国際ファクタリングってなんだ?

国際ファクタリングってなんだ?

ファクタリングには様々な種類があります。

その一つが国際ファクタリングです。

あまり耳慣れない言葉かもしれませんが、業種によっては非常に重宝されるものでもあるのです。

こちらでは国際ファクタリングについて詳しくお伝えします。

どのような特徴があるのでしょうか?

国際ファクタリングがどのような業種にとって重要なものなのか、どのようなときに役立つのか、ということを知りたい方は必見です。

国際ファクタリングはどのような業種に役立つサービスなのか?

・輸出を行う業種に役立つサービスである

基本的に貿易業を行う企業が利用するのが国際ファクタリングです。

輸出をする時に、海外の取引企業から代金を確実に回収するために行うサービスなのです。

そもそも海外企業との取引には大きなリスクが出てきます。

国内企業同士であれば、貸し倒れた時にある程度自分で債権回収(※ここでは売掛金の事を指します)の活動はできるかもしれません。

しかし海外企業ともなると現地へ行くなどの対応もしなければならず、貸し倒れにより債権回収(※ここでは売掛金の事を指します)ができなくなるリスクも格段に高まるわけです。

さらに海外企業の場合は、危険性のある企業であるかはなかなか判断できません。

国内企業であれば帝国データバンクや東京商工リサーチの情報を頼りにしても良いでしょう。

会社の信用情報なども比較的確認しやすいわけです。

しかし海外企業ともなると信用調査も簡単ではありません。

売掛金が回収できなかった場合には訴訟を起こすことになるわけですが、その訴訟を起こすにも海外の場合はハードルが高いわけです。

以上のことから、国際ファクタリングは海外企業との取引を行う企業に役立つサービス、ということになるわけです。

国際ファクタリングの詳しい中身とは?

・一般のファクタリングとは若干の違いあり

国際ファクタリングについては、商品などを船積みしたあとにすぐに代金が回収できるものが多くなっています。

「信用状 L/C」と呼ばれる取引方法が採用されることが多くなっているのです。

保証ファクタリングに関しては、売掛金が回収できない時に対応してもらえるものです。

しかし国際ファクタリングの多くに関しては、必ず利用されるものとなっています。

要は海外に出荷したら、すぐに効力が発揮して入金される仕組みになっているのです。

ファクタリング業者の取り分などが差し引かれるため入金額が確実に下がってしまうわけですが、貸し倒れる可能性はゼロになります。

安定した取引をおこなっていきたい、と思っている企業にとってオススメのサービスになっているわけです。

・信用調査は現地のファクタリング業者が行う

国際ファクタリングは海外企業の信用調査も行います。

しかし国内のファクタリング業者が実施するわけではありません。

現地のファクタリング業者と連携して行うことになるのです。

よって国際ファクタリングが利用できるということは、その海外企業には一定の信用がある、ということになるわけです。

国際ファクタリングが役立つ場面とは?

・信用調査ができない海外企業との取引を開始するケース

国際ファクタリングを利用することで、確実に入金されることになります。

貸し倒れリスクがなくなるので、信用がないとされる企業との取引もできるようになるわけです。

国際ファクタリングを利用すべき企業例

・取引先の海外企業に日本語が通じないケース

細かい意思疎通ができない企業に関しては、取引で問題を抱えるケースも珍しくありません。

何かしらのリスクヘッジが必要になってくるわけです。

・海外企業の情報が得られない、得られにくいケース

海外企業に関しては情報が得られないことも珍しくありません。

相手のことを何も知らないまま取引をするのはリスクが高すぎます。

よって国際ファクタリングでリスクベッジするわけです。

・海外に拠点がない企業

自社での回収がほぼ不可能な企業も国際ファクタリングを利用すべきです。

海外に現地拠点がない企業はうまく活用しましょう。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら