IT業界のファクタリング利用事例3つ!

IT業界のファクタリング利用事例3つ!

IT業界はファクタリングの利用が多くなっています。

販売が進まないケースであったり、システムの開発が遅れたりすることによって入金が後ろ倒しになり、資金がショートすることも珍しくないのです。

こちらではIT業界のファクタリング利用事例を3つ紹介します。

なぜIT業界はファクタリングを選択するのでしょうか?

IT業界のファクタリング利用事例その1|請負代金が減らされたケース

あるIT企業の事例になりますが、元請けから請負代金の単価を減らされる事になってしまいました。

15%も単価を引き下げられてしまったのです。

もともとギリギリのラインで仕事をしていたので、いきなりの単価ダウンに関しては対応ができなくなってしまいました。

IT業界全体に言えることですが、人件費の負担感が増すということは、要は固定費が高まっているのです。

経費削減をしたいところですが人件費については削れないので、請負代金を減らされることで資金難になり、結果としてファクタリングを利用する事になります。

ただしファクタリングに関しては一時的な資金調達となるので、恒久的な対策とは言えません。

よってファクタリングで厳しい時を乗り切り、その間に対策を練ることになります。

例えば取引先を変えて利益を確保する、といったことを行ったIT企業もありました。

人材の入れ替えを行ってコストを引き下げることによって単価ダウンをカバーした例もあります。

請負代金が減らされるということは、売上が低くなるということです。

何も対策をしなければジリ貧となってしまうので、ファクタリングを利用しつつも何かしらの対策を練るべきです。

IT業界のファクタリング利用事例その2|バク発生でやり直し

IT企業にありがちなのが、システム管理の失敗です。

企業に関してシステムを卸しているケースですがサーバーなどに不具合が生じてしまうことがあります。

バグが発生しネットワーク導入に失敗してしまうのです。

ひどい場合にはすべてやり直しになる可能性もあり、その場合には当然入金は先送りになってしまいます。

やり直しに対応している間に資金がショートして破綻してしまうことも珍しいわけではありません。

そこで役立つのがファクタリングによる資金調達なのです。

バグの発生によるやり直しに関しては、完全なるイレギュラーな状態です。

そういった時に一時的な資金調達法であるファクタリングが活躍してくれます。

資金がショートしそうな場面でファクタリングを活用し、その資金がある状態でバグに対応していくわけです。

バグが修正できてネットワークの導入ができたら売上金が入ってきます。

会社の資金についても問題は発生しないはずです。

IT業界のファクタリング利用事例その3|販売不振による売上ダウン

IT業界はライバルも多く、自信を持って開発したシステムの販売が思ったように伸びないこともあります。

その間にもエンジニアに対する賃金は発生するので支払いをおこなわなければなりません。

IT業界は人件費が大きな負担になることも珍しいわけではありません。

「リストラをすればいいのでは?」と思う方もいるかも知れないのですが、技術を持った人材を手放すのは企業として大きな痛手にもなります。

コストは掛かったとしても人材は確保しておきたいのがIT業界の本音なのです。

販売不振に関してはずっと継続していくわけではありません。

営業に力を入れることで持ち直すこともあるのです。

しかし広告宣伝をするにしてもコストが掛かります。

そこで頼るのがファクタリングです。

ファクタリングであれば借金ではないので、返済をする必要もありません。

会社の士気を高めることにもなるので、販売不振を乗り切るために様々な対策を実行することも可能です。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら