株式会社No.1 > No.1のファクタリング ー 資金調達ブログ ー > 資金調達情報 > LetterPot(レターポット)とはどのようなものか

カテゴリー: 資金調達情報

LetterPot(レターポット)とはどのようなものか

LetterPot(レターポット)とはどのようなものか

LetterPotは「新仮想通貨」として始まったサービスで、お笑い芸人のキングコングの西野亮廣さんが中心となって制作、リリースされたもので、「誰かに資金を提供したい」「寄付をしたい」と思った時に、現金をそのまま送るのではなく、1文字5円で文字を購入して付加価値のついたメッセージとして送ることができるサービスなのです。そしてメッセージを受け取った側は「1文字5円×文字数のレター」を仮想通貨として使用したり、そのまま他の相手に「新しいレター」として送ることもできるのです。

それでは具体的にこのサービスをどのように資金調達に生かすのか見ていくことにしましょう。

気持ちを仮想通貨で送る。LetterPotのしくみとは?

LetterPotのレターは「通貨」と同じ役割を果たします。

レターを送るにはレター(文字)を購入するか、誰かからレター(文字)をもらう方法の二種類しかありません。

さらに現在のLetterPotの機能自体では「レターは換金できない」のです。

しかしレターを仮想通貨として、サービスの利用や募金などに使うことはできます。

これは開発者である西野氏の「換金機能」を持たせてしまっては、お金と同じ価値を持つことになるので「お金に気持ちを乗せる」といった趣旨から離れるという考えによるものなのです。

信頼を築いてチャンスをつかむ。LetterPotによる資金調達

このようにLetterPotは、一見したら「有料でメッセージを送る」サービスですが、ただ単に「レターやメッセージ」のやり取りを行うサービスではないのです。

レターポットで信頼や信用を築いた人は、自らのプロジェクトや活動を応援する「ファン」を増やして、次の『ビジネスチャンス』に繋げることができるのです。

具体的には

①レターポットでファンを増やす
②ファンに自らのプロジェクトやビジネスを知ってもらう
③クラウドファンディングなどを活用して資金を調達

という流れで資金調達が可能になるのです。

例えば誰かが「多くの人に役立つサービス」を無償提供したとしましょう。

良いサービスにはLetterPotユーザーからたくさんのレターが集まります。

そしてこうした信頼関係の輪の中から、新しいプロジェクトや起業アイデアが生まれた時には、資金や支援の手が集まりやすくなり、それらのプロジェクトやアイデアが実現する可能性が高まるのです。

フレンドファンディングアプリpolca(ポルカ)と連携して資金調達

レターポットのリリースを支えたCAMPFIRE(キャンプファイヤー)は、一方でpolca(ポルカ)と呼ばれるフレンドファンディング(フレンド+クラウドファンディング)ツールもリリースさせています。

polcaが他より優れているのは、従来のクラウドファンディングとは異なり「友人や知人同士」で、気軽に資金が集まるよう「金額の上限、操作性」が工夫されていることが特徴です。

つまりLetterPotにより獲得した仮想通貨をpolcaで資金とすることで資金調達ができるということなのです。

レターポットを使えば「自分を必要としてくれる人」(支援者になってくれそうな人)と出会うことができ、今後のビジネスチャンスにも繋げることができるということなのです。

いかがでしょうか。

LetterPotは「新しい仮想通貨サービス」ですが、人との繋がりはお金では買えない「かけがえのない経験」です。

そしてデザイナーやフリーライター、カメラマン、イラストレーター、これから新しいビジネスを始めようとしている起業家の方に「大きなチャンス」を与えてくれるでしょう。