株式会社No.1 > No.1のファクタリング ー 資金調達ブログ ー > ファクタリングについて > ビジネスローン審査とファクタリング審査を徹底比較

カテゴリー: ファクタリングについて

ビジネスローン審査とファクタリング審査を徹底比較

ビジネスローン審査とファクタリング審査を徹底比較

企業の資金調達方法として注目を集めるのが「ビジネスローン」と「ファクタリング」です。

どちらを利用しようか悩んでいる方も多いのではありませんか?

ビジネスローンとファクタリングに関しては同じようなものに感じるかもしれませんが、実際には全く異なるものです。

しかも審査についても大きく内容が異なっているわけです。

ですから「ビジネスローンの審査には通ったけどファクタリングの審査には落ちてしまった」、逆に「ファクタリングの審査には通ったけどビジネスローンの審査には落ちてしまった」というケースも珍しいわけではありません。

こちらではビジネスローンの審査とファクタリングの審査の違いを明らかにします。

どちらの資金調達方法を選択しようか悩んでいる方は必見です。

審査対象のメインが異なる

・ビジネスローン審査のメイン対象・・・申し込み企業
・ファクタリング審査のメイン対象・・・申し込み企業の取引先(売掛先)

ビジネスローンの審査対象に関しては、申し込み企業となっています。

当たり前ですよね。ビジネスローンは返済が発生するわけです。

その返済は借り入れた企業が行うので、ビジネスローン業者は、審査対象を申し込み企業としてくるわけです。

この点については理解しやすいと思います。

一方で注目したいのがファクタリング審査のメイン対象です。

実は申し込み企業ではありません。

申し込み企業の取引先(以下、売掛先)が審査のメイン対象となるのです。

ファクタリングは売掛金の譲渡(売却)を行うものです。

ファクタリング業者は売掛金を回収することで利益を確定させます。

要は売掛金が入金されればOKなのです。

売掛金を支払うのは誰でしょうか?

申し込み企業ではありません。売掛先なのです。

よってファクタリングの審査のメイン対象は売掛先となるわけです。

審査難易度の違いについて

・ファクタリング審査のほうが若干甘い

ビジネスローンは返済能力が厳しく問われます。

赤字決算であると、返済能力が低いとされてしまい審査落ちになるケースが多いのです。

さらに税金未納であると利用できなかったり、創業年数が短かかったりすると利用できないこともあります。

一方でファクタリングに関しては自社の業績はあまり関係ありません。

売掛先の業績が審査対象となるのです。

その売掛先の業績ですが、それほど厳しく問われることはありません。

そもそも売掛金に関しては優先的に支払うべきものとされているからです。

多少業績が悪かったとしても審査OKとなることが多くなっており、ビジネスローン審査よりも有利となっているわけです。

審査にかかる時間には違いはあるのか?

・ビジネスローン審査にかかる時間・・・最短即日回答あり
・ファクタリング審査にかかる時間・・・最短即日回答あり

審査にかかる時間は極端に短くなっています。

ビジネスローンもファクタリングも審査時間にはそれほど大きな違いはありません。

場合によっては当日中に回答をくれることもあるのです。

少しでも早く資金調達を行いたい、という方にファクタリングもビジネスローンも適しているわけです。

ただし、ビジネスローンに関しては注意してほしいことがあります。

ビジネスローンを行っている業者によっては時間がかかることもあるのです。

ビジネスローンは銀行、またはノンバンクが実施しています。

ノンバンクに関しては審査時間が短く設定されており、最短即日の融資も可能となっています。

しかし銀行については審査に時間がかかってしまいます。

1週間から2週間、それ以上かかることもあるので、どんな状況でも審査時間が短いわけではありません。

その点は理解しつつビジネスローンの利用をするかを判断してください。

ファクタリングに関しては基本的にはどの業者でも時間はかかりません。

ただし3社間取引の場合は時間がかかることもあるので注意しましょう。

ファクタリングなら株式会社No.1 詳細情報

株式会社No.1の各サービスの紹介は下記からご覧ください。
ご不明点やご質問はお気軽にお問い合わせください。

・総合ファクタリングプロモーションサイト
・建設業特化型No.1ファクタリングサービスサイト
・他社からの乗り換え専門サイト
・株式会社No.1コーポレートサイト
・簡単スピード査定依頼
・お申込みお問い合わせはこちらから