ファクタリングで失敗しないために必要なこと

ファクタリングで失敗しないために必要なこと

ファクタリングは多くの企業の資金調達方法として活躍しています。

しかし、トラブルがまったくないわけではありません。

契約トラブルなどが発生する可能性も少なからずあるのです。

ファクタリングに関してはお金が絡むことでもあるので、なるべくリスクは回避しなければなりません。

こちらではファクタリングで失敗しないためにはどういった事が必要であるかを明らかにしていきます。

これからはじめてのファクタリング利用を計画している、という方は必見です。

ファクタリングは対面契約を行うこと

・面倒でも対面すべし


ファクタリングの契約ですが、郵送などでもできることは確かです。

しかし考えてもみましょう。数千円の契約ではありません。

ファクタリングの契約は数百万円や数千万円になることもあるのです。

それだけ高額の資金が動くような契約であるにも関わらず、郵送契約などで済ませてもよいのでしょうか?

あまりにもリスクが高いことだとは思いませんか?

ファクタリングの契約に関しては必ず対面で行いましょう。

対面であれば、わからない部分もその場で質問することが可能です。

契約内容についても説明を受けることができるわけです。

そもそも契約については手数料なども関わってきます。

ファクタリングを利用することで、どれだけの資金が自分の手元に入ってくるのかも明確でなければなりません。

さらにもう一つ注目してほしいのが「償還請求権」です。

償還請求権が「なし」に設定されているのであれば問題はありません。

しかし償還請求権が「あり」に設定されている場合には注意しなければなりません。

償還請求権とは、売掛先が何らかの理由で売掛金を支払わなかった時に関わってくるのです。

「なし」の場合は自社が支払いを変わりに行うことはありません。

貸し倒れリスクがまったくないのです。

一方で「あり」に設定されている場合には、自社が代わりに売掛金を支払わなければなりません。

貸し倒れリスクがある、という事になってしまうのです。

契約にはかなり細かい部分もあるので、確認するのは面倒に感じてしまうかもしれんません。

しかし大事なことでもあるので手は抜けないのです。

契約書類の控えをもらうこと

・じっくりと確認するためにも契約書の控えは重要


その場で契約書を見せられて、すぐに契約に至るケースがほとんどです。

そうなると契約書の隅から隅まで確認できない、という事になってしまうわけです。

どこかに問題のある文言が含まれていたとしてもチェックできません。

そこで家に帰ってきてからでもじっくりと確認できるように契約書類の控えをもらわなければならないのです。

契約のときには契約書は見せてくれても、最後は回収して渡してくれない、といった業者があることも確かです。

そういった業者は、契約書に何かしらの不備がある可能性が出てきます。

契約書の控えをもらい、わからない所があれば後日でも良いので業者に確認してみましょう。

そのときに明確な回答があれば問題ありません。

しかしあやふやに対応してきた場合には、やはり契約書に何らかの不備があると考えられるわけです。

経営者仲間の情報を参考にしよう

ビジネスローンであれば各業者の口コミがネットに転がっているでしょう。

しかしファクタリング業者の口コミに関しては、極端に情報が少ないのです。

そこで経営者仲間の情報を参考にする、といった方法があります。

そもそもファクタリングは法人が利用するタイプの資金調達法となっているのです。

だからこそ経営者仲間の活きた情報が役立つわけです。

普段から資金調達などの情報を交換するようにしましょう。

「どこの業者を利用したことがあるのか?」「利用してみた感触はどうだったのか?」といったことも確認をしておくべきです。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら