建設業界のファクタリング利用事例3つ!

建設業界のファクタリング利用事例3つ!

建設業界では資金調達方法としてファクタリングを利用するケースが多くなっています。

建設業界では重機にかかる費用や人件費などが大きな負担になることが多く、資金が枯渇しやすい業界となっています。

日常的な資金調達が必須な業界でもあるのです。

こちらでは建設業界におけるファクタリングの事例をいくつか紹介します。

どのような場面でファクタリングが利用されているのでしょうか?

建設業界を取り巻く環境とは?

・景気は上向き


建設業界は2018年現在活況を呈しています。

その理由として2020年の東京オリンピックの開催があるわけです。

大手の建設会社であれば東京オリンピック関連施設の事業に関わっているケースが多くなっています。

いっぽうで中小企業にも仕事が回ってきている状況です。

大手がオリンピックにかかりきりになっているので、その穴埋めを中小企業が行っているわけです。

業界全体としての景気は良いのですが、資金繰りという面では厳しい部分もあります。

建設業界はもともと資金が必要になりやすい、といった特徴もあります。

大きな事業であればあるほど、最初に大きな資金が必要になってしまうわけです。

結果として資金調達をしてから事業に乗り出すケースが多くなっています。

では実際にどのような場面で建設業界はファクタリングを利用しているのでしょうか?

建設業界のファクタリング事例その1|自然災害の影響で入金が遅れたケース

・地震や台風が入金の遅れに直結する建設業界


建設業界特有と言っても良いかもしれません。

建設業界はビルを建設したり、道路工事をしたり、といったことをおこなっているわけです。

自然災害の影響を受けやすい分野なのです。

仮に地震や台風などによって工程に遅れが出たりすると、それだけ入金が遅れることになります。

入金が遅れたとしても、その間には経費がかかり続けます。

入金が遅れたことにより資金のショートが現実味を帯びてしまうことも珍しくありません。

そこで一時的な資金難を乗り切るためにファクタリングを利用することになるわけです。

入金予定であったものを前倒しすることになるので、その資金で工期の遅れの影響で余計にかかってしまったコストに対応するわけです。

・原材料の買い増しにも対応可能


自然災害の影響で、原材料の一部が破損してしまうこともあります。

新たに仕入れを行わなければならないことも考えられます。

そのような新たなコストの発生にも対応できるのがファクタリングです。

ファクタリングは資金使途に関しては制限されていません。

建設業界のファクタリング事例その2|大手との取引で元手がかかるケース

・新たに人材を雇わなければならない
・機材や車両をレンタルしなければならない


大手との取引を行うケースですが、中小企業との取引とは異なり大掛かりな工事になることも少なくありません。

その結果、ある程度の資金が必要になってくるのです。

大きな工事であれば、現在会社で雇っている従業員だけでは足りないかもしれません。

新たに雇うことも考えるわけです。

工事が大規模であれば、会社で保有している機械設備だけでは足りない可能性もあります。

その場合はレンタル費用も発生してくるのです。

大手との取引はチャンスでもありピンチでもあります。

ピンチにしないためにもファクタリングにて資金を集め、人材の確保や機械設備の確保に役立てている企業が多いです。

建設業界のファクタリング事例その3|工期が長い公共事業のケース

・公共事業は資金のショートが発生しやすい


安定して仕事ができるので公共事業の仕事にはプラスが多い、と思っている方も多いでしょう。

しかし建設業界としては公共事業にもデメリットがあるわけです。

公共事業の多くは工期が長く設定されています。

よって入金がかなり先に予定されていることも珍しくありません。

入金が遅いということはその間に資金が枯渇しやすい、ということでもあります。

よってその入金の遅れをファクタリングでカバーするのです。

入金サイクルの遅れはファクタリングである程度カバーできるので、公共事業を行っている建設業界の多くは売掛金の早期現金化で対処しています。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら