ファクタリングの仕組み|2社間取引と3社間取引の違い

ファクタリングの仕組み|2社間取引と3社間取引の違い

ファクタリングには2つのタイプの取引方法が用意されています。

多くのファクタリング業者が2つの取引方法に対応しているということもあり、どちらかを選択することになるわけです。

その2つの取引方法ですが「2社間取引」と「3社間取引」となっています。

こちらではその2社間取引と3者間取引の違いを明らかにしていきます。

実際にどのような違いがあるのでしょうか?

2社間取引と3者間取引のどちらを選ぶべきか悩んでいる、という方は必見です。

取引先への通知の違い

・2社間取引・・・取引先にファクタリングが通知されない。
・3社間取引・・・取引先にファクタリングが通知されてしまう。

ファクタリングの通知ですが、要は債権(売掛金)の譲渡が売掛先に知られてしまう、ということになります。

債権(売掛金)の譲渡が売掛先に通知されてしまえば、今後の取引に影響が出てきてしまう可能性があります。

「ファクタリングをするほど資金繰りが危ない企業なのでは?」
「このまま取引を続けていて平気なのか?」

上記のようなことを考えられてしまうこともあるわけです。

今後の取引が手控えられてしまうかもしれません。

取引先への通知に関しては3社間取引であると行われてしまいます。

そもそも3社間ということなので、自社とファクタリング業者、さらには売掛先が関わる取引方法となっているわけです。

一方で2社間取引に関しては取引先への通知が行われません。

ファクタリング業者と自社のみの契約となるのです。

売掛先に知られることがないので、今後の取引に影響を与えることはありません。

ファクタリング手数料の違い

・2社間取引の手数料の相場・・・10%から20%
・3社間取引の手数料相場・・・1%から5%

2社間取引の手数料相場は高くなっています。

一方で3社間取引の手数料相場は低くなっているわけです。

非常に大きな差に感じるかもしれません。

大きな差になっているのには理由があります。

ファクタリング業者にとって3社間取引のほうが安全性は高いのです。

2社間取引のほうは危険性があるので、リスクを回避するためにも手数料を高くして対応しています。

ちなみに危険性というのは貸し倒れのことを指しています。

売掛金が回収できなくなることを貸し倒れと呼んでいるのですが、掛取引はあくまで将来的に支払うことを約束したにすぎません。

取引先の経営状況によっては支払えなくなることも当然あるのです。

売掛金の回収方法の違い

・2社間取引の回収方法・・・通常通り自社が回収し、その後ファクタリング業者へ振り込む。
・3社間取引の回収方法・・・直接ファクタリング業者が回収を行う

ファクタリングは売掛金の譲渡を行うので、売掛金が回収されたらファクタリング業者が受け取ることになります。

2社間取引の場合は、売掛先にファクタリングの事実が通知されていません。

よって回収に関しては通常通りに自社が行うことになります。

回収といっても、売掛先が自社の口座に売掛金を振り込んで来るだけです。

何かしらの回収活動をしなければならないわけではありません。

3社間取引の場合は、売掛先にファクタリングの事実が伝えられています。

よってファクタリング業者へ直接的に売掛先が売掛金を振り込むことになります。

自社としては何かしら回収に関わる活動をしなければならないわけではありません。

まとめ

2社間取引と3社間取引の違いは以下の3点です。

・取引先への通知
・ファクタリング手数料
・回収方法

その3つを考え、どちらの取引方法が自身に適しているかを考えましょう。

特に注目してほしいのが売掛先への通知(取引先への通知)です。

理解してくれる取引先であれば問題ありませんが、理解してくれない業者もあるので注意が必要です。

3社間取引でファクタリングを行うのであれば、取引先に事前に話を通しておきましょう。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら