株式会社No.1 > No.1のファクタリング ー 資金調達ブログ ー > 銀行融資 > プロパー融資と信用保証協会付き融資の違い

カテゴリー: 銀行融資

プロパー融資と信用保証協会付き融資の違い

プロパー融資と信用保証協会付き融資の違い

■プロパー融資とは

「プロパー融資」とは、事業者自身が銀行から直接融資を受けることをいいます。

また「プロパー融資」には、業績や担保、保証人の信用力などそれぞれの金融機関が決めた基準を元に融資額・適用金利・貸付期間が決定します。

さらに「プロパー融資」は、信用保証協会の保証をつけないため、融資をした金融機関がすべてのリスクを負うことになります。

ですから貸し倒れが発生して融資したお金が返済されなければ、金融機関自体が損失を被ってしまうことになるため、厳しい審査が必要になるのです。

金融機関側からすれば自身で貸し倒れリスクをすべて背負うことになるので、リスクを最小限にするため

・不動産を担保として要求する
・代表者とは別に保証人や連帯保証人を要求する
・比較的短期の融資になる
・審査にかなりの時間がかかる

といったことが起こるのです。

しかしこのようなデメリットばかりではありません。

企業の業績や担保や保証人の信用力によっては、信用保証協会付きの融資よりも高額な限度額や低金利、融資期間が長期になるなど好条件で融資を受けることができる可能性もあるのです。

いま銀行などの金融機関の経営環境は厳しく、積極的にプロパー融資を行わない傾向にありますが、このような状況で、プロパー融資を受けることができるということは、金融機関として自社の信用度が上がったと見ることもでき、他行からの融資など資金調達も有利に働くこともあるのです。

■信用保証協会付き融資(信用保証協会保証融資)とは

社歴が短い企業や金融機関との取引が浅い中小企業・小規模事業者の方が融資を受けようとした場合、信用保証協会の保証をつけるように求められることがあります。

このように信用保証協会が保証をしている融資を信用保証協会保証付き融資(信用保証協会保証融資)といいます。

信用保証協会とは、信用力の乏しい中小企業が銀行等金融機関から融資を受ける場合に、その融資の保証人の役割となってくれる公的機関です。

信用保証協会保証融資では、万が一、借主の返済ができなくなった場合に、借主に代わって信用保証協会が金融機関に立て替えて返済を行います。

しかし融資を受ける側は、信用保証協会を利用する代わりに、決められた信用保証料を支払う必要があります。

この信用保証協会保証融資にはいくつかのメリットがあります。

たとえば

・銀行のプロパー融資に比べてはるかに保証審査の基準は低い
・返済期間の長い融資を受けやすい
・担保がない、赤字決算などの問題があっても利用が可能
・創業時または事業を開始して間もない企業でも利用しやすい

といったものです。

経営環境が厳しい中小企業にとってかなり安心できる制度ですよね。

いかがでしたでしょうか。

この記事では、銀行融資における「プロパー融資」と「信用保証協会保証融資」についてその違いを紹介しました。

起業して間もない会社や資本金や従業員が少ない中小企業の場合は「信用保証協会保証融資」を利用することだけでもとくに問題はありません。

しかし会社の規模が拡大するにつれ、中小企業を対象とした「信用保証協会保証融資」の対象から外れる可能性も出てきます。

ですから会社の成長に合わせ、プロパー融資に移行することも視野に入れて考えていくべきでしょう。

このためには銀行との長期的な付き合いの中で自社の「信用」を積み上げながら徐々にプロパー融資に移行していくことも考えるべきではないでしょうか。