株式会社No.1 > No.1のファクタリング ー 資金調達ブログ ー > ファクタリングについて > WEB完結型ファクタリングとは?

カテゴリー: ファクタリングについて

WEB完結型ファクタリングとは?

WEB完結型ファクタリングとは?

いまやインターネット社会といわれ、これまでもさまざまな金融取引でのWeb活用が行われてきました。

たとえば、クレジットカードの新規申し込みやカードローンなどの申込みは、ほとんどすべての業者でWebでの取引を行なっています。

また、最近はいわゆるネット銀行を中心に法人口座であってもWebで口座開設できるような時代になっているのです。

そして、最近はファクタリングでも申し込みから審査、ご契約そして現金化までの基本的な流れをWebで行う「Web完結型ファクタリング」もサービスを開始しているようです。

これは、従来の電話や対面で実施するファクタリングとどのように違うのでしょうか。

従来のファクタリングのプロセスと比べながら見ていくことにしましょう。

申し込みもWebで簡単に実現

Web完結型ファクタリングでは、手元のパソコンやスマートフォンなどでファクタリング業者のWebサイトにアクセスして会員登録するところからスタートします。

その上で会社名や、住所、振込銀行口座などの必要情報を登録し本登録を行います。

従来のファクタリング会社ではメールフォームや電話、店頭などで会社名など、これらの情報を何度も書いたりするので、一度登録さえすれば変更がない限りこれらの情報を何度も書く必要がないので短時間でスムーズな対応ができるでしょう。

必要書類もWebで送付できる

これまでのファクタリング取引では、登記簿謄本や印鑑証明、代表者の本人確認書類、請求書、決算書などさまざまな書類を店頭に持参するもしくは郵送する必要がありました。

しかしWeb完結型ファクタリングでは、これらの書類もオンラインで送付することができ、書類送付の手間を大幅に削減することができるのです。

審査や審査状況の確認もネット上で実現できる

審査自体はWeb完結型ファクタリングであっても実施されます。

審査状況や不足書類提出の依頼そして提出もすべてオンライン上でできてしますのです。

これまで電話や郵送などで行なっていた連絡や書類のやり取りをかなり効率化できるということなのです。

また審査の状況をタイムリーに把握することや、審査結果もWeb上で確認できるというメリットがあります。

このようにいつでも、どこにいてもファクタリングを迅速に利用できることは、忙しい経営者や、遠隔地にいる人でも利用しやすいことから、資金調達としてのファクタリングの可能性をさらに広げるのではないでしょうか。

手数料は低めで、さらにメリットもある

Web完結型ファクタリングのメリットは、その利便性だけではないようです。

利用する人がもっとも気になる手数料も通常の2社間ファクタリングであるにもかかわらず2%〜9%と安めに設定されています。

また債権譲渡登記の設定をしないことや最短で即日に現金化できるなど、これまでのファクタリング業者と比べて遜色がない内容となっています。

これはインターネットや様々なIT技術をフルに活用して業務の迅速化、効率化を推進して人件費なども抑えているからだといえますがこれまでのファクタリング業者では対応しきれなかったポイントを克服したビジネスモデルだともいえるでしょう。

さらにはネットバンクを利用した場合の手数料割引や利用回数に応じた特典なども準備されているようです。

Web完結型ファクタリングは確かに利便性が高く、メリットもたくさんありますが、人間同士のコミュニケーションがあればこその利点もあると考えます。

弊社はWebだけでなく対面や電話などの両方を使って本当に利用者に親身になったファクタリングサービスが提供できる様に努めます。