経済のグローバル化は止められない

経済のグローバル化は止められない

経済的なテーマの中でも極めて重要なのが「経済のグローバル化」です。

経済のグローバル化は止められる
経済のグローバル化は止められない

以上の2つの意見があり、実際に難しいところもあります。

最初に結論を言えば、経済のグローバル化は長い目で見ると絶対に止められません。

経済のグローバル化はなるべくしてなっている状態なのです。

止めようとしても止まるはずがありません。

こちらでは経済のグローバル化について詳しくお伝えします。

なぜ経済のグローバル化は止められないのか?

世界中の国の中で、外国と一切交易をしていない国はあるでしょうか?

アメリカから経済制裁を受けている国であったとしても、完全に交易が遮断されているわけではありませんよね。

たとえば北朝鮮を見てみましょう。

イランを見てみましょう。

それらの国はアメリカから現在(2019年)経済制裁を受けていますが、外国と取引をしていないのでしょうか?

その国に海外のモノが入ってきていないのでしょうか?

そんな事はありませんよね。

よく言われていることがあります。

「戦争が起これば経済のグローバル化はストップする」

まったく的はずれな意見です。

正しく言えば「戦争が起こればグローバル化がスピードダウンする」程度のこと。

戦争が行われるとしても、100年も200年も続くわけではありません。

たとえば20世紀には冷戦と呼ばれる時期もありました。

要はアメリカと旧ソ連の代理戦争が各地で起きていたわけです。

だからといってグローバル化がストップしたでしょうか?

東側も西側も、双方ともにそれぞれの陣営で貿易を行っていましたよね。

ベルリンの壁が崩壊して冷戦が終結したあとは、東側・西側ともにしこりをのこしつつも貿易は拡大しているのです。

東側の後進国とされた中国は現在どうなっているでしょうか?

押しも押されもせぬ貿易大国です。

アメリカも無視できないほどに急成長したのは紛れもない事実でしょう。

中国が成長したのもグローバル化の影響と言ってほかなりません。

鎖国すれば経済のグローバル化はストップするのではないか?

確かに完全に鎖国すれば経済のグローバル化はストップします。

ただし「完全なる鎖国」ができた場合だけです。

日本では江戸時代に鎖国が行われていました。

しかし完全な鎖国であったでしょうか?

一部の国とは交易していましたよね。

出島があり、そちらには交易が許された諸外国の商人がいたわけです。

外国のものが全く入ってこなかったわけではありません。

朝鮮や明(清)、そしてオランダと貿易を行っていました。

では今後、日本で完全なる鎖国が行われるでしょうか?

行われる訳がありませんよね。

日本が江戸時代に鎖国政策を行ったことで、海外から大きく差をつけられることになってしまいました。

その結果、諸外国から不利な条約を結ばれ力で開国させられるハメに。

そもそも経済のグローバル化をストップすること自体に大きなリスクが潜んでいるわけです。

そこまでのリスクを犯して鎖国をするメリットはありません。

完全なる鎖国はナンセンスなのです。

ただ経済のグローバル化が進むと海外企業との取引が増えることになります。

海外企業との取引は不安ですよね。

そこで注目すべきが国際ファクタリングです。

経済のグローバル化に対応する国際ファクタリングとは?

国際ファクタリングを利用することで、確実に海外企業からの代金を受け取れます。

国内のファクタリング会社と現地のファクタリング業者を介して、海外の企業に発生した売掛金を回収できる仕組みとなっています。

国際ファクタリングを利用すれば、外国企業と取引しても貸倒れる心配も一切なくなります。

ちなみに欧米ではファクタリングが一般的なので、現地のファクタリング業者も多いです。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら