株式会社No.1 > No.1のファクタリング ー 資金調達ブログ ー > スタッフ日記 > ファクタリング会社比較表を作りました

カテゴリー: スタッフ日記

ファクタリング会社比較表を作りました

ファクタリング会社比較表を作りました

ファクタリングを利用しようと考えて、インターネットで調べると非常にたくさんのファクタリング業者が検索結果に表示されます。

しかしあまりにもその数が多すぎて、それらの違いがわからないというのが正直なところではないでしょうか。

また、なかにはファクタリング業者の比較サイトもありますが、手数料や査定方法、資金化できるまでの期間などファクタリングを利用する人の視点から一覧で比較できるサイトが少ないように思います。

弊社が今回作成した比較表は、これからファクタリングを利用しようとする人が「気になる」ポイントごとに一般的なファクタリング業者と弊社サービスを比較できるものです。

それでは、このファクタリング業者の比較表について解説していきましょう。

二社間ファクタリングだけでなく三社間ファクタリングにも対応しているか

取引先との信頼関係を躊躇して、ファクタリングの利用をためらっている、もしくは利用することを取引先に知られたくない経営者も少なからずいるのではないでしょうか。

そのような方は、ファクタリングで第三者に債権譲渡することを知らせない「二社間ファクタリング」を選ぶことが多い傾向にあります。

しかしながらファクタリングが資金調達方法として一般化しつつある昨今となっては、ファクタリングを利用することを取引先にあまり躊躇することもないのではないでしょうか。

さらに医療機関などが利用する「診療報酬ファクタリング」では、三社間ファクタリングが基本だったりします。

このように三社間ファクタリングが利用できるような場合は、手数料も安い三社間ファクタリングを積極的に利用すべきで、二社間ファクタリングだけでなく三社間ファクタリングも選択できる業者を選ぶべきではないでしょうか。

手数料率はどうか。そのほかに費用は必要ないのか。債権譲渡登記の必要性は?

ファクタリングで一番気になるポイントは手数料率ではないでしょうか。

例えば二社間ファクタリングで300万円を調達する場合に、弊社では15万円〜45万円ですが、他社ではA社では30万円〜75万円と諸費用。

B社では24万円〜90万円+諸費用とかなりの違いがあります。

手数料率だけでなく、手数料率以外の債権譲渡登記費用や交通費、印紙代などといった費用にも注意が必要です。

これらは全て実費でかかる費用であり、業者によっては契約締結の前に支払うことが必要なこともあります。

また多くのファクタリング業者では「債権譲渡登記」を必須としているケースもあります。

これはファクタリングによる債権譲渡を取引先などに通知するわけではないのですが、法務局で閲覧可能な情報となり、さらにその登記手続に数日かかるため、この債権譲渡登記を希望されない人が多いのも事実です。

ファクタリング業者を選ぶときには、この債権譲渡登記が必要かどうかも重要なポイントになってくるでしょう。

スピーディーに審査はしてもらえるのか?審査は通過しやすいのか?

ファクタリングは、銀行などと比べて審査にかかる時間がスピーディであることも特徴的です。

弊社の場合は原則即日審査ですが、中には1営業日さらには3営業日かかるファクタリング業者もあります。

また審査の通過率もまちまちで弊社が90%以上であるのに対し、中には60%や45%といった業者も存在するのです。

ファクタリングを利用する人は速やかに資金化したいわけですからこうした時間は短いにこしたことはありません。

弊社では「即日対応可能」なスピーディーな対応でお客様のニーズに応えております。

利用しやすいかどうか

ファクタリングを行う債権の額は数十万円から数千万円までさまざまです。

中には小口専門であるなど、対応できる金額が少ないケースもあるので、自分の調達したい金額に合わせてファクタリング業者を選ぶことも重要です。

またファクタリングの審査に必要な通帳コピーや直近の決算書、請求書などといった書類は少ない方がより早く利用することができることから少ないにこしたことはありません。

さらにファクタリングの利用だけでなく、さまざまな企業向け融資や資金繰りに関する相談やコンサルティングに対応してくれることもファクタリング業者選びのポイントではないでしょうか。

弊社では、他社より低めの手数料率のほか、スピーディーな審査や資金化をはじめお客様のニーズにあった多彩で利用しやすいファクタリング会社を目指しています。