食品業界のファクタリング事例3つ!

食品業界のファクタリング事例3つ!

ファクタリングの利用が多い業界として広く知られているのが食品業界です。

食品業界の場合は原材料を輸入に頼る比率が高いといった事情もあり、不安定な支出に頭を悩ませています。

こちらでは食品業界の代表的なファクタリング利用例を紹介します。

食品業界では、どのようなケースでファクタリングを活用しているのでしょうか?

食品業界の現状とは?

・不安定な状況


食品業界は平成25年までは一定の伸びを見せており、堅調となっていました。

しかしその後は不安定な状況となっています。

為替相場が安定せず、相場に振り回されている状況なのです。

今後は消費税の増税が控えていますが、食品は除外とのことで影響は少ないと考えられます。

ただし為替相場については予断を許さない状況となっており、その上がり下がりに一喜一憂する状況が続くでしょう。

食品業界のファクタリング事例その1|急激な円安で輸入コストが増大

・輸入コストに対応するためにファクタリングを利用


食品業界では国内で食品をまかなうのではなく、輸入でまかなっているケースが少なくありません。

・ワイン
・冷凍食品
・ジャム
・ハム
・ソーセージ
・精油


上記の食品は原材料を輸入に頼っているのが現状であり、急激な円安によって輸入コストが増大し会社の資金が足りなくなったケースもあるのです。

そのような状況の時にファクタリングを利用することになるわけです。

特に多くの食品業界が影響を受けたのがトランプ政権の誕生です。

アメリカ大統領にトランプ氏が就任したわけですが、就任時前には1ドルあたり102円程度でした。

しかし就任後はどんどんと上昇し1ドルあたり118円になったのです。

食品業界として円安ドル高の状況になってしまうのはかなりの痛手です。

輸入コストが増大し、結果として資金調達をしなければ対応できない企業が多くなってしまいました。

そこで多くの企業がファクタリングを利用し、一時的に資金を調達し対応したのです。

その間に商品の値上げなどを実施し、為替の変動分を対処しました。

現在も為替動向は不安定であり、どう動くかは予断を許しません。

今後も為替相場の影響によるファクタリングの利用は行われることになるでしょう。

食品業界のファクタリング事例その2|在庫の増大

・予定よりも販売ができずに資金がショートしてしまう


さばけると思って仕入れた食品が販売できずに在庫化してしまうケースも珍しいわけではありません。

特に食品の場合は賞味期限もあるので、ずっと保管はできないのです。

在庫の増大による資金不足に対し有効な資金調達方法としてファクタリングが存在しているわけです。

ファクタリングで資金調達した上で、在庫分を割引販売したり処分したり、といったことを行う企業も少なくありません。

そもそも在庫が余分にあれば会社にとっては負担になってしまうのです。

レンタル倉庫を利用している場合には、少しでも在庫量を減らすことが会社の健全経営のためにも必要です。

食品業界のファクタリング事例その3|価格競争

・価格競争の結果、売上高が減り資金が枯渇してしまう


基本的に食品業界は薄利多売となっています。

より多くの商品を売ることで利益を確保していくわけですが、ライバルが多いことも事実です。

ライバルに勝って多くの商品を卸すためには価格も重要です。

だからこそ価格競争が発生してしまい、自らの首を絞めることにもなるわけです。

仮にライバルに勝って商品をおろせたとしても、利益ゼロとなってしまうこともあります。

場合によってはマイナスになることもあり、資金調達が必要になってしまうわけです。

このケースであれば一応は売上があります。

よって売掛金を売却するファクタリングによる資金調達が行えるのです。

資金を調達した上で、利益率が高い部門を強化するなどの対策を練り、黒字化させることに成功した企業は枚挙に暇がありません。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら