

融資正常化のコンサルティングも売りにしています。
債務超過状態にある会社では、銀行融資を受けられる見込みはほとんどありません。そのような会社に対しては、債務超過解消を支援します。

また、赤字決算の会社も融資を受けるのは困難です。No.1では、事業の見直しと問題の解決による黒字化を支援しています。一時的に黒字化するのではなく、3期連続黒字を目指して支援するため、抜本的な経営改革も期待できます。

キャッシュフローの改善、債務超過の解消、3期連続の黒字化を達成すれば、銀行からの信用を取り戻せることは間違いありません。融資正常化までの期間中は、ファクタリングの活用による資金繰りの維持もサポートいたします。

通常、資金調達はファクタリングではなく銀行融資を基本とすべきです。そのような基本的な資金繰りのあり方を、ファクタリングを通して目指していけるのがNo.1の最大の強みです。

まとめ

ファクタリングを利用するならば、優良・安心・安全を兼ね備えたファクタリング会社を選ぶべきである理由と、具体的な考え方について解説しました。
この記事で述べた条件を満たす優良ファクタリング会社は複数あるため、弊社以外にも適したファクタリング会社を見つけられることと思います。
しかし、No.1ならばファクタリング手数料や対応スピードに優れているだけではなく、コンサルティングによる経営支援も可能です。

その場しのぎの資金繰りのためにファクタリングを利用するのではなく、長期目線での資金繰り改善や財務強化などを見据えてファクタリングを活用してほしいと思います。
そのためにも、ぜひNo.1をご利用ください。

スピード査定依頼フォーム

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top